ドラマコラム ドラマ情報 朝ドラ

スカーレット最終回!笑顔の君がいるから返事はいらないから

2020年3月28日

スカーレット最終回!笑顔の君がいるから返事はいらないから

朝ドラ「スカーレット」の最終話が放送され、遂に終わりの時がきました。

半年に渡って放送された「スカーレット」。

最後は武志も旅立ち、早くもロスが広がっています。

そんなスカーレットの最終週25週目の最終回150話のネタバレや、最終回の放送を終えての感想などをまとめて紹介していきたいと思います。

旅立ちの唄、さぁどこへ行こう。



【この記事も読まれています】

「スカーレット」最終回150話のあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)と信楽の仲間とびわ湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。

武志は闘病しつつ作陶を続け、そばで喜美子も陶芸に励む日々。

喜美子は武志との時間を大切に過ごしながら武志に問いかける。

喜美子に強く抱きしめられる武志。

2人は幸せを胸に刻む。
二年後、喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎)と共に見つめていた。

作品作りに挑戦する大崎。そして八郎(松下洸平)が訪ねてきて・・・。

「スカーレット」最終回150話のネタバレ

白血病と闘ってきた主人公・川原喜美子(戸田恵梨香)の長男・武志(伊藤健太郎)が26歳の誕生日を迎える前に亡くなりました。

亡くなる2年前の母子のやりとりに愛があふれていました。

喜美子から

「ギュ~したろうか?ギュ~してええ?」

と聞かれた武志は、

「お母ちゃん・・・。ええに決まってるやん。」

と一度は了承した武志。

ところが、喜美子が近づくと、

「やっぱり、ウソ。もう年やで。気恥ずかしい。」

と拒否した。

「ええ、言うたやん」

という喜美子は、戸惑う武志を無理やり抱きしめた。

母のぬくもりに

「幸せやで」

という息子。

喜美子は

「幸せやな、武志」

と言うと再び抱きしめた。
武志が「苦しい」と言うほど力強く・・・。

その2年後に旅立ったことがナレーションで明かされました。

そして、稲垣吾郎さん演じる大崎医師は、武志の遺した作品の前で、喜美子に亡くなる直前の様子を明かします。

「亡くなる3日前に握手をしたんです。」

「集中治療室で、目を少し開けたときがあって。」

「腕が動いたんで、大丈夫だよって握ってあげたら、握り返してくれたんです。」

「意外にも力強くて、すごいなって。」

「こっちも両手で武志くんの手をそっと握り返して握手をしたんです。」

喜美子は静かに聞きほほ笑んだ。

長崎に行くという夫の十代田八郎に、喜美子は

「武志に死なさへん言うてしまった。」

「お母ちゃんが生かしたる言うてしまった。何とかしたかった」

と悔いを告白。
八郎は武志が生まれたときの思い出を武志にしたといい、

「お母ちゃんに言うといてほしい。」

「オレを産んでくれてありがとう。」

「ああやっぱ、言わんでええ。気恥ずかしい。」

「なし、なし、取り消しやって。言うてしもた。」

と明かす。
抱きしめたときと同じだった・・・。

武志・伊藤健太郎のコメント

ふだん僕は、あまり役を引きずるタイプではないのですが、武志に関しては無意識のうちに自分の中にいて、ほかの現場に行ってもどこか頭の片隅には絶対武志がいるという状態だったので、あしたから武志のことばを発することがないと思うと、やっぱりすごく寂しいです。

武志を演じていくうちに、どんどん愛着が湧いていって、すごく思い入れのある役になったんですよね。

武志と同じ病気で亡くなった方は実際にいらっしゃるので、どの役でもそうなのですが、中途半端にはやれないという思いがあって、自分の中で武志を演じる上での気合いみたいなものがすごくあったんです。

外見的には食事制限をしたりしましたが、内面的な部分で言うと、武志がしんどいときは本当にしんどいように演じました。

武志の闘病生活の部分はあまりたくさん描かれてはいませんでしたが、髪の毛が抜けてしまったり、熱が出て寝込んでしまったり、シーンとしては数が少ないからこそ、武志が病気と向き合わないといけないときは思いっきり向き合おうと思いました。

見ている方にも武志の闘病に寄り添ってもらいたいなと思ったんです。

朝からそういった部分を描きすぎるのはつらい、というのもよくわかるのですが、やっぱり武志が生きた証しでもありますし、とても大事な部分だと思ったからです。

もし今、自分が武志のような状況になったら、家族や友達、大切な人たちに対してどんな態度を取るのだろうか、果たして武志みたいに強くいられるのだろうか、ということを寝る前に毎日毎日考えました。

やっぱり自分が経験したことではないのであくまで想像でしかなかったのが、不思議なことに武志のことばを発しているうちに本当に経験したような気持ちになってきて、お父ちゃん(八郎・松下洸平)やお母ちゃん、(友人の)大輔(七瀬公)や学(大江晋平)、みんながかけてくれることばがブスブスと心に刺さって、素直に心が揺れたり、うれしくなったり、悲しくなったりしました。

そういう意味では想像の域を少し超えられたのかなと思っています。

武志はたぶん一生、僕の中にいると思います。

それぐらい責任を感じて演じさせてもらいました。

皆さんのそれぞれの胸の中でも武志の生きた証しを思い返していただければうれしいです。

喜美子・戸田恵梨香のコメント

物を作るということは『生』ということだと思うんです。

第18週で、喜美子が初めて完成させた自然釉の作品『うずくまる』を“取り上げた”とき、私自身は出産を経験したことがないのに、実際に子どもを産んだかのような感動を覚えたんです。

