ドラマコラム ドラマ情報

「BG2身辺警護人」ネタバレ!ドラマ続編最終回迄のキャストあらすじ

2020年3月5日

「BG2身辺警護人」ネタバレ!ドラマ続編最終回迄のキャストあらすじ

ドラマ「BG~身辺警護人~」の続編である「BG~身辺警護人~2」のネタバレ・感想、あらすじやキャスト、視聴率の情報を1話から最終回、最終話・結末まで全て紹介していきたいと思います!

木村拓哉さん主演で、前回のBGから引き続き出演されるキャストと、新規で出演されるキャストもいます。

今回の続編BG2では、前回の民間警備会社「日ノ出警備保障」に新たな動きがあり、ストーリーが展開されていくそうです。

それでは、このBG2はどのような物語になるのか、全て紹介していきたいと思います!



もくじ

ドラマ「BG2~身辺警護人~」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話あらすじ・ネタバレはこちらから

・最終回7話のあらすじ予想はこちらから

・劉光明(仲村トオル)の過去のネタバレはこちらから

・劉光明(仲村トオル)の企みについてはこちらから

・沢口正太郎(間宮祥太朗)がやり取りをしている“凪”についてはこちらから

・伊藤健太郎についてはこちらから

「BG2~身辺警護人~」の概要

木村拓哉がふたたびボディーガードとしてNEW START!

新章では“チーム戦”から“個人戦”へ突入《丸腰で護り抜く男》が組織を飛び出し心機一転、次なるステージで再始動!!

2020年春、あの“護(まも)る男”が帰ってきます!
彼こそは・・・丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護ってきた島崎章。

そう、2018年1月期放送の連続ドラマ『BG~身辺警護人~』で木村拓哉さんが演じた、あの民間ボディーガードが2年ぶりに登場!

待望の第2弾をスタートさせます。

常に攻めの姿勢を忘れない木村拓哉さんは昨年から今年にかけても、主演ドラマ『グランメゾン東京』や『教場』などで円熟味と新鮮味を増した芝居を打ち出し、日本中の視聴者を圧倒。

俳優としての評価をさらに上げるなど、快進撃は止まりません。
そんな飽くなき開拓精神を持つ木村拓哉さんと共に、『BG』も大きく駒を進めることに!

権力や武器を備えた警察官に対し、丸腰でチーム一丸となって敵に挑んでいく章たち民間ボディーガードの姿を描いた前作を経て、なんと今作ではあえて章の立場を“組織から独立した私設ボディーガード”へと大幅更新。

《個人VS.組織》の物語を軸にした新ステージへと果敢に攻め込み、ボディーガード・島崎章の生き様と魅力をより深く切り開いていきます!

斎藤工さん演じる高梨は章と共に新たなステージに!
さらに菜々緒さん、間宮祥太朗さんも続投!

前作では民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属し、組織の一員として任務を全うすることにすべてを賭ける男だった章。

しかし、今作では「日ノ出警備保障」を買収した大会社の“利益優先”方針に疑問を感じた章が、警備の基本でもある「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、組織を飛び出すことに!

そんな中、「日ノ出警備保障」時代からの仲間・高梨雅也(斎藤工)は、章が辞めた本当の理由を聞きだすため、章のもとにやってきます。

そこで一緒に警護をするうちに、高梨の心にも変化が生まれ・・・!?

組織という枠組みから抜け出し、私設ボディーガードとなった章は“個人”として何を考え、どうクライアントを護っていくのか・・・。

独立した章たちを敵視する組織とのせめぎ合い、そんな組織に残ることを選択した仲間・菅沼まゆ(菜々緒)や沢口正太郎(間宮祥太朗)との関係性を縦軸に、各クライアントとの一対一の人間関係をじっくりとドラマチックに描いていく今作。

前作に引き続き脚本を手掛けるのは、『GOOD LUCK!!』(2003年)や『エンジン』(2005年)でも木村と黄金タッグを組んだ井上由美子氏。

人間描写の名手が紡ぐ、躍動の人間ドラマから目が離せません!

