ドラマコラム ドラマ情報 漫画原作ドラマ 漫画情報

私たちはどうかしている3巻ネタバレ!椿は七桜に惹かれていく

私たちはどうかしている3巻ネタバレ!椿は七桜に惹かれていく

ドラマ「私たちはどうかしている」の原作漫画3巻のネタバレや感想を紹介していきたいと思います!

漫画「私たちはどうかしている」の2巻では、七桜(なお)を15年まえの幼なじみだと知らずに結婚を申し込んだ椿。

殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。

しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。

リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む・・・。

憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。

七桜は椿を拒絶できない!?

という内容でした。

それでは「私たちはどうかしている」3巻はどうなるのか!

ネタバレしていきたいと思います!



【この記事も読まれてます】

「私たちはどうかしている」3巻のあらすじ

光月庵に住み始めた七桜(なお)は、とあることから大旦那の逆鱗に触れる。

椿は七桜と部屋をともにすると宣言。
肌を重ねた二人だが、椿の口から出た「さくらが目の前に現れたら消えてもらう」という言葉に凍りつく。

憎しみに囚われている椿の本当の心はどこに!?

“七桜の母”を名乗る人物も現れて混乱する七桜を、椿はある部屋に閉じ込めてしまう!!

「私たちはどうかしている」3巻のネタバレ

「さくらの母親が父を殺したからだ。」

椿は15年前の春に自分が目撃したことを話し始める。

その日から椿の中で、さくらは明かりではなく、真っ暗で闇のような憎しみに変わったのだ。

椿の口から聞いた七桜は動揺を隠せない。

「こんなこともうしないから。」

「愛情があるわけじゃないんだし。」

と椿を拒絶する。

七桜は母が人を殺したなんて信じたくないし信じれない。

そして自分が“さくら”であることは絶対に知られてはいけない・・・と決意。

翌日からもいつもと変わらないように振る舞う。

七桜の素性に気づいた女将は、七桜を問い詰める。

「あなたのお母様ってどうしてらっしゃるの?」

「15年前の春どこにいたの?」

精神的に追い詰められ絶体絶命の時、七桜の母親と名乗る女性が訪ねてきた。

“どういうこと?”

“だってママはもうこの世にないのに誰?誰なの?”

花岡夕子と名乗る女性の話に乗り、なんとかバレずにその場を切り抜けることができた七桜。

夕子は

「店の常連客に頼まれただけ」

と七桜に話し、夕子の店の名刺をくれた。

七桜は

“その人ならきっと母の潔白を証明してくれる”

