ドラマコラム ドラマ情報 漫画原作ドラマ 漫画情報

私たちはどうかしているネタバレ!横浜流星でドラマ化?最終回まで公開

2020年3月22日

私たちはどうかしているネタバレ!横浜流星でドラマ化?最終回まで公開

日本テレビドラマ「私たちはどうかしている」のネタバレや感想、あらすじやキャスト情報など、1話から最終回、最終話・結末まで紹介していきたいと思います!

安藤なつみさんの漫画原作の「私たちはどうかしている」が、横浜流星さん主演で日テレで2020年夏に実写ドラマ化されるというニュースが飛び込んできました。

これはまだ東スポの記事でしか出ていないので定かではないですが、未満警察ミッドナイトランナーの情報も東スポは早くから唐田えりかさんと絡ませて記事にしていたので、信憑性はあるのではないか?という事で紹介したいと思います。

※日本テレビドラマ「私たちはどうかしている」の制作が確定致しました!

それではドラマの情報の前に、原作である漫画の「私たちはどうかしている」から紹介していきたいと思います。



【この記事も読まれてます】

ドラマ「私たちはどうかしている」の概要

15年前、私は彼の一言で、全てを奪われた・・・。

母の無実を証明するため老舗和菓子屋に乗り込む若き和菓子職人!浜辺美波。

周囲に敵意むき出し!老舗和菓子屋のクールな跡取り息子!横浜流星。

今、最も美しい2人が、美しい和菓子の世界を生きる!

15年前。老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害された。

そして、彼の息子の証言から、住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。

互いに初恋の相手だったはずの七桜と椿は、容疑者の娘と被害者の息子となり、憎み合ったまま離ればなれに・・・。

そして、15年の時を経て、二人は運命の再会を果たす。

椿は、七桜を幼なじみと気づかぬまま、再会したその日にプロポーズ!

母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む七桜!

しかし、そこには、結婚に反対する女将の執拗な嫌がらせやドロドロのお家事情など、様々な逆境が待ち受けていて・・・!?

過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれ合う二人。

そして、15年前の事件の真相とは・・・!?

2020年、夏。

世界に誇れる和の美しさ満載のクール・ジャパンなラブ・ミステリー!!

ドラマ「私たちはどうかしている」のキャスト・登場人物

横浜流星 役:高月椿(たかつき つばき)

老舗和菓子屋・光月庵の跡取り息子。

創業400年を超える歴史をもつ光月庵を継ぎ、より愛される店にすることを志す。

親が決めた結婚を破談にすべく、和菓子対決で出会った七桜に、その日のうちにプロポーズする。

七桜が15年前に店にいた、幼なじみの少女だとは気づいていない。

一見、クールで傍若無人だが、和菓子や店に対する強い思いがあるがゆえ。

母や祖父から、家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても孤独。

そのため、愛情表現に関しては不器用な一面も。

横浜流星コメント

この度、老舗和菓子屋「光月庵」の一人息子・高月椿を演じることになりました。

椿は、亡き父を尊敬していて父の言葉を信じ、光月庵を大切に思い、立て直そうと信念を貫き、奮闘するカッコ良い男です。

そんな椿を演じさせていただくことにプレッシャーを感じていますが、みなさんの期待に応えられるように、椿と向き合い、光月庵や和菓子に対する情熱や想い、孤独さや苦悩を繊細に演じられればと思います。

父が亡くなったことがきっかけで生まれた七桜(さくら)との歪な関係も物語の魅力的な部分だと思っています。

“どうかしている”2人が行き着く先を、ハラハラドキドキしながら毎週楽しみにしていただけると嬉しいです。

また、和菓子作りも始めました。
繊細な作業で難しいですが、とても楽しいです。

少しでも多くの方に和菓子の魅力も伝えることができれば良いなと思っています。お楽しみに!!

浜辺美波 役:花岡七桜(はなおか なお)

修業中の和菓子職人。
和菓子職人だった母親の才能を受け継いでおり、人の心を掴む、斬新で思いやりのある御菓子を作る。

15年前に、殺人容疑をかけられたまま亡くなった母からの手紙を受け取り、無実を証明すると心に決めた。

幼なじみの椿の証言で母が逮捕されたため、椿を憎んでいる。

再会した椿からのプロポーズを受け、正体を隠したまま光月庵に乗り込むが・・・!?

まっすぐで、どんな逆境にもめげない芯の強さを持つ。

和菓子愛が強すぎて、周りが戸惑うほど熱く語るなど“和菓子バカ”の一面も。

浜辺美波コメント

今回のお話しをいただいてはじめて原作を読んだのですが、少女漫画でもあり、本格的なミステリーでもあるというすごく異色なストーリーに加え、椿と七桜の関係の変化や展開の目まぐるしさに、何度も衝撃を受け一気に読みすすめてしまいました!

