ドラマコラム ドラマ情報

コールドケース3ネタバレ!最終回までのあらすじ・キャスト情報公開

コールドケース3ネタバレ!最終回までのあらすじ・キャスト情報公開

WOWOWの連続ドラマW「コールドケース3」のネタバレや感想、あらすじ・キャスト情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います!

コールドケースはアメリカのテレビドラマシリーズ『コールドケース 迷宮事件簿』のリメイク作品です。

日本版の「コールドケース~真実の扉~」では主演が吉田羊さんで、毎回豪華ゲストの出演も話題です。

そして、何よりもWOWOWの連続ドラマWなのに、各シーズン、全10話と、地上波と変わらない話数で放送されているのも異例ですね。

今回の「コールドケース3」はWOWOW開局30周年記念として放送されます!

そんな日本版「コールドケース3」はどのような物語になるのでしょうか。

過去のseason1、season2の事も含めて紹介していきたいと思います。



【この記事も読まれています】

ドラマ「コールドケース3」の概要

衝撃の真実が再び、浮かび上がる!
吉田羊主演、大ヒットクライムサスペンス!

待望の<第3弾>遂に始動!
1990年11月にサービス放送を開始し、まもなく開局30周年を迎えるWOWOWでは、2020年12月以降、開局30周年記念番組を続々と放送していく。

その記念番組の一つとして、吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和が豪華共演の大ヒットクライムサスペンスシリーズ待望の第3弾「連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~」の放送が2020年冬に決定した!

「コールドケース」 は、2003年から2010年まで全7シーズンにわたりアメリカ・CBSで放送され高視聴率を記録。

未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描き、世界中の人々に愛されたドラマシリーズで、本国アメリカでは全シーズンの平均視聴者数が1000万人を超える大ヒット作となった。

2016年、WOWOWがアメリカ国外としては世界初となる、日本版コールドケース「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の制作と放送を手掛け、大きな話題を呼んだ。

オリジナル版ではフィラデルフィアだった舞台を、日本版では神奈川に移し、実力・人気を兼ね備えた女優・吉田羊が、神奈川県警捜査一課の中でチームを引っ張る主人公の女性刑事・石川百合役を好演。

チームメンバーと共に、毎話異なる未解決事件の真相を解明していくハイクオリティ・クライムサスペンスとして注目を浴びた。

2018年には「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」として続編が放送され、WOWOWのドラマ史上初となる全編8Kによる収録を敢行。

さらに、シーズン1、2共に全編4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)版も制作し、本作の醍醐味である過去と現在をつなぐ世界観を最新技術を駆使した圧倒的な映像美で表現することに成功した。

<シーズン3>となる今作では、吉田扮する石川百合が率いる神奈川県警捜査一課チームの結束力は更に高まり、闇に葬られた悲しき事件の真実が次々と明らかになる。

さらに今作では、今まで語られることのなかった個々の物語にも注目したい。

監督は『サイレント・トーキョー』の公開を控える波多野貴文監督を始め、「連続ドラマW 殺人分析班」シリーズの内片輝監督、「連続ドラマW ミラー・ツインズ」の守下敏行監督、音楽も『メアリと魔女の花』の村松崇継が引き続き参戦。

先日クランクインを迎えた現場からは、再び集結した豪華スタッフ、キャスト陣の素晴らしいパフォーマンスに歓喜の声があがっている。

吉田は「今はワクワクしかないです。馴染みの良さがシーズン2に続いてありました」と語り、三浦も「5人がとっても良い感じの集まりになっている」と語るなど、レギュラーキャスト陣5名の作品に対する愛や絆、<シーズン3>への意気込みが感じられるコメントが届いた。

そして今作でも新たな未解決事件の年代やテーマ、さらには未解決事件が起きた当時のヒット曲、そして日本版「コールドケース」だからこそ実現する超豪華ゲスト陣が各話を彩る。

これまで<シーズン1>では吉沢亮、仲里依紗、ユースケ・サンタマリア、中村倫也、村上虹郎、伊藤健太郎、眞島秀和、門脇麦、仲代達矢。

<シーズン2>では橋爪功、宮藤官九郎、吉岡秀隆、佐藤浩市、田中圭、奥田瑛二、井上芳雄、飯豊まりえ、成海璃子、早乙女太一、松本穂香らが出演してきたが、果たして<シーズン3>では一体どんな超豪華ゲストが登場し、物語が繰り広げられるのか。

シリーズ史上最大のスケールでお届けする今作にますます期待がかかる。

2020年、WOWOWが挑む、世界最高峰のクライムサスペンスから目が離せない!!

