ドラマコラム ドラマネタバレ情報

2020年4月期春ドラマのおすすめ一覧!【保存版】

2020年4月期春ドラマのおすすめ一覧!【保存版】

2020年1月期の冬ドラマも殆どが最終回を迎えたところで、今後放送される2020年4月期春ドラマのおすすめを勝手に個人的な好みでご紹介していきたいと思います!

いくつかの視点で、おすすめのドラマを紹介していきます。

このおすすめドラマ一覧は、あくまで個人的な好み・価値観を優先したうえでご紹介していきますので、ご了承くださいませ。

それでは紹介していきたいと思います!



2020年4月期春ドラマで注目のドラマは!?

 
「半沢直樹」
 

もうこれはしょうがないです。

もう何年ぶりですか?7年ぶりでしたか?

最終回で42.2%という高視聴率を叩き出したドラマの続編という事で、これはもうすべて抜きで注目するしかないです。

「半沢直樹」の主なキャスト

■ 半沢 直樹:堺 雅人
■ 半沢 花:上戸 彩
■ 渡真利 忍:及川光博

■ 黒崎 駿一:片岡愛之助
■ 森山 雅弘:賀来賢人
■ 浜村 瞳:今田美桜

■ 中野渡 謙:北大路欣也
■ 大和田 暁:香川照之

「半沢直樹」のあらすじ

「半沢直樹、東京セントラル証券への出向を命ずる」

東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。

今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描きます。

あるとき、東京セントラル証券に大型案件が舞い込む。

それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、株式取得に掛かる費用はなんと1500億円以上。

東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった・・・。

果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか!?

型破りのバンカー、半沢直樹の新たな伝説が、令和の歴史に刻まれる!!

2020年4月期春注目ドラマ【続編抜き】

 
「MIU404」
 

最近絶好調なTBSのドラマなのですが、金曜夜10時から放送される「MIU404」が大注目でございます!

2020年春ドラマの特徴として、多いのは続編もの・・・。

続編ものが多すぎて、ご新規のオリジナルドラマというのが少ないのですが、ご新規のオリジナルドラマの中で、やはり注目したいのは「MIU404」です。

綾野剛さんと星野源さん主演というのもあるにはあるのですが、それよりも注目なのはやはり野木亜紀子さんが脚本を手掛けるというところです。

野木亜紀子さんは2020年冬ドラマでは、「コタキ兄弟の四苦八苦」を手掛けられておりました。

そして「MIU404」は主題歌が米津玄師さんという事もあり、アンナチュラルコンビのドラマになります。

「MIU404」の主なキャスト

■ 伊吹藍:綾野剛
■ 伊志摩一未:星野源
■ 伊九重世人:岡田健史
■ 伊陣馬耕平:橋本じゅん

■ 伊特派員REC:渡邊圭祐
■ 伊我孫子豆治:生瀬勝久
■ 伊桔梗ゆづる:麻生久美子

「MIU404」のあらすじ

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。

やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。
初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが・・・!?

2020年4月期春を彩る!?ほっこりドラマ

 
「私の家政夫ナギサさん」
 

2020年冬ドラマで、まさかのキュンキュンの嵐を巻き起こしたドラマ「恋つづ」。

「恋つづ」と同じ枠で放送されるのが、この「私の家政夫ナギサさん」です。

2020年春には、家政夫ものが、このナギサさんと、あと「家政夫のミタゾノ」の4期が放送されます。

この家政夫のナギサさんと主人公のキャリアウーマン、メイとの関係に胸キュンが生まれる!?

生まれないかな?

「私の家政夫ナギサさん」の主なキャスト

■ 相原 メイ:多部未華子
■ 田所 優太:瀬戸康史
■ 瀬川 遙人:眞栄田郷敦
■ 陶山 薫:高橋メアリージュン

■ 天馬 あかり:若月佑美
■ 駒木坂 春夫:飯尾和樹(ずん)
■ 福田 唯:趣里
■ 鴫野 ナギサ:大森南朋

「私の家政夫ナギサさん」のあらすじ

製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。

そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!

