ドラマコラム ドラマ情報

シロクロ7話ネタバレ・視聴率!パンダ男の正体は森島哲也(田中圭)

2020年2月24日

シロクロ7話ネタバレ・視聴率!パンダ男の正体は森島哲也(田中圭)

ドラマ「シロクロパンダ」7話のネタバレ・視聴率や感想と、8話のあらすじを紹介していきたいと思います!

シロクロの7話では、衝撃の展開が待っていましたね。

門田を殺した犯人は、レンの母親である、川田麻衣子でした。

入院していた割に、結構アグレッシブに外に出て行動できたんですね!

それがちょっと意外だったのと、あとはコアラ男の正体です。

コアラ男の正体が本当に田中圭さん演じる森島哲也なのか・・・どちらかと言えば森島哲也は、7話の最後、佐島源造の記憶の中で出てきたパンダ男ですよね。

6話でミスパンダに、「パンダに会うのは2回目だな」と言ったのが、この事だったんですね。

しかしながら世間的にはコアラ男の正体が森島哲也という事で報道されてしまいましたが・・・続きのネタバレは下記の「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」7話のネタバレ・感想からご確認くださいませ!!



【これまでの「シロクロパンダ」は?】

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」7話のあらすじ

シロクロ7話ネタバレ・視聴率!パンダ男の正体は森島哲也(田中圭)

レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。

リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱。

直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。

すべてを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。
さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。

彼女にとって、門田は恩人だった。
リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。

リコは再び眠りにつき、レンが戻った。
レンは直輝と別れた悲しみに耐え、囲碁に打ち込む。

直輝は、門田を殺した犯人を突き止めるため、門田の自宅に潜入。

門田の書斎には、激しく争った形跡があったが、犯人につながる手がかりは見つからない。

神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。

あずさは無事に発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていない。

当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。
神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の闇に関わっているのではないかと推理する。

一方、リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。

直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。
リコは直輝から「誰が犯人でも後悔しないね?」と告げられる。

ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ、犯人の正体に迫っていく!

