ドラマや映画、漫画を楽しんでますか?ドラマは視聴率が言われるこんな時代だからこそVODで自分の好みで作品を楽しもう!ドラマや映画、漫画の情報・コラム配信メディア「UDIラボ東京」ドラマのあらすじやネタバレ情報、視聴率などをチェックしよう!

UDIラボ東京

ドラマコラム

中井貴一主演のドラマ「記憶」が素晴らしすぎた!若年性アルツハイマーの弁護士「本庄英久」の苦悩

投稿日:2019年9月14日 更新日:

中井貴一主演のドラマ「記憶」が素晴らしすぎた!若年性アルツハイマーの弁護士「本庄英久」の苦悩

2018年にBSフジで放送されたドラマ「記憶」。

このドラマを私はたまたま、TVerで観ました。

一度観たら・・・もう止まらず・・・。

全話観てしまいました。

ドラマの内容も良いのですが、それよりも、作品に引き込まれたのは中井貴一さんの演技です。

中井貴一さんが出演している作品は、これまで何本か見ました。

木村拓哉さん主演の「HERO」の映画放送前のスペシャル番組もそうですが、

魔法瓶に情熱を注ぐ「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜」。

プライスレスの演技も非常に良かったですし、

プライスレスで観た中井貴一さんと、

記憶で観た中井貴一さんは全然違う役柄で、

その役を表現して、表現する以上に魅力を発していたんです。

個人的な感想ですが、「記憶」は中井貴一さんの演技なしには語れないドラマなのです。

今回はそんな素晴らしい作品になった「記憶」の事を紹介していきたいと思います。



「記憶」のキャストを紹介

中井貴一 本庄 英久

片桐法律事務所弁護士。若年性アルツハイマーと診断される。

優香 本庄 遥香

英久の妻。

泉澤祐希 二宮 正樹

片桐法律事務所新人弁護士。

今田美桜 足立 初花

片桐法律事務所事務員。

モロ諸岡 沢島 充

脳外科医。英久の親友。

川野直輝 桜庭 智弘

桜庭記念病院外科医。孝行の弟。

三浦貴大 片桐 直人

法科大学院生。啓介の息子。

石丸謙二郎 片桐 啓介

片桐法律事務所所長。

松下由樹 篠原 佳奈子

法科大学院准教授。英久の前妻。

「記憶」のあらすじ

主人公の本庄英久は、勝つためなら手段を選ばない敏腕弁護士。

しかし15年前、幼い息子をひき逃げ事故で亡くすという悲しい過去を持つ。

その後、妻とは離婚し、再婚した妻と新たな家族を持ったが、

家庭を顧みずに仕事に専念する日々を送っていた。

そんな中、親友の脳外科医から、若年性アルツハイマーと診断され衝撃を受ける。

以来、仕事を続けながらも改めて家族と向き合い、

未解決のまま葬られた息子のひき逃げ事件の真相解明に乗り出すが、

思いもよらぬ真実が徐々に紐解かれていく・・・。

忘れたい過去から逃れ、

忘れてはいけない日々の仕事に忙殺される毎日を送っていた弁護士が徐々に記憶を失くしていく中、

今まで成功だけが全てだと思っていた人生をもう一度振り返り、

心が離れてしまっていた家族との関係を少しずつ修復していきながら、

人生の本当に大切なものを見つけていく。

中井貴一主演のドラマ「記憶」が素晴らしすぎた!若年性アルツハイマーの弁護士「本庄英久」の苦悩



日々の日常と過去の忘れられない事件

記憶の外せない内容としては、やはりアルツハイマーです。

そして、過去に起きた悲しい事故。

事故の真相を探りながらも、忘れていってしまうアルツハイマーの事で苦悩する。

しかも、弁護士という職業柄、

アルツハイマーになってしまったというのはマイナス要素でしかありません。

そんなネガティブ要素がバレないように、日々奮闘していきます。

しかし、病気の事は家族を始め、職場でも徐々にバレてきてしまって・・・

人は支え合いの中で生きている

アルツハイマーになってしまう中井貴一さんを支えるのは、

家族と職場の人たちでした。

もちろん、職場の人間全てが味方になってくれているわけではありません。

限られた人ではあるんだけど、

助けてくれる人がいます。

敏腕弁護士である自分が、誰かに支えられて生きている。

自分のメンツを保つために無理をしなくて良い。

色々な気持ちが入り乱れながら日々の生活をしていきます。

当たり前の時間が当たり前じゃなくなる儚さ

普段日常を生きていると忘れてしまいがちな「当たり前」。

当たり前な日常が当たり前じゃなくなった時、

人は動揺して、これまでも当たり前が

どれだけ幸せな事だったのかと噛み締めます。

そんな当たり前の時間の素晴らしさと、愛を教えてくれるのが、

「記憶」であり、中井貴一さんなのです。

「記憶」の概要

中井貴一さんが主演する「記憶」は、

2016年に韓国で放送された連続ドラマ『記憶〜愛する人へ〜』を

フジテレビとJ:COMの共同制作によって日本版としてリメイクした作品です。

また原作と同じく、日本版でもパク・チャンホン監督が総監督を務めています。

韓国オリジナル版『記憶〜愛する人へ〜』の主演だった

イ・ソンミンが日本リメイク版『記憶』にカメオ出演しているのも話題でした。

また同じく、韓国オリジナル版に新人弁護士役で出演した

2PMのジュノも日本リメイク版にカメオ出演することとなり、日本のドラマに初出演を果たした。



また、日本版の「記憶」は、

2018年12月1日から開始される4K放送に対応して4Kで制作されました。

ロケ地は、神奈川県横浜市で、みなとみらいなどが使われています。

「記憶」の魅力は色あせない

中井貴一主演のドラマ「記憶」が素晴らしすぎた!若年性アルツハイマーの弁護士「本庄英久」の苦悩

中井貴一さんが主演する「記憶」で、

キーポイントとなる若年性アルツハイマー。

この若年性アルツハイマーはもしかしたら

今度どんどん増えてくるかもしれません。

記憶は、病気の事も知れますし、

そうなった時の家族の向き合い方など、

色々と考えさせられます。

もちろん、若年性アルツハイマーと診断された本人さえ、

それを家族に打ち明けるには勇気が必要な事です。

もし、若年性アルツハイマーのような病気になったらどうしたら良いのか。

その気持ちの面でも「記憶」は見ておいて損はないかと思います。

中井貴一さんが演じる「本庄 英久」は本当に良いです!

役者としての表現力が凄まじいです。

まだ中井貴一さんが主演する日本版「記憶」を観た事がなかったら、

是非一度見ていただきたいドラマです。

この「記憶」はFODで配信されているそうです。

中井貴一主演のドラマ「記憶」が素晴らしすぎた!若年性アルツハイマーの弁護士「本庄英久」の苦悩

機会があれば是非観てください!
 
 
1ヶ月無料で動画見放題!FODの無料登録はコチラから

-ドラマコラム
-, , , , , ,

Copyright© UDIラボ東京 , 2019 All Rights Reserved.