ドラマコラム ドラマ情報 小説原作情報

死にたい夜にかぎって6話最終回ネタバレ!悲しみのトンネルを潜り抜けよう

2020年4月2日

死にたい夜にかぎって6話最終回ネタバレ!悲しみのトンネルを潜り抜けよう

ドラマ「死にたい夜にかぎって」6話最終回のネタバレや感想、特別編「あとがき」のあらすじなどを紹介していきたいと思います!

6話の最終回は、結論から言えば、1話の冒頭で放送された浩史(賀来賢人)とアスカ(山本舞香)の別れが描かれています。

このドラマ、本当に心が揺さぶられる最高のドラマです。

これまでの話では、浩史の幼少期の話も盛り込まれていたのですが、この最終回ではそれはありません。

最終回で、特別編に出演する、安達祐実さん演じる、浩史の初めての人である車椅子のミキさんもちょっと回想で登場しました。

締め付けられるようなこのドラマの続きのネタバレは下記のドラマ「死にたい夜にかぎって」6話最終回のネタバレ・感想よりご確認くださいませ!!



【この記事も読まれています!】

ドラマ「死にたい夜にかぎって」6話最終回のあらすじ

死にたい夜にかぎって6話最終回ネタバレ!悲しみのトンネルを潜り抜けよう

2011年3月11日。
自宅でから揚げパーティーをしていた浩史(賀来賢人)とアスカ(山本舞香)を巨大地震が襲う。

一回目の揺れに耐えたアスカだったが、二回目の揺れでアスカの心は再び壊れてしまった。

そして、浩史も閉所恐怖症を再発。
独りでこの恐怖に勝つしかないと腹を決めた浩史は、トイレに駆け込み自分をなだめるのだが、逆にアスカを一人にしてしまい・・・。

そして、地震から1か月ほど経ったいつも通りの朝。

「・・・浩史。別れよっか。」

最愛の彼女との最高で最低の6年間が、突然、終わりを告げることになる。

ドラマ「死にたい夜にかぎって」6話最終回のネタバレ・感想

もう、あらすじのままなのですが、震災によって浩史とアスカは大変な事になります。

アスカの心は壊れ、浩史は閉所恐怖症が出てしまって・・・浩史はアスカに何とかしてもらいたいのですが、アスカも壊れてしまっている・・・。

つまり、自分で何とかしなくてはいけないと思い、トイレに籠り、プロレスのマスクを被り、気持ちを落ち着けながら、仕上げに自慰行為に耽る。

そして我を取り戻し、アスカのところに戻ると

「私を置いて何処に行ってたのよぉ!!」

と切れるアスカ。

そして・・・地震から1か月ほど経ったいつも通りの朝。

「・・・浩史。別れよっか。」

という1話でも登場したあのシーンになる。

何故アスカはそんな事言ってきたのか・・・。

てっきり、震災での事が影響してだと思っていました。

いや、間違いなく影響していた。

そして突然アスカが言い出します。

「私、恋してるの♪」

との事でした。

ずっこーーーーん!!というスラムダンク的な効果音が聴こえてきそうな浩史。

そして、アスカが恋をした相手のどこが好きなのか聞くと

「あなたより面白いところ♪」

そして、どんな人なのか浩史が聞くと

「DJ♪」

と答え、「ラッパーじゃなくて良かった・・・」と言う浩史。

アスカと別れる事になった浩史。

アスカは出ていくものだと思っていたら

アスカが今働いている仕事を、急に辞められると困る・・・との事で1ヵ月半、住まわせて欲しいとの事・・・。

けど、もう恋人同士じゃないから、私に触らないでね♪お風呂のお湯も共有したくない♪との事でした。

浩史はまだまだ未練タラタラの状態・・・その状況を職場でラッパーたちに愚痴る浩史。

浩史は家に居るのが辛くなり、公園で段ボールを敷いて、そこで過ごしていた。

いつも通りそこに帰り、一人で缶チューハイを飲みながらご飯を食べようとすると、そこにプロのホームレスさんが現れた。

「一緒に飲もうよ!そこの桜見ながらさ」

「え?この缶チューハイをですか?」

浩史は困惑するも、プロホームレスさんの提案を受け入れて、缶チューハイをあげる事に。

そして、何故こうなっているのか・・・の経緯をホームレスさんに話す浩史。

ホームレスさんも話を聞きながら、自分の話もする。

自分は昔は178cmくらい身長あったけど、168cmくらいに縮んだ・・・と話す。

「明日縮んで・・・明後日また縮んで・・・死ぬんだ。」

「どんな人間も、縮んで、いつか消えちまうんだよ」

「どうせ縮んで死ぬんだから、若い今を楽しんだ方が良いよ!」

と話す。
そして浩史も

「親父も縮んでました・・・」

とホームレスさんに打ち明ける。

そして、

「星が綺麗ですね・・・」

と言いながら浩史は斉藤和義の「空に星が綺麗」を口笛で吹く。