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」7話のネタバレ・感想

ミスパンダになったリコは門田の診察室に忍び込み、その様子をパンダちゃんねるで生配信する。

それは、門田を殺した犯人をおびき寄せるために直輝が考えた作戦だった。

犯人の目的がレンとリコの記憶のすり替えに関する門田の論文だと推理した直輝は、論文のデータが診察室に残っていることを犯人に対して配信で伝えたのだった。

診察室で待っていた直輝とリコの前に現れたのは、麻衣子(山口紗弥加)だった。

麻衣子は春男(升毅)から、10年前の火事で生き残ったのはレンではなくリコだったと知らされた。

彼女は門田の家を訪ね、記憶をすり替えたリコをレンのままにしておいてほしいと懇願する。

しかし門田は、論文を発表した後にレンの記憶を消してリコに戻すつもりだと拒否。

麻衣子は、レンを失いたくないという異常な思いに突き動かされ、門田をナイフで刺した・・・。

リコは「本当に殺したの? お母さん・・・」と、パンダのマスクを取って麻衣子と向き合う。

麻衣子は、10年前の火事の真相を明かす。
10年前のキャンプで、麻衣子はリコだけを別のバンガローに泊め、リコが眠ったのを見計らって火を放った。

しかし、母がリコを殺そうとしていると知ったレンは、リコのバンガローまで助けに行っていた。

リコは麻衣子から虐待を受け続けた末、レンがいなくなれば自分が母に愛してもらえるに違いないと嫉妬していた。

レンとリコは、バンガローの中で火にまかれる。
レンは、リコを逃がして息絶える。

助け出されたリコは、レンを求める麻衣子に、レンではなくリコだと名乗ることができなかった。

リコはレンを見殺しにしたという罪悪感を抱き、自分を消してレンになろうとしたのだった・・・。

麻衣子は、レンとリコへの思いを語り始める。
彼女は双子を身ごもった時、幸せも2倍になると思い、心から喜んだ。

しかし出産後、2人を同時に育てることに疲れ果てた麻衣子は「最初から1人だったらいいのに・・・」と精神がむしばまれていった。

麻衣子の告白に、リコは「お母さん、大丈夫だよ。もういなくなるから」と告げる。

「さっさとあたしを消しちゃってくんない?」と言うリコに「俺はまだ、君と一緒にいたい」と伝える直輝。

リコは、消える前に直輝の復讐に協力することを受け入れ「その代わり、レンのことを幸せにしてあげて」と頼む。

コアラ男誘拐事件の犯人が哲也(田中圭)だというニュースが流れる。

自分がコアラ男だと告白する哲也の遺書が見つかったという。
ニュースを見た佐島(佐藤二朗)は、あずさ(白石聖)が誘拐された8年前、パンダのマスクをかぶった“ミスターパンダ”と対面した時のことを思い出す。

一方、直輝は、衝撃を受けていた。
コアラ男の正体は、父だったのか!?

激しく動揺する直輝は、哲也の形見であるパンダのぬいぐるみを投げ捨て、慟哭する・・・。

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」8話のあらすじ

シロクロ7話ネタバレ・視聴率!パンダ男の正体は森島哲也(田中圭)

8年前のあずさ(白石聖)誘拐事件の犯人・コアラ男が哲也(田中圭)と断定する報道に激しく動揺する直輝(横浜流星)。

その報道は、神代(要潤)によるスクープだった。
直輝は、なぜガセネタを流したのかと神代に詰め寄る。

すると神代は、佐島(佐藤二朗)から哲也がコアラ男である証言と証拠を得たと告げる。

神代は、哲也が犯行を告白している遺書の文面を写した写真を佐島から預かっていた。

直輝は佐島に「あなたが父を殺したんじゃないですか?」と迫る。
佐島は、自分でシロクロをつければいいと直輝を挑発。

直輝は「承知しました、ミスターノーコンプライアンス」と受けて立つのだった。

麻衣子(山口紗弥加)が門田(山崎樹範)を殺したという信じたくない事実に直面し、苦しむレン(清野菜名)。

彼女は、拘置所で麻衣子と対面。
なぜ門田を殺したのかと尋ねようとすると「レンなの!?リコなの!?」と麻衣子に問われ、レンは戸惑う。

麻衣子はレンに、今すぐ直輝を殺すようにと言う。
直輝は、哲也が遺したUSBの中の動画を見返していた。

その中の1つにパスワードでロックのかかった動画があった。
直輝は心当たりのある文字と数字をパスワードとして入力してみるが、動画は開かない。

直輝は、そこに重要な証拠が隠されていると考え、パスワードを探すことに。

あずさは、直輝が自分に近付いたのは父を殺した犯人を突き止めるためだったのではないかと疑惑を抱く。

彼女は、本当のことを確かめるために直輝を呼び出す。
直輝は、あずさに、近付いたのは利用するためだったと言い切り、父を殺した犯人として佐島を追い詰めるつもりだと告げる。

父の汚名を晴らし、佐島が犯人だという証拠を見つけようと命がけで奔走する直輝。

一方、レンは、麻衣子の言葉に苦悩を深めていた。
そんな中、レンの前に直輝が現れる・・・。

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の見逃し配信はTVer!全話配信はHulu!

シロクロ7話ネタバレ・視聴率!パンダ男の正体は森島哲也(田中圭)

ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」は日本テレビで放送されるので、これはやはりHuluで配信されています。

そして1話解決のストーリーと併せて、今後のストーリーに影響しそうな伏線も張られていた「シロクロパンダ」。

直輝の父と、Mr.ノーコンプライアンスの関係。

パンダ男とコアラ男が繋がってくる?過去の誘拐事件・・・。

レンと直輝の関係性も気になるところですよね。

本当に最後になってしまうのか、それとも、まだミスパンダと飼育員さんとしての関係は続くのか・・・。

次の第8話でどうなるのか!

それでは「シロクロパンダ」の第8話を楽しみにしていましょう!
 
 
Huluの無料お試しはコチラから

 
【関連記事】

スマホを落としただけなのに2ネタバレ!囚われの殺人鬼の結末

「星屑の町」映画ネタバレ!ロケ地やあらすじ・キャスト紹介!

スカーレット121話ネタバレ・あらすじ!スピンオフ回!

「初恋」ネタバレ!映画のあらすじ・キャストは?ベッキーの熱演も!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.