ドラマや映画、漫画を楽しんでますか?ドラマは視聴率が言われるこんな時代だからこそVODで自分の好みで作品を楽しもう!ドラマや映画、漫画の情報・コラム配信メディア「UDIラボ東京」ドラマのあらすじやネタバレ情報、視聴率などをチェックしよう!

UDIラボ東京-ドラマネタバレ-

ドラマコラム ドラマ情報

知らなくていいコト最終回ネタバレ予想!尾高とケイトと乃十阿徹の結末

投稿日:2020年2月6日 更新日:

知らなくていいコト最終回ネタバレ!尾高とケイトと乃十阿徹の結末

ドラマ「知らなくていいコト」のネタバレとして最終回と、柄本佑さん演じる尾高と吉高由里子さん演じるケイト、そして小林薫さん演じる乃十阿徹との結末を予想していきたいと思います!

ドラマ「知らなくていいコト」は今のところ1話から5話まで放送されているのですが、5話はある種のキーポイントだったように感じます。

5話で描かれたのは、孫を殺してしまった元警察署長の沖田秀則の事件です。

スパルタ教育が行き過ぎて殺してしまった・・・というのが殺害動機だったのですが、これは本人の沖田が言った言葉というよりは、警察なりマスコミが事実誘導をしたような解釈でした。

何か事件を起こせば、必ず必要になってくるのはその動機です。

明確な動機がないと、犯行の真意が怪しくなる・・・だからこそ、警察が納得しやすい動機が必要になります。

今回、もう一つ、留守宅に侵入し、掃除をして帰ったという女が捕まっており、その裁判を傍聴していました。

この女は、家電好きで、家電を使ってみたくて留守宅に侵入し、家電を使っていたそうです。

電気屋ではなく、家庭に実際にある家電を使うからこそ意味がある・・・というような感じですね。

動機はそれだったのですが、警察が納得しなかったので、子供が欲しくても出来なかったから、子供が居るお宅を狙った・・・と適当に言ったら警察はすんなりと納得したそうです。

この事からも解るように、事件には必ず動機が求められます。

それでは・・・乃十阿徹が起こしてしまった事件の動機とはなんだったのでしょうか・・・。



【知らなくていいコトまとめ記事】

乃十阿徹が起こしてしまった事件の動機とは

乃十阿徹が起こした殺人事件の動機は、いまだに不明のままなのだそうです。

つまり、動機に関して乃十阿徹は黙秘している・・・。

5話で描かれた事件の、孫を殺してしまった沖田の動機の真実は、孫が爆弾を作るのが趣味で、爆破予告を爆弾作りのサイトでしていた・・・。

何らかの事でそれを知り、実際に爆弾もあったため、沖田は孫を殺した・・・。

これが本当に真実かは解りませんが、ケイトが導き出した推論はこの通りです。

実際に爆弾も見つかったのですが、沖田は控訴しませんでした。

裁判で、この事実の事を訴えれば執行猶予もつくかもしれない・・・というのに、沖田は控訴しませんでした。

沖田は何故沈黙し続けたのか、何故控訴しないのか・・・。

沖田は孫の名誉を守るために控訴しないのか、真実は何なのか・・・この沖田の気持ちこそ、乃十阿徹の事件に引っ掛けた何らかのフラグ、ケイトを突き動かすフラグになったのではないかと思います。

「知らなくていいコト」はこれまでの全話ネタバレをしても意味がない?

知らなくていいコト最終回ネタバレ!尾高とケイトと乃十阿徹の結末

「知らなくていいコト」も1話完結のドラマなので、これまでの物語をネタバレする事によって、最終回に繋がる何かがあるか・・・というと何もないです。

もちろん100%何もないわけではありません。

1話では、ケイトの本当の父親はキアヌ・リーヴスと言われていました。

しかし、そこから、本当の父親は殺人犯の乃十阿徹ではないか・・・と疑惑が生まれ、本当に父親は乃十阿徹でした。

この物語でポイントとなるのは、ケイトと乃十阿徹の親子関係と、乃十阿徹が起こしたとされる事件の真相。

そして、ケイトと尾高の関係ですね。

尾高は結婚しているのですが、6話の予告でケイトとラブホに居た事が話題になりました。

しかも6話は不倫ネタを扱う時なのに、記者の私が不倫?的な感じでした。

ドラマ「知らなくていいコト」6話のあらすじ

自分が杏南(秋吉久美子)の娘だと乃十阿(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。

しかし乃十阿は突然ホースの水をケイトに向ける!!
心配して駆けつけた尾高(柄本佑)は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”が知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行くが・・・。

そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。

二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。

しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて・・・。

早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。
そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが・・・。

その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する・・・。

翌日、岩谷(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが・・・!?

