ドラマや映画、漫画を楽しんでますか?ドラマは視聴率が言われるこんな時代だからこそVODで自分の好みで作品を楽しもう!ドラマや映画、漫画の情報・コラム配信メディア「UDIラボ東京」ドラマのあらすじやネタバレ情報、視聴率などをチェックしよう!

UDIラボ東京-ドラマネタバレ-

ドラマコラム ドラマ情報 漫画原作ドラマ 漫画情報

「二月の勝者」ドラマ化ネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

投稿日:

「二月の勝者」ドラマ化ネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

2020年7月から日本テレビの土曜ドラマ枠で放送されるドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」のネタバレ・感想やあらすじ、視聴率やキャスト情報を1話から最終回、最終話・結末まで紹介したいと思います!

「二月の勝者-絶対合格の教室-」は高瀬志帆さん原作漫画のドラマ化作品で、週刊ビッグコミックスピリッツで連載されています。

主演は柳楽優弥さんでドラマ化されるので、これまでの土曜ドラマとはまた違うかも?

しかし、土曜ドラマ枠はこれまで「伝説の教師」や「女王の教室」なども放送されていましたし、これはこれで繋がらりがありましたね!

という事で、こちらの記事ではドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」についてや漫画の事も紹介したいと思います!



【この記事も読まれてます!】

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」の概要

主人公は、激変する受験界に舞い降りた、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(くろき・くろうど)。

「中学受験は課金ゲーム」

「親はスポンサー」

「子供を合格に導くのは、父親の経済力と母親の狂気」

過激な言動で波紋を投げかけ、常に周囲を圧倒する。

果たして、彼は受験の神様か?それとも・・・。

しかし、彼は断言する「絶対に全員志望校に合格させる」と。

中学受験をリアルに描き、そこから見えてくる「家族問題」「教育問題」など、現代社会の様々な問題に切り込む!

このドラマは、中学受験を描いた、ただの受験ドラマではなく、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマである。

未来を生き抜くために、いま子供たちに教えるべきことは何なのか・・・。

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」のキャスト

柳楽優弥 役:黒木蔵人(くろき・くろうど)

業界最大手の名門中学受験塾から、業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール」に校長として迎えられたスーパー塾講師。

着任早々、彼は新6年生に「絶対に全員を第一志望に合格させる」と宣言。

受験塾はサービス業、子供の将来を売る場所だと言い切る黒木。
しかし、その超現実的で本音主義の黒木は、その鋭い洞察力と行動力で個々の生徒の本質を見抜き、親の不安を解決に導いていく。

柳楽優弥のコメント

■ 「二月の勝者」出演を聞いて
すごく嬉しかったです。
「二月の勝者」はとても関心のあった原作です。

楽しく読みながらも「教育」や「家族」というテーマもしっかり描かれていて、主人公が問題を解決していく様子も痛快で楽しいと思います。

実は、妻がこの原作を大好きで(笑)。
僕も読んで一目惚れした作品なので、(主演決定を知って)とてもモチベーションが上がりました!面白いドラマにしたいです。

■ 最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人の印象ついて
毒舌キャラ(笑)。
ただ、それだけではない裏がしっかりありそうなので、ドラマでどんな脚本になっていくのかが楽しみですし、(演じる上で)今から緊張もしています。

思う存分チャレンジしたいと思います!
先日ファンの方に「先生役をやって欲しい!」と言われたこともあり、その方の夢は叶えられました(笑)。

自分もモチベーションが上がっています!!

■ 本作への、意気込みは?
このドラマで受験に挑むのは11歳くらいの子供たち。
自分がちょうど事務所に入ってこの仕事を始めた頃の年齢です。

今回その世代の子どもたちと30歳になった自分が一緒に仕事をするというのは感慨深いです。

30代になって一発目の作品が「二月の勝者」になります。
「俳優は30代からだ!」と言って下さる人も多いので、30代一発目、チャレンジしていきたい!気合十分で挑みたい!と思っています。

※その他キャスト情報は追々ご紹介していきたいと思います。

漫画「二月の勝者-絶対合格の教室-」1巻のあらすじ

中学受験界に現れた最強最悪の絶対合格講師。
2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!

受験の神様か、拝金の悪魔か?
早期受験が一般化する昨今、もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作!