物を作り上げるということは、誕生させる、生かす、自分の魂を吹き込む、ということなんだなと感じました。

そしてこの『スカーレット』という作品のテーマが『生と死』なんだなと気づきました。

喜美子が変化していくのと同時に私も変化していくことができました。

これまでは演じている役として学ぶことや進むことはあっても、私自身が置いてけぼりになってしまうことが多かったんです。

実質自分の時間はほとんどなかったのですが、私自身が置いてけぼりになることが一切なかった。

それが初めての経験。
役者としても人としても、とてつもなく成長させてもらったと思います。

いままで演じたことがない40代後半でさえもまったく違和感がありませんでした。

これが"朝ドラ"のすごさなんだということを改めて感じました。

『役を生きる』とはこれだ、と思いました。

水橋文美江先生が書く脚本には独特の世界観があると思うんです。

視聴者の皆さんを信頼しているからこそ、大きく時間を飛ばしたり、逆に細かく描いたり。

最後までこの一種独特な『スカーレット』の世界についてきてくださってありがとうございます。

喜美子をはじめ登場人物たちを皆さんが愛してくださっているという声を聞くたびに幸せでした。

『スカーレット』が、10年後も20年後も皆さんの心の中で生き続けるような、そんな作品になっていればいいなと思います。

私にとってはこの作品が自分の基盤になりそうな気がしています。

「スカーレット」最終回150話放送後のみんなの感想

スカーレット最終回!笑顔の君がいるから返事はいらないから

男性Aさんの口コミ・感想
戸田さんも松下さんも伊藤さんも、実年齢はそれほどかわらないのに、演技力でしょうか、親子にみえましたし、桜庭さんのおばちゃんにしても、叔母と甥の関係にみえましたし。
とにかくみなさん良かったです。

朝ドラは時々、最後があまりにも駆け足に終わったり、ゴールがみえてくると面白くない時がありますが、今回の終わり方も最後の1週間も楽しめる作品でした。
素敵な作品をありがとうございました。

「私を創る 出会いもサヨナラも」
親、友達、先生、夫、我が子…一生の内にある沢山の出会いとサヨナラ、その度に、いろいろな影響を受けて、自分が創られる。

出会いとサヨナラの結果、喜美子は陶芸家になって、強い母になった。
スカーレットは、喜美子の出会いとサヨナラの物語でしたね。

「いつもと変わらない1日は、特別な1日」
武志が教えてくれた、変わらない日常が、当たり前ではないこと。

今、実感を持って感じます。
八郎が話した武志が生まれた日のあかまつ、武志との会話、頭の中ではっきり映像になりました。

余韻を残す素敵なドラマでした。
俳優のみなさんの演技が素晴らしく、物語の中に引き込まれました。

半年間、ありがとうございました。

女性Aさんの口コミ・感想
男性Bさんの口コミ・感想
1人になったけど、喜美子は凛として生きていく。
強くて、しなやかで、そういう人は優しい。

その姿は喜美子を通して、なぜか戸田恵梨香さんと重なって見えました。
スカーレットの喜美子に真摯に取り組み、座長としてひっぱる姿などがこのドラマをいい作品に仕上げたんだと思います。

半年間ありがとうございました。
今日の最終回を見終わり清々しい気持ちになりました。

喜美子と武志がちゃんと親子に見えたので、ハグのシーンもすんなりと見入って感動できました。

俳優さんたちの年齢差がそれほどないのに、役作りと演出がちゃんとしてるんだなと。

大島優子さんや桜庭ななみさんもしっかり「おばちゃん」になってたし。

女性Bさんの口コミ・感想
男性Cさんの口コミ・感想
大仰な台詞や過剰な演出がある訳でも無いのに、大切な物がたくさん込められた良い朝ドラでした。
何気ない日常、しぐさに、何回涙した事か。

私にとって、やはり特別な朝ドラになりました。
脚本家、出演者の方々、音楽、丁寧なドラマ作りにご尽力のスタッフや滋賀県の方々、全てに感謝致します。

いつまでも、心に刻まれるドラマを、有難うございました。

武志、やはり旅立ってしまったのか!
作品を残したのは立派だが、喜美子と八郎の孫を遺してもらいたかったです!

喜美子の窯を燃やすシーンが最後とは、「作品づくりはこれからつづく」という感じで締めくくりましたね!
こちらは感動しました!

女性Cさんの口コミ・感想

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信は?

スカーレット最終回!笑顔の君がいるから返事はいらないから

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。

民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。

しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。

有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。

しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

しかし、この朝ドラだけは、極々一部だけNHKオンデマンドでも無料登録で無料で見る事ができます!

しかし、本当に一部だけなので、どうしても朝ドラを全話見たい場合は、NHKオンデマンドでは不可能です!

また、NHKオンデマンドで配信されているドラマはU-NEXTでも観れるので、正直U-NEXTの方が断然オススメです!

U-NEXTも月額制ではありますが、見放題なので安心して観れます♪

U-NEXTの無料視聴や無料登録はコチラから
 

それでは、NHK連続テレビ小説「スカーレット」をもう一度見たい場合は、U-NEXTを利用してくださいませ。

 
【関連記事】

テセウスの船犯人の日記後編ネタバレ!鈴の整形の真相は?

そして、ユリコは一人になった5話ネタバレ!百合子は僕が守る

ホームルーム最終回10話ネタバレ!歪んだ愛とその末路とモバイレーツ

美食探偵 明智五郎1話ネタバレ・あらすじ!食が生んだ男女の哀しき事件

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 朝ドラ
-, , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.