ドラマ「コールドケース3」のキャスト

吉田羊 役:石川百合

神奈川県警察 捜査一課。
警部 中隊長。

オリジナル版キャスト:リリー・ラッシュ(演:キャスリン・モリス)

吉田羊コメント

本当に嬉しかったです。
私にとってこの石川百合という役は自分の一部みたいなもので、百合のその後の人生をまた演じたいなと思っていたので、今はワクワクしかないです。

好きな役の人生を長らく生きられる事、大切な作品を何度も演じられる事は、奇跡に近い幸福。叶えて下さった全ての皆様に心から感謝します。

みんなとも話していたのですが、年末に撮影をして、お正月休みを挟んで、また年明けから撮影再開、というくらいの馴染みの良さが、シーズン2に続いてありました。

また、キャスト・スタッフ全員がこの現場を楽しみにしていたという感情が伝わってこれまた嬉しく、更なる高みと深みを目指せるのではないかと思います。

今シーズンは攻めています。
シリーズ化の難しさに、身を焦がして挑戦している感じ。

特に5人が、シーズン1、2を経て絆を深めたからこそ、怖がらずにぶつかり合っている。

絆がまた違う形に変化していく、そういうシーズン3になっている気がします。

途中ハラハラする展開もあるかと思いますが、この5人の“今”を見ていただけたら嬉しいです。

永山絢斗 役:高木信次郎

神奈川県警察 捜査一課。
巡査部長。

オリジナル版キャスト:スコッティ・ヴァレンズ(演:ダニー・ピノ)

滝藤賢一 役:立川大輔

神奈川県警察 捜査一課。
主任。警部補。

オリジナル版キャスト:ニック・ヴェラ(演:ジェレミー・ラッチフォード)

光石研 役:金子徹

神奈川県警察 捜査一課。
主任。警部補。

オリジナル版キャスト:ウィル・ジェフリーズ(演:トム・バリー)

三浦友和 役:本木秀俊

神奈川県警察 捜査一課。
警視。課長代理。

オリジナル版キャスト:ジョン・スティルマン(演:ジョン・フィン)

ドラマ「コールドケース3」のあらすじ

※あらすじやネタバレなどは、情報が公開され次第紹介していきたいと思います。

ドラマ「コールドケース1」のあらすじ

連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~ コンプリート・ボックス 【DVD】

1996年冬、19歳の青年・工藤順一(吉沢亮)が「お父さん。僕は自由です。さようなら」と書かれた紙を胸に、自宅前で絶命。

その事件の資料は“未送致”として神奈川県警の倉庫にしまわれた・・・。

時は流れ、2015年春。
横浜市街で起きた母子殺害事件の現場にいた神奈川県警・捜査一課の刑事、石川百合(吉田羊)に、来客の連絡が入る。

県警に戻った百合を待っていた外国人女性は、「1996年1月に殺人を見た・・・」と語りだす。

それは19年前、工藤順一の遺体が捨てられたのを目撃したという新たな証言だった。

再捜査の価値があると判断した百合は、課長代理である本木秀俊(三浦友和)の指示のもと、立川大輔(滝藤賢一)、金子徹(光石研)と、異動してきたばかりの高木信次郎(永山絢斗)とともに再捜査を始める。

数々の未解決事件の閉ざされた真実を暴き出すため、最高のチームワークを見せる捜査一課が今、動き出す!

ドラマ「コールドケース1」のネタバレ・感想

男性Aさんの口コミ・感想
アメリカ版が好きだったので見てみましたが、日本版ということで話がリアル(身近)すぎて見ていて辛くなる。
エピの多くが弱者に対する虐待モノだし、変態犯人や卑劣な人物が多い。

セリフも嫌。
トーンも意識的に暗くしてあるので、見ていて爽快感も救われる感じもない。

ただただ嫌悪感ばっかり。
見るたびに、見なきゃよかったと感じる。

アメリカのリリー・ラッシュでいいや。
サイコものならクリマイの方がいいし。

エピソードの多くが弱者への虐待ものなので気が滅入るというレビューがあったが、本国版もそうなので仕方ない。
むしろ憎悪犯罪(ヘイトクライム)による黒人やヒスパニックの虐待が日常化してるアメリカの方が、その手のエピソードが多い。

頑張っていると思うのだが、本家に比べるとどうしても見劣りする。
私は先にリメイク版を見てから本国版を視聴した。

リメイク版でも最後は泣いたのだが、本国版はもっとノスタルジー色が強く、なによりラストの受け取り方が異なる。
日本版は被害者があんまりにも可哀想で、とか、事件の結末がやりきれなくて泣いたのだが、本国版は当時の流行歌との相乗効果でちょっとだけ救われた感じがする。

