映画コラム 映画情報 漫画原作ドラマ 漫画情報

映画「るろうに剣心最終章」原作ネタバレ!雪代巴・縁の結末と剣心の十字傷

2020年4月17日

映画「るろうに剣心最終章」原作ネタバレ!雪代巴・縁の結末と剣心の十字傷

実写映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」の原作のネタバレを紹介したいと思います。

ストーリーもさることながら、今回の映画で重要なのは雪代巴(有村架純)と雪代縁(新田真剣佑)ですね。

そして、剣心(佐藤健)の頬の十字傷の秘密・・・。

今回のネタバレではここの3点に着目して紹介していきたいと思います!

原作と映画で具体的なストーリーに違いはそんなにないと思いますが、細かいところで端折られているところはあると思います。

なので、今回の原作版のネタバレは参考程度にご覧になってくださいませ!

激しい剣心と縁のバトルは是非映画でお楽しみくださいませ!



【この記事も読まれてます】

映画「るろうに剣心最終章」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・雪代縁(ゆきしろえにし)ネタバレはこちらから

・雪代巴(ゆきしろともえ)ネタバレはこちらから

・剣心の頬の十字傷ネタバレはこちらから

映画「るろうに剣心最終章」人誅編のあらすじ

志々雄真実(藤原竜也)との戦いから月日が流れたある秋の夜、一発の轟音と共に上野山から砲弾が撃ち込まれ、剣心たちの憩いの場である「赤べこ」が破壊されてしまう。

上野山に向かう剣心(佐藤健)と左之助(青木崇高)だったが、そこには砲台の跡すらなく、ただ一枚「人誅」と書かれた手紙だけが置かれていた・・・。

自分を狙う復讐者が来ると悟り覚悟を決める剣心だったが、それからほどなくして手甲で武装した格闘家・戌亥番神(須藤元気)と暗器使いの乙和瓢湖が剣心の見知った道場や警察署を襲撃。

剣心と左之助は現場に向かうものの、逃げられてしまう。

罪の意識に苛まれる剣心だったが、その前に銀髪の青年が立ちはだかる。

その青年の名は、雪代縁(新田真剣佑)。

彼は、かつて剣心が殺してしまった妻・雪代巴(有村架純)の弟だった・・・。

雪代縁(ゆきしろえにし)ネタバレ

映画「るろうに剣心最終章」原作ネタバレ!雪代巴・縁の結末と剣心の十字傷

物心付く前に母親を亡くし、巴を母親のように慕っている。

剣心への復讐のため京都へ向かった巴の後を追い、闇乃武と関わりを持つ。

姉の居場所を探し当て無事再会するも、彼女の心境が変化していたことにショックを受け、その場を立ち去る。

その後、結界の森で起こった闇乃武との死闘の末、剣心の手によって巴へ下される悲劇の瞬間を偶然目撃。

この時のショックと以降の辛酸で鳥羽伏見の戦いでは黒かった髪が真っ白になっていた。

そこから、剣心との私闘が始まる。

その後、東洋の魔都と言われた上海に少年の身で移り、地獄のような修羅場に身を投じる。

やがて大陸で独自に発達した剣術・倭刀術を独学で習得。

若年にして大陸経由の密造武器全てを取り仕切る上海闇社会の頂点にまで登り詰める。

縁の率いる組織は世界最新鋭の兵器の数々や、志々雄一派に甲鉄艦・煉獄を売り、艦隊すらも編成できるほど強力なものに成長を遂げていた。

雪代縁個人としても、組織を純粋な力による統率を可能とするほどの絶大なる闘争力、圧倒的な剣術と身体能力、何より剣心への復讐心に裏打ちされた強靭な精神力を有する。

それ故に常時から精神が肉体を凌駕した状態にあり、肉体的な痛みを全く意に介さない。

また、長年衰えなかった執念によって異常発達した神経による特異体質狂経脈への進化をも可能にし、人智を超えた戦闘能力を手に入れた。

飛天御剣流奥義「天翔龍閃」を打ち破った作中唯一の人物である(しかし、再戦の最終局面の際に判明するが、初戦時には天翔龍閃の要である「左足の踏み込み」が、人斬りの罪の意識によって抑圧されてしまったために敗れたので、奥義そのものが敗れたというより、奥義を使う剣心個人の精神面が敗因だった)。