わたしが演じる七桜は、常に複雑で切ない思いと葛藤しながら椿と、そして和菓子と、向き合う女性です。

亡き母への想い、和菓子への想い、そして椿への想い、たくさんの想いを重ねる七桜の気持ちを想像して誰よりも理解してあげられるよう寄り添いたいと思います。

横浜さん演じる椿をはじめ、監督、スタッフ、キャストでどんな「私たちはどうかしている」のドラマの世界ができあがるのかいまからすごく楽しみです。

わたしにとって、挑戦となるシーンもたくさんあるので、丁寧に、激しくそして豊かに作りあげていけたらなと思います。

ドラマ「私たちはどうかしている」のあらすじ

幼いころに母が住み込みで働いていた老舗和菓子店で出会った、七桜と横浜流星さん演じる店の跡取りの椿。

だが七桜の母親は、殺人の容疑をかけられ逮捕されてしまう。

店を追い出された七桜は15年後、和菓子職人となり、ある大会で椿と再会する。

やがて椿は七桜にひかれ、彼女の母のことを知らぬまま結婚を申し込む。

七桜は死んでしまった母が容疑をかけられた事件の真相を探りたい一心で、母が働いていた和菓子店の息子、椿のプロポーズを受けるが・・・。

原作漫画「私たちはどうかしている」のあらすじ

「私たちはどうかしている」1巻のあらすじ

私たちはどうかしている(1) (BE LOVE KC) [ 安藤 なつみ ]

七桜は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。

しかしある事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。

15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。
二人は和菓子の腕を競って対決することに。

七桜の人生を狂わせた椿。
その憎い椿は、あろうことか七桜に自分との結婚を持ちかける。

七桜をかつて幼なじみとだは気づいていない椿。

思いもよらない言葉に七桜は!?

「私たちはどうかしている」2巻のあらすじ

七桜(なお)を15年まえの幼なじみだと知らずに結婚を申し込んだ椿。

殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。

しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。

リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む。

憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。

七桜は彼を拒絶できない!?

「私たちはどうかしている」3巻のあらすじ

光月庵に住み始めた七桜(なお)は、とあることから大旦那の逆鱗に触れる。

椿は七桜と部屋をともにすると宣言。
肌を重ねた二人だが、椿の口から出た「さくらが目の前に現れたら消えてもらう」という言葉に凍りつく。

憎しみに囚われている椿の本当の心はどこに!?

“七桜の母”を名乗る人物も現れて混乱する七桜を、椿はある部屋に閉じ込めてしまう!!

「私たちはどうかしている」4巻のあらすじ

一夜をともにし、距離が縮まったかに見えた七桜と椿だが、七桜の素性をつかんだ女将は監視の目をゆるめない。

何者かに狙われた七桜をかばいケガをした椿は、大事な茶会を前に七桜に自分の思いを告白する。

大旦那との確執を払拭するために、茶会をなんとしても成功させたい椿の壮絶な過去を知った七桜の心にも嵐が吹き荒れて!?

「私たちはどうかしている」5巻のあらすじ

自分の正体を知られずに光月庵の椿と結婚した七桜は、母の死の真相を探るために従業員の城島に誘われ、かつて自分と母が住んでいた部屋を訪れる。

しかし、女将と裏で手を結んでいる城島は七桜に近づいて痛めつけようとしていた。

自分と同じような境遇の城島に自然と親近感を抱き、親身になっていく七桜。

一方、城島の恐るべき過去を知った椿は、城島の企みを止めようするが!?

「私たちはどうかしている」6巻のあらすじ

身体の変化に戸惑う七桜だが、そのことを吹っ切ろうとますますわらび餅作り専念していく。

七桜がなにかを隠していると気づく椿だが、そこには触れず思いやりを見せる。

距離が縮まる二人。
一方、城島も自分のしていることに疑問を抱きはじめ揺れる。

七夕のデパート催事当日までにわらび餅は完成するのか!?

そして、これ以上椿に嘘がつけないと思った七桜はようやく決心する。

過去と現在の真実が明らかになる衝撃巻!!

「私たちはどうかしている」7巻のあらすじ

素性を隠して椿と結婚した七桜は、幾多の困難を乗り越え椿との絆を深めていく。

妊娠を告げ二人の愛に懸けようとするが、そんな矢先15年まえに死んだ椿の父・光月庵の旦那様は亡くなった最愛の母と恋仲で、しかも自分の実の父であることを知る。

次々と明らかになっていく過去の真実。
ショックを受け思い詰めた七桜は、光月庵から姿を消そうと決意。

そんな七桜の前に椿の元婚約者・栞が現れ・・・波乱を含んだ第1部クライマックス!

