ドラマコラム ドラマネタバレ情報 漫画ネタバレ情報 漫画原作ドラマネタバレ

「頭取 野崎修平」ドラマのネタバレ結末は?「監査役 野崎修平」の続編で織田裕二が続役!

2019年12月13日

「頭取 野崎修平」ドラマのネタバレ結末は?「監査役 野崎修平」の続編で織田裕二が続役!

WOWOWの連続ドラマWで放送された「監査役 野崎修平」の続編、「頭取 野崎修平」が2020年1月にWOWOWで放送されます!

これは周良貨先生の漫画原作のドラマで、織田裕二さんや松嶋菜々子さんら豪華俳優陣でドラマ化されました。

今回はその続編として、新キャストを迎えての放送となります!

そこで今回は「頭取 野崎修平」の1話から最終話までのあらすじやネタバレ、そして前作の「監査役 野崎修平」のネタバレや感想なども紹介していきたいと思います!

【この記事も読まれてます】



もくじ

ドラマ「頭取 野崎修平」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・ドラマ「頭取 野崎修平」のネタバレ・感想はこちらから

・原作漫画「頭取 野崎修平」のネタバレ・感想はこちらから

・ドラマ「頭取 野崎修平」の全話あらすじはこちらから

・前作「監査役 野崎修平」のネタバレ・感想はこちらから

・前作「監査役 野崎修平」の全話あらすじはこちらから

ドラマ「頭取 野崎修平」のあらすじ

おおぞら銀行国有化から3年。

未だ再生の兆しが見えない中、かつて監査役として厳正な態度で銀行の闇を晒した野崎修平(織田裕二)が、同行の頭取に就任。

野崎はこの間、産業再生機構で多くの企業再生に携わってきており、その才覚を買われての異例の抜擢だった。

成果主義やリストラで士気を失った行員たちの自信と誇りを取り戻し、社会に貢献できる理想的な銀行づくりを目指して、常務の立川祥子(松嶋菜々子)や融資部の石原俊之(風間俊介)らとともに改革に乗り出す。

そんな矢先、元エリート官僚で京極元頭取の息子・京極春樹(小澤征悦)が取締役として就任する。

春樹は父親が築き上げた頭取の座を奪い返そうと、祥子とともに野崎を失脚させるため様々な策略を企てる。

野崎は己の正義を貫き、おおぞら銀行を再生させることができるのか。

野崎の戦いが、再び始まる。

ドラマ「頭取 野崎修平」のキャスト

おおぞら銀行

織田裕二 役:野崎修平

頭取

松嶋菜々子 役:立川祥子

常務

風間俊介 役:石原俊之

融資部 行員

小澤征悦 役:京極春樹

取締役

瀧本美織 役:吉野美保

頭取秘書

渡辺翔太 役:富永真

頭取秘書

駿河太郎 役:坂本正義

藤岡長沼支店 調査役

三浦誠己 役:西條進

法人営業部 部長

日雲商事

泉里香 役:音川真由美

戦略室 社員

相島一之 役:塩田正康

取締役

宮川一朗太 役:村上哲也

戦略室 室長

金融庁

野間口徹 役:紅梅勇治郎

主席検査官

野崎家

西田尚美 役:野崎志穂

野崎修平の妻

その他

古谷一行 役:京極雅彦

元頭取

岸谷五朗 役:武田真吾

IRM社 社長

宇梶剛士 役:海藤義己

東都制作研究室 総帥(収監されている。)

小林且弥 役:沖田浩二

経営コンサルタント

小市慢太郎 役:柏木竜馬

毎町新聞 記者

「頭取 野崎修平」1話のあらすじ

「いいんですか?出戻りですよ」

おおぞら銀行が国有化されて3年、いまだ再生の兆しが見えない中、頭取に抜擢されたのは野崎修平(織田裕二)だった。

かつて監査役として銀行の闇をさらした野崎は荒廃した同行を再び救うべく常務の立川祥子(松嶋菜々子)と融資部・石原俊之(風間俊介)とともに改革に乗り出す。

そんな矢先、京極元頭取(古谷一行)の息子・京極春樹(小澤征悦)が取締役に就任。

「父の無念を晴らす」と宣言する。

「頭取 野崎修平」2話のあらすじ

おおぞら銀行員が顧客情報を売っているという噂を耳にする野崎。

「隠せば銀行全体が腐ってしまう」そう告げ、役員の反対を押し切りある行動に出る。

銀行の存続自体が危ぶまれる中、行内では熾烈な派閥争いが勃発。

生き残るには他行との合併が必要と訴える祥子と春樹。

一方野崎は真っ向から反対し、互いの正義がぶつかり合う!