波乱の予感・・・!?

「BG2~身辺警護人~」のキャスト

木村拓哉 役:島崎章(しまざき・あきら)

卓越したスキルを持つ私設ボディーガード。
警護ミスでサッカー選手・河野純也から選手生命を奪ってしまい、長らく身辺警護業務から退いていたが、「日ノ出警備保障」の身辺警護課に異動となり、“新人”ボディーガードとして復帰した。

「日ノ出警備保障」がIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「KICKS(キックス)ガード」となった後も身辺警護課で働き、利益優先で依頼主を政財界のVIPに限定する経営方針に甘んじていたが、もう一度「弱き者の盾になる」という使命を貫くため「KICKSガード」を退社。

フリーとして再出発する。
私生活では離婚し、さらなる反抗期を迎えた一人息子・瞬と二人暮らし。接し方に四苦八苦している。

木村拓哉のコメント

警護に関しては非常に完璧だけど、それ以外の恋愛や親子関係などでは発展途上。

そんな“まだ完成されてない感”が島崎章の魅力だと、僕は感じています。

ただ、体を張って警護対象者を護る“現場主義者”という点ではブレていないものの、今回から会社に属したキャラクターではなくなることで、描く世界観の形態が多少変わってきている。

そこを自分なりにどう楽しみ、視聴者の皆さんにどう伝えていくか・・・。

いろいろ考えながら、これから始まる現場での作業を心待ちにしているところです。

前回からご一緒している斎藤工さん、菜々緒さん、間宮祥太朗さんとは同じモチベーションでクランクインできると思いますし、空気もすぐに出来上がると思います。

特に、斎藤さんとは前回よりも間合い的に近い設定になりそうなので、現場でもご一緒する機会が増えると思いますし、そこも今から楽しみですね。

また、新たなストーリーを構築していく上で必要なダークサイドを仲村トオルさんが演じてくれるのは心強いですし、新キャストの皆さんを含めてのセッションを楽しんでいきたいです。

テレビ朝日さんにはシリーズ化されているドラマがたくさんありますが、その継続スタンスや努力、チームワーク、残されてきた結果と比べると、『BG』はまだまだ赤子のようなもの。

しっかりとした内容や世界観を作って、継続する意味を持たせないと、ほかのシリーズ作品に失礼だと思うんです。

そんなこともあって実は今回、僕のわがままで脚本の井上由美子さん、プロデューサーの皆さん、そして斎藤さんや間宮さんにも同席していただき、台本の準備稿をもとに各々の考えや疑問点を全部吐き出すセッションをさせていただきました。

そこでみんなの意見が整理整頓され、「しっかり煮詰まったな!」と感じる決定稿が出来上がりました。

あとは現場に立つのみ。
現場でもキャスト、スタッフ一丸となって取り組み、『BG』の新しいストーリーと新しい形態をしっかりと紡いでいきたいな、と思います。

斎藤工 役:高梨雅也(たかなし・まさや)

元自衛隊員のボディーガード。
「日ノ出警備保障」に続き、「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課でも章と共に働いていた。

章が「KICKSガード」を辞めた本当の理由を知るために、章を訪ねたことがきっかけで、ある依頼人を一緒に警護することに。

相変わらずぶっきらぼうで融通の利かない性格だが、ボディーガードという職には熱い使命感を持っている。

「KICKSガード」の菅沼まゆとは現在、恋人関係だが・・・!?

菜々緒 役:菅沼まゆ(すがぬま・まゆ)

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。

「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていた。
かつては将来を有望視される柔道選手として活躍し、運動神経は抜群。

ボディーガードの仕事はお金のため、と割り切っている。
「KICKSガード」の方針にも心から同意しているわけではないが、気持ちを切り替えて従っている。

やがてその働きぶりが社長・劉光明の目に留まり・・・!?

