ドラマコラム ドラマ情報 小説原作情報

野ブタ。をプロデュースネタバレ!特別編放送!修二と彰の最終回結末

2020年4月10日

野ブタ。をプロデュースネタバレ!特別編放送!修二と彰を楽しもう!

日テレのドラマ「野ブタ。をプロデュース」のあらすじやキャストなどのネタバレ情報を1話から最終回、最終話・結末まで紹介していきたいと思います!

このドラマは2005年に放送されたドラマで、山下智久さんと亀梨和也さん、戸田恵梨香さん、堀北真希さんが出演しており、堀北真希さんの出世作とも言われている作品です。

堀北真希さんと山下智久さんは「クロサギ」でも共演していましたね!

このドラマは白岩玄作さんの小説原作なのですが、当時本当にドラマがヒット、主題歌となる亀梨和也さんと山下智久さんのユニック「修二と彰」の“青春アミーゴ”も大ヒットしていました。

そして今回、「未満警察ミッドナイトランナー」の放送が延期となったため、「野ブタ。をプロデュース」の特別編が2020年4月11日、18日で二週連続で放送・再放送される事になりました!

それではここから「野ブタ。をプロデュース」について紹介していきたいと思います!



【この記事も読まれてます】

もくじ

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」の概要・ネタバレ

原作では男子であった「野ブタ」が女子(堀北真希)に変更されています。

そのことからストーリーの展開も大幅に変わり、原作に登場する人物もテレビドラマ版ではほとんど登場しません。

また、彰(山下智久)はテレビドラマ版のオリジナルキャラクターであり、原作には登場しません。

ドラマ版では「希望の持てるラストにしたい」という製作サイドの意向のもと、原作とは異なった世界観・ストーリー展開がなされています。

毎回一話一話に何かしらのメッセージが含まれており、修二・彰・野ブタの3人が内面的な葛藤と成長を経験し、友情を育んでいく過程が描かれています。

そのため、中盤からクラスの間での人気取りから3人の間の関係に重点が置かれています。

いじめられっ子を桐谷修二(亀梨和也)がプロデュースする、というところは同じなんですけど、小谷(堀北真希)が女子高生という設定により女子としての魅力を高めるという方向のプロデュースが多くなりました。

最初は単なるウケの良さや軽いノリで始まったプロデュース作戦から、三人それぞれの物事に対する思いが垣間見え、普遍的な教訓を感じ取る作品になっています。

小説では修二は常に物事を斜に構えて見る存在として描かれてますが、ドラマでは冷たいように見えて人が好きで、他の人に気を遣いすぎるあまり愛想よく表面的に振舞ってしまうという性格設定になっています。

そんな修二が野ブタのプロデュースを通して自分を見つめ直すという方向で物語は進んでいきます。

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・野ブタの再放送が最終回まで放送が予想される理由についてはこちらから

・桐谷修二(亀梨和也)のネタバレはこちら

・草野彰(山下智久)のネタバレはこちら

・「野ブタ」の山Pの演技は窪塚洋介?この疑問についてはこちらから

・小谷信子(堀北真希)のネタバレはこちら

・最終回の情報はこちらから

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」のキャスト・ネタバレ

亀梨和也 役:桐谷 修二(きりたに しゅうじ)

本作の主人公。2年B組の生徒。
誕生日は11月1日。表向きは明るく面倒見が良くて誰からも好かれるが、実は何事もゲーム感覚の冷めた性格で、自分のポジションを得るために人気者のキャラクターを演じており、常に打算的な言動で自身のイメージ作りに腐心している。

彰と信子との出会いによって、今まで着けていた「仮面」を外し、自分に正直に生きていく。

正直な気持ちを告げるが故にフッてしまった、まり子のために教室で「海岸」を作り、最後の想い出づくりをするなど、本当は人に優しい少年。

最終話で転校する。
物語は修二の目線で語られていく。

山下智久 役:草野 彰(くさの あきら)

本作の準主人公。2年B組の生徒。
修二の親友と称し、修二にまとわりつく。

おおらかだが、優柔不断でおっちょこちょい。

喧嘩が強い。口癖は「~だっちゃ」「コン!」。

正義感が強く自分なりのルールを持っており、思ったこと感じたことがそのまま発言や行動に出る性格で、いつも周囲との兼ね合いを気にする修二とは対照的。

一方、クラスでも一人浮いた存在で、父親が会社社長という恵まれた環境で育ったが故に「やりたいことがない、今まで楽しいと思ったことがない」と述べる。

そこで修二を強引に誘って信子のプロデュースを開始。

父親の旧友である平山の家(豆腐屋)に居候しており、そこを修二や信子とともに溜まり場として、飲み物としていつも二人に豆乳(彰はマメチチと呼ぶ)を振舞う。

物語の中盤から、信子に恋心をいだくようになる。

最終話で修二と同じ学校に修二が来る前日に転校してくる。

また、彼は原作には登場しない、テレビドラマ版のオリジナルキャラクターである。

堀北真希 役:小谷 信子(こたに のぶこ)