「星を綺麗だって思えるうちは、大丈夫だよ!」

とホームレスさんに励まされる。

一緒に口笛吹きますか?と言う浩史。

「いや、俺前歯ねぇから!」

と笑いながら話すホームレスさん。

そして、

「俺、帰ります」

と言う浩史。

浩史は久しぶりにアスカが居る自宅に戻る事に。

自宅のインターホンを鳴らすと、飛び出してくるアスカ

「お帰り♪久しぶりだね」

なんて言いながらも

「私に触るのはダメだけど、一緒にご飯なら食べてあげるよ♪」

「中華が良いな♪」

といつもの屈託のない笑顔でおねだりするアスカ。

浩史はそんなアスカを見て「可愛い・・・」って思っているんでしょう。

アスカの提案を受け入れる。

そして遂にアスカの仕事もひと段落し、遂にアスカは実家の静岡に戻る事に・・・。

アスカと浩史が別れるホーム。

アスカは浩史の申し出で、駅弁をおごる事に・・・アスカは欲張って駅弁を2つ手に取る。

そしてアスカが新幹線に乗り込み、本当に別れの時。

アスカは、短いけど手紙書いたから、あとで読んで♪と渡す。

最後に浩史は、

「昔、笑顔が虫の裏側みたいって言われたんだけど、似てるかな?」

そしてアスカは

「何それ(笑)全然似てないよ(笑)」

「笑うと、鼻が水道の蛇口みたい♪」

と伝える。

「じゃ、蛇口?」

そしてアスカは新幹線の席に座り、駅弁を食べ始める。

浩史はそんなアスカを窓越しにずっと見てる。

「アスカ、こっちを見ないでくれてありがとう。」

「こっちを見ないのがアスカの優しさ」

と言い涙を流す。

アスカも駅弁を食べながら泣いている。

そして新幹線は動き出し、いつまでも手を振る浩史。

新幹線も見えなくなった頃に、アスカがくれた手紙を読む浩史。

それが、この記事の冒頭の画像です。

死にたい夜にかぎって6話最終回ネタバレ!悲しみのトンネルを潜り抜けよう

「最高に楽しい時間のムダ遣いだった・・・」

本当にこのドラマは最高でした。

こんな気持ちになった事ないかもしれないです。

変に一時間やる事なく、1話約30分。

その尺で丁度良い。

無駄がない。

最高のドラマでした。

本当に最高でした。

このドラマ大好きです。

死にたい夜にかぎって特別編「あとがき」のあらすじ・ネタバレ

死にたい夜にかぎって6話最終回ネタバレ!悲しみのトンネルを潜り抜けよう

アスカ(山本舞香)と別れて半年が経った。

執筆活動も進まず、何も変わらない日常を送っている浩史(賀来賢人)。

そこに、片思いのDJ西井(浅香航大)と見事に恋を実らせ、浩史の家の近くに引っ越してきたアスカ。

意外にも、3人は意気投合しよく遊ぶようになった。

アスカは、新しい彼氏もでき、音楽活動も頑張っており前に進んでいる。

それを見ていた浩史は、自分は何もしていないことに気づき行動しようと決意。

初体験の相手、車椅子のミキさん(安達祐実)のことを思い出し書きはじめる・・・。

これをきっかけに、浩史はアスカと今まで関わった過激な女性たちとの半生を描いていく・・・。

ドラマ「死にたい夜にかぎって」の動画配信

死にたい夜にかぎって6話最終回ネタバレ!悲しみのトンネルを潜り抜けよう

ドラマ「死にたい夜にかぎって」の見逃し配信はTVerで配信されます。

また、全話配信は、最近MBSのドラマの配信が多くなっているビデオパスになると思っていたのですが、今回はTSUTAYAプレミアムでの配信になります。

ドラマ「死にたい夜にかぎって」の放送局は以下になります。

【放送局】
・MBS(毎日放送)
2020年2月23日(日)放送開始
毎週日曜 深夜0時50分~

・TBS
2020年2月25日(火)放送開始
毎週火曜 深夜1時28分~

TBSで放送されるので、かなりの地域で観れると思いますが、観れない場合はTVerで楽しみましょう!

それでは、賀来賢人さんのドラマ、「死にたい夜にかぎって」をこれからはTSUTAYAプレミアムで楽しんでいきましょう!

今期一番好きなドラマです!

間違いなく!

 
【関連記事】

エール5話ネタバレ・あらすじ!裕一が三郎に楽譜を買ってもらう

「今度とお化けは出たためしがない」あと3回、君に会えるネタバレ!

私の家政夫ナギサさん・MIU404・半沢直樹が放送延期!TBS春ドラマ

「ギルティ~この恋は罪ですか?~」1話ネタバレ!全員裏切り者

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 小説原作情報
-, , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.