「私たちはどうかしている」8巻のあらすじ

新章開幕。
光月庵の火事から10ヵ月。

意識不明の重体だった椿もようやく回復。
行方がわからない七桜を探し回るが、一向に見つからず焦燥感だけが増してゆく。

そんな椿のもとに足繁く通ってくる長谷屋の栞は、ある決意を胸に秘めていた。

一方、傷が癒えた七桜もまた多喜川の力を借りて立ち上がる。

背負わされた重い運命は、愛と復讐の歯車を思わぬ方向へと導く!!

「私たちはどうかしている」9巻のあらすじ

月日が経ち、光月庵に復讐を誓う七桜は、多喜川の力を借りて金沢に「花がすみ」をオープンさせた。

光月庵を葬るため和菓子の選定会に勝負をかける七桜。

一方、七桜への思いをようやくふっきった椿も再起。

選定会会場でふたたび出会った二人に緊張が走る。

しかし、椿の身体には異変が・・・。

亡き母への気持ちと椿への偽らざる気持ち。

二つの相反する感情が七桜を、そして椿を翻弄する!

「私たちはどうかしている」10巻のあらすじ

目に不調を抱えながら復活した椿。
そして光月庵に復讐を誓い「花がすみ」をオープンさせた七桜はライバル同士となった。

だが共同で観光地の和菓子を作ることになり温泉宿へ赴くことに。

金沢を離れ、熱い思いがよみがえる二人。
一方、追いつめられた栞は椿の子を妊娠していると女将に告げ、長谷屋と光月庵は喜びに沸く。

戸惑う椿になおも栞は情熱をぶつけるのだが、光月庵から椿を解放してあげたい七桜も多喜川と動き出し!?

「私たちはどうかしている」11巻のあらすじ

共同作業でふたたび熱く燃え上がるかに思えた椿と七桜だが、金沢に戻った二人はそれぞれの宿命を受け入れ、別々の道を歩む。

光月庵への反撃を開始する七桜は、意識が戻りつつある大旦那に自分こそが光月庵の正統な後継者だと宣戦布告。

18年前、七桜の母に樹をとられた女将は激怒するが、大旦那は先祖の言いつけを破り、椿と七桜に御菓子勝負をさせることに。

勝つのは一人。
運命の逆転はすぐそこに!?

原作漫画「私たちはどうかしている」のネタバレ・感想

私たちはどうかしているネタバレ!横浜流星でドラマ化?最終回まで公開

男性Aさんの口コミ・感想
主人公の母親が可哀想。
冤罪で殺人犯にされて死んじゃうとか警察が無能すぎる。

嘘の証言をして主人公の母親を陥れて、さらに自分の結婚式の最中に他の女と結婚すると言って結婚式をぶち壊すヒーロー。

おかしい、ヒロインの母親が殺人犯になってしまうなんて。
あまりにも理不尽。

そんな事件があったにも関わらず結婚してしまうなんて更に理解不能。
途中で読むのを辞めてしまいました。

とにかく何かしらの理由があるにせよ、ヒロインの母親が可哀想、不幸きわまりない。
最初の幸せなストーリーからのこの展開、私には合いませんでした。

女性Aさんの口コミ・感想
女性Bさんの口コミ・感想
自分の母親が殺人犯にされ(しかも亡くなってる)、それを脅され仕事を解雇されるなんて復讐心がもっとあってもいいんじゃないのかなー?
スタートの内容はすごくよかったのに1巻途中から母親が殺人犯となったきっかけの相手にドキドキしたり、怒りをぶつけるはずの家族との食事をうれしいとか『なんで?』って感じでした。

嫌がらせもされてるのに。
たぶん、主人公が母親と一緒の和菓子作りが好きという気持ちが強くいい子すぎる。

思った方向にいかず残念。。。
最終的には真実が分かりハッピーエンドがいいけどもっと復讐心に燃えて戦ってる姿が欲しかった。

緊迫感あふれる作品です。
どっちを向いても良い人が居ない!心が休まらない!状態でしたが、5巻に入って少しずつ状況が変わってきたように感じます。

このままだと、愛憎渦巻いちゃって読んでるだけで疲れるので、話が動くのは良い傾向だと思います。
それにしても、美しく美味しそうなお菓子と、人間のドロドロ具合が本当に対照的なお話ですね。

こんなねじ曲がって不幸せな人が創ってるお店のお菓子、正直頂いても食べたくないような(笑)。
事件の真相や血筋の疑惑等、どう落とし前をつけるのか、納得の行く結末でありますように(と祈るしかないね!)。

最終回までに、一度くらい怖くない女将さんの顔が見られるのかどうか下世話な興味を抱きつつ、続刊をお待ちしております。

男性Bさんの口コミ・感想
女性Cさんの口コミ・感想
『タイトルに偽りなし』好みの分かれる作品だと思います。
簡単に説明するとすれば、まさに愛憎たっぷりドロドロの昼ドラ。

