ドラマコラム ドラマネタバレ情報 漫画ネタバレ情報 漫画原作ドラマネタバレ

【ネタバレ】恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

【ネタバレ】恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

日本テレビで放送される水曜ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」のあらすじやネタバレ、無料動画配信や見逃し配信情報、そして視聴率や感想、キャスト情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います。

このドラマは漫画の実写化ドラマ作品なのですが、原作漫画は「ヤンキー君と白杖ガール」です。

原作漫画は現在6巻まで発売されていますが、ドラマ版の「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」の最終回結末はどのようになるのか!?注目です!

それでは先ず、「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」の動画配信ですが、こちらは日本テレビで放送されるドラマなので、もちろんHuluで配信されます。

Huluの無料お試しはコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!
 

それでは「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」について紹介していきます。

もくじ

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャストについてはこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

・原作のネタバレ・感想はこちらから

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」の概要

日本テレビ系 10月スタートとなる新水曜ドラマが、「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に決定!

本作は、光と色がぼんやり分かる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコが、誰からも恐れられている不良少年・黒川森生に出会い、不器用ながら少しずつお互いのことを理解し惹かれあっていく新世代ラブコメディー。

主人公である盲学校生・赤座ユキコを演じるのは、朝の連続テレビ小説「おちょやん」以来、初ドラマ出演の女優・杉咲花。本作が日本テレビ系ドラマ初主演。

原作は、『ヤンキー君と白杖ガール』(うおやま/KADOKAWA)。Web連載での閲覧数累計2,000万PVを突破した話題作のドラマ化となる。

勝ち気だけど恋には臆病な盲学校の女の子と、喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキー。
ある日出会ってしまった運命の二人!
笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディー!

光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生ユキコと、喧嘩っ早いけど純粋な不良少年の森生(もりお)。
運命の出会いをした二人はお互いの事を理解し、惹かれ合っていく・・・!

ギャグとラブコメ要素がふんだんに盛り込まれたこの秋、誰もが応援したくなる恋の物語をお届けします!

Huluの無料お試しはコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!
 

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」のキャスト

杉咲花 役:赤座 ユキコ(あかざ・ゆきこ)

盲学校高等部3年生。
「色がうっすらわかる」「ルーペを使えば大きい字を認識できる」程度の弱視で、外を歩くときは白杖を持っている。

見かけによらず口が悪いが、気を許すと天然で可愛らしい一面を見せる。

ある日、ヤンキーの森生と出会い、なぜかまとわりつかれるように。初めは森生に冷たい態度をとるユキコだったが、次第に彼の真っすぐさに惹かれるようになる。

数年前に母を亡くし、父と姉・イズミとの3人暮らし。

杉咲花のコメント

■原作を読んでの感想は?
二人が少しずつお互いのことを知りながら、不器用に惹かれあっていく姿がコミカルに描かれる中で、「普通ってなんだろう?」ということを問いかけている作品で、すごくリアリティを感じました。胸がキュンとしたり、思わず笑ってしまったり、応援したくなるような描写もありつつ、共感できるポイントもたくさんある作品だと思います。

■ユキコという主人公をどう感じましたか? ご自身との共通点はありましたか?
とてもピュアな人だと思いました。
恋に対して臆病になってしまっているユキコが、森生からのアプローチに強気で反応しながらも実は動揺してしまっているという姿はとても可愛らしくて、クスッと笑ってしまうような愛おしさのある人だなと感じました。
共通点は、自分が身につけるものにこだわったり、それを楽しんでいるところです。
また、不器用でうまく伝えられない部分もありながら、基本的には自分の感情に正直で、嘘をつかない素直なところに魅力を感じました。

■ユキコの恋の相手となる森生についてはどんなキャラクターだと感じましたか?
「海は広い! 犬は可愛い! ユキコさんが好き!」みたいな…。感情のホームランを常に打ち続けているような真っ直ぐさが憎めないなと感じ、とても好きなキャラクターです。

■今作のタイトルはズバリ「恋です!」。杉咲さんご自身をひと言で表すと……「〇〇〇です!」には何が入りますか?
「ごはんが好きです!」
料理をすることも食べることも好きで、生きる楽しみです(笑)。一日の中でごはんを食べる時間が一番好きです。好きなメニューは豚しゃぶで、自分でもよく作ります。

■最後に、この作品を楽しみにしている視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。
一見交わることのなさそうな二人が惹かれあっていく姿にキュンとしたり、ハラハラさせられたり、思わず笑ってしまったり。そして、自分にとってのコンプレックスだと感じていたものすらも、なんだか愛おしく感じられる瞬間があるような、観てくださる方にとって勇気づけられるような作品になったらいいなと思っています。
ぜひ、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

杉野遥亮 役:黒川 森生(くろかわ・もりお)