流行歌の多くが優しく柔らかい、または明るい曲調なのもあって後味がマイルドになり、しみじみと余韻にひたれる。
日本版は関係者の過去と差し替える演出こそ本家を踏襲してるが、流行歌が挿入されない。

下手にパフィーだの浜崎あゆみだの安室奈美恵だの当時のベストナンバーを入れてもチープだし、ださくて見れたもんじゃないのもわかるが、ラストに被害者の亡霊(幻)が現れるだけじゃ救済された感じはしない。
無念で出てきたのか喜んでるのか、顔だけじゃいまいち読み取りにくいのを歌が助けているのだ。

日本版はより硬派な社会派ドラマになってるが、全体的に陰惨さが勝ってしまうのが残念。
横浜というオシャレな舞台選びは評価したい。

女性Aさんの口コミ・感想
男性Bさんの口コミ・感想
アメリカの原作ドラマは未視聴です。
硬派な刑事ドラマとして十分楽しめました。

地上波でありがちなクサいと感じる演出や配役はなく、踏み込んだ題材(障碍者の犯罪や在日差別等)を扱っている回もあり、ドラマWの特色を発揮できていると思います。

主演の吉田羊さんは、本作で連続ドラマ初主演とのことですが、気の強い女刑事役としてかなりハマっていたと感じました。
映像も原作ドラマに寄せてあるのか、ハリウッド風にグレーディングされており雰囲気があります。

やや物足りなく感じたのは、各話の解決編パート。
1話50分のなかで、事件まわりの人間関係が徐々に明らかになっていく過程は丁寧に描かれているのに対して、犯人判明から逮捕の件りはかなりあっさりめです。

弁明シーンや後日談もありません。
好みの問題かもしれませんが、ちょっと見てみたかったかな。

個人的には特に6話がお気に入りで、ストーリーもさることながらゲストとして登場する仲代達矢氏の演技が圧倒的。
この話だけで見てよかったと思いました。

米ドラマ「コールドケース」の大ファンなので日本版が製作されたと聞いて観てみましたが…アメリカ版だと毎回涙を拭いながらの視聴だったのに…日本版はまったく泣けない、心震わせられることのないありきたりのサスペンスになっていました。

残念です。

女性Bさんの口コミ・感想
男性Cさんの口コミ・感想
オリジナルの脚本ではなく、アメリカの本家コールドケースの脚本を日本風に安っぽくした内容でした。
本家を見ていると、物凄く陳腐に感じます。

吉田羊をはじめ、キャスト全員が役にハマっていない印象もあります。
日本のドラマってレベル低すぎだなぁ、と後悔させられる可能性が高いです。

海外ドラマのリメイクの中ではかなりいい出来だと思います。

本家と比べると確かに別物がもしれませんが、脚本、カメラワーク、音楽、どこを取っても日本ドラマにしては一級のクオリティです。

女性Cさんの口コミ・感想

ドラマ「コールドケース2」のあらすじ

連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~ コンプリート・ボックス 【DVD】

とある大学の敷地から白骨遺体が掘り起こされる。

神奈川県警捜査一課の刑事・石川百合(吉田羊)と高木信次郎(永山絢斗)は先に現場にいた同僚の金子徹(光石研)、立川大輔(滝藤賢一)と合流。

遺体と一緒に埋められていた学生証から被害者は橋本誠司(吉村界人)だと分かる。

橋本は1971年に起きた、学生と機動隊が激しく衝突した横須賀暴動に参加した後、行方不明になっていた。

後日、捜査一課に橋本の娘と名乗る恵美(奥貫薫)が来訪。

恵美は、橋本と母は学生時代、過激派の活動家だったことを語る。

恵美と母は、毎年橋本とおぼしき人物から送金を受けていたので今も彼がどこかに潜伏中だと考えた課長代理の本木秀俊(三浦友和)ら捜査陣は、送金用の封筒にある外国の消印に着目。

外国滞在期間が30年以上あるため失踪事件の時効不成立の可能性が浮上し、捜査を始める。

ドラマ「コールドケース2」のネタバレ・感想

女性Aさんの口コミ・感想
田中圭さんの魅力!
爽やか圭さんもいいですが、悪い圭さんが観れて、大満足です!