手を組んだ祥子と春樹VS野崎の運命は?!

合併の可否を問う運命の取締役会が始まる・・・。

「頭取 野崎修平」3話のあらすじ

クーデターが失敗に終わった祥子と春樹。

春樹は野崎失脚への次なる一手として元上司・金融庁検査局長へ協力を仰ぎ、銀行に金融検査を入れるよう暗躍する。

祥子は野崎に命じられた不良債権処理に当たる中、不利な資料を隠蔽するよう動いていた。

一方石原は、破綻懸念先である取引先・日雲商事へ出向。

そこで大規模プロジェクトが難航している事実をつかむ。

裏にはかつて野崎を襲った総会屋・海藤(宇梶剛士)の影があり・・・。

「頭取 野崎修平」4話のあらすじ

総会屋・海藤から宣戦布告を受け覚悟を決めた野崎は、リスクマネジメント会社を起業した武田(岸谷五朗)に海藤らを一掃してほしいと頼む。

そして野崎に説得された日雲商事は土壌汚染を公表するのだが、倒産の危機に追い込まれる。

石原は再生の道はないかと悩んでいた。
一方、銀行では春樹が仕向けた金融検査が徹底的に行なわれていた。

焦る祥子は不良債権の資料の隠蔽を指示。

そんな中、野崎のもとに怪文書が届く・・・。

「頭取 野崎修平」5話最終回のあらすじ

政府系金融機関への吸収合併の急先鋒が鷹山元首相(勝部演之)だと確信する野崎。

「政治家の好き勝手にはさせない」

と国家を敵に回す覚悟で銀行を守ることを決意、ある行動に出る。
一方、銀行を辞めた祥子は外資系ファンドに就職し、おおぞら銀行買収へ動いていた。

春樹もメガバンクとの合併話を裏で進め頭取の座を狙う。
祥子、春樹、国家、メガバンク、総会屋・・・。

立ちはだかる大きな壁を乗り越え、野崎は銀行を再建できるのか?!

ドラマ「頭取 野崎修平」のネタバレ・感想

男性Aさんの口コミ・感想
織田裕二の独特な癖のある演技が苦手だったが
野崎修平のキャラは抵抗なく観れる。

それだけ織田裕二は庶民的で人間味のある
野崎修平の様なキャラが合ってる様だ。

野崎修平の合併反対は筋が通っていましたね。
金融庁の会計検査と日雲商事の不良債権問題…

この2つの課題をどう乗り切るのでしょうか。

女性Aさんの口コミ・感想
男性Bさんの口コミ・感想
正にWOWOWオリジナルドラマの王道。
魅入ってしまう程のドラマとしての迫力が迫って来るあっという間の50分。

民放地上波では、スポンサーに歯向かうことが許されない。
提供が三菱自動車なら、「空飛ぶタイヤ」は放送できない。

これが民放の限界。有料チャンネルだからこその秀逸な姿勢は素晴らしいと思います。

やはり、予想した通りの展開 になってきましたね。
本来なら「土壌浄化しなければ融資引き上げ」ですが、あおぞらの金融庁による会計検査は債務超過になります。

頭取 野崎修平 は、どうやって危機を乗り切るのか。

女性Bさんの口コミ・感想
女性Cさんの口コミ・感想
頭取の会議での逆転勝ち、スカッとしました。
頭取頑張れ
日雲商事は、法的整理とあおぞらファンドによって再生を目指す。
しかし、金融庁の会計検査であおぞら銀行は債務超過扱いになり、政府系金融期間に吸収される危機が・・・どうやって乗り切るのか。

次回はもう最終回。

男性Cさんの口コミ・感想

原作漫画「頭取 野崎修平」のネタバレ・感想

「頭取 野崎修平」ドラマのネタバレ結末は?「監査役 野崎修平」の続編で織田裕二が続役!

男性Aさんの口コミ・感想
頭取編最終巻。野崎修平を際立せるあまり、金融庁側や政治家側の登場人物をやや矮小化した点は気になります。

確かにストーリーとしては野崎修平の奮闘により銀行は守ったことは「めでたしめでたし」なエンドでしょう。

しかしながら、京極の弱さを急にちらつかせる、総会屋の海藤に直情的な行動をとらせる、ひたすら天下り先を確保するためだけに動く役人・・・、総じて野崎修平以外のキャラにストーリーをあまり感じさせない展開になったのは残念です。