漫画「二月の勝者-絶対合格の教室-」1巻のネタバレ・感想

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) (ビッグコミックス)

男性Aさんの口コミ・感想
中学受験の塾講師をしています。
この春は自分の子供を受験させて、親と塾関係者の両者の立場でこの話を楽しませてもらいました。

ここまで子供の人生を変えてくれる粋な講師はそういないでしょうね。
大手ではなおさらここまでは深入りさせてもらえない。

大手ほど詰め込んで演習、その事務的な作業の繰り返ししかできない。
家庭の事情、子供の個性などいちいち関わる余裕はない。

付いて来られる子が結果を出せば塾としてはそれでよしとする、という感じですかね。

現場では、難関中に何人入ったか、その一点ばかり注目されてしまうのは寂しいことです。だから前の室長が飛んだ。

個性重視の指導なんかやれるところも限られるでしょう。
採算度外視か、よほど高額な受講料か。大手で個性重視とか言うところは、少人数制でそれなりの受講料が設定されています。

数ある塾の中から目的や費用の折り合いがつくようなところを探すのも大変なことです。

そもそも、中学が個性重視でなければ努力の意味がありませんから。
そこが分かっている塾というか、講師にアドバイスがもらえないと中学に切り捨てられて終わりです。

ここでいう個性重視とは、発達障害も含めての話。
とりあえず、大手に通わせれば安心?それではつまづいた時に大怪我するかもしれませんね。

入れてはもらえても、お客さん扱いで、ただの金蔓くらいにしか思ってないかも。

こんな塾が見つかれば理想です。
そもそも、子供と価値観を共有しないで塾に通わせても何も残らないと思いますよ。

親の立場で読めば親がダメなら子は結果を出せない。
深読みすればそういうメッセージでしょうかね。

教える方も真剣勝負でやっているという緊張感は共感しました。

受験生のお友達を理解する手立てになればと思い、小学校高学年の息子に購入しました。

「受験生のくせに小学校のテスト(国語や保健など)で俺よりいい点数取れないのはどうして?」

「塾の宿題で忙しくて学校のテストの準備をイチイチしてる時間がないからよ(親の私は一貫校出身)」

「偏差値38の〇〇を、××がバカにしてた」

「出来る子ばかりのなかで偏差値40取るのは大変なのよ」

「△△が、勉強がめちゃ大変で死にたいって。受験やめればいいのに」

等々、興味本位で口に出す子でしたが、通読後は態度が一変。
受験の話をすることに慎重になり、受験生のお友達に対して気を使うようになりました。

受験勉強の息抜きにゲームの相手として毎週誰かのお宅に呼ばれているのですが、受験の話が出ても口を挟まず黙って聞いているそうです(俺はそれが一番いいと思う、との由)。

4巻まで読んだところですが、続きを親子で楽しみにしています。

女性Aさんの口コミ・感想
男性Bさんの口コミ・感想
中学受験をサポートする進学塾を舞台にした話。
高校受験を題材にした作品はよく見かけるが、小学生の受験勉強を描いたものは非常に珍しい。

高校受験以上に保護者の存在が大きくなるとともに、メンタルの弱い受験生がいかに受験に挑むかが興味深く、熾烈な競争を繰り広げるシビアな世界がよく伝わってくる。

教育に熱心に取り組むという主人公に対して塾の収益といった経営面が垣間見えるのも面白い。

中学受験のリアルな様子を扱いながらも、「ドラゴン桜」のような破天荒の部分も味わえる良作。

評判はとても良いようですが、どんな感じかわからなかったので、まず第1巻だけ注文してみました。

読んだ感想は、思っていた感じとはまた違って、結構泣ける漫画でした。

特に、世間からは三流と言われている学校だけど、自分はとても入りたいからと笑顔で健気に頑張る木下拓馬くんのエピソードと、大好きな鉄道のために再び頑張る決意をした加藤匠くんのエピソードには号泣してしまいました。

早速、第2巻、第3巻とまとめて注文しました。
続きが楽しみです。

女性Bさんの口コミ・感想
女性Cさんの口コミ・感想
塾の体験授業にて息子の中高一貫校の受検を勧められた時期に、この漫画に出会いました。

幼稚園の頃からずっとやっていたサッカーを辞め塾に通った。
子供の頃から電車好きであった等、一巻の内容が他人事と思えず、ドップリ感情移入してしまいました。

引き込まれるストーリーもさる事ながら、学習塾ビジネスの仕組みが分かるので、保護者が合宿やゼミ等の狙いを納得した上で塾を利用できると言う点は大きかったです。
※密かに息子も愛読