登場人物や設定など、ツッコミどころ満載で『どうかしている』。
その中でも、ヒロインとヒーローは最高に『どうかしている』と思います。

なので、私的にはタイトルに偽り無しの内容かと。
出だしの過去だけ見ると、可哀相に思えるヒロインですが突然、人の結婚式に乱入してぶち壊しというどうかしている行動。

その行動の発端はヒーローで、ヒロインのぶち壊しに乗じて結婚取りやめを要求。
いやいや、謝ってすむ内容じゃないし…。

たとえ、お金が絡んで愛の無い政略結婚だったから結婚をなかったことにしたかったとしても普通、そんな不義理をしたら家(和菓子屋)の信用問題にもかかわるし取引先無くなるよね。

と、いうのが初っ端の話です。
人様の結婚式をぶち壊したヒロインは、そのままヒーローと契約結婚的な流れですが悪びれる様子もなく平気で妻として振舞うという神経の図太さ。

可哀相な過去も吹っ飛びます(笑)
ヒーローとの契約結婚も母親の殺人者としての無実を明かす為…なんですがいやいや、子供の頃の出来事で警察さえ解明してない事件を素性隠した素人が簡単に解明できるのか、と。(警察も無能感満載ですが、そこが昼ドラクオリティ☆)

結局、初志は達成できないままヒーローと微妙な関係を繰り返し母親の無罪よりヒーローとの愛を取るわ~とか、どうかしてます、まさに(笑)そんな感情になった矢先に、ヒロインにふりかかる試練。

と、主人公サイドに感情移入しちゃう人はハラハラできると思いますが。
まぁ、結婚ぶち壊された側からしたら『自業自得』と言ったところでしょうか。

因みに、無実の罪を着せられたヒロインの母親ですが…話の展開から少しづつ見えてくる過去から考えると、そもそもなぜ、その菓子屋に住み込んだのか、と。

まだ判らないですが、個人的な予想だと愛人が本宅に住み込んでるような状態だし。
それこそ、殺人は起こらなかったとしても何かしらトラブルが起こると考えるべき状況。

結局、皆どうかしてるんですねぇ。
でもヒーローの母親が判りやすい悪役を演じているので、皆そっちに気が逸れてるのかな。

そんなツッコミを入れつつ笑って読めるにもオススメただし、まだ完結していないので、未完が嫌な人は要注意を。

私は久しぶりに面白い漫画読めたなあと思ったんですが、意外と低評価もありますね。
現実世界でも信じられない冤罪は存在しますよね、権力乱用や揉み消しだってあるし警察も100%正しいとは限らないので、この漫画で描かれている様な冤罪も有り得るかとは思いますが。

余り気にならなかったなあ。
まあまだ冤罪と決まった訳では無いですが。

それと、椿への恋愛感情に関しては憎い相手の筈なのに昔と変わらない部分も見えて、心のどこかではあの時母親を指差したのには理由があるのでは?等と良い意味で疑ってしまっていたから心も揺れたのかなと。

椿が限りなくクズな性格であれば七桜もいつまでも復讐に燃えたままでいられたんだろうな。
と都合の良いように解釈していたのでこちらも余り気になりませんでした(^_^;)

限りなくクズなのは女将の方ですね。
ああなった原因は分からんでも無いですがとてもイライラします。

第1部完結まで読みましたが、続きが気になります。
駆け足にだけはならないように願っています。

男性Cさんの口コミ・感想

ドラマ「私たちはどうかしている」の動画配信

私たちはどうかしているネタバレ!横浜流星でドラマ化?最終回まで公開

ドラマ「私たちはどうかしている」は日本テレビで放送されるので、これはやはりHuluで配信されます。

もちろん「私たちはどうかしている」はTVerで見逃し配信もされます。

これからどういったキャストが主演の二人の脇を固めるのか!!

という事で続報を待ちましょう!

ちなみに、和菓子店に毎回、客としてやって来るスペシャルゲスト候補として、現在名前が出ているのが田中圭さん、秋元康さんなどなのだそうです。

あな番のスタッフが制作するそうですし、あな番を意識した展開に!?
 
 
Huluの無料お試しはコチラから

 
【関連記事】

シロクロHuluオリジナルストーリーネタバレ!後編で直輝がミスパンダに

ラジエーションハウス続編は?ネタバレを1話から最終回まで紹介

スカーレット145話ネタバレ・あらすじ!武志が感情を爆発させる

テセウスの船黒幕確定!?犯人最終回ネタバレ!考察は無意味?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , , , , , , ,

Copyright© UDIラボ東京-ドラマネタバレ- , 2020 All Rights Reserved.