地元では、その名を出しただけで相手が逃げていくほど有名なヤンキー(不良)。

高校を3日で中退して現在は無職。そのヤンキー然とした風貌とケンカでつけられた顔の傷から、周囲からは白い目で見られることが多く、バイト先もなかなか見つからない。そのため、「社会から疎外されている」という思いが強い。

短気な性格で喧嘩っ早い。実は「売られた喧嘩しかやらない」など、森生なりの“正義”があるが、他人からはまったく理解されない……。

ある日、今まで出会ったことのないタイプの少女・ユキコと出会い、一瞬で恋に落ちてしまう。

杉野遥亮のコメント

■原作を読んでの感想は?
二人が出会い、「普通って何だろう?」と模索しながら成長していく過程や、周りの人たちとのつながり、心の成長というものが、胸にダイレクトに響く形で描かれているのがとても魅力的だなと感じました。

■森生は、どういうキャラクターだと思いますか?ご自身との共通点や共感できる部分などはありますか?
真っ直ぐでピュアな人ですね。これから撮影していく中で作り上げていく部分も多いと思いますが、とても愛がある人だなと思います。
自分との共通点は……僕もピュアな面を持っていると思っているんですけど、どうでしょうか(笑)。

■今回、特殊メイクで顔の傷を施すなどの役作りをされましたが、どんな思いがありますか?
原作にもあるこの傷が森生のキャラクターとしてとても大事なポイントだと考えています。森生のバックボーンとして重要なので、演じる上でも大切にしたいです。

■ヤンキー役を演じるのは初めてですか?演じるのは難しいですか?
はい、初めてです!ただ、「ヤンキー」ということよりも、特にユキコさんと一緒にいる時は、ピュアで真っ直ぐで、それが人の心を打つ人なので、そういった部分を大切に演じたいと思います。

■主人公:赤座ユキコに関して、また、ユキコを演じる杉咲花さんについてはどういう印象がありますか?
ユキコと森生はすごく似ているなって感じます。人間誰しも自分が世の中と比べて普通とは違うのかなと感じることもあると思うのですが、そういう自分にとってコンプレックスになるような部分も含めて、一生懸命生きているところが愛しいなと思います。

杉咲花さんとご一緒するのは今回が初めてになりますが、ふわふわしたイメージがあります。コットンキャンディーとかじゃなくてメレンゲに近い、ふわふわした感じ(笑)。でも、すごく芯があって、周りを笑顔にしてくれる方なのかなと思ったりもしています。演技という面では、いろいろな作品を拝見させていただいているので、これから一緒に作品を作れることを楽しみにしています。

■タイトル「恋です!」に絡めて、杉野さんご自身をひと言で表すと…「〇〇〇です!」には何が入りますか?
片付けにハマっているので、「片付け魔です!」。
片付けすぎて靴下を全部捨ててしまって、次の日、現場に履いていく靴下が無くて、慌てて買いに行きました(笑)。

■最後に視聴者の皆様にメッセージをお願い致します。
人と人との温かさ、繋がりに胸を打たれる作品だなと思います。見てくださった皆さんが少しでも良い一日を過ごせるような作品にできるよう、頑張りますので楽しみにしていてください!

鈴木伸之 役:金沢 獅子王(かなざわ・ししお)

森生のライバルで隣町の元“ボス”。

昔、森生の顔にケンカで刀キズを付けた張本人で、それ以降も森生に何かとケンカを吹っ掛けてくるが、実は……。

奈緒 役:赤座 イズミ(あかざ・いずみ)

ユキコの姉。ネイリスト。

超がつくレベルの心配性で、“母親代わり”としてついついユキコに口うるさくしてしまう。ユキコの自主性を尊重しようと頭ではわかっていながら、ユキコに近づいてきた森生に対しても、警戒心をあらわに……。

岸谷五朗 役:赤座 誠二(あかざ・せいじ)

ユキコとイズミの父。写真家。

イズミとは違ってのほほんとした性格で、「なるようになるさ」の性分。

強い性格の娘たちにいつもタジタジだが、時に人生経験を感じさせる深い言葉が娘たちや周囲の人の心を打つ。

田辺 桃子 役:紫村 空(しむら・そら)

ユキコが通う盲学校の同級生。視野が欠損するタイプの弱視。

かなり行動力がある女の子で、やりたいことは後先考えずにゴールまで突っ走る主義。

ユキコと違い、恋愛に対して積極的。

細田 佳央太 役:青野 陽太(あおの・ようた)

盲学校の同級生。生まれたときからの全盲。

想像力が豊かで、思春期ならでは“性”にも人一倍関心がある。

時折発するエロ発言でユキコや空を笑わせる。

戸塚純貴 役:緑川 花男(みどりかわ・はなお)

森生のヤンキー仲間。

いつも森生に振り回されているが、小学生時代からの付き合いで放っておけない。

堀夏喜 役:桃井 草介(ももい・そうすけ)