幼少期:森迫永依。
本作のヒロイン。2年B組の生徒。

転校生で地味な冴えない少女。
破れたネクタイを修二がブタのワッペンで修繕したことから野ブタと呼ばれる。

暗い性格でいじめの対象となるが、それは継父との不仲にも起因する。

家は狭いマンションで経済的にも恵まれていない。

無口で笑顔がなく、自分を魅力的に見せる事をしないが、修二や彰とのかかわりの中で徐々に心を開いていく。

話が進むにつれ、不器用だがひたむきな性格や、他人を思いやる優しさや、前向きで逞しい面を見せるようになり、最初はゲーム感覚だった修二のプロデュースに対する姿勢や表面的な付き合いしかできない修二の性格にも影響を与えていく。

最終話で修二の転校を知ってショックを受けるが笑顔で送り出すために奔走する。

戸田恵梨香 役:上原 まり子(うえはら まりこ)

本作の準ヒロイン。2年A組の生徒。
女子バスケットボール部のキャプテンで、学校のマドンナ的存在。

常に周囲の人に優しく誠実に接する。
人の噂や意見に一喜一憂することがない、芯の強い性格。

修二とは誰もが羨む美男美女のカップルだが、本心を見せない修二に対して不安を抱いている。

付き合わなくなった後も修二に弁当を作ってあげるなど気遣っていた。

また、蒼井の真の姿を知り、打ちのめされた信子を慰め、友達になる。

岡田義徳 役:横山 武士(よこやま)

修二、彰、信子たちの担任(国語教師)。
「えー」と言いながらズボンのベルトを上げるのが癖。

過去には詩集を自主制作していたが、自身の生活を考えて教師になった。

頼りなげな小心者だが、生徒を温かく見守っており「教師の仕事は好き」らしい。

酔った勢いで校長に辞表を提出したことがあり(おまけに校長を殴っている)、生徒らの署名により辞任は免れた。

木村祐一 役:早乙女先生(さおとめせんせい)

体育教師。
いつも竹刀を持つ強面。通称セバスチャン。

不良だった時期にも自分を見捨てなかった母を大切にしている。

柊瑠美 役:蒼井 かすみ(あおい かすみ)

信子の初めての友達。
クラスでは目立たない、世話好きな普通の女の子だが、実は信子のビデオテープを再生不能にしたり、お化け屋敷を破壊する等の嫌がらせを行っていた。

信子が水族館で助けた老人は自分の祖父だと嘘をつき、信子に近づくが、それは信子をさらに追い詰め、修二と彰を追い落とす腹つもりでプロデュースに加わる。

しかし後にまり子に正体がばれてしまい、信子に本性を見せる。

一時信子を登校拒否にしてしまうが、信子が復帰し、逆に自分が追い詰められる事になる。

若葉竜也 役:植木 誠(うえき まこと)

色々と知ったかぶりをするので「シッタカ」と呼ばれる。

信子に恋心を抱いていることに気づいた修二は、2人をデートさせてプロデュースしようとするが、デート中に助けた老人の吐いた物が付着した信子の手を拒否してしまい、そのことを信子に嫌悪されてしまう。

山根和馬 役:遠藤 文太(えんどう ぶんた)

クラスの硬派不良軍団3人のリーダー的存在。

坊主頭とピアスが特徴で、難しい顔をしながら両手を組んでいる事が多い。

修二たちが「野ブタ。キーホルダー」を製作・販売する際に、「願いが叶う」というウワサを広めるため、ちえとくっつけた。

それ以降はちえと付き合っているらしく、昼休みに一緒に弁当を食べている。

実はアクロバットが得意。

大東駿介 役:谷口 健太(たにぐち けんた)

通称「タニ」。
吉田や修二と同じグループにいる。

強気な性格で意思表示がはっきりしている。

他校の高校生3人組に絡まれ暴行を受け、ケガをした所を修二が目撃したが、クラスメートと気づかず助けなかった事で谷口は修二を責め、修二はクラスで孤立するようになった。

その後修二が不登校になった信子を学校に登校させるため、クラスメートのメッセージをビデオに撮って届けたいと提案した時は即座に受け入れた。

これもあって信子はまた登校するようになった。

修二のこの行動が見直されたのか、その後修二はタニらグループの面々と和解した。

宇梶剛士 役:桐谷 悟(きりたに さとる)

修二の父(会社員)。
愛妻家で、多忙な伸子のかわりに家事をこなし、子供たちによく気を配っている。

友情に厚い熱血漢。

中島裕翔 役:桐谷 浩二(きりたに こうじ)

