ドラマコラム ドラマネタバレ情報 漫画ネタバレ情報 漫画原作ドラマネタバレ

【ネタバレ】イチケイのカラスの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

2021年2月20日

【ネタバレ】イチケイのカラスの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

フジテレビの月9ドラマ「イチケイのカラス」のあらすじやネタバレ、無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法、視聴率や感想、キャストや原作情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います。

今回の月9ドラマの主演は竹野内豊さんで、共演者には黒木華さんや新田真剣佑さんなどがいます。

先ずこのドラマ「イチケイのカラス」はフジテレビで放送されているドラマなので、動画配信はもちろん「FODプレミアム」になります。

ドラマは一般的には見逃し配信の「TVer」で放送後一週間は視聴することが可能ですが、一週間経ってしまうと、過去の動画は見れなくなってしまいます。

そんな時に、「FODプレミアム」を利用すれば、いつでも好きなだけ動画を視聴することができますし、無料期間に退会すれば実質0円の無料で好きなドラマやバラエティ番組などを楽しむ事が出来るんです!

登録は無料!FODプレミアムの無料登録はコチラから
 

それではドラマ「イチケイのカラス」について紹介していきたいと思います。

もくじ

ドラマ「イチケイのカラス」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャストについてはこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

・原作全巻のネタバレについてはこちらから

ドラマ「イチケイのカラス」の概要

フジテレビでは2021年4月より、竹野内豊さん主演の月9ドラマ『イチケイのカラス』をお送りします。

これまで弁護士、検察官が主人公のリーガルドラマは数多く放送されてきましたが、刑事裁判官を主人公として描く民放連続ドラマは意外にも今作が初。

馴染みが薄く、冷たいエリートと思われがちな裁判官と裁判所書記官ですが、今作では彼らの人間臭く温かみのある活躍に光を当てていきます。

竹野内さんは東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間(いるま)みちおを演じ、公平さを象徴する黒色の法服に身を包みます。

自由奔放で型破りなみちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く、全く新しい爽快リーガルエンターテインメントがここに誕生します!

原作は浅見理都さんにより2018年に発刊された人気コミック『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)。

綿密な取材を重ねて紡がれたリーガルコミックの傑作であり、法曹界の中でもファンが多い作品です。

脚本を務めるのは『絶対零度』シリーズ(2010・2011・2018・2020)や『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK、2018)などを手がけた浜田秀哉さん。

ビターな事件を扱う一方で、みちおや坂間のコミカルなやり取りやクスッと笑えるポップな世界観にも期待が高まります。

さらに、劇中音楽を担当するのは『HERO』シリーズ(2001・2014)、『半沢直樹』シリーズ(TBS、2013・2020)をはじめ、数々の名曲を世に送り出してきた巨匠・服部隆之さん。

どんな音楽で今作をドラマチックに彩ってくれるのかご期待ください。

型破りなクセあり裁判官・入間みちおと超堅物エリート裁判官・坂間千鶴――性格も価値観も事件へのアプローチも全て真逆の二人が運命的な出会いを果たした時、難事件の裏に隠された真実が明らかになっていきます!

笑いあり、涙あり、サスペンスありの爽快リーガルエンターテインメント『イチケイのカラス』は4月スタートです!

登録は無料!FODプレミアムの無料登録はコチラから
 

ドラマ「イチケイのカラス」のキャスト

竹野内豊 役:入間みちお

絶対に冤罪を生むことの無いよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官。

ひげを生やし、服装はカジュアル。

ゆるい空気をまとい、とぼけた発言をすることもしばしば。

お堅い裁判官のイメージとはほど遠いですが、しがらみや偏見、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官たち両方から恐れられているクセ者です。

一方で、一人あたり常に250件前後の事件を担当する刑事裁判官にとって、迅速かつ効率的に事件を処理することも大きな使命のひとつ。

「そんなことはお構いなし」と言わんばかりに、マイペースで事件を深掘りしていくみちおに、周囲のイチケイメンバーたちはいつも頭を抱えています。

そんなみちおは、実は元弁護士という異色な経歴の持ち主。

裁判官になった背景には、過去のとある事件が深く関わっているようで・・・。

物語が展開するにつれ、みちおの知られざる過去が次第に明らかになっていきます。

黒木華 役:坂間千鶴(さかま・ちづる)