先日、息子が第一志望の中等一貫校に合格する事が出来ました。
子供の合格発表の時点で、第3巻、合格発表の2日後に4巻というスケジュールは残念でしたが、子供の中学受検と共に買うべき漫画です。

もっと早いうちに出ていたら更なる情報が得られたのにー!っとヤキモキしつつ、感謝を込めてレビューを書きます。

今月、中学受験を終えたばかりの子を持つ者です。
このマンガに出てくる、中堅塾のトップクラスで御三家合格を期待されながら不調に終わり、泣いている男の子。

約二週間前の我が子の姿に重なり、読みながら思わず涙がこぼれてしまいました。
そして雪の中、傘もささずに中堅レベルの受験校の前で、それまで全敗の我が子を待ちアドバイスをくれた塾の先生。

まさに体験したばかりです。
年間150万円?ええ、使いましたとも。

中学受験を知らない人からは気持ち悪いと言われそうですし、マンガ的に誇張している部分もあるとは思いますが、非常にリアルでした。

我が子はその後、膨大なテキストを片付けながら
「あんなに期待してもらってたのに....桜花ゼミ吉祥寺校(仮称)の御三家合格実績作ってあげられなくて、校舎長に申し訳なかったな..ねぇ、もし僕がフェニックス(仮)に行ってたら合格できたかな?」

などと言います。
12歳でもいろいろわかってるんですよね。

サッカー少年の話も出てきますが、子どもたちは本当にスポーツや楽器の練習に打ち込むのと同じように受験勉強を頑張っていました。

大会やコンクールに優勝(=御三家合格)はできなかったけど、3年間頑張って練習して試合に臨んだ。
負けたけど、望んだ結果ではなかったけれど、自分なりに力を尽くした。

塾の先生もビジネスだとは思いますが、好きでなかったら続けられない仕事だと思います。
そんな描写も、このマンガにこれから出てくるのではないかと期待しています。

男性Cさんの口コミ・感想

「二月の勝者-絶対合格の教室-」原作者:高瀬志帆さんのコメント

「二月の勝者」ドラマ化ネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

首都圏の中学受験。心底凍える、二月・早朝の寒さ。
手袋もせず白い息を吐きながら、一人一人の手を握り、子どもに目線を合わせ、それぞれの言葉で、励ます。

傍から見たら、不思議な世界。
私も、ニュース映像で見ただけの頃はそう思ってました。

でも実際に、見て、感じた、その光景は・・・。「描きたい。」心の底からそう思いました。

そしてそれがドラマに。光栄すぎて震えます。
主演・柳楽優弥さん…!ファンです!!一報を頂いた時はびっくりしすぎて3回くらい聞き返し、ひっくり返って頭を打ち、「これは今の頭部強打で見ている幻か?」と思ったくらいです。

柳楽さんに「黒木」を演じて頂けるなんて、人生何が起こるか本当にわかりません。毎日ご飯が美味しいです。
どんなエモーショナルなドラマになるのか、一視聴者としても、とても楽しみです!!

「二月の勝者」の動画配信・電子書籍は?

「二月の勝者」ドラマ化ネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

ドラマ「二月の勝者」の動画配信は、日本テレビで放送されるだけあってHuluで配信されます。

見逃し配信はTVerで観れますが、全話配信となると、Huluのみになります。

Huluの無料お試しはコチラから
 

そして原作の漫画を電子書籍で試したい場合は、FODにありますので、FODでご覧になる事をおすすめします!

FOD無料登録はこちらから
 

それではドラマも漫画も、「二月の勝者」を楽しみましょう!

 
【関連記事】

「10の秘密」チェインストーリー4.5話ネタバレ!宿命の理由

「アンサングシンデレラ」3巻ネタバレ・感想!数少ない薬剤師の物語!

「アンサング・シンデレラ」ドラマ化ネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

「絶対零度」加賀美と北見の過去と香坂の事件!5話ネタバレ・視聴率

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© UDIラボ東京-ドラマネタバレ- , 2020 All Rights Reserved.