ストーリーも一話完結で、面白かったです。
ほかのストーリーも観てみたいです。

凍結した事件の真相を暴くために過去を掘り起こす作業。
否が応でも向き合わなければならない事実。

容疑者との心理戦。
探る方も探られる方もやりきれない痛みすら伴う事象。

傷ついた被害者や家族への慈愛の念。
シーズン1の吉田羊演じる石川とユースケサンタマリア演じる赤松の幼い頃のトラウマを抱えた同士のヒリヒリした心理描写合戦や猟奇的なクライムサスペンス色こそ影を潜めましたが、より事件に関わった人物の家族にスポットを当てた人間ドラマにシフトしたのがシーズン2の特徴と言えると思います。

シーズン1からの引き続きのキャストとスタッフ。
撮影、メイク、衣装、美術。妥協しない腕のいいプロ集団が作っているのは見てもらえればわかります。

今回はメインの波多野監督以外に内片監督と森下監督が加わりました。
特に内片監督の5話『指輪』の素晴らしさ。

救いようのない男を演じた田中圭と内気な銀行員の平岩紙のコントラスト、金井勇太の繊細な演技。
同じ内片監督の6話『バブル』も一片の映画を見るような涙無くしてはみられない情緒あふれる作品でした。

あと波多野監督の2話『名前のない殺人者』のクドカンの佇まい。
そして対峙し諭す吉田羊の説得力。

森下監督の8話の『17歳の母』の質感と時代背景。
9話の『シベリアの涙』のモノクロ映像の美しさも印象に残りました。

初回から伏線を匂わす映像で興味を継続していった最終話は犯人が容易にわかってしまい緊迫感も削がれて個人的には残念な出来でした。
こと最終話に関しては圧倒的にシーズン1の方がいいですね。

最後に苦言を呈しますが、コールドケースというドラマは海外版もその時代の音楽が流れるのが個性であり特徴です。
DVDとブルーレイ発売イベントの際、主演の吉田羊さん自ら「毎回の豪華なゲスト、さらに時代を象徴する音楽が使われていて、それが全部邦楽なんです。なのでより日本版らしく、時代を鮮明にイメージしながら見ていただける作品になっています」と語ってますが実際はこのデジタル配信含めて、それらすべての曲が削除されて別のインストゥルメンタルの曲に差し代わっています。

彼女の手元には放映された時のオリジナルがあるのでしょうが、購入する人に対して完全にミスリードになってしまいましたね。
特に5話の『指輪』はエンディングシーンから流れる宇多田ヒカルの曲が詞も含めてとてもマッチしてストーリーに深い余韻を与えてたので他の曲になってて唖然としました。

放映時にはひとつのエピソードに対して3曲から5曲のその時代を代表する邦楽が使われていました。
著作権とか難しい問題もあるでしょうがここは本当になんとかして欲しかったところです。

この状態でソフトとして残っていくことを考えると、その時代の曲が流れるというコールドケースという作品のコンセプトすら揺らぐことになってしまい、くれぐれも残念です。

男性Aさんの口コミ・感想
女性Bさんの口コミ・感想
吉田羊さんの演技が素晴らしい!

他キャストの人間味溢れる演技も好きです。

シーズン3が早く見たいです。

シーズン1を含め、海外ドラマのリメイクが上手くいった珍しい例だと思います。

キャストの演技や演出が素晴らしく、テンポもとても良いです。

男性Bさんの口コミ・感想

「コールドケース3」の放送はWOWOW!配信は?

コールドケース3ネタバレ!最終回までのあらすじ・キャスト情報公開

連続ドラマW「コールドケース3」の放送はもちろんWOWOWです。

WOWOWのドラマはTVerで見逃し配信されたりする事はないので、WOWOWでしか見る事が出来ません。

まだ、WOWOWに加入されていない方は、こちらからどうぞ。

WOWOWは加入0円!WOWOWのドラマや映画・スポーツはコチラから加入して観よう!
 

また、動画配信となると、これはいつから開始されるかは解りませんが、Huluで配信されるのではないかと思われます。

これまで放送されてきたWOWOWの連続ドラマWはHuluで多く配信されているからです。

Huluを2週間無料で楽しむ!無料登録はこちらから
 

Huluで配信が始まるとしても、すぐに配信が始まるわけではないので、配信が開始されるまで待たないといけません。

Huluで配信が始まりましたら、こちらでお知らせしますので、それからHuluに登録してみるのも遅くはないと思います!

それではWOWOWのドラマ「コールドケース3」を楽しみましょう!

 
【関連記事】

テセウスの船黒幕確定!?犯人最終回ネタバレ!考察は無意味?

死にたい夜にかぎって4話ネタバレ!償う事さえできずに今日も痛みを抱き

ランチ合コン探偵Huluオリジナルストーリーネタバレ!合コン相手が来ない

地獄のガールフレンドネタバレ!漫画原作の実写ドラマ化作品の結末

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報
-, , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.