ドラマコラム ドラマ情報 小説原作情報

「危険なビーナス」ドラマ化?原作ネタバレ!東野圭吾作品の公式では言えないこと

「危険なビーナス」ドラマ化?原作ネタバレ!東野圭吾作品

東野圭吾さんの小説「危険なビーナス」を原作にドラマ化されるかもしれない可能性が出てきたので、ネタバレを紹介していきたいと思います。

黒岩勉さんが脚本を手掛け、妻夫木聡さんと吉高由里子さんがダブル主演で、日曜劇場で放送されるという噂です。

本当にこれでドラマ化されるか解りませんが、「ドラゴン桜2」の放送が延期になり、放送されるとの噂です。

それでは、「危険なヴィーナス」について紹介していきたいと思います。



「危険なビーナス」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・あらすじはこちらから

・ネタバレはこちらから

・キャストについてはこちらから

「危険なビーナス」のあらすじ

弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。

楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。

兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。

「危険なビーナス」のキャスト※ドラマ化されたら

「危険なビーナス」がドラマ化されたら、現在の噂だと

楓役が吉高由里子さん。

伯朗役が妻夫木聡さん・・・ではないでしょうか。

他のキャストが発表されたり、ドラマ化が正式に発表されましたら紹介していきたいと思います。

「危険なビーナス」のネタバレ

「危険なビーナス」ドラマ化?原作ネタバレ!東野圭吾作品

主人公は、獣医の手島伯朗。

伯朗の父・一清はあまり売れない画家で、伯朗が二歳の時に脳腫瘍を発症。

症状が進行して死期を悟ったせいか、今までとは違う抽象画に着手するが、未完成のまま一清は死亡。

しばらくは母・禎子と二人で暮らすが、ある日、禎子は伯朗に矢神康治を紹介し、後に二人は結婚。

矢神家は大変な資産家で、跡継ぎを必要としていた。

そんな時、伯朗の九歳下の弟・明人が生まれる。

矢神家は明人を跡継ぎとして育てるために英才教育を施し、伯朗は両親の方針に反し、自分の進みたい道へと進む。

その後、禎子が自宅ではなく、祖母の住んでいた小泉の家で亡くなる。

死因は溺死で、お風呂場で転んで、気絶してそのままだったという。

伯朗は獣医になると、たまたま知り合った院長の手伝いで池田動物病院で院長代理として働くことになる。

今回の話は、そんな伯朗の元にとある女性から電話がかかってきたことから始まる。

伯朗の元に、明人の妻を名乗る矢神楓から電話があり、明人がもう何日も帰ってこないと伝えられる。

明人が結婚したこと自体初耳だったが、会って話をしてみることに。

楓たちは結婚のことを誰にも伝えていなかったが、数日前、伯朗たちの父・康治の容態が危ないと康治の妹・波恵から連絡がある。

どうやら仕事先のシアトルから二人で帰国したそうだ。

そして書き置きを残して、明人は失踪。

自分が戻らない場合、楓のみで康治のお見舞いに行ってほしいといわれているが、誰も楓が明人の妻であると知らない状態で一人で行くのは無謀。

そこで、もはや矢神家の部外者だが、面識のある伯朗が同行することにした。

伯朗も十年ぶりとなる康治との面会。

康治は、矢神家が経営する矢神総合病院に膵臓癌で入院していた。

会話することはできるが、波恵が対応する。

波恵には明人が失踪したことは内緒にして話を進めていると、康治は

「明人に、背負わなくていいと」

と呟く。

この時点で一同は、次期当主である明人に対して、矢神家を背負わなくていいといったものだと推測する。

矢神家について、近々親族会を開いて遺産相続のことを話し合うことになっていて、伯朗と楓も出席することになった。

その後、伯朗は楓の厚意で明人のマンションに上がるが、その頃から楓に対して徐々に好意を抱くようになる。

明人の部屋には小泉の家の写真が飾られていて、その裏には小泉の家の鍵が隠されていた。

しかし、家はすでに取り壊され、伯朗は更地になった写真を見て確認している。

会話の中で、康治は神経科の医師で、サヴァン症候群の研究をしていたことが判明。

サヴァン症候群とは、言語や対人関係などの能力に著しい障害が見られる反面、知的分野や芸術分野で並外れた才能を示す症状のことをいう。

そして康治は、とある画廊でサヴァン症候群と思わしき人物が描いたと思われる絵を見つけ、問い合わせる。

残念ながらその画家はすでに亡くなっていたが、画家の未亡人には会うことができた。

それが、康治と禎子の出会いだと楓はいう。