その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。

ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。

一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現!

突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所に、メイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。

しかも田所はライバルだというのに、爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに・・・。

そんな仕事に恋愛にいっぱいいいっぱいのメイは、家政夫のナギサさんに家事をサポートしてもらい共に過ごす中で、彼の持つまるでお母さんのような”包容力”と“温かさ”、そして”癒し”に触れ、いつしかナギサさんの存在に救われていくように。

そして、ナギサさんが時間と心の余裕をもたらしてくれたことにより、仕事一筋だったメイは、「生活」「恋愛」「結婚」「家族」「将来」という自分の人生と本当の幸せについて次第に考えるようになっていく・・・。

仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・メイと、そんな彼女の家に派遣されたオジさん家政夫・ナギサさんが周囲を巻き込みながら、本当の幸せを探すハートフルラブコメディが始まる!

2020年4月期春、安定の視聴率系ドラマ

 
「特捜9」
 

やはり安定の視聴率と言えば、「特捜9」ですね。

テレビ朝日のこれ系ドラマは本当に安定しております。

そして、続編系のドラマですが木村拓哉さん主演の「BG~身辺警護人~」も安定の視聴率だと思います。

平均13%~15%くらいいきそうですよね。

12%はあっても、10%はない・・・と思わせてくれるドラマです。

「特捜9」の主なキャスト

■ 浅輪直樹:井ノ原快彦(V6)
■ 小宮山志保:羽田美智子
■ 村瀬健吾:津田寛治
■ 青柳靖:吹越満
■ 矢沢英明:田口浩正
■ 新藤亮:山田裕貴
■ 国木田誠二:中村梅雀

「特捜9」のあらすじ

前班長が去ってから9カ月・・・。
浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班のもとには、捜査一課からの応援要請が来なくなり、メンバーは警備など地道な仕事にばかり駆り出されていた。

組織内には、特捜班への遺恨を持ったまま警視庁を追われた元刑事部長・三原達朗(飯田基祐)の影響力が、いまだに残っていたのだ・・・。

そんなある日、特捜班が多摩川の河川敷で防犯イベントの警備に当たっていたところ、市長の挨拶を橋上で見学していた市民が突如、銃撃される事件が発生!

直樹はすぐさま倒れた男性のもとに駆けつけるが、すでに絶命していた。

しかも、現場は東京都と神奈川県の境にあたり、どちらの管轄になるか両警察が互いにけん制しあう微妙な空気に・・・。

だが、そこに颯爽と現れたのは、あの三原だった。
降格人事で警察庁に戻され、刑事局広域捜査担当審議官に就任した三原は、この事件を現在捜査中の連続殺人の3件目として捜査すると宣言する。

その連続殺人事件とは――1件目は池袋で中華料理チェーンの経営者が、2件目は横浜でイベント企画会社の社長が同じライフル銃で射殺されたというもの。

被害者2人につながりはなく、捜査本部は無差別連続殺人と考えていた。

そして特捜班が居合わせた3件目の事件の被害者は、退職したばかりの元刑事・北村龍一(モロ師岡)と判明。

確かに殺された3人には接点はなさそうだが、本当に無差別殺人と断定してよいのだろうか・・・!?

疑問を抱いた直樹は無要請にもかかわらず、特捜班のメンバーと手分けして捜査を開始する・・・!