森生の子分的存在。

喧嘩が強い森生を誰よりもリスペクトしている。

ファーストサマーウイカ 役:橙野 茜(とうの・あかね)

森生や花男たちの溜まり場となっている喫茶店の店主。元ヤンキーのアネゴ肌。

社会から心を閉ざしている姪っ子のハチ子を預かっている。

生見愛瑠 役:橙野 ハチ子(とうの・はちこ)

森生の中学時代の同級生。森生や花男の溜まり場である喫茶店でバイトしている。

学生時代にイジメから守ってくれた森生のことが、好き。

古川 雄大 役:バーガーショップの店長・茶尾(さお)

盲学校の近くにあるハンバーガーショップの店長。

フロアに出てお客さんとお喋りするのが大好きで、常連のユキコたちとも仲良し。

とっても陽気で口癖は「チャオ!」。ゆえにチャオ店長と呼ばれている。

Huluの無料お試しはコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!
 

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」1話のあらすじ・ネタバレ

盲学校高等部に通う赤座あかざユキコ(杉咲花)は、おっちょこちょいなカメラマンの父・誠二せいじ(岸谷五朗)と、心配性なネイリストの姉・イズミ(奈緒)との3人暮らし。色と光がぼんやりわかる程度の弱視のユキコは、その日、いつものように白杖をついて学校へと急いでいた。しかし、朝からツイていないこと続きで時間は遅刻寸前。そんな日に限って、点字ブロックの上で話し込む男たちに遭遇してしまう。

何やら物騒な会話を交わす男たちに、どいて欲しいと頼むユキコだが、相手は地元でも有名な札付きのワル『黒ヒョウのモリ』ことヤンキーの黒川森生くろかわもりお(杉野遥亮)と、その仲間・花男はなお(戸塚純貴)と草介そうすけ(堀夏喜)だった……!そんな中、白杖を掴まれて、反射的に蹴り上げたユキコの足が、偶然にも森生の股間にヒットしてしまう!悶え苦しむ森生を心配し、よく見ようと覗き込むユキコ。だが、その瞬間、ユキコの顔の近さに驚いた森生は、恥ずかしさから思わずフリーズ!森生の中で“何か”が始まる!

その日以来、なぜかユキコの通学路で待ち伏せするようになった森生。謎のアプローチに戸惑うユキコを、盲学校のクラスメイトの空そら(田辺桃子)と青野あおの(細田佳央太)は「一目惚れだ」と冷やかすが……。

一方、花男と草介の前には、森生のライバル・獅子王ししお(鈴木伸之)が現れる。森生との因縁の喧嘩対決に決着をつけようと宣戦布告する獅子王。しかし、いつもは喧嘩っ早いはずの森生は、その話を聞いても心ここに在らずで……。

森生の異変に気付いた行きつけの喫茶店店主・茜あかね(ファーストサマーウイカ)は、「それが、『恋』だよ」と森生に告げる。その日の夕方、森生は下校するユキコを再び待ち伏せて……。

純粋すぎるヤンキー・森生と、ある理由で恋に臆病になっているユキコ。全く違う世界に生きてきた2人が出会った時、想像もしていなかったラブストーリーが始まる!

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」2話のあらすじ・ネタバレ

映画を観に行くため、待ち合わせ場所に向かっていたユキコ(杉咲花)は、いつもの道で森生もりお(杉野遥亮)に再会する。すっかりユキコになつき、嬉しそうな森生。そんな中、一緒に行くはずだった同級生の空そら(田辺桃子)から風邪をひいたと電話が入り、急遽予定はキャンセルに。家に帰ろうとするユキコに、森生は自分と一緒に映画に行こうと提案する!男子と2人で映画を観ることに抵抗を覚えつつ、森生に押し切られたユキコは2人で映画館へ。

カップルたちに混ざり、売店で飲み物を注文するユキコ。メニューの読めないユキコが周囲に迷惑をかけないよう素早く定番メニューを注文する中、森生は意外な方法でユキコの世界を広げて行く……!

その頃、森生から約束をドタキャンされた花男はなお(戸塚純貴)と草介そうすけ(堀夏喜)は、いつもの喫茶店に集合。茜あかね(ファーストサマーウイカ)の姪・ハチ子(生見愛瑠)は、森生がユキコと映画に行ったことを知り、面白くない態度を見せる。花男はハチ子の恋心を確信するが……。

一方、映画館ではユキコの大好きなゾンビ映画が始まる。ぎこちない2人の映画初体験には、想像を超えるドキドキと胸キュンが詰まっていた!

その帰り、すっかり打ち解けた2人は、なんだかいい感じに。先入観のない森生と過ごすうち、ユキコにも自然に笑顔が溢れる。しかし、森生から連絡先を交換したいと言われてスマホを出したその時、2人の様子を影から見ていたハチ子が割って入る!