伯朗たちが参加した親族会には、波恵以外に六人の男女がいた。

矢神家は以前に比べてかなり傾いていたが、それでも相応の遺産があり、誰もが遺産を狙っていた。

一同が遺産の骨董品などを確認する中、伯朗は禎子の遺品の中から一清の作品の写真が収まったアルバムを見つける。

微笑ましい記憶が蘇る中、最後のページに写真が剥がされた跡があり、伯朗は一清の未完成だったあの絵だと確信する。

絵のタイトルは『寛恕の綱』と書かれていて、実物も見つからず、写真も消えていることに伯朗は疑問を抱く。

楓は、遺産は全て相続したいという明人の意向を一同に伝えるが、これは楓のついた嘘だった。

一方で、波恵の姪にあたる支倉百合華は楓が本当に明人の妻かと疑っていた。

百合華が明人に好意を抱いているせいもあるのか、楓のような女性は明人のタイプではないのだという。

後に、楓が明人と行きつけのバーで生牡蠣を食べるエピソードを話し出す。

しかし、伯朗は幼い頃、明人は牡蠣が苦手だったことを思い出す。

しかし、すでに楓の虜になっている伯朗は、大人になって克服したのだろうと、さほど違和感を抱かなかった。

伯朗は親族会の中で、波恵の弟で康治の共同研究者だった牧雄に対して、動物実験という言葉を使う。

親族会の後、楓にそのことを説明する。

伯朗は小学生の頃、康治たちが勤務する泰鵬大学に禎子に連れてこられ、そこで動物実験の映像を目撃してしまう。

それは頭蓋骨に穴をあけ、脳に電流を流されている猫の姿だった。

これは伯朗のトラウマになっていて、この時点で何の実験を行っていたのかは分からなかった。

康治の父で故人の康之介には佐代という愛人がいて、遺産相続のために養子にしていた。

佐代には勇磨という息子がいて、親族会で顔を合わせて以来、勇磨は積極的に楓にアプローチをかける。

楓もそれを受け入れ、明人のために情報を入手するためには何でもする覚悟があった。

伯朗にとって楓はただの弟の妻だが、勇磨に強い敵対心を抱く。

遺産相続の話の中で、伯朗は禎子の妹・順子から更地となった小泉の家も確認するよう忠告され、楓と共にその土地に向かう。

すると、そこには取り壊されたはずの家が残されていた。

家は伯朗も知る近所の男性が管理していて、明人もたまに顔を出していたという。

明人は禎子の死に疑問を抱いて、現場保存のためにこの家を残した可能性が浮上する。

また、勇磨は明人が禎子から何か高価なものを受け継いだのでは・・・と疑っていて、この家に隠されている可能性もある。

小泉の家にあるアルバムの中に、学生時代の禎子が友人と写っている写真があり、伯朗はその友人が佐代であることに気が付く。

そこで佐代の経営するクラブに行くと、佐代は知っていることを教えてくれた。

同窓会で禎子は佐代に再会し、一清が脳腫瘍でしばしば錯乱状態になることを打ち明ける。

佐代がそのことを康之介に話すと、康之介は康治に任せる。

康治は脳に電流を流して精神的な疾患を和らげる研究を行っていて、一清も禎子も喜んで話に乗る。

その結果、一清の症状は改善されるが、急速に脳腫瘍は肥大し、数年で死亡してしまう。

康治が禎子と結婚したのは、贖罪の意味もあったのではと佐代はいう。

その後、禎子は佐代に対して、康治から

「貴重過ぎて手に余るもの」

を貰っていると話していた。

楓がとあるブログで、サヴァン症候群と思われる人物が描いた絵を見つける。

描いたのはブログの主である女性の父親で、ある日突然、絵に目覚めたのだという。

伯朗はブログを運営する女性に連絡をとり、楓と二人で会いに行く。

女性の父親は事故で脳に重度の損傷を受け、それから描いたのがブログにあった絵だった。

その絵はフラクタル図形ではないかと指摘され、脳に異常があるのでは・・・と父親は病院に通い続けた。

担当医は原因が分からないが、ある日、その話を聞きつけた康治が声を掛けてきた。

康治は『後天性サヴァン症候群』という世界でも非常に稀な症状の研究を行っていて、同様の患者を探していた。

康治は一清への治療で、後天性サヴァン症候群という天才を生み出す、思わぬ副産物を手にしていたのだ。

しかし、康治はこの研究を発表しておらず、それどころかすでにやめていた。

何故なのか、という疑問が残る・・・。

勇磨に伝手をたどり、明人がすでに帰国していることを掴んでいた。

そこで楓は、全ての事情を勇磨に打ち明け、協力を求める。

勇磨は康治の研究にビジネスの可能性を感じ、二人に協力することになる。

そこで三人は、研究について牧雄に聞く。

康治は研究について慎重で、人間で実験するわけにはいかないため、動物で実験を行っていた。

伯朗が目撃したのは、その時の実験だったのだ。

いくつかの実例のデータもとり、研究は進んでいたはずだが、なぜ康治が発表しなかったのか・・・それは牧雄も知らなかった。