上海生活が長く続いたため、日本語に独特の訛りが出るになった。

剣心と雪代縁の戦い

その後、日本へ帰国し剣心への「人誅」を計画する。

一度は天翔龍閃をも破り、剣心に愛する者を奪われる苦しみを味わわせる「生き地獄(外印に作らせた薫の屍人形で死を偽装した)」へと突き落とさせた。

薫を殺さなかった理由については「巴と同じ年頃の女性は殺せない」と語られており、拉致した薫の言動に怒って反射的に手を出した時は嘔吐してしまい、結局傷一つつけることはなかった。

だが剣心は人斬りの罪を償う答えを見つけて復活し、逆に「縁の中の巴」は笑顔を失ってゆく。

剣心の復活を知った後、今度は「人誅」を完成させるべく殺すことを誓い、組織のボスという地位を黒星に譲る。

最終決戦では狂経脈を発動し、剣心を一歩手前まで追い詰めるものの狂経脈の弱点を見破られ、強烈な高周波による音撃を鼓膜に撃ち込む「龍鳴閃」で平衡感覚を破壊される。

満身創痍となった状態で、剣心の奥義「天翔龍閃」を狂経脈で更に研ぎ澄まされた「虎伏絶刀勢」で迎え撃つも敗北。

腕の関節が外れ、胸中で姉に助けを求めるが「縁の中の巴」はもう笑っておらず、手放した倭刀も粉々に砕かれ敗れる。

直後、呉黒星の凶弾から薫の命を救い、激昂の余り黒星を殺害しようとするが、剣心から薫を守ってくれたことに感謝の言葉をかけられ、戦意喪失。警察に逮捕・連行される。

その時に薫から、巴が15年前の出来事の真相や、自分の真意などを綴った日記帳を受け取る。

後に警察から脱走し、その際に自分の実父と再会する。

実父からは「いつか剣心のようにここから巣立っていくはず」と立ち直れることを示唆する言葉をかけられた。

※剣心と縁のバトルの詳細ネタバレは下記記事をご覧ください。

映画「るろうに剣心 最終章」ネタバレ!剣心と雪代巴・縁の結末

雪代巴(ゆきしろともえ)ネタバレ

映画「るろうに剣心最終章」原作ネタバレ!雪代巴・縁の結末と剣心の十字傷

剣心が「人斬り」をしていた時の妻。
髪油(白梅香)を愛用。

許婚である清里明良(窪田正孝)を殺害した抜刀斎に復讐するため、幕府方の間者として抜刀斎に接近する。

しかし、抜刀斎と共に暮らす中で彼への愛情を感じ始め、愛と憎しみの間で苦悩する。

その後、抜刀斎とお互いの過去を打ち明けたことで心を開き、復讐心を捨て、彼を守りたいと願う。

1864年(元治元年)年末、闇乃武メンバーに半ば騙される形で囚われてしまうが、自分を取り返すべく辰巳と闘う抜刀斎を見て、彼の命を守るために身を投げ出し、彼の前に立ちはだかり斬殺される。

この時、彼女の持っていた短刀が抜刀斎の頬に傷を付けた。

その後は、京都の或る寺に埋葬されている。

美人な反面、無口かつ無表情で考えが読みにくく、笑うのが苦手。

その一方で子供好き。毎日日記をつけていた。

作中、剣心に対して一度も面と向かって名前を呼ばず、「あなた」と呼んでいた。

基本的に女性を尊称で呼ぶ剣心が唯一呼び捨てで呼んでいる女性。

抜刀斎が殺害した清里明良(きよさと あきら)とは

京都見廻組の一員。御家人の次男。
幼馴染(巴)との祝言を1ヵ月後に控えた1864年(元治元年)4月の夜、抜刀斎に殺され、彼の死を発端に巴は復讐のため利用されることとなった。