入間みちおと真逆タイプの裁判官。

男性社会の法曹界において若くして特例判事補になった優秀な女性です。

東大法学部出身で将来を約束されたエリート中のエリートですが、冗談が全く通じない堅物なタイプで、「裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている」と強烈に自負しています。

そんな坂間がイチケイに異動してきた理由、それは、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの赤字状態であるイチケイを立て直すため。

迅速さと効率性を求める坂間にとって、現場検証を何度も行い、じっくりと事件の真相を深掘りしていくみちおの仕事スタイルは全く理解ができずイライラが募るばかりで・・・。

初めこそ反発してばかりの坂間でしたが、事件をただの“案件”ではなく“一人一人の人生”として扱うみちおの信念に気づいたとき、「判決を下すだけではなく、裁判官として何ができるのか」という問いに直面することになります。

※特例判事補:裁判官として実務を5年以上経験し、判事と同等の権限を有する判事補のこと。

新田真剣佑 役:石倉文太

みちおら裁判官をサポートする裁判所書記官の青年。

裁判所書記官は、裁判の記録や調書などを作成・保管するほか、裁判所主導の現場検証を行う際にはスケジュールを調整したり、検証に立ち会って記録したりと、縁の下の力持ちとして裁判官を全面的にサポートする役割を担っています。

書記官として適正かつ迅速な裁判運営を支える一方で、持ち前の人なつっこい性格とチャーミングな笑顔で、場を明るくもり立てるムードメーカーとしてもイチケイに欠かすことのできない存在です。

書記官になる前からみちおのファンであることを公言しており、自由奔放なみちおをしっかりとサポートしながら、みちおに振り回されるイチケイメンバーとの間で橋渡し役として活躍しています。

また、坂間に好意を抱いており、無意識に目で追ったり、何かにつけて思わせぶりなそぶりを見せたりする場面も。

ド真面目な坂間には毎度けげんな顔をされてばかりですが、それでもお構いなしと言わんばかりに、人なつっこい態度で心の距離を縮めていきます。

マイペースで自由奔放なみちおと、みちおの一挙一動に頭を抱える坂間、そして、その状況をどこか楽しんでいる様子の石倉。

3人が織り成すチーム感と、コミカルで軽妙な会話劇に是非ご注目ください。

また、石倉は元傍聴マニアという一面を持ち、書記官になる前から幾度となくみちおの裁判を傍聴してきました。

その中には、みちおがかつて弁護士バッジを捨て、裁判官へと転身するきっかけになった、ある事件の裁判も含まれているようで・・・。

石倉が傍聴席から見たみちおの知られざる過去とは?

謎多きみちおの素性を知る数少ない人物として、物語のカギを握る石倉文太の言動をお見逃し無く!

小日向文世 役:駒沢義男(こまざわ・よしお)

伝説の刑事裁判官。

東京地方裁判所第3支部第1刑事部の部長。

任官してから30年以上ずっと刑事裁判官一筋のベテランであり、いつもニコニコと笑みを絶やさず、ユーモアに満ちた温厚な人物。

出世コースに縁が無いまま、62歳にしてイチケイの部長止まりである駒沢だが、実は有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官だ。

かつてみちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなったある事件の裁判にも深く関わっており、みちおを裁判官の道へ導いた師でもある。

草刈民代 役:日高亜紀(ひだか・あき)

最高裁判所判事。

最高裁判所長官1名、最高裁判所判事14名の計15名で構成される最高裁判所裁判官において、女性初となる最高裁判所長官のポストに最も近いと言われている超エリート。

坂間の司法研修所時代の上席教官であり、同じ長崎県出身の女性裁判官として、何かと坂間のことを気に掛けている。

実はこの日高こそが、みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった裁判で裁判長を務めていた人物。

