ドラマコラム ドラマ情報 朝ドラ

エール第7週ネタバレ・あらすじ!東京で新婚生活を始める

2020年4月4日

エール第7週ネタバレ・あらすじ!東京で新婚生活を始める

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「エール」の第7週のネタバレやあらすじ、感想などを紹介していきたいと思います!

この第7週での注目する点は、山崎育三郎さんと野田洋次郎さんの登場でもありますね!

第6週目では、喜多一に戻った古山裕一(窪田正孝)は、「音(二階堂ふみ)がいないと曲が書けない」と言って、結婚の許しを請いますが、弟・浩二が「おめでたい男」と兄を罵り、積年の怒りを爆発させ・・・。

自分は家のために苦労しているのに、兄は両親に甘やかされ、自分のことだけ考えていると思うと許せなかったんですね。

裕一が藤堂先生に相談すると、「何かを得たいなら、何かを捨てなければいけない」と諭される。

裕一は留学を選び、関内音(二階堂ふみ)に別れの手紙を書く事を決意する。

そんな中、世界的不況のため留学は取り消すという知らせがイギリスから届きました。

放心状態の裕一は、音に会う資格はないし、音楽の神様にも捨てられたと、銀行員に戻って働くつもりでした。

音は、どうすれば裕一が音楽を続けられるかと思い悩み、自分が東京帝国学校に合格しても喜べない状態でした。

そんな中、姉・吟の見合い相手の叔父・廿日市誉(古田新太)が「コロンブスレコード」で働いていると聞いた音。

裕一を売り込みに行くも、最初は全く相手にされないのですが、結果的に裕一との専属契約を決める事に。

東京に行く決意をした裕一は喜多一で荷物をまとめていると、まさが「あなたには無理」といって引き止めます。

しかし裕一は、

「母さんは僕の幸せを願って“無理”と言ってくれる、音は僕の幸せを願って“やれる”と言ってくれる。」

と母の気持ちを理解しつつ、音に賭けたのだった・・・というような内容でした!

それでは第7週目はどのような内容になるのか、紹介していきたいと思います!



【この記事も読まれてます】

朝ドラ「エール」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・エール第7週のネタバレはこちらから

・エール第8週のネタバレはこちらから

・木枯正人(野田洋次郎)についてはこちらから

・佐藤久志(山崎育三郎)についてはこちらから

・エール全週のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」第7週のあらすじ・ネタバレ「新生活」

古山裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)は東京で新婚生活を始める。
音の学校の近くの喫茶店「バンブー」裏の借家が夫婦の新居となった。

コロンブスレコードとは、最低でも月に2曲は作曲する約束で年に3500円という大金で専属契約を交わしました。

しかし、廿日市がことごとくボツにするため、半年後には21曲連続不採用となってしまった。

それは裕一だけでなく、同期の作曲家・木枯正人(野田洋次郎)も似た状況だった。

春になり、音の東京帝国音楽学校が始ります。

学校には女生徒が「プリンス」と呼んで憧れる3年生の男子学生(山崎育三郎)おり、彼は学園のスター的存在でした。

ある夜、裕一は木枯の誘いで華やかな女給がいる社交場のカフェに行く。

木枯としては曲作りのための人間観察でしたが、帰宅した裕一が音にカフェのことを隠していると、音にバレて喧嘩になります。

翌日、喫茶店「バンブー」で音が浮かない顔をしていたので、プリンスが声を掛けました。

するとそこへ裕一が入ってきます。

プリンスはハッとして「古山か!僕だよ。佐藤久志」と声を掛けます。

プリンスの正体は、裕一の小学校時代のクラスメイト・佐藤久志でした。

それからさらに半年過ぎても曲は採用されない裕一は、コロンブスレコードのサロンで憧れの小山田耕三(志村けん)に出会います。

実は裕一がコロンブスレコードの専属になれたのは、小山田の推薦があったからなのです。

小山田先生の顔に泥は塗れないと、仕事に没頭する裕一。

※続きの第8週はこちらから

エール第8週ネタバレ・あらすじ!紺碧の空の作曲に取り掛かるが・・・

木枯正人(野田洋次郎)・佐藤久志(山崎育三郎)とは

野田洋次郎 役:木枯正人(こがらし まさと)

裕一と同時期にコロンブスレコードに採用された作曲家。

時間を見つけては、時折行きつけのカフェでギターの弾き語りをしている。モデルは作曲家古賀政男。

山崎育三郎 役:佐藤久志(さとう ひさし)