剣の腕前は大したことはないものの(後に巴も「文武はからきし」と述べている)、執念から死ぬ直前に抜刀斎の左頬に傷を負わせた。

「生きる意志は何より強い」ことを抜刀斎に命がけで伝えた最初の人物。

巴いわく、文武は無いが人柄が良く、周りから好かれる性分は、巴と縁の父親に似ているらしい。

しかし、巴は幸せに感じていたものの、不器用な巴からは幸せが感じられないものがあったらしく、出世して誇れるようになってから、祝言したいとのことが見廻組に入った理由のひとつであった。

なお、縁からは剣心ほどではないものの、巴との関係を快く思われていなかった模様で結婚のことで食って掛かったとのこと(ただし、巴の敵討ちに同意をしていることから、幾分の情愛はあったようである)。

名前は新潟県上越市清里区に由来。

剣心の頬の十字傷ネタバレ

剣心の頬の十字傷は、上記で紹介した通り、清里明良が先ず頬に一筋入れました。

そしてもう一つは、闇乃武と抜刀斎の闘いで、抜刀斎の命を守る為に巴が身を投げ出し、彼の前に立ちはだかり抜刀斎の剣によって敵ごと斬殺される。

この時、巴の持っていた短刀が抜刀斎の頬に傷を付け、一本目の傷(清里が剣心に負わせたもの)と重なり、剣心の十字傷が完成されました。

巴の死に関わった闇乃武(やみのぶ)とは

旭が本来所属する組織で、彼女を志々雄一派の下に派兵していた。

その正体はかつて剣心と戦って敗れた幕府方の暗殺集団『闇乃武』の残党であり、剣心暗殺失敗と幕府瓦解によって信用を大きく失墜し、金次第で兵を派遣する傭兵集団になり果てていた。

そうした経緯から剣心を「怨敵」と呼んで敵意を見せる。

凍座によって劍客兵器にも名を知られており、彼らが蓄えた砂金をわたされ、劍客兵器側につくことになった。

闇乃武のリーダー辰巳(たつみ)

術式無敵流の使い手で、結界の森では術式無敵流に加えて老獪な策略を駆使し、抜刀斎を苦しめるが、辰巳を攻撃しようとした巴と一緒に斬殺される。

戌亥の師匠だが、抜刀斎に敗れたために彼からは負け犬と見なされている。

作中では用済みになった巴を始末しようとする冷酷な性格の持ち主として描かれている。

映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」の公開が楽しみ!

映画「るろうに剣心最終章」原作ネタバレ!雪代巴・縁の結末と剣心の十字傷

今回ご紹介しました、雪代巴や、雪代縁、そして剣心の頬の十字傷の事が描かれる実写映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」は2020年7月3日に「The Final」。

そして2020年8月7日に「The Beginning」が公開されます。

新型コロナウイルスの影響によっては延期されるかもしれませんが、今のところ延期は言われていません。

何にしても、安心して映画を楽しみたいですね!

佐藤健さん演じる緋村剣心の最後となる最終章を楽しみましょう!

※この映画の詳しい情報は下記記事で紹介しています。

映画「るろうに剣心 最終章」ネタバレ!剣心と雪代巴・縁の結末

 
【関連記事】

漫画女王の花ネタバレ・感想!最終回結末ともう一つのエンディング

エール15話ネタバレ!村野鉄男(中村蒼)との再会と失恋

SUITS/スーツ2鈴木大輔(中島裕翔)の過去・能力ネタバレ!

鬼滅の刃199話・200話ネタバレ!無惨との闘いと悲しみ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-映画コラム, 映画情報, 漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.