間宮祥太朗 役:沢口正太郎(さわぐち・せいたろう)

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。

「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていた。
物事をあまり深く考えず、ノリが軽い。

かつてはド新人だったが、今は一人前のボディーガードに成長。
章が「KICKSガード」を辞めたことには衝撃を受けるが、最終的には「KICKSガード」に残ることを選択する。

仕事を紹介したり、依頼主の情報を伝えたりするなど、会社に内緒で協力する。

道枝駿佑 役:中島小次郎(なかじま・こじろう)

私設ボディーガードになった章が事務所を構えた雑居ビルの1階にあるカフェ「ジャンクション」で、アルバイトをしている大学生。

大学では情報工学を専攻している。
相手が誰であろうと物怖じしない性格で、思ったことはストレートに(時に、妙に上から・・・!?)言う性格。

カフェをひいきにしている章にも進んで声を掛け、個人事務所のホームページ制作を買って出るなど、ぐいぐい距離を縮めていく。

市川実日子 役:笠松多佳子(かさまつ・たかこ)

「菊理会 白山総合病院」の整形外科医。
「日ノ出警備保障」が「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収される前から、ずっと身辺警護課の契約担当医をしている。

身体のケアだけでなく、ボディーガードの愚痴を聞くなど、章たちにとっては癒しの存在。

勝村政信 役:小俣健三(おまた・けんぞう)

「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課長。
警視庁・警護課出身。亡くなった村田五郎の後任として、身辺警護課長に就任した。

身辺警護に対する姿勢は村田と180度違い、ハートで護るよりも、組織の強さで護るという考えの持ち主。

社長・劉光明の経営方針に追従し、独立した章たちのことも徹底的に敵視する。

仲村トオル 役:劉光明(りゅう・こうめい)

IT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」の社長。

ある理由から警備業界に目をつけ、「日ノ出警備保障」を買収した。

中国人と日本人の両親のもとに生まれ、ずば抜けた経営手腕を誇る。ビジネス面での成功を重視する男で、ボディーガードの地位と利益を上げるためにはクライアントも政財界のVIPに限定すべきだと考えている。

一見、紳士的な好人物だが、人の命を金銭で量るところがある。
組織を去った章たちに対して、内心ではよく思っておらず、何か企んでいるようで・・・!?

「BG2~身辺警護人~」のあらすじ

「BG2身辺警護人」ネタバレ!ドラマ続編最終回迄のキャストあらすじ

民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属し、組織の一員として任務を全うすることにすべてを賭ける男だった島崎章(木村拓哉)。

しかし、「日ノ出警備保障」を買収した大会社、IT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」の“利益優先”方針に疑問を感じた章が、警備の基本でもある「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、組織を飛び出すことに!

そんな中、「日ノ出警備保障」時代からの仲間・高梨雅也(斎藤工)は、章が辞めた本当の理由を聞きだすため、章のもとにやってきます。

そこで一緒に警護をするうちに、高梨の心にも変化が生まれ・・・!?

組織という枠組みから抜け出し、私設ボディーガードとなった章は“個人”として何を考え、どうクライアントを護っていくのか・・・。

「BG2~身辺警護人~」1話のあらすじ

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。

彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。

そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。

章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。

その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。

差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。

今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!

翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。

だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。

亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい・・・そう思いつめたように訴える松野と対面し、反射的に彼を護りたい気持ちに駆られるのだが・・・。

ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。

しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに!

ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え・・・!?

「BG2~身辺警護人~」1話のネタバレ

視聴率:17.0%

1話のネタバレは下記記事よりご確認くださいませ。

BG2身辺警護人1話ネタバレ!島崎章(木村拓哉)が個人事業主に!?

「BG2~身辺警護人~」2話のあらすじ

私設ボディーガードになった島崎章(木村拓哉)の後を追うように、高梨雅也(斎藤工)が「KICKSガード」を辞めた!

島崎が立ち上げた個人事務所「島崎警備」に入ることに決めた、と一方的に告げてきた高梨に対し、章は一時の感情で動かないよう諭すが、高梨の決意は固く・・・。

その矢先、「KICKSガード」に所属する沢口正太郎(間宮祥太朗)が章のもとに、“目の不自由な天才ピアニスト”として脚光を浴びる守尾恵麻(川栄李奈)の身辺警護という大仕事を持ち込んでくる!