ハチ子の心無い言葉によって森生との間に再び壁を感じたユキコは、「私の気持ちなんてわかるワケないんだよ!」と、森生に告げると、その場を去ってしまう。

さらに、森生をよく思わないイズミ(奈緒)は、妹を心配するあまり、ユキコに近づかないよう森生に釘をさす。動き出したかに見えた2人の恋。その先には高い壁が立ちはだかっていた!

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」3話のあらすじ・ネタバレ

森生もりお(杉野遥亮)と会っているところを見つかり、姉・イズミ(奈緒)の怒りを買ってしまったユキコ(杉咲花)。心配性のイズミは、無職でヤンキーの森生がユキコに近づくことに猛反対。姉妹の間には険悪な空気が流れる。

そんな中、聴覚に頼ることが多いユキコにとって、背の高い自分の声が届きにくいことがストレスになると知った森生は、なんとかユキコとの身長差を縮める手立てはないかと考える。花男はなお(戸塚純貴)たちとの会話からあることを思いついた森生は、早速ユキコの家にプレゼントを届けに行くが……。森生が玄関に置いたプレゼントは、ユキコの父・誠二せいじ(岸谷五朗)が気づいて家に持って入るが、なぜか、別れた元彼からイズミへのプレゼントだと勘違いされてしまう。その中身は、赤いハイヒール。照れながらも嬉しそうなイズミの様子を、何も知らないユキコは微笑ましく思うが……。

翌日。森生に会ったユキコは、ハイヒールが自分へのプレゼントだったことを知る。プレゼントに込められた森生の一途な思いを知り、素直に嬉しいユキコ。なんとかイズミからプレゼントを取り返そうと考える。
そんな矢先、いつもの喫茶店に溜まっていた森生のもとに獅子王ししお(鈴木伸之)が現れる。店内に緊張が走る中、獅子王が切り出したのは、なんと「就職する」という報告で……!?突然の正社員宣言に一同がどよめく一方、獅子王の姿に刺激を受けた森生は、自分もちゃんと働くことを決意!しかし、ヤンキーの森生には厳しい現実が待ち受けていた……。

そして、赤座家では、ハイヒールを巡って新たな問題が勃発!ユキコに危険な思いをさせる森生が許せない心配性のイズミと、森生との出会いで新しい世界を知り始めたユキコ。お互いの幸せを思うが故に、姉妹は激しく衝突してしまい……。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」4話のあらすじ・ネタバレ

ユキコ(杉咲花)がいる前で、突然ハチ子(生見愛瑠)からキスされた森生もりお(杉野遥亮)!状況が飲み込めない森生は、ユキコに誤解されたのではないかと焦るが、キスが見えていたか確認することも出来ず、上の空で時を過ごす。

一方、レンタルビデオ店で働き始めた森生に触発されたユキコは、自分もアルバイトをしようと、イズミ(奈緒)監修のもと、面接の練習に励む。森生と付き合うために、自分も対等な立場になりたいと思うユキコを、誠二せいじ(岸谷五朗)も温かく見守るが……。
勇気を出して受けたアルバイトの面接。ユキコは視覚障害者である自分を雇ってもらう『メリット』をアピールできずに失敗してしまう。

そんな中、盲学校の教師から、障害があるからこそ、自分の好きなこと、やりたい仕事に対する「これがやりたい」というパワーが必要だ、と言われたユキコは、自分の大好きなバーガーショップでアルバイトを募集していることを思い出す。障害のあるユキコの扱いに戸惑う副店長・紅林くればやし(吉住)の一方、店長の茶尾さお(古川雄大)はユキコを見てなぜか即採用!ユキコは憧れの店でアルバイトをすることに。
ユキコは森生に甘えないためにも、しばらく会わずにアルバイトを頑張りたいことを伝える。会えないことに落ち込みながらもユキコを応援する森生だが……。実はユキコは、仕事に慣れたら森生に告白するつもりでいた。

そんな矢先、森生への片思いをこじらせるハチ子は、鈍感な森生にしびれを切らし、ついに森生に告白する!妹扱いしてきたハチ子の気持ちを知り、森生の頭は大混乱!しかし、自分にとってハチ子が大切な存在であることに悩み……。
そして、アルバイト初日を迎えたユキコは、忙しい店内で他の従業員の足を引っ張り、失敗を連発。自信を失くし、大ピンチを迎えていた……!

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」5話のあらすじ・ネタバレ

森生もりお(杉野遥亮)に告白する覚悟を決め、待ち合わせ場所に呼び出したユキコ(杉咲花)。しかし、緊張するユキコの前に現れたのは、突然白杖を取り上げようとするハチ子(生見愛瑠)だった!「障害者はずるい」その声を聞いたユキコは、相手がハチ子だと気づくが……。森生のことで嫉妬心を燃やすハチ子vsユキコの修羅場が勃発する!そこに森生もやってきて……!?