修二の弟(小学5年生)。

忌野清志郎 役:ゴーヨク堂店主・デルフィーヌ

隅田高校の近くの書店の主人(隅高OB)。

本屋での立ち読みを禁止しており坂東たちが立ち読みした際は力づくで追い返した。

しかし信子の時は修二からお願いされると了承した。

自分で本も執筆・出版しているらしい。
台車を押して行商しており、神出鬼没。

去り際には含蓄の深い一言を残す。

高橋克実 役:平山 一平(ひらやま いっぺい)

彰の下宿先の豆腐屋の主人。

庄一の旧友。気さくな楽天家であり、彰の良い指南役である。

修二達の呼び名はおいちゃん。

その他のキャスト

不破万作 役:家原 靖男(いえはら やすお)

たくませいこ 役:黒木 広子(くろき ひろこ)

夏木マリ 役:佐田 杳子(さだ ようこ)

田上尚樹 役:明石 博之(あかし ひろゆき)

田島穂奈美 役:井上 美咲(いのうえ みさき)

末高斗夢 役:近藤 利晃(こんどう としあき)

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」1話のあらすじ・ネタバレ

着ぐるみに身を包むよう自分自身を演出し、人気者として君臨する2年B組・桐谷修二。

周囲をうまく盛り上げ、まさにクラスのリーダー。

そんな修二の唯一苦手な人物が、同じクラスの草野 彰。

彰は優柔不断でおっちょこちょい。
でもって、ちょっとピントがずれている。その性格からクラスでも浮いた存在の生徒。

そんな彰は、修二のことを「親友」と思い込み、修二になにかと絡んでくるから修二としてはおもしろくない。

どうしても、こいつの前では調子がくるってしまうのだ。

そんなある日、修二の通う隅田川高校に転校生がやってきた。

転校生の名は小谷信子。
外見に無頓着で自身を飾ることをしない暗い印象を持つ、修二とは正反対の少女だった。

信子の周囲に人を寄せ付けぬ態度や雰囲気が災いし、不良グループのリーダー、バンドーに睨まれてしまう。

そんな修二は、ひょんなことから虐められっ子、信子を人気者にする、プロデュースを引き受けるのだった。

やがて、それは、イジメへとエスカレート。
クラスの雰囲気はだんだん、悪くなっていく。

それを見た修二は、「自分は関係ない」とたかをくくっていたが・・・。

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」2話のあらすじ・ネタバレ

2年B組では、信子へのイジメが加速していた・・・。

そんな矢先、信子の制服が何者かによって、落書きされ、着られない程、ボロボロにされてしまう。

過去にも同じような経験を持つ信子は、諦めに似た落胆を覚えるのだが、信子のプロデュースを引き受けた修二が立ち上がり、この状況を打破すべく打開策を思いつく。

その作戦とは、とにかくまず美しくなること。

単純な作戦のようだが、まずは基本が大事。

そこで、信子のビューティーアップ作戦を始めるが・・・。

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」3話のあらすじ・ネタバレ

いじめられっこの信子は、バンドーの嫌がらせで、年に一度、開催される文化祭の実行委員に指名されてしまう。

一方、信子をプロデュースしようと決めた修二と彰は、多数決で決まったお化け屋敷を成功させることが、信子を人気者に変えるチャンスになると考え、協力する。

非協力的なクラスメイトを尻目に、信子は必死にお化け屋敷の作り物をこなしていく。

果たして信子は文化祭を成功させ、人気者になることが出来るのか・・・!?

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」4話のあらすじ・ネタバレ

年に1度行われる隅田川高校の恒例行事!

公衆の前で『愛の告白』を行うという『1・1・4 (イイヨ)』の日、11月4日がやってきた。

信子は、バンドーの嫌がらせから、修二に愛の告白をすることになってしまう。

一方、修二は信子をプロデュースする立場からか、信子の告白への応えに当惑するのだった!

はたして、信子は修二に愛の告白をすることが出来るのか!?

そして、修二はどう決断をくだすのか!?

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」5話のあらすじ・ネタバレ

服装や髪型、外見をプロデュースすることで、見事、虐められっこの信子を大変身させた修二と彰だったが、信子には根本的な何かが不足しているように感じていた。

周囲のクラスメイト女子と比べ、信子に不足しているものは恋愛経験だと考えた修二は、タイミングよくして信子に想いを寄せるクラスメイト、シッタカの存在を知り、修二のガールフレンド、上原まり子を巻き込んで、ダブルデートを決行するのだった・・・。

一方、信子に恋心を抱きはじめた彰は、そんなデート作戦がおもしろい筈もなく・・・。

果たして、それぞれの恋の行方は・・・!?