頭取野崎修平は見かけのソフトさと内面に持つ銀行魂とははっきりの違う。
森嶋副社長は「朗らかで快活に見えるが、実は恐ろしい人だよ」という。

武田元頭取は「京極以上<元頭取の一人>の曲者」と言いながら、全面的に野崎をバックアップする。
ほかに、「熱血頭取」、困難に直面しても「ぶれない石頭」などと言われる。

野崎の考えの原点は、東京・巣鴨の支店勤務時代にある。
一介のサラリーマンがやがて、元頭取の地上げ、不良債権隠しなどで、対立し、大学時代の親友(政府の金融再生委員会の一人)が「立派な経営者になった」と漏らすほど成長していく。
 
今、銀行再編で東京三菱UFJ、りそな、みずほなどの銀行が誕生した。
その誕生にまつわる銀行内部の生き様にも「こういうことがあったのかも知れない」と思うと、単なるビジネスコミックとは思えない面白さがある。

行員同士や銀行間の熾烈な生き残り競争、縄張り争いのある合併を避け、独立系の銀行を目指す野崎修平から、私は”最後まで粘る勇気と元気”を貰った。
そして日々のストレスを和らげてくれた。

男性Bさんの口コミ・感想
男性Cさんの口コミ・感想
素晴らしいビジネス漫画。
勉強になるし何より面白い。某有名ビジネス漫画を糞と思えるほどの素晴らしい作品。

なのに、何だか最終回っぽい。
「次のシリーズに続く」的なものもない。

作者が疲れたのかマンネリ化する前に終わろうとしたのか知らないけど愛読者としては非常に残念である。

この巻ではいかにも役人的な理由で銀行を潰そうとする国に対して野崎が本格的な反旗を翻す。
「これから最後で最大のクライマックスか?」と思いながら読んでいるとあっさりと終わってしまった。

悪いラストではないけど、もう二巻分ほど使って書いてほしかったというのが正直なところ。

ネタバレになってはしまいますが、こういった感想が多かったです!

私は「監査役 野崎修平」のドラマを観たんですけど、本当にビジネスドラマとしてはかなり良い出来だったと思います。

民放のドラマとは違って派手な演出はないんですけど、内容が面白いのでどんどん物語にのめり込んでいってしまいます!

それくらい監査役は面白かったです!!

これからドラマで放送される頭取編はどうなるのか・・・楽しみですね!

それではここからは、「監査役 野崎修平」の情報を紹介していきたいと思います!

「監査役 野崎修平」のおおまかなあらすじ

「頭取 野崎修平」ドラマのネタバレ結末は?「監査役 野崎修平」の続編で織田裕二が続役!

大手都市銀行の「あおぞら銀行」を舞台に、それまで都下(東京都多摩地域)の一支店の支店長に過ぎなかった主人公の野崎修平が監査役に就任し、銀行内における様々な不正や経営問題を巡って悪戦苦闘する様子を描いた。

日本の企業において存在が事実上形骸化していた監査役にスポットを当てた珍しい作品として、漫画原作の連載当時人気を博した。

また企業におけるコンプライアンス問題などを先取りした作品です。

「監査役 野崎修平」のキャスト

織田裕二 役:野崎修平

熱い正義感と人情、そして冷静な判断力をもつサラリーマンの理想を絵にかいたような男。

同期一のエリートと目されたが、ある事件の罪をかぶり左遷される。

その後、三流支店の支店長をやっていたが、このたび、突然の監査役に抜擢された。

自社内で行われている不正を目の当たりにし、企業体質を変えるため、役員を監査する「監査役」として孤軍奮闘する。

岸谷五朗 役:武田真吾

おおぞら銀行の関連会社・おおぞら興産社長から、おおぞら銀行頭取・京極により専務として呼び戻された豪腕実力者。

総会屋に襲われるも、腕力で跳ね返すほどの力を持つ。

松嶋菜々子 役:立川祥子 原作:橘 祥子

あおぞら銀行史上初の女性支店長である。

あおぞら銀行初の女性役員の座を狙っており、野崎を利用しての出世をたくらむ野心家である。

後に本店に戻り執行役員綜合企画部長。

出世のために男を踏み台にするのが得意。

古谷一行 役:京極雅彦

あおぞら銀行頭取。

温和そうに見えるが非常に傲慢なカリスマ的独裁者。

自らの権力維持のためには手段を選ばないが、その一方であおぞら銀行の未来のため行内の改革や若返りの必要性を感じており、その観点から野崎を監査役、武田を専務に据えた。