その夜―。ユキコは、森生のためにアルバイト先で作ったポテトを手渡し、勇気を出して告白する。「……好きなんだよ、黒川のことが!」想定外のユキコの告白にびっくりし、腰を抜かす森生!ついに2人は恋人として一歩を踏み出す。
そんな中、アルバイトにも慣れ始めたユキコは、店長の茶尾さお(古川雄大)や同僚たちの協力を得て、新しい業務にも挑戦。しかし、皆が弱視のユキコをサポートする中、同僚の1人・紺野こんの(大友花恋)は、生き生きと働くユキコに面白くない気持ちを抱いていた……。

翌日―。ユキコと森生は水族館デートに行くことに。お互いに照れながらも、2人はドキドキの詰まった初デートを満喫する!
一方、仕事帰りのイズミ(奈緒)は、ジムから出てきた獅子王ししお(鈴木伸之)に遭遇。ハンカチを貸してもらって以来、獅子王の存在が気になるイズミは距離を縮めようと画策する。しかし獅子王は、ユキコと森生の順調な恋に、何か思うところがある様子で……。

その夜。ユキコは、イルミネーションの始まるクリスマスにもう一度水族館に行こうと森生に提案する。しかし、森生は突然表情を曇らせて……。実は森生には触れられたくない過去のある出来事があった。2人は森生の秘密を巡り、ケンカをしてしまい……!?

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」6話のあらすじ・ネタバレ

盲学校で開かれるマラソン大会に向け、森生もりお(杉野遥亮)はユキコ(杉咲花)のマラソン練習に付き合うことに。『絆』こと伴走用のロープを握ってノリノリの森生の一方、運動嫌いですぐにサボろうとするユキコ。今まで知らなかったユキコのダメな一面を知り、ますます愛おしく思う森生は、キスのチャンスを伺うが……。

一方、獅子王ししお(鈴木伸之)と同じジムに通い始めたイズミ(奈緒)も、獅子王を食事に誘おうとチャンスを狙うが、前途多難な予感で……。

そんな中、ユキコたちは、近くでマラソン練習をしているはずの空そら(田辺桃子)と合流するため公園へ。しかし、そこには伴走者なしで一人走る空の姿が。しかも空は、森生たちの目の前で放置自転車に激突して転んでしまう!慌てて助けに向かった森生とユキコに強がってみせる空だが、ユキコは空の声が震えていることが気にかかる。森生は、友達の異変を心配するユキコの力になりたいと考えて……。

翌日。学校帰りのユキコと空に声をかけた森生は、茜あかね(ファーストサマーウイカ)の喫茶店へ。付近のヤンキーたちに話を聞いた森生は、空が走る道にわざと障害物を置いて、練習を邪魔しようとした悪意ある人物がいるらしいことを突き止めていた。森生の行動に感謝するユキコだが、唯一の取り柄である“走ること”を諦めたくない空は、森生も「見えない」自分をバカにする「見える」人たちと一緒だと頼ることを拒否し、突然態度を硬くしてしまう。さらに、空の鬱憤は仲裁に入ろうとしたユキコに向かっても爆発して……!

その日。空の言葉が刺さった森生は、自分とユキコたちの間には超えられない壁があるのではないか、と苛立つ。そして、親友と恋人、自分にとって大切な二人が分かり合えないことを悲しく思うユキコは、何か自分にできることがないかと考えるが……。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」7話のあらすじ・ネタバレ

交際が順調に進み、すっかりカップルらしくなったユキコ(杉咲花)と森生もりお(杉野遥亮)。その一方で、盲学校で開かれる『就職相談会』を翌週に控えたユキコは、卒業後の進路について頭を悩ませる。夢と現実の間で将来の展望が見えない中、相談会に訪れるイケメン担当者の名前が『ひやま』だと聞いたユキコは、ある予感を感じるが……。

そんな中、ユキコは翌日に迫ったイズミ(奈緒)の誕生日を祝うため、父・誠二せいじ(岸谷五朗)の出張の間に森生と獅子王ししお(鈴木伸之)を家に招き、誕生日会を開こうと企画する。彼女の家へ初のお宅訪問をすると聞いて盛り上がる花男はなお(戸塚純貴)たちの一方、緊張する森生はその夜、なぜか不穏な夢を見てしまい……。

そして誕生日会当日。森生は準備をするため、ユキコの待つ赤座家へ。ユキコの部屋で二人きり、いい雰囲気になる森生……。しかし、出張が延期になった誠二が、森生と獅子王のいる家に突然帰宅するハプニングが発生!赤座家は彼氏と父親が想定外に鉢合わせる緊急事態に襲われる!