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」6話のあらすじ・ネタバレ

何者かによる度重なる誹謗中傷で信子を人気者にする作戦を邪魔されてきた修二と彰は、噂を逆手に取り信子を人気者にする手段を探していた。

そんな折、信子をモチーフにした信子お手製の「ノブタパワー人形」を目にした修二は、人形を流行らせることができれば、信子が人気者になる道も早いと考えた。

そこで、修二と彰は、「ノブタパワー人形」を所持すれば、願い事が叶うという噂を作り上げ、マジナイや占い好きの女子高生の性質を利用すると、人形は一瞬のうちに大流行。

面白いほど売り上げを伸ばした。
浮かれる修二たちだったが、ある落とし穴が待っていた・・・。

そんな中、彰の実父が、会社を継がせる準備をさせるため、彰を実家に呼び戻すのだった。

それを良しとしない彰は家出をし、修二の家に転がりこむのだった・・・。

野ブタ。をプロデュース6話あらすじ・ネタバレ!ノブタパワー人形が大人気に

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」7話のあらすじ・ネタバレ

信子に恋心を抱いた彰は信子を独占したいという想いから人気者にプロデュースする作戦を止めたいと申し出る。

修二は彰の申し出に苛立ちを感じながらも受け入れざるを得ない。

そんな中、信子は唯一、出来た友人の蒼井かすみによる誘いで放送部へ入部。

信子と少しでも一緒にいたい彰も又、放送部へ入部することに。

そして、彰は信子への抑えられぬ思いのために、ある、とんでもない行動を取ってしまう・・・。

修二はというと、クラスメイトと適当に遊びながら適当に距離を置くという元の生活に戻るが、日々の生活にぽっかり穴が空いたような空虚感がぬぐえなかった。

さらに、まり子から、自分との関係をはっきりさせてくれ、本当の気持ちを教えてくれ、と問い詰められる・・・。

そんな折、信子が『私の好きなもの』をテーマに映像作品を募集するコンクール作品を撮影することになり、3人が久しぶりに行動をともにすることになるが、そこにまた陰湿ないたずらが発生し・・・。

「野ブタ。をプロデュース」7話あらすじネタバレ!三人が再び行動をともにする

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」8話のあらすじ・ネタバレ

ある夜、OLが酔っ払いに絡まれている現場に遭遇した修二は、傷害事件の容疑者として、交番で事情聴取を受ける。

疑いははれたものの、「信じてもらえない」という事の恐怖をしる修二。

そんな直後だけに、後日また別のケンカの現場を見てみぬ振りをしてしまう修二。

しかし翌日、そのケンカの被害者がタニだと判明し、修二は友人のタニを見殺しにした冷たい人間として、周囲のクラスメイトから避けられてしまう。

孤独になった修二は、彰や放送部で昼の顔となり人気が出始めた信子を気にして、二人との距離をとろうとする・・・。

自分はもう誰にも信用されない人間――、そう烙印を押されたような気がして落ち込んでいる修二に、今まで信子に虐めを繰り返し、修二たちの作戦をことごとく邪魔をしてきた真犯人が接近する・・・。

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」9話のあらすじ・ネタバレ

修二は、これまで人気者だったのが嘘のようにクラスで孤立していく。

戸惑いを隠せない彰と信子は、修二の本当の姿を知っているのは自分たちしかいないと、修二を信じることを誓う。

そんな中、信子は、嫌がらせをした犯人が、親友だと信じていた蒼井だったことを知って、がく然とする・・・。

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」10話最終回のあらすじ・ネタバレ

修二らの友情が揺るぎないものだと感じた蒼井は、3人の元を去る。

激しいショックを受けた信子は、修二と彰の励ましに応え、元気を取り戻す。

一方、修二もクラスメートの誤解が解け始め、3人に平穏が訪れようとしていた。

そんな中、修二の父・悟の転勤を機に、3人は別れの時を迎える・・・。

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」の動画配信は?

野ブタ。をプロデュースネタバレ!特別編放送!修二と彰を楽しもう!

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」の動画配信は見逃し配信でTVerで観る事ができます。

また、野ブタは日テレの放送なので、「ぼくらの勇気 未満都市」のスペシャルが放送された時のように、期間限定でHuluで全話配信されるかもしれません。

まだ放送された分しか配信されてないのですが、Huluを定期的にチェックしてみて損はないんじゃないかと思います。

Huluの無料お試しはコチラから
 

ジャニーズ事務所が絡むと、動画配信はされてもかなり限定的になので、気をつけましょう!

それでは「野ブタ。をプロデュース」の特別編を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

レンタルなんもしない人2話ネタバレ・あらすじ!同期のサクラ?

映像研には手を出すな!2話ネタバレ・あらすじ!ツバメを大追跡

エール10話ネタバレ・あらすじ!契約書と音のかぐや姫

【警視庁・捜査一課長2020】1話ネタバレ!初回2時間スペシャル

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 小説原作情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.