2020年4月期春、深夜の注目ドラマ

 
「家政夫のミタゾノ」
 

2020年4月期の春の深夜ドラマというと、あまり注目どころがないのですが、やはり人気なのは「家政夫のミタゾノ」ですね。

しかしながら、振り切れた深夜ドラマとしては、「浦安鉄筋家族」も放送されるので、これも注目は注目ですね(笑)

「家政夫のミタゾノ」の主なキャスト

■ 三田園 薫:松岡昌宏
■ 村田 光:伊野尾 慧(Hey! Say! JUMP)
■ 霧島 舞:飯豊まりえ

■ 式根志摩:しゅはまはるみ
■ 阿部真理亜:平田敦子
■ 結 頼子:余 貴美子

「家政夫のミタゾノ」のあらすじ

街中でゴミ拾いをしながらランニングに勤しむ三田園薫(松岡昌宏)のもとに、むすび家政婦紹介所の所長・結頼子(余貴美子)から招集の電話がかかる。

「VIPなお客様からご依頼よ。すぐ戻ってきてちょうだい」

脱税疑惑をかけられ、一時は業務停止に追い込まれていたむすび家政婦紹介所。

事務所を移転し、頼子の甥・村田光(伊野尾慧)、阿部真理亜(平田敦子)、式根志摩(しゅはまはるみ)に新人家政婦の霧島舞(飯豊まりえ)を加え、無事に業務を再開していた。

ひとまず三田園が来るまでの間・・・と、依頼人の家へと向かった光と舞。

そこは次期環境大臣に内定している“Mr.クリーン”こと議員の岩瀬和夫(尾美としのり)の自宅だった。

大臣就任を前に、妻の美紗子(渡辺真起子)と息子の浩一(細田佳央太)にも「クリーンでいること」を求める岩瀬。

そんな岩瀬の要望を呆れながらも聞き入れる妻子の姿を見た光は「温かい、理想の家庭」と羨望の眼差しを向ける。

しかし遅れて現れた三田園はさっそく超速で引き出しやクローゼットなどを物色。

ある写真を見つけ、「本当にクリーンな方のようね…」と謎の笑みを浮かべる。

そんな中、浩一から車で接触事故を起こしてしまったと電話が。

「大きな事故でないなら・・・」と警察の指示に従うよう浩一に命じた岩瀬だったが、秘書の金井(清水伸)からは大臣就任前に不祥事があってはならない、と事故をもみ消すことを提案される!

さらに事故直後のドライブレコーダーには、車から降りてくるコワモテの男性の姿が映っており・・・!?

一方その頃、妻の美紗子は「町内会の集まり」と称して若い男性と密会していた。

美紗子の行動を監視していた三田園は、その様子をこっそり撮影し・・・?

やがて美紗子と浩一の知られざる顔が明らかに・・・。

Mr.クリーンは大臣就任を前に、身の回りに溜まった汚れをキレイさっぱり落とすことはできるのか?

2020年4月期春ドラマは他にも気になるドラマがたくさん!

2020年4月期春ドラマのおすすめ一覧!【保存版】

既にふれてありますが、2020年4月期の春ドラマは続編ものが多いです。

注目ドラマとして紹介した「半沢直樹」「特捜9」「BG」「家政夫のミタゾノ」「ハケンの品格」「SUITS2」「警視庁・捜査一課長」などなど。

これ程までに続編が多いのも珍しいのではないでしょうか。

それくらい多いですね。

これらの2020年4月期春ドラマの全ての記事は下記リンクから確認できますので、気になったドラマがありましたら、是非チェックしてみてくださいませ!

2020年4月期ドラマが全て見れる!ドラマ一覧※ネタバレ記事あり
 

それではこれから始まる2020年4月期春ドラマを楽しみましょう!!

もちろん、2020年4月から放送が開始する、2020年前期朝ドラ「エール」もお見逃しなく!

 
【関連記事】

エール1話ネタバレ・あらすじ!1964年東京五輪開会式の日

【完全版】テセウスの船ドラマ・原作を完全ネタバレ!犯行動機と結末

スカーレット最終回!笑顔の君がいるから返事はいらないから

私の家政夫ナギサさん原作ネタバレ!家政夫のナギサさん最終回8巻・9巻結末




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報
-, , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.