その後、イズミも帰宅し、史上最高に気まずい雰囲気で誕生日会がスタート。森生の『いい彼氏』っぷりが気に食わず、張り合おうとする誠二だが、獅子王とはまさかの意気投合!?さらに、お酒が進んだ獅子王の『普段は見せない一面』に、イズミの恋も加速する!先の読めない誕生日会の中、目が見えなくなってから将来の夢について考えなくなっていたユキコには、小さな夢が叶うサプライズが訪れようとしていた……。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」8話のあらすじ・ネタバレ

就職支援の講師として盲学校に現れたのは、なんとユキコ(杉咲花)の初恋の相手・緋山ひやま(小関裕太)!やたら親しげにユキコに接する緋山に、森生もりお(杉野遥亮)は嫉妬を覚えるが……。障害者の就職支援に情熱を燃やす爽やかイケメンの緋山は、次々と女性たちのハートを鷲掴みにする!

一方、「つきあってたわけでもないから全然気にしないで」というユキコのフォローを受け、緋山の存在を気にしまいとする森生だが、「実らない恋ほど、強く残る」という獅子王ししお(鈴木伸之)の言葉に、焦りを感じる。さらに、まだ卒業後の進路が見えないユキコと空そら(田辺桃子)は、もっと緋山に話を聞こうと一緒に茜あかね(ファーストサマーウイカ)の喫茶店へ。そこで森生は、再び緋山と顔を合わせて……!?

そんな中、ユキコと空は、地域イベントのクリスマスマーケットに出店したいという茜から手伝いを頼まれる。自分たちでは迷惑をかけるのでは、と二の足を踏むユキコたちだが、自分も手伝うという緋山に背中を押され、参加することに。その姿に火をつけられた森生は、花男はなお(戸塚純貴)たちを巻き込んで手伝いを名乗り出る!

マーケットの準備のため、茜の喫茶店に通うユキコたち。森生は緋山に張り合おうとするも、リーダーシップを発揮するハイスペックな緋山に完敗!さらに、障害者支援に通じる緋山の人間としての凄さにも圧倒される。そんな森生の前で、緋山はユキコへの好意をちらつかせて……!?
何から何まで自分より完璧な最強ライバル・緋山の出現に、森生大ピンチ!そして、クリスマスマーケット当日。ユキコを巡って緋山からの宣戦布告が森生を待っていた……!!

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」9話のあらすじ・ネタバレ

森生もりお(杉野遥亮)から、白杖を持った若者が駅のホームから転落した、という連絡を受けたユキコ(杉咲花)と空そら(田辺桃子)。ホームドアのない駅のホームは、視覚障害者にとっては『欄干のない橋』と同じ。その日、体験学習に向かうために駅に居た青野あおの(細田佳央太)の身を心配したユキコたちは、慌てて病院に駆けつける!しかし、病院でベッドに寝かされていたのは、青野ではなく、なぜか森生で……!?

翌日。ユキコは退院する森生に付き添うため、お弁当を用意して森生のもとへ。娘が初めて彼氏の家に上がることに神経をとがらせる誠二せいじ(岸谷五朗)の一方、イズミ(奈緒)は妹の恋を応援する。しかし、松葉杖をついた森生と白杖をついたユキコは、いつものように歩調を合わせることができず……。さらに、散らかった森生の部屋で、怪我をした森生の力になれないことに、ユキコは人知れず自信をなくしてしまう。

1週間後。ユキコの元に、就職支援をしていた緋山ひやま(小関裕太)から連絡が入る。それは、希望していた飲食関係の会社がユキコに興味を示しているという連絡!その日、森生の快気祝いに茜の店でサプライズを準備していたユキコは、嬉しい気持ちで森生を待つが……。

そんな中、森生には、獅子王ししお(鈴木伸之)を通じて正社員になるチャンスが訪れる。しかし、赴任先はなんと鹿児島だと告げられて……!
ユキコと森生、2人の前に拓ける別々の道。森生の人生を邪魔したくないと思うユキコと、ユキコの人生をサポートする緋山の存在を前に自信をなくす森生。決断を迫られた2人が選ぶ道とは……!?

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回のあらすじ・ネタバレ

ユキコ(杉咲花)と森生もりお(杉野遥亮)の別れから1年―。ユキコは盲学校を卒業し、食品関係の会社で事務の仕事を始めていた。一方、再び無職になった森生は、鹿児島から東京に戻ってきていた。

そんなある日、仲間内の意外な2人が結婚することになり、結婚パーティーでユキコと森生が久しぶりに顔を合わせる機会が訪れる!

しかし、1年前ユキコが森生と別れた本当の理由が、緋山ひやま(小関裕太)と付き合うためではなく、森生の仕事を応援するためだったと知った森生は、無職の今、ユキコに合わせる顔がないと考えて……。森生は仲間たちに口裏合わせを頼み、ユキコの前では自分がいないことにしてもらうが……。

そんな中、パーティーでユキコの手作りケーキが振舞われる。その美味しさに喜ぶ一同の様子に、心の底から嬉しそうなユキコ。森生はその笑顔が忘れられず……。
翌日。森生は社会人になったユキコの姿を見ようと、出会いの場所でユキコを待ち伏せる。立派なビルに出勤するユキコの姿を尊敬の眼差しで遠くから見守る森生。声はかけないつもりが、バーガーショップの店長・茶尾さお(古川雄大)の空気を読まない行動でそばにいることがバレ、ユキコと正面から向き合うことに……!