ドラマ「知らなくていいコト」6話のゲスト

三倉茉奈 役:桜庭和美

桜庭洋介の妻

田村健太郎 役:桜庭洋介

棋士

佐津川愛美 役:吉澤文香

女優

ドラマ「知らなくていいコト」最終回・結論のネタバレ予想!

恐らく、知らなくていいコトの最終回で描かれるのは、乃十阿徹の事件の事じゃないかと思います。

ケイトが乃十阿徹に接触しましたし、これから尾高との関係も深まるも、不倫関係にはならず、もっと深い繋がりで、乃十阿徹に迫るんじゃないかと思います。

乃十阿徹は何故事件を起こしたのか、本当の真実はもしかしたら他にあるのか・・・。

ここの真相をスクープするのか・・・しかし、この真相をスクープしても・・・乃十阿徹に対する世間の目は変わるかもしれないけど、このドラマはそれを描きたいわけではないと思います。

「知らなくていいコト」が描きたいのは、本当に「知らなくていいコト」なんだと思います。

なので、公に世間に公表される事実やスクープ、報道はあくまで作り上げられたものだったり、想像の域を脱しないものが多く、本当の真相こそが

「知らなくていいコト」

なんじゃないかと思います。

これが5話で描かれていましたし、その通りなんじゃないかと思います。

5話で描かれていたのは、スパルタ教育がいき過ぎて孫を殺してしまった・・・というオブラートに包まれた、爆弾を幼稚園に仕掛けようとした孫を止めようとした・・・という真実でした。

まぁ、これが真実だというのも沖田は明言しておませんし、控訴もしていない。

つまり、自分だけは真実を知っているけど、物語の中の世間の人間も、ドラマを観ている我々も、本当の真実は

「知らなくていいコト」

なんだと思います。

真実が公表されず闇に葬られるような事なんて沢山あるので、それを描きたいのかもしれません。

ドラマ「知らなくていいコト」最終回・結末のネタバレ予想結論

ケイトと尾高は、乃十阿徹の事件の何らかの真相を掴むも、記事にしない・・・世に出さない。

それは、世間は“知らなくていいコト”だから・・・。

となるのではないかと思います!

これはあくまで私の個人的な推測であって、事実は異なるとは思いますけどね(笑)

今から最終回の内容やネタバレこそ、“知らなくていいコト”ですね(笑)

ドラマ「知らなくていいコト」の見逃し配信と動画配信

知らなくていいコト最終回ネタバレ予想!尾高とケイトと乃十阿徹の結末

ドラマ「知らなくていいコト」の見逃し配信はTVerで、全話配信はHuluで行われます!

日テレなのでHuluで配信される事は間違いないですね。

このドラマ、放送される前は人気が出るかどうかは解らないと思っていましたが・・・まさかのストーリー展開と、キアヌ・リーブスの名前が連呼されていたぶっ飛んだところもあるドラマなので、Huluでのチェインストーリーも、そのうち配信されるかもしれません!

いや、解りませんが・・・。

このドラマ、「知らなくていいコト」ももうすぐ後半戦に突入していきます!

次回の放送を楽しみにしましょう!!
 
 
Huluの無料お試しはコチラから

 
【関連記事】

僕はどこからネタバレ・感想!1話~5話で最終回結末を予想!

「美食探偵 明智五郎」ドラマネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

「二月の勝者」ドラマ化ネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

「10の秘密」4話ネタバレ・視聴率!仙台由貴子(仲間由紀恵)の悪女ぶりが話題

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© UDIラボ東京-ドラマネタバレ- , 2020 All Rights Reserved.