長い月日がたった今でもなお、みちおにとって日高は因縁の相手である。

中村梅雀 役:川添博司

主任書記官。書記官の石倉文太(新田真剣佑)、浜谷澪(桜井ユキ)、事務官の一ノ瀬糸子(水谷果穂)を部下に持ち、そんな個性豊かな面々に常に気を配りながら束ねている。

マイペースに事件を深掘りしていくみちおにはいつも頭を抱えており、みちおが捜査権を発動する度に、現場検証のスケジュール調整や記録はもちろん、時には犯人の行動を再現するため全力疾走させられることもあり、苦労が絶えない。

そんなみちおに対して日々ぼやきが止まらないが、与えられた仕事はきっちりこなし、イチケイメンバーから厚い信頼を寄せられている。

桜井ユキ 役:浜谷澪

姉御肌の裁判所書記官。

サバサバした性格で、冷静に物事を捉える観察眼を持つ。

芯が強く、裁判官のみちおや上司の川添に意見することもしばしば。

三つ子の男の子を育てる母でもあり、「保育園のお迎えにいつも間に合わない!」と愚痴は止まらず、常に案件が山積みのイチケイから異動願いを出し続けているがなかなか受理されない。

働くママとして大忙しだが、文句を言いながらも書記官としての情熱は常に持ち合わせており、時に深夜に及ぶ検証作業にも真摯に取り組む。

水谷果穂 役:一ノ瀬糸子

新人の裁判所事務官。

事務官として各種手続きや資料作成など、裁判に関する事務仕事を担い、書記官の川添や浜谷をサポートしている。

イチケイメンバーの中で最年少でありながら、部長の駒沢義男(小日向文世)や川添相手にも物おじせず、思ったことを言ってのける度胸の持ち主だ。

一見ふわふわした頼りない雰囲気だが、糸子が発する意見は意外にも的を射ていることが多い。

山崎育三郎 役:井出伊織(いで・いおり)

正義感の強いクールな中堅検事。

特捜部に声を掛けられるほど優秀な井出は、自由奔放なみちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきました。

異動早々、みちおの型破りなスタイルに戸惑い、仰天し、振り回されることになるのですが、裁判所主導の現場検証に立ち会ったり、法廷での言動を見聞きしたりするうちに、みちおの裁判官としての確固たる信念に気づき一目置くように。

一方で、起訴した以上被告人の有罪判決を勝ち取らなければならないという検察官の使命もあり、一筋縄ではいかないみちおの存在は厄介でもあります。

検察官としての使命、みちおと共に真実を明らかにしたいという信念のはざまで葛藤しながらも、その誠実さで裁判官、書記官からの信頼は厚い人物です。

元高校球児で、エースで4番、甲子園ベスト4進出という輝かしい経歴の持ち主でもある井出は、度々行われるイチケイと検察チームの因縁の交流戦では毎回大活躍で、その俊足は野球だけでなく仕事でも生かされることに!?

升毅 役:城島怜治(じょうじま・れいじ)

井出の上司で主任検事。

井出とは息の合った名コンビで、イチケイで扱う刑事事件の裁判を数多く担当。

マイペースなみちおの行動を問題視しており、破天荒な言動にうんざりしながらも現場検証には毎回真面目に付き合っています。

イチケイの部長、駒沢義男(こまざわ・よしお/小日向文世)は、司法修習時代の同期でライバル視している存在。

いつも眉間にしわを寄せ、堅物そうな雰囲気をまとっていますが、実は情に厚く、正義感から時に大胆な行動を取ることも!

登録は無料!FODプレミアムの無料登録はコチラから
 

ドラマ「イチケイのカラス」のあらすじ・ネタバレ

型破りなクセあり裁判官・入間みちおと超堅物エリート裁判官・坂間千鶴。

性格も価値観も事件へのアプローチも全て真逆の二人が運命的な出会いを果たした時、難事件の裏に隠された真実が明らかになっていきます!

笑いあり、涙あり、サスペンスありの爽快リーガルエンターテインメント!