なんでも、恵麻の警護は最初「KICKSガード」が請け負っており、沢口と菅沼まゆ(菜々緒)が担当していたのだが、突如降りることが決定。

だが、後任の警備会社が見つからないのだという。

経緯を聞いていぶかしがる章。

しかし、その理由はまもなく、警護を依頼した所属事務所の代表取締役で、恵麻の実姉でもある守尾美和(谷村美月)の話から明らかになる。

なんと恵麻は、悲願の夢だった国際コンクールへの出場権をつかみ、さぁこれから…という時になって、ことあるごとに自殺行為に走るようになったというのだ!

“クライアント自身が敵”という前代未聞の案件・・・。

だが、章は「敵から護ることには変わりない」と、毅然とした態度で警護を引き受けることに。

一瞬はためらった高梨も章に共鳴し、共に警護に乗り出す。だが肝心の恵麻は、章たちに心を開こうとせず!?

やがて、恵麻が何者かに命を狙われる事件が発生!

しかも、章が恵麻を“誘拐”!?事態は次から次へと思わぬ方向へと転び・・・。

「BG2~身辺警護人~」2話のネタバレ

視聴率:14.8%

2話のネタバレは下記記事よりご確認くださいませ。

「BG2~身辺警護人~」2話ネタバレ!川栄李奈を木村拓哉が警護!

「BG2~身辺警護人~」3話のあらすじ

島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。

警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。

詐欺で儲けた金を政治家にバラまいた疑惑まである“悪党”だった!

実は道岡、逮捕されるも不起訴で釈放。

その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。

ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく・・・と、急に上層部が尻込み。

執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。

だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男・・・。

警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。

実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。

根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。

しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し・・・!

そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」との脅迫状が届く。

しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ・・・!

絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。

章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!?

章たちは“見えない敵”を突き止めようとするが、道岡に恨みを持つ者はごまんといて・・・!?

「BG2~身辺警護人~」3話のネタバレ

視聴率:14.4%

3話のネタバレは下記記事よりご確認くださいませ。

「BG2身辺警護人」3話ネタバレ!クライアントから離れて医師を守る島崎に違和感?

「BG2~身辺警護人~」4話のあらすじ

「至急!警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。

島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。

なんと大輔は監禁され、今も見張られているという!ところが・・・。

教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。

実は監禁というのは、すぐ来てもらうためについたウソで、本当の依頼は別にあったのだ・・・。

20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。

そんな折、出身小学校のクラス会開催の知らせが届き、“将来の夢”を書いた色紙を保管していたタイムカプセルを開ける行事も予定されていることが分かったという。

だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。

外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。

というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ!

にわかに信じがたい大輔の話・・・。

一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。

いざ小学校へと向かう。

ところが道中、大輔は“ある場所”まで来ると、なぜか遠回りになる道を選択。

さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて!?

そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生!

大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。

そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。

だが、自らも“息子を持つ父”である章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけず・・・。

「BG2~身辺警護人~」4話のネタバレ

視聴率:14.4%

「BG2~身辺警護人~」5話のあらすじ

「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれ、ケガを負った。

実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人。

連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村拓哉)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。

幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。

ところが・・・診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。

章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ!

相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。

彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。

ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に、釈然としないものを感じ・・・!?

その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。

ところが・・・その正体はどうにも信じがたい“意外な人物”!

しかも背後には、ほかでもない劉が率いる「KICKS CORP.」の影がちらついて・・・!?

これは、単純なストーカー事件ではない・・・。

凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。

だが、行く手には“とんでもない盾”を構えた劉が泰然と立ちはだかる!

しかもあろうことか、その向こう側には「KICKS CORP.」の急所ともいうべき“致命的な秘密”が隠れていて・・・!?

章と劉がついに直接対決へ・・・物語は急展開で最終局面へ突入!