ただ野崎・武田らの動きが自らの予想を上回り、自らの地位も危うくなることがしばしば起こることに対して苦々しく思い、2人の対抗処置として懐刀の柳沢を呼び戻した。

大合併編では合併した新日本銀行のCEOの一人となるが、自らの主導で誕生した新日本銀行をぶち壊しにした野崎らの動きを潰すために「坂本レポート」を元に数字をアップデートしたレポートを金融庁に提出し、分離早々のあおぞら銀行を国有化へと追い込んだ。

ユースケ・サンタマリア 役:阿部龍平

野崎と因縁の過去を持つ取締役。

かつては野崎の部下として共に職務を行っていたが、阿部のある行動がきっかけで野崎が出向。

因縁の関係となる。

その後は着々とキャリアを重ね、最年少役員として取締役になる。

光石研 役:柳沢秋保

京極の懐刀でカミソリの異名を持つ副頭取。

かつて京極に使い捨てにされ関連事業部に飛ばされたが、おおぞら銀行の不正を追求する野崎対策のため、副頭取として呼び戻された。

計算高い策士。

ドラマ「監査役 野崎修平」1話のあらすじ

「頭取 野崎修平」ドラマのネタバレ結末は?「監査役 野崎修平」の続編で織田裕二が続役!

おおぞら銀行地蔵通り支店長の野崎修平(織田裕二)のもとに支店閉鎖の通達が下った。

出向を覚悟していた野崎の次なる異動先は、役員昇格となる監査役への就任だった。

就任後の野崎に1枚のメモが届けられる。

それにはタニダエージェンシーという企業を調査するように書かれていた。

調査を始める野崎だったが、かつての部下だった阿部龍平(ユースケ・サンタマリア)から調査をやめろとの指示が下る。

ドラマ「監査役 野崎修平」2話のあらすじ

野崎は引き続きタニダエージェンシーから端を発した、おおぞら銀行の不正融資疑惑を調べていた。

そのころ、頭取の京極雅彦(古谷一行)は関連会社の社長を務めていた武田真吾(岸谷五朗)を本店に呼び戻す。

京極は武田の一番のライバルは野崎だと告げ、武田は野崎に接触を図る。

一方、本店人事部では立川祥子(松嶋菜々子)におおぞら銀行初の女性支店長就任の辞令が下っていた。

ドラマ「監査役 野崎修平」3話のあらすじ

おおぞら銀行東銀座支店長の立川祥子が野崎に相談を持ち掛けてきた。

支店の管轄にある木村ビルのオーナー木村ウメ(田島令子)が不当にビルを取り上げられたと怒鳴り込んできたのだ。

しかし、木村ビルに関する資料は支店には一切残されておらず、本店からはこの件に関わらない方がよいと圧力をかけられたという。

不審に思った野崎は木村ビルの調査を始める。

それは、おおぞら銀行最大の闇につながるきっかけだった。

ドラマ「監査役 野崎修平」4話のあらすじ

野崎の木村ビルに関する調査が行き詰まっていたとき、業務推進部の坂本(駿河太郎)が不良債権の詳細な情報を得て野崎に協力しようと、夜中に部長の西條(三浦誠己)のパソコンからデータを抜き出そうとした。