ドラマ「イチケイのカラス」1話のあらすじ・ネタバレ

入間みちお(竹野内豊)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官。

元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし、服装はカジュアル、とぼけた発言もしばしばという、お堅い裁判官のイメージとはほど遠いゆるい空気をまとった男だが、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官の双方から恐れられているクセ者だ。

そんなみちおを見守っているのは、イチケイの部長で、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢義男(小日向文世)と、元傍聴マニアで、みちおのファンを公言している裁判所書記官の石倉文太(新田真剣佑)。

また、お人よしの主任書記官・川添博司(中村梅雀)、3つ子の母でもある姉御肌の裁判所書記官・浜谷澪(桜井ユキ)、物おじしない新人の裁判所事務官・一ノ瀬糸子(水谷果穂)も、しばしばみちおに振り回されつつ、イチケイを支えているメンバーだ。

そのイチケイに、若くして特例判事補になったエリート・坂間千鶴(黒木華)が赴任することになった。

東大法学部出身の坂間は、冗談が全く通じない堅物タイプで、裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている、と強烈に自負している。

坂間がイチケイに異動してきた目的は、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの“赤字”状態であるイチケイを立て直すためだった。

駒沢は、さっそく坂間にみちおと組むよう指示する。

みちおを裁判長に、坂間と駒沢の3人で審議する合議制で取り組むことになった起訴案件は、大学生の長岡誠(萩原利久)が、代議士の江波和義(勝村政信)に全治1ヵ月のケガを負わせた傷害事件だった。

実は誠は、江波の秘書だった洋一郎の息子。

洋一郎は、2ヵ月前、不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に、電車に飛び込んで自殺を図っていた。

検察側から、みちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた井出伊織(山崎育三郎)と、上司の主任検事・城島怜治(升毅)が出廷した第1回公判。

誠は江波の方から先に殴ってきたと証言し、父は自殺ではないと主張した。

するとみちおは、傷害事件のもとになった洋一郎の死の真相を確かめる必要があるとして、捜査権を発動し現場検証を行うと言い出して坂間や井出たちを驚かせる。

ドラマ「イチケイのカラス」2話のあらすじ・ネタバレ

みちお(竹野内豊)たち地裁チームと、甲子園出場経験もある井出(山崎育三郎)を擁する地検チームによる、恒例の草野球試合が行われた。

坂間(黒木華)は、2打席連続ランニングホームランの井出を迎えた投手のみちおに対し、敬遠すべきだと主張する。

しかし、みちおは、0.1%でも可能性があるなら勝負がしたいと言い出し・・・。

その夜、坂間は、最高裁判所判事で、司法研修所時代の上席教官でもある日高(草刈民代)から呼び出され、あるパーティーに出席する。

そこで坂間は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎を紹介される。

健一郎は、坂間が東京地裁第3支部の立て直しを任されていることを承知しており、人事局でもみちおの存在が問題視されつつあることを彼女に告げる。

それを受けて日高は、みちおの問題行動に対して処分が必要だと判断した場合は人事局にあげてほしい、と坂間に指示する。

そんな折、イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちおたちに告げる。

それは、1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子)による幼児虐待事件だった。

瑤子は、当時1歳半の長女が泣き止まないことに苛立ち、激しく揺さぶるなどしてケガを負わせたことにより、傷害罪で2年6ヵ月の有罪判決を受けていた。

だが瑤子は判決を不服として控訴。

それを受けて高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻したのだ。

しかし、実はこの案件、第1審の裁判長を健一郎の息子・隆久が務めた“取り扱い要注意”案件で・・・。

ドラマ「イチケイのカラス」3話のあらすじ・ネタバレ

「どうしたらなれるか、アインシュタインに」。

ある日みちお(竹野内豊)は、坂間(黒木華)たちイチケイメンバーにそう質問する。

ヒントは、裁判官にも大事なことだとみちおは言うが・・・。

そのとき、起訴状を読んでいた部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件がある、とみちおたちに告げる。

案件は重過失致死及び死体損壊の事件で、被告人はガラス工房で働く藤代省吾(岡田義徳)、被害者は市役所職員の野上哲司(成松修)だった。

その教室には野上の14歳になる娘・碧(渡邉心結)が通っていたが、迎えに来た碧の母で、笹原警察署の警察官でもある奈緒(佐津川愛美)に一方的に好意を抱いた藤代は、「野上哲司は浮気している」「夫と別れなければ罰を与える」等の監視や人格非難にあたる内容の手紙を差し出し人不明で送りつけていた。