「BG2~身辺警護人~」の脚本を務める井上由美子とは

「BG2身辺警護人」ネタバレ!ドラマ続編最終回迄のキャストあらすじ

『ギフト』『GOOD LUCK!!』『エンジン』など、木村拓哉さん主演作品をヒットさせ、『白い巨塔』や『14才の母』などの社会問題を題材にした硬派な作品も話題となっています。

2006年にはNHK制作のドラマ『マチベン』で第25回向田邦子賞を受賞。

テレビ朝日新人シナリオ大賞の最終選考の審査員や、フジテレビ番組審議会の委員も務めている方です。

2018年には『ハラスメントゲーム』で小説家としてもデビューを果たしております。

「BG2~身辺警護人~」の主題歌は?伊藤健太郎は?

「BG2~身辺警護人~」の主題歌に関しては、当初では木村拓哉さんのソロアルバムから出されるような感じの噂もありましたが、実際のところどうなのか・・・。

主題歌なし・・・というのも考えられますね。

そして、前作の「BG~身辺警護人~」で最後に新人として日ノ出警備保障に加わった伊藤健太郎さんは・・・今回キャストに名を連ねられてないので、出演しないのかもしれませんね。

前作の続きから考えると、新人として入ったけど、すぐに辞めてしまったのかもしれませんね・・・。

その辺の話題も描かれるのか?

期待しましょう!

「BG2~身辺警護人~」のエキストラ募集

【募集対象】
年齢性別は問いません。
どなたでもご応募いただけます。(未成年の方は、保護者の承諾が必要です)

複数名で(連名で)ご応募いただくことも可能です。
お誘いあわせのうえ、ご応募ください。

※重複の応募は全て無効になりますので、お気をつけください。

【撮影日時・場所・内容】
撮影期間は、2020年2月末~2020年6月末を予定しています。

撮影日時等の詳細および集合時刻、集合場所は、当選のご連絡と共にお伝えいたします。

【当選のご連絡】
当選のご連絡はご登録いただいた電話番号にご連絡させていただきますが、非通知設定でかけさせていただく場合もございます。

非通知拒否設定をしていたこと等によりご連絡が取れなかった場合にはご参加いただけないことをご了承ください。

ご不明な点、ご質問等ございましたら、スタッフが当選のご連絡をした際にお問い合わせください。

テレビ朝日(以下「当社」という)への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

当選のご連絡は制作協力会社の株式会社メディアミックス・ジャパンのエキストラ担当スタッフによる電話以外の方法ではいたしません。

「テレビ朝日」や番組スタッフ等、関係者を名乗る類似の連絡や勧誘にご注意ください。

また、そのような勧誘を防止するため、ご応募いただいた事実を第三者に口外することやSNS等で公表することはお控えいただくことをお勧めいたします。

ご連絡の有無に関するお問い合わせはご遠慮ください。

当選のご連絡がなかった方は、撮影当日にお越しいただいた場合でも、エキストラ参加、撮影の観覧はできません。

※注意事項や個人情報の取り扱いについてはコチラから

応募フォームはこちらから
 

※リンクに飛べなくなった時点で募集は終了している可能性がありますので、予めご了承くださいませ。

「BG2~身辺警護人~」の動画配信は?

「BG2身辺警護人」ネタバレ!ドラマ続編最終回迄のキャストあらすじ

「BG2~身辺警護人~」の動画配信は、いつも通りTVerで見逃し配信として配信されます。

全話配信は、テラサ(元ビデオパス)で配信されます。

配信されるとは言っても、木村拓哉さんが絡むものですし、正直配信されても、最終回が配信されたら早々に配信終了してしまうと思うのでお気をつけくださいませ。

それか、テラサ内でのレンタル枠になると思います。

それでは2年ぶりの「BG2~身辺警護人~」を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

知らなくていいコト10話最終回ネタバレ!殺人犯の父は無実だった!

死にたい夜にかぎって2話ネタバレ!転職と彼女の病気

恋はつづくよどこまでも9話ネタバレ・あらすじ!七瀬が天堂を誘惑

病院の治しかた7話最終回ネタバレ!救命救急センターと副頭取の行方

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.