と考え、店に会いに行こうとする。

しかしその日、七桜は椿によって誰も通らないような奥の部屋に閉じ込められてしまう。

「さっき女将に聞かれたよ。」

「七桜のこと信じたのかって。」

「俺は信用ならない奴ほど手元に置いておく主義なんだ。」

「お前の目的はなんだ?」

七桜は

「御菓子が好きで作りたいだけ」

と話すのだが、椿は部屋から出してくれなかった。

夕子の店の開店は6時。

こんなところで大人しくしているわけにいかない。

どうしても行かなければならない七桜は、様子を見に来た椿にキスをして、油断させ部屋から逃げ出す。

しかし、外に向かっている途中の廊下で、何者かが七桜を狙っていた。

七桜の頭上から降ってくる壺を椿が庇い、助ける。

七桜は助かることができたが、椿は脳震盪と打撲で手を怪我してしまった。

椿は、女将から七桜を守るために部屋に閉じ込めていたのだ。

昔から自分を守ってくれる椿に、心動かされる七桜。

そんな中、10日後の五月雨亭で開かれる茶会で草薫会が椿に茶菓子を依頼してきた。

草薫会とは、金沢では屈指の茶道の流派。

そこに御菓子を出せるのは、菓子職人にとって自信と誇りになることだった。

受けたい気持ちは山々の椿だが、手を怪我している今・・・断るしか選択肢はなかった。

下手な御菓子を出して、茶会を台無しにするわけにはいかない・・・と考えたのだ。

「大丈夫です。引き受けます。」

「私が手伝うからやってください。」

七桜は椿の気持ちを考え、協力をすることにする。

「この店を立て直すんでしょう。」

「私もその力になりたいの。」

「私を妻にするんでしょう。」

そこで椿は七桜に茶道を教えることにする。

和菓子はお茶の引き立て役であり、お茶を知らずに茶席の御菓子は作れないからだ。

茶室で教わっていると、大旦那が入ってくる。

「草薫会の茶会、私も客として呼ばれているんだが、御菓子を食べることはなさそうだな。」

「偽りの心を持つ者が作ったものを食べる気にはならん。」

それを聞いた二人は、大旦那が食べたくなるような御菓子を作る気満々になる。

椿たちが作る御菓子は“落とし文”。

親の愛を伝える意味を持つ御菓子。

茶会が開かれるのは、父の日だからだ。

「安心しろ、大旦那の嫌味には慣れてる。」

と椿は言う。

七桜は少しでも役に立とうと、一晩中寝る間を惜しんで“落とし文”のデザインを考える。

そして七桜は思う。

お茶を知って御菓子がわかるように、椿のことを知れば、あの日の真実が見えてくるんじゃないか・・・と。

そのために、七桜は椿に一歩踏み込む決意をしたのだ。

そんな七桜を見て椿は

「不妄語戒」

と書いてある掛け軸の前に連れて行く。

「不妄語戒」には、

“偽りの心を持ってはいけない”

“この掛け軸の前で嘘をついた者は地獄に落ちる”

という意味があった。

その前で椿は、七桜に自分の気持ちを打ち明け、問う。

「多分俺はあんたに惹かれてる。」

「自分の我を通すための結婚相手としてじゃなく一人の女として。」

「でももしあんたが“さくら”ならこの気持ちを殺さなきゃならない。」

「答えてくれ。」

「あんたは本当に花岡七桜なのか、それとも“さくら”なのか?」

※3巻の続き、4巻は下記記事から!

私たちはどうかしている4巻ネタバレ!椿の過去とこれまで

「私たちはどうかしている」3巻のみんなの感想

私たちはどうかしている3巻ネタバレ!椿は七桜に惹かれていく

男性Aさんの口コミ・感想
おもしろい!
大ゴマが多いのであっという間に読み終わってしまうのだけが残念。

そして引きがうまい…
椿は不貞の子で七桜こそが跡取り、それを知った椿が必死になって七桜(さくら)を追い出そうとしてるのかなぁと予想してたけど…

それだとひねりがなさすぎる?もう少し謎がありそう。
早く続きが読みたい!

ドキドキするシーンが多かった!
女将は探偵雇って七桜の正体に気づいてしまったけど、間一髪で恐らく七桜のお母さんからの手紙を託してくれた男性の差し金に助けられる。

椿はどんどん七桜に惹かれていく。
二人の関係もどんどん変わってく。

でも茶室でついに椿は七桜に「さくら」なのかと迫る。七桜はどう答えるのか…
ひゃー気になるラストだった。

女性Aさんの口コミ・感想
男性Bさんの口コミ・感想
ドロドロの漫画ですが、恋に落ちる要素をもっと描いて欲しかったです。
過去のことや、お店のこと、夫婦のふりだとか、二人の計画や執着以外に、それを全てゼロにするほどの恋愛の瞬間を描けてたら大作になった気がします。
少女漫画のドキドキをおさえつつ、推理したりする楽しさもあって一気に読んでしまいました。

和菓子の美しさもツボです!!

女性Bさんの口コミ・感想
男性Cさんの口コミ・感想
味方がひとりずつ増えて、真実にたどりついてほしい
七桜の目が素敵で可愛いすぎです。

それに対して女将さんの目はきつそうな性格がリアルに描かれており、読んでいても楽しいです。

女性Cさんの口コミ・感想

漫画「私たちはどうかしている」の電子書籍は?

私たちはどうかしている3巻ネタバレ!椿は七桜に惹かれていく

漫画「私たちはどうかしている」の電子書籍はU-NEXTにあります!

数年前までは、みんな漫画と言えば単行本を購入していましたけど、今では電子書籍で購入する人が本当に増えてますよね。

単行本だと場所を取るし・・・という理由でデジタルな電子書籍で完結されている方が多いのだと思います。

電子書籍を読むならU-NEXT!600円分無料!公式ページはこちらから
 

それではこれからストーリーが展開されていく漫画「私たちはどうかしている」を楽しみにしていましょう!

ちなみに、ドラマ「私たちはどうかしている」はHuluで配信されますので、そちらも見逃さずにいきましょう!
 
 
Huluの無料お試しはコチラから

 
【関連記事】

私たちはどうかしている4巻ネタバレ!椿の過去とこれまで

私たちはどうかしている5巻ネタバレ!城島の過去とこれから

「JIN-仁-レジェンド」完結編4話~8話まで!ペニシリンの普及と龍馬暗殺

水野美紀劇場開始!「M 愛すべき人がいて」2話ネタバレ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.