それが藤代の仕業だと気づいた野上は、事件当夜、藤代と工房で会い、口論からつかみ合いになったという。

藤代は工房にあった自転車に乗って逃げようとして野上と衝突。

そのまま後ろに倒れた野上は、後頭部を強く打ち命を落としたらしい。

犯行の露見を恐れた藤代は、野上の遺体を焼却炉で燃やしていた。

みちおが裁判長を務めた第1回公判、入廷してきた駒沢の姿を見た藤代は驚く。

実は駒沢は、18年前に裁判長として藤代を裁いたことがあり・・・。

ドラマ「イチケイのカラス」4話のあらすじ・ネタバレ

みちお(竹野内豊)は、坂間(黒木華)を訪ねて裁判官官舎にやってきた彼女の妹・絵真(馬場ふみか)と出会う。

絵真から、姉はどんな裁判官なのかと尋ねられたみちおは、裁判を傍聴してみてはどうかと言い出す。

その後絵真は、みちおと一緒に、坂間が裁判官を務めたいくつかの公判を傍聴することに。

そんな中、イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世)は、家庭裁判所から逆送されてきたある少年事件を合議制で扱いたい、とみちおたちに告げる。

被告人は17歳の望月博人(田中偉登)。

半年前に高校を中退した博人は、レジャー施設でアルバイトスタッフとして働いていたが、あるとき売上金5000万円を盗んで逃亡。

警察に逮捕されそうになった際には、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいていた。

みちおは裁判長は坂間がいいのではないかと提案し、坂間も決意を表明する。

そして始まった第1回公判。博人は完全黙秘を貫き・・・。

ドラマ「イチケイのカラス」5話のあらすじ・ネタバレ

みちお(竹野内豊)たちの元へ、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。

被告人は、バレエ団代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。

被害者はそのバレエ団の元トレーナーの矢口雅也(松木研也)だった。

2人は口論からつかみ合いになり、槇原は矢口を突き飛ばした。

頭を強く打った矢口は一命を取り止めたものの、現在も意識不明の重体だった。

その起訴状を見た石倉(新田真剣佑)は驚きを隠せなかった。

このバレエ団には、海外からも注目されているバレリーナ・馬場恭子(生田絵梨花)が在籍していた。

実は恭子は、石倉の中学・高校時代の同級生で、初恋の相手でもあった。

坂間(黒木華)が裁判長を務めた第1回公判。

傍聴席には恭子だけでなく、何故か別の事件の公判を終えたばかりのみちおの姿もあった。

冒頭陳述で、検察官の井出(山崎育三郎)は、トレーナーとしてバレエ団に在籍していた矢口が複数のダンサーに対してセクハラを行い、槇原に解雇されたことで一方的に恨みを抱いていたことなどを説明する。

すると、『みちおを見守る会』の傍聴マニアから画用紙を借りたみちおが、

「さっき、食い逃げの公判をやったんだよ。食い逃げとバレエ団、ふたつの裁判、ひとつにくっつけたいんだよ」

と書いた紙を坂間に見せる。

別々の事件であっても犯人が共通していたりする場合にまとめて審理する「併合審理」をしたいというのだ。

坂間は、そんなみちおを退廷させるが・・・。

ドラマ「イチケイのカラス」6話のあらすじ・ネタバレ

草野球の試合を終えたみちお(竹野内豊)たちは、相手の井出(山崎育三郎)ら地検チームと一緒に石倉(新田真剣佑)の実家『そば処いしくら』に集まって飲んでいた。

そこに、坂間(黒木華)が日高(草刈民代)を連れてやってくる。

坂間は、女性裁判官の会に出席し、日高の最高裁長官内定のお祝いをしていたという。

するとみちおは、志摩総一郎(羽場裕一)という男の名前を出し、彼が被害に遭った窃盗事件を担当することになったと日高に告げる。

志摩は、弁護士時代のみちおが最後に担当したある事件に関係する人物だった。

みちおが裁判長を務める窃盗事件とは、前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズム)が、会計事務所所長の志摩の自宅に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件だった。