県議会議員の息子で裕一の小学校時代の同級生。
のちに歌手となり、裕一の作った曲を唄うことで好評を博すことになる。

古関裕而の親友で歌手の伊藤久男がモデル。

伊藤久男(いとうひさお)とは

エール第7週ネタバレ・あらすじ!東京で新婚生活を始める

伊藤久男(いとうひさお)は、1910年(明治43年)7月7日生まれの日本の歌手。

本名は伊藤四三男(いとう しさお)。

生家は福島県安達郡本宮町(現本宮市)の旧家。

父親は立憲政友会所属で県会議員を務めた伊藤彌、兄は福島県議会議員を経て戦後に自由民主党所属の衆議院議員を務める伊藤幟である。

たいへん裕福な家庭で、当時はまだ珍しかったピアノに没頭し、中学(旧制)の頃にはピアニストを志望するようになる。

家族や親族の反対を押し切り単身上京、音楽を生業とすることに反対していた家族へのカモフラージュのため東京農業大学に入学。

その後、同郷の新進作曲家・古関裕而と懇意になり、家族には知らせず農大を退学、帝国音楽学校に進む。

同校では同郷の声楽家平間文寿に師事する。

その後、農大を退学したことが家族に知られ毎月の仕送りが止まり、音楽学校の同級生とともにコロムビア吹き込み所で合いの手や囃子の吹き込みのアルバイトを始める。

ピアニスト志望だった四三男としては不本意だったが、これが後に作曲家やディレクターたちの耳に止まることになる。

1932年(昭和7年)、古関裕而の勧めにより、1933年(昭和8年)6月25日付で「伊藤久男」名義でリーガル(コロムビアの廉価レーベル)から「今宵の雨」でデビュー。

コロムビアからのデビューは同年9月の「ニセコスキー小唄」で、宮本一夫の名前で発売。

出身地本宮をひっくり返した芸名だった。

その間、アルバイトとしてタイヘイレコードにて内海四郎名義でレコーディング。

その後、コロムビアでは伊藤久男、リーガルでは宮本一夫を使用していたが、1935年(昭和10年)「別れ来て」の発売を機に芸名を伊藤久男に統一。

古関裕而(窪田正孝)と伊藤久男

伊藤は同郷の作曲家・古関裕而の作品を多くレコーディングしている。

「露営の歌」「続露営の歌」「暁に祈る」「海底万里」といった戦時歌謡から、「イヨマンテの夜」「君いとしき人よ」といった歌謡曲、また、現在でも夏の高校野球全国大会で歌われている「栄冠は君に輝く」までも伊藤の創唱によるものであった。

NHK紅白歌合戦にも計11回出場している。

古関裕而のクラシックの格調は、美しいテナーの音色で歌う藤山一郎に代表されるが、古関メロディーのドラマティックな抒情性は伊藤久男のリリックな歌唱によって声価を高めた。

伊藤の人柄と病魔に悩まされた晩年

性格はまさに豪放磊落。
酒をこよなく愛し、誰からも「チャーさん」の愛称で慕われた。

一方で、異常なまでの潔癖症で、常にアルコールを含ませた脱脂綿を消毒のために持ち歩き、また、閉所恐怖症のためエレベーターには乗らなかったといわれる。

日本歌手協会の設立にも尽力し、後進の指導にも力を惜しまなかったが、晩年は酒豪が祟り糖尿病のためインスリンの注射に依存。

昭和50年以降には、注射による低血糖発作で震えながらステージを務め、痛々しいものがあった。

妻は元宝塚歌劇団娘役で宝塚歌劇団21期生の桃園ゆみか(本名:伊藤あさの、旧姓:西山)。

NHKの歌番組ステージ101に出演していた歌手伊藤三礼子は長女。

また、弟で次男の悟も出演していた(後に「伊藤さとる」名義で1980年頃、郷ひろみのバックコーラスを担当したといわれる)。

1978年(昭和53年)に紫綬褒章受章、1982年(昭和57年)には第24回日本レコード大賞特別賞を受ける(この受賞の際中継で顔出し出演していたが、伊藤が公の場に姿を見せるのは、これが生涯最後となった)。

翌1983年4月、肺水腫のため死去、享年72。勲四等旭日小綬章受勲。

朝ドラ「エール」の動画配信は?

エール第7週ネタバレ・あらすじ!東京で新婚生活を始める

朝ドラ「エール」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。

民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。

しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。

有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。

しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

しかし、この朝ドラだけは、極々一部だけNHKオンデマンドでも無料登録で無料で見る事ができます!

本当に一部だけなので、どうしても朝ドラを無料で見たい場合は、NHKオンデマンドでは不可能です!

また、NHKオンデマンドで配信されているドラマはU-NEXTでも観れるので、正直U-NEXTの方が断然オススメです!

U-NEXTも月額制ではありますが、見放題なので安心して観れます♪

U-NEXTの無料視聴や無料登録はコチラから
 

それでは、朝ドラ「エール」の放送を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

エール第6週ネタバレ・あらすじ!裕一と音の別れ「ふたりの決意」

エール第4週ネタバレ・あらすじ!竹取物語と音からの手紙

エール6話ネタバレ・あらすじ!裕一と鉄男の間に友情が!?

「来世ではちゃんとします」「絶メシロード」がTVerで動画無料配信中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 朝ドラ
-, , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.