研究のデータは今も残されている可能性があることが分かり、明人が禎子から受け取ったのは研究のデータだったのではと勇磨は推測する。

捜索は明日することになり、一度解散する。

伯朗は順子に、小泉の家に隠し場所がないか聞いてみるが、当てが外れてしまった。

このまま調べる気になり、伯朗は楓の住む明人のマンションに向かうと、そこには勇磨もいた。

勇磨を連れ込んだことに怒りを感じる伯朗だが、今はそれどころではなく、三人は小泉の家に行って捜索を開始する。

すると、伯朗が以前確認したはずの天井裏から後天性サヴァン症候群に関するレポートが見つかった。

目的のものが見つかり、一同は帰ろうとするが、伯朗はふと何かに気が付き、楓と引き返す。

もう一度家に入ると、そこには順子の夫・憲三がいた。

レポートを持っていたのは憲三だった。

そして今夜、伯朗が順子に話したことで、小泉の家が今も残っていること、伯朗たちがレポートを探していることを知る。

そこで先回りしてレポートを置き、伯朗たちが帰るのを待っていた。

憲三の目的は、一清の『寛恕の綱』を見つけること。

憲三はかつて、頭の中に奇妙な図形が浮かぶと、一清に相談されたこともあり、一清は『ウラムの螺旋』という図形を見て神の啓示を受け、『寛恕の綱』の制作に取り組んだのだという。

憲三は数学者として、寛恕の綱の完成が大変な宝になると確信しているが、寛恕の綱は行方不明になってしまった。

しかし十数年後、憲三は明人から寛恕の綱の写真を見せられて驚く。

写真の日付が一清が亡くなった時よりもずっと後になっていて、絵がまだ残されているのではないか、禎子が隠しているのではないか・・・と考える。

そこで十六年前、憲三は小泉の家に忍び込み、絵を探すが、見つけられず、しかも禎子に見つかってしまう。

冷静さを失った憲三は、禎子を脳震盪に追い込み、助けるのではなく、溺死と見せかけるように工作する。

その時に持ち出したのが、例のレポートだった。

全ての真実が明らかになると、憲三は家に火をつけ、自殺を図る。

しかし、楓が憲三を背負い、伯朗と一緒に避難する。

その時、伯朗はあることに気が付き、燃える家の中に戻る。

襖の中に寛恕の綱を見つけるが、火は絵を燃やそうと迫ってきていた。

伯朗は止めようとするが、誰かに止められた。

相手は、明人だった。

明人の口から全てが明かされる。

彼が帰国すると警察に声を掛けられ、明人を拉致監禁しようとする人物の存在を教えられる。

警察は首謀者を捕まえるために、明人が拉致監禁されたよう偽装したいと提案。

この首謀者とは、憲三のこと。

明人は条件を飲む代わりに、禎子の死についてもう一度調べて欲しいと依頼した。

物証がないとなると、内部深くまで入り込む必要があり、警察は潜入捜査を選択。

そこで矢神家に潜入捜査官を送り込む。

それが楓だった。

勇磨はそのことを掴み、明人と楓に協力していたのだった。

明人は寛恕の綱を狙った犯人が身内にいると考え、小泉の家を取り壊したことにすることで、油断を誘ったのだった。

明人の説明の後、伯朗は楓と二人きりになるが、肝心なことについては最後まで聞けない。

そして、後天性サヴァン症候群のレポートに関しては、明人の判断で発表は見送られた。

人間には踏み込んではいけない領域がある。

明人は、禎子が康治からもらった大事なものは寛恕の綱ではないかと考えていた。

寛恕の綱に憲三の考えるような価値がないと思う一方で、人を魅了する魔力があったのは確か。

康治は明人にこの絵のことを背負わなくていいと伝えたかったのだ。

矢神家は明人と勇磨の二人で立て直すことになり、明人と百合華も、いい雰囲気いなっていた。

後日、楓が伯朗の動物病院を訪れる。

彼女はミニブタの入ったケージを持っていて、

「これから長い付き合いになる」

とウインクするのだった。

「危険なビーナス」はドラマ化されたらどんな作品になるのか

「危険なビーナス」ドラマ化?原作ネタバレ!東野圭吾作品の公式では言えないこと

まだ本当にドラマ化されるかは解りませんが、ドラマ化されるかもしれないと言われる作品はまだまだ他にもたくさんあります。

少しでもドラマ化の可能性があれば、公式では発表できないことも紹介していきたいと思います!

 
【関連記事】

「SPEC(スペック)」ネタバレ!最終回結末は?ニノマエと当麻の関係と地居

朝ドラ「エール」50話ネタバレ!音の決意と出産

朝ドラ「エール」48話ネタバレ!小山田耕三の本心と双浦環の追求

朝ドラ「エール」47話ネタバレ!裕一は契約を切られる!?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 小説原作情報
-, , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.