岸田は犯行後、盗んだ自転車で逃走を図ったが、その途中で新聞配達員と自転車同士の衝突事故を起こして顔を見られたため自首していた。

第1回公判で、岸田はエリート人生から転落して窃盗を繰り返したという井出の言葉に反発し、泥棒がいかに魅力的な仕事であるか、どんな金庫も開けられる優れた耳を持つ自分がその個性を生かすためにいかに努力をしているかを力説し始める。

また岸田には、金が余っている家しか狙わず、人は絶対に傷つけない、というポリシーがあるらしい。

みちおは、理路整然と話す岸田が、逃走時のことなるとあいまいな話をし始めることや、今回初めて自首してきたことが気になり、逃走経路周辺の防犯カメラを確認することにするが・・・。

ドラマ「イチケイのカラス」7話のあらすじ・ネタバレ

弁護士時代のみちお(竹野内豊)が最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。

東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、被害者である同社の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で彼と度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていた。

だが仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ってしまう。

仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。

その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。

この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。

坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得するが、断られてしまう。

そんな坂間と入れ違いで由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士・青山(板谷由夏)だった。

ふたりの説得が功を奏し、再審請求を決意する由貴。

弁護人を務めることになった青山は、ただちに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めた。

再審を認める判決を受け、次長検事の中森(矢島健一)と検察官の小宮山(テイ龍進)は、期限の3日以内に「即時抗告申立書」を出すよう、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に命じる。

「開かずの扉」と言われる再審請求――その扉は今回も開かないものと思われたが・・・。

登録は無料!FODプレミアムの無料登録はコチラから
 

ドラマ「イチケイのカラス」の最終回結末は?

正直、ドラマ版の「イチケイのカラス」の結末がどのようになるのかは分かりませんが、漫画原作での最後は高校教師が、反抗的な生徒に怪我を負わせる動画が炎上・・・。

「刑事事件」、「社会問題」となる中、当事者の教師と生徒はそれぞれ苦しんでいた・・・。

そんな事件を坂間は、第一刑事部はどう裁くのか!?という内容です。

ドラマ版ではどのようになるか・・・楽しみにしましょう!

登録は無料!FODプレミアムの無料登録はコチラから
 

原作漫画「イチケイのカラス」1巻のあらすじ

【ネタバレ】イチケイのカラスの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判。

しかし、その判決を下す裁判官たちのことを知る人は少ない。

特例判事補の主人公を中心に裁判所で働く個性豊かな刑事裁判官や書記官の人間ドラマを描く。

こんな人なら裁かれたい!?

裁判官が主人公のリーガル・エンターテインメント!!

1巻のネタバレ・感想

裁判官を主役にしたマンガといえば、『法の庭』、『家裁の人』『裁判員の女神』、あとはオカルトが入った『天空の門』、『ジキルとハイドと裁判員』といったところが思い浮かびます。

リアルさではこのマンガが一番です。

現代の裁判官は、職業としての地味さは否めないところです。

弁護人と検察官から提出された証拠を基に判断する立場だからです。

この巻では検証という珍しく裁判所が積極的に調査をする手続が出てきましたが、直接誰かのために走り回るということはありません。

ここが検事や弁護士と違うところです。ドラマを作りにくいのが、漫画にならなかった一番の理由でしょう。

じゃあ、このマンガは面白くないのか?そんなことはありません。

逆にこんな地味な仕事を、リアルに良く漫画にしているなあと感心します。

エンターテイメントとしての面白さも忘れていない。

刑事裁判に興味がある人は読む価値のあるマンガです。

原作漫画「イチケイのカラス」2巻のあらすじ

【ネタバレ】イチケイのカラスの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

お堅い裁判官の坂間が異動したのは、個性的な面々が揃う武蔵野地裁第一刑事部(通称イチケイ)。

元弁護士の過去を持つぽっちゃりの右陪席は、ポテチ好きでファンサイトまである変わり者。

穏やかな部長は、今まで30件あまりの無罪判決に関わり、その全てが確定している。

変わり者の彼らに振り回されながら、坂間は被告人と向き合っていく・・・。

話題沸騰!裁判官が主人公のリーガル・エンターテインメント第2巻!