ついに1年ぶりの再会を果たした2人。森生の何気ない一言が、封印していたユキコの“ある気持ち”に再び火をつける!?出会うはずのなかったヤンキー君と白杖ガール、2人の運命には、意外な結末が待っていた……!

Huluの無料お試しはコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!
 

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」の最終回結末は?

「見えても、見えなくても。みんな多かれ少なかれ、誰かに頼らなきゃ無理だ。誰かと一緒だと、できることが増えて、世界が広がるだろ?」ーー。ユキコ(杉咲花)の父・誠二(岸谷五朗)の言葉に、本作が描いてきたメッセージが詰まっているように感じる。頼れる相手が増えるほど、できることが増えていく。迷惑かもしれない……と躊躇することもあるかもしれないが、大事な人に頼られてうれしくない人などいないのだから。

最終話は、ユキコと森生(杉野遥亮)の別れから1年後の世界が描かれた。調理に携わる仕事がしたいという夢を諦めて、事務仕事に励むユキコ。「やりたいことと、できることはちがう」と折り合いをつけていた彼女の心が、森生との再会で変わり始める。

「すごいな、森生は」という獅子王(鈴木伸之)の言葉に、共感した人は多いのではないだろうか。愛する人のためなら、どこまでもまっすぐな森生。この3カ月間、ドラマを通して彼の姿を見ることで、心が浄化されていくような気がしていた。白杖のユキコを、特別な存在にしない。空(田辺桃子)や青野(細田佳央太)に対しても、色眼鏡で見るのでなく、その人そのものと向き合ってきた。ライバルだと思っていた獅子王に告白された時にも、「照れんじゃねぇか」と満面の笑みで返し、「ごめん」ではなく、「ありがとう」で終わらせる。森生の滲み出る優しさには、幾度となく感動させられてきた。

そんな彼の、まっすぐな愛をもらったユキコ。笑顔がチャームポイントの彼女も、世間の冷たさに触れて、苦しんだこともあったはずだ。それでも森生と出会い、2人だけの“普通”の形を見つけることができた。「この世界は、私が思っているよりも優しいんだってことを、黒川が教えてくれた」と言うユキコと、「ユキコさんのこの目が、俺の世界を変えてくれた」と微笑む森生。2人は一緒に、キッチンカーを営むことになるのだろう。運転担当は森生で、料理担当はユキコ。お互いができることをやって、支え合いながら生きていく。JUJUが歌う主題歌「こたえあわせ」の歌詞<あなたとなら見違える 世界を愛せる/気がした 出会えた ふたりでいれば/これから触れる明日は とても果てしないけど/今までより夢見るのが怖くないよ>どおりの美しいハッピーエンドとなった。

2人ならではの“普通”の形を見つけたのは、ユキコと森生だけではない。イズミ(奈緒)と獅子王も、最後には幸せな姿を見せてくれた。森生のことが好きだった獅子王にとって、イズミは恋の対象ではないかもしれない。しかし、体調不良で動けなかった時、真っ先に浮かんだのが、イズミの顔だった。誰にも頼りたくない、頼れないと思って生きてきたのに、なぜかイズミだけには、弱い自分を見せたいと思ってしまう。一緒にいたいと願ってしまう。そんな獅子王の複雑な気持ちをすべて包み込み、「一緒にいたいです」とハグをしたイズミ。それでも、2人の関係は“恋人”ではない。かつてのように、“推し”と“ファン”ともちがうだろう。その名前は、これから2人で決めていけばいいのだ。

夫婦になったハチ子(生見愛瑠)と花男(戸塚純貴)も、“男が働いて、女が子育てをする”という固定概念には縛られない。ハチ子がバリバリと働き、花男が家事をする夫婦の形を構築していくようだ。ずっと気になっていた青野と空の関係も、かなり良い雰囲気である。2人が一緒にいると、どこまでも青空が広がっていくような“未来”を感じる。紆余曲折はあったが、みんなが幸せの形を見つけることができた。毎週水曜日の夜、癒しをくれた愛すべきキャラクターたち。もう会えなくなってしまうのは寂しいが、それぞれの“普通”の幸せが、いつまでも続くことを願って。

Huluの無料お試しはコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!
 