しかしその現場を西條に見られ、坂本は懲罰委員会にかけられることに。

一方、木村ビルの担当をしていた安藤(松尾諭)は、野崎に「G1計画」の情報を伝えるため本店に訪れる。

その前に現われたのは武田だった。

ドラマ「監査役 野崎修平」5話のあらすじ

木村ビルの火災現場に駆け付ける野崎に、これ以上、この件に関して嗅ぎ回るなとの脅迫電話が入る。

さらに脅しの手は野崎の家族にまでも。

しかし、ウメや野崎の妻・志穂(西田尚美)から、こんなことに屈してはいけないと激励を受け、追及を諦めないと決意、すべてを知る京極と対峙し、辞任を迫る。

京極は野崎が真相に近づいてきたことを危惧し、かつて京極の懐刀として暗躍した、柳沢(光石研)を本店に呼び戻す。

ドラマ「監査役 野崎修平」6話のあらすじ

柳沢の暗躍により、「G1計画」は元東銀座支店長・大森(螢雪次郎)の独断で行なったことと片付けられた。

すべての真相は闇の中に。

しかし、世間のおおぞら銀行への風当たりは強くなっていた。

自らの知りうる「G1計画」の実態を公表すれば、おおぞらはつぶれかねない。

しかし、このまま闇を闇の中にとどめておいては、おおぞらの未来が無い。

野崎は葛藤する。そして、運命の株主総会を迎える。

ドラマ「監査役 野崎修平」7話のあらすじ

前代未聞の株主総会を乗り越えた野崎。

しかし、依然として京極一強体制は揺るいでいない。

そんな中、日本商金、芙蓉、ひばりの3つの都市銀行合併のニュースが日本を駆け巡る。

それを機に京極も水面下で、おおぞらを主体とした合併話を進め始めていた。

その動きを察知した、武田、柳沢もそれぞれに合併先を探りだす。

熾烈な情報戦が繰り広げられる中、野崎はついに京極を倒すために大きな決断を下す。

ドラマ「監査役 野崎修平」8話最終回のあらすじ

おおぞら、ひかり、よつばが正式に3行合併を果たす日が近づいていた。

野崎は、今おおぞらに残された道は合併解消しかないと、若手行員をはじめ、各部長たち、そして、武田、柳沢、祥子にまで協力を要請する。

しかし、京極の力は絶大だ。

果たして、野崎は京極を倒すことができるのか。

そして、運命の全国支店長会議、野崎と京極の最終決戦の幕が上がる・・・。

ドラマ「監査役 野崎修平」のネタバレ・感想

今回のドラマで、私が注目した・・・このドラマでの演技でかなりの存在感を感じたのは岸谷五朗さんでした。

岸谷五朗さんの演技が非常に良かったです!

武闘派というか、こんなヤクザな役員いる?って感じでしたが、非常に力のある役どころで、見事に演じられていたと思います。

岸谷五朗さんの強面感が本当に良かったです。

岸谷五朗さんと言えば、みにくいアヒルの子のイメージがありましたけど、一気に変わりました。

今回の監査役野崎修平までには本当に色々な役を演じられてきましたが、円熟されたようなものを感じました。

田舎の強面のオヤジ感が時代背景も感じれて非常に良かったです。

ネタバレというと、やはりドラマの内容をバシバシと書いていくべきなんでしょうけど、このサイトではそこまで書く気はありません。

内容は面白いですし、申し分ありません。

役者さんの演技も非常に良かったです。

民法地上波のようなアイドル的な演者さんも居ないですし、全体的に安心して観てられます。

内容の濃いドラマですし、池井戸作品が好きな方は好きなんじゃないかと思います。

同時に、池井戸作品もTBSで放送されているドラマはエンターテイメント化されているので、演出が大きいですが、ドラマWのこの手のドラマの演出はリアリティ重視といった感じです。

実際ドラマWでも下町ロケットなどの池井戸作品が作られていましたが、TBSとは異なるものです。

エンターテイメント化され過ぎていない物語を本当に楽しむ演出がここにあるんじゃないかな?と思います。

もちろん、民法地上波の演出も面白さを引き立てるためには良い方法だと思いますし、実際面白いですけどね。

とにかく、このドラマで一番印象に残ったのは岸谷五朗さんでした。

岸谷五朗さんが演じるドラマが、他にも楽しみになってきました!

ドラマ「監査役 野崎修平」の動画はHuluで!「頭取 野崎修平」の放送はWOWOWで!

「頭取 野崎修平」ドラマのネタバレ結末は?「監査役 野崎修平」の続編で織田裕二が続役!

「監査役 野崎修平」は今Huluで全話楽しむ事が出来ます!

HuluではドラマWの配信が多く行われているので、ドラマWを楽しむには良いと思います!

「監査役 野崎修平」を全話観るなら!Huluの無料お試しはコチラから
 

そして2020年1月から放送される「頭取 野崎修平」はWOWOWで放送されるので、WOWOWを観れるように申し込めば楽しむ事が出来ます!

最近は、WOWOWの申し込み後に実際に観れるようにするのも手続きが早くなりました・・・。

WOWOWは加入0円!WOWOWのドラマや映画・スポーツはコチラから加入して観よう!
 

監査役野崎修平も面白かったですし、全5話としてちょっと短めですが、頭取野崎修平も楽しみですね!

頭取になった野崎修平をWOWOWで楽しみましょう!

WOWOWで放送後、Huluなどの配信媒体に動画が卸されるまで、半年から一年はかかりそうな気がするので、すぐに楽しみたい場合はWOWOW一択です!

それではこれからもドラマを楽しみましょう!

 
【関連記事】

「ゆるキャン△」実写ドラマのロケ地やキャストを紹介!アニメや映画や漫画の聖地巡礼

「ねぇ先生知らないの?」ドラマ最終回までの結末ネタバレ!放送地域は?愛知や熊本福岡でも観れる?

加護の会とシ村の過去と蓮田栄山「死役所」9話で明かされていくシ村の怒りとネタバレ

義母と娘の間のフェルマータも配信!「義母と娘のブルース」正月スペシャルのあらすじネタバレ




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 漫画ネタバレ情報, 漫画原作ドラマネタバレ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.