2巻のネタバレ・感想

1巻を読んだときは「うーん何か主人公いまいち?2巻はもういいかな」とあまりピンと来なかったのですが、2巻読んだら「何これ!めっちゃおもしろくなってるやん!」とびっくり。

最初想像した「カッコいい主人公がしびれることを色々やるマンガ」ではなく、「仕事に慣れてきた時期の、自分はえらいと思ってる裁判官が、まわりの優秀な(ちょっと曲者キャラの)裁判官の中で成長する物語」だったようでした。

ありがちな「がむしゃらな若者の成長物語」ではなかったので最初はこの構図がわかりませんでしたが、2巻は胸を打つ名台詞もいろいろ。

(主人公は名台詞を聞く側で、まだ色々ピンときてない様の描写も、この構造が分かって読むと、なかなか良いです)。

主人公が真っ正直に熱いと読者がしらけた気持ちになったりもしますが、それが回避されるので。

あと。あーこの人、超やる気ない・・・というダメ弁護士に対する、作者の愛のあるオフショットイラストも良かった。

人間だもの仕方ないのよ的な・・・。

原作漫画「イチケイのカラス」3巻のあらすじ

【ネタバレ】イチケイのカラスの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

異例の審理再開。

万引きを繰り返した主婦に、坂間が下す判決は・・・。

「病的窃盗(クレプトマニア)編」完結。

“普通のおじさん”が起こした障害致死事件は正当防衛か。

揺れる裁判員たちにイチケイはどう向き合う?

「裁判員裁判編」、開幕。

3巻のネタバレ・感想

法律モノって、弁護士や検事が主役になりがちで、そんな中裁判官が主役のこの漫画は珍しいと思い読み始めました。

裁判ですから真犯人を突き止める推理のような派手さはありませんが、法廷という場で適正な判決を下す裁判官のかっこいいところ、面白いところが伝わってくる漫画だと感じました。

原作漫画「イチケイのカラス」4巻最終巻のあらすじ

【ネタバレ】イチケイのカラスの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

高校教師が、反抗的な生徒に怪我を負わせる動画が炎上!

「刑事事件」、「社会問題」となる中、当事者の教師と生徒はそれぞれ苦しんでいた。

坂間は、第一刑事部(イチケイ)は、どう裁く!?

他にも「裁判員裁判編」後半や、入間みちおが裁判官を目指した日の話も収録。

法曹界も注目のリーガル・エンターテインメント、最終巻!!

4巻のネタバレ・感想

絵柄も地味。

題材も地味。

けれどしっかりとメッセージ性を持っている漫画ではないでしょうか。

売れ筋のご都合主義に迎合せず、「疑わしきは罰せず」の王道。

丁寧に書かれていた漫画だったと思います。

伏線であった入間さんの過去エピソードも素晴らしかった。

打ち切りで〆になったのでしょうか。

でもいずれこういう人は次回作で復活してくると思います。

登録は無料!FODプレミアムの無料登録はコチラから
 

ドラマ「イチケイのカラス」の動画配信は?

【ネタバレ】イチケイのカラスの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

ドラマ「イチケイのカラス」の見逃し配信は、いつも通りTVerで最新話のみ放送から一週間限定で見る事が可能です。

最新話の1話分しか観れないので、ちょっと物足りないかもしれないですね。

そういう場合は、「イチケイのカラス」はフジテレビの公式であるFODで全話配信されます。

【ネタバレ】イチケイのカラスの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

FODプレミアムは月9ドラマなども多く揃えられているので、楽しめると思います!

それでは、ドラマ「イチケイのカラス」を楽しみましょう!
 
 
登録は無料!FODプレミアムの無料登録はコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!

 
【関連記事】

【ネタバレ】着飾る恋には理由があっての1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

【ネタバレ】ここは今から倫理です。の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

【ネタバレ】書けないッ!?ドラマのあらすじと最終回結末は?脚本家吉丸圭佑の筋書きのない生活

【ネタバレ】教場2前編1夜後編2夜の結末と風間教官が義眼になった理由!無料動画見逃し配信は?



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 漫画ネタバレ情報, 漫画原作ドラマネタバレ
-, , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2021 All Rights Reserved.