原作漫画「ヤンキー君と白杖ガール」のネタバレ・感想

【ネタバレ】恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

男性Aさんの口コミ・感想
「WEBの話題作」には過度の期待は出来ないと思っているのだが、このマンガは弱視という身体障害をちゃんと描いていて好感が持てた。主人公のヤンキー君、黒川のキャラクター造型は少しベタな気がするが、ヒロインの白杖ガール、ユキコが身体障害者に対するイメージ(偏見)から離れた勝ち気な少女なのが良い。それに、身体障害者の家族の気持ちやバリアフリーな環境の大切さもしっかり描かれている。作者がよく勉強しているのが伝わった。
障害を真面目に捉えながらも全体的にハートウォーミングなラブコメだった。

ところで、弱視や全盲の方はマンガが読めないだろう。そのうち電子書籍でマンガも音声ガイド付きになればいいな、と思った。

リアリティは他作品に劣るだろう。
しかしこの作品にはリアルがある。
そのリアルがラブコメというソフトな形式に上手く収まっているのは素晴らしいと思った。

レッテルではなく人を見るということの難しさ。
それはたぶん、自分自身に対しても当てはまることだ。
また、人だけでなく、私は常に更新されてゆく世の物事を、曇りなく見ることにどれだけ成功しているのだろうか。
思いがけず内省的にさせられる内容だった。

また、家族に代表されるような絆の「重責」に立ち止まらずにいられなかった。
自分も相手も「自分らしく」生きるにはどうすればいいのか。
容易に答えられない問いだが、そんなことも考えさせられた。

話題は障害というセンシティブなものだが、読後感はソフトなので、重くなりがちなこの手のジャンルを苦手としている人にはとてもいい本だと思うし、おすすめしたいと思う。

(ただ、ふと思うのは、『聲の形』の聴覚障害にしても、本作の視覚障害にしても、ラブコメの入る余地があるのだ。では知的障害は?軽度と重度でも異なろうが、特に重度の知的障害の場合は、当人含め周りの人間達にさえもラブコメの絡む余地などないのではないか。深刻なことを書いて申し訳ないが、世に気がかりなことは尽きぬと思ったもので…)

女性Aさんの口コミ・感想
男性Bさんの口コミ・感想
コンテンツとして面白いし、弱視の人の描写が事細かく、学びが多い。視覚障害に関することを伝える時にこういうタッチポイントがあるのは良いと思った。Kindle化は良いが、オーディオブックもあると、より色んな場面で利用できて良さそう。
ネット記事に触発されて購入しました。
元々、こんな感じの恋愛物が好きでよく購入していたのですが、切り口が非常に気になったので一気に購入まで踏み切りました。
実際に、読了しての感想なのですが……
最初のうちは、確かにラブコメ要素が強く非常に楽しく読み進めることが出来ます。
しかし、後半はその要素に加え障がいを持つ方健常者と言われる人との思いの違いや、家族の思いに触れている点に関して評価が高かったです。(実際に作者のご家族に弱視の方が居られると言うことです)家族としての苦悩が大変印象深かったです。また、家族とヒロインのやりとりも見所です。
女性Bさんの口コミ・感想
男性Cさんの口コミ・感想
盲学校の生徒さんが主役のひとりであるブコメを読めたことにとても嬉しく思います。ヤンキーの人たちも含めて取り巻く人たちが良い人たちであることも、この作品内のこととして好感を持ちます。
目の不自由な人と、その家族や周囲の人たちについての心理描写には、作者のうおやまさんもかなり深く調べられたことと思います。
2巻以降ですが「ハチミツアイスのハチ子さん」と絡んだ不和も出ることでしょう。この後の展開が深いです。
この作品は読んで終わるだけでなく、目の不自由な人たちについて知るために記憶するべきものであると思います。

盲目、弱視のヒロインの漫画です。
以前話題になった聲の形も似たようなテーマでした。
それは耳が聞こえないヒロインの話。
この作品はそこまで掘り下げていないけれど
ちゃんとその障害者の心情や行動が表現できているんだと思う。
絵はラフな感じだけど良い教本になるし、
物語としても魅力を感じます。

物語のきっかけはあんまり有り得ないとこから
ま、それは漫画だから。
でもその後の展開は目の見えない人が欲していたり、
悩んでいたりすること。
周りの環境の人も、
知られず悩んでいたり、気づいていなかったこと。
よい感じに視覚障害者を取り巻く事を漫画に出来ていると思う。
同級生の盲目の子とかチラッと出てきてるから、
そっちとのやりとりも今後出てくるのかな?

主人公がヒロインにどういう風に考えて行動するのか、
ヒロインは主人公に何を思い、何か負い目を感じてしまうときがくるのか、
色々健常者と障害者ですれ違う事があると思う。

久しぶりに好きな漫画に出会った。

これがこの先ただの恋は盲目な漫画にならない事を望む。

女性Cさんの口コミ・感想

 
 
Huluの無料お試しはコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!

 
【関連記事】

【ネタバレ】ラジエーションハウス(ラジハ)2の1話2話の全てを紹介!

【ネタバレ】和田家の男たちの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ!

【ネタバレ】アバランチの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

【ネタバレ】スナックキズツキの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 漫画ネタバレ情報, 漫画原作ドラマネタバレ
-, , , , ,