ドラマや映画、漫画を楽しんでますか?ドラマは視聴率が言われるこんな時代だからこそVODで自分の好みで作品を楽しもう!ドラマや映画、漫画の情報・コラム配信メディア「UDIラボ東京」ドラマのあらすじやネタバレ情報、視聴率などをチェックしよう!

UDIラボ東京

ドラマコラム

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

投稿日:2019年9月9日 更新日:

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

90年代の伝説のドラマと言えば「ロングバケーション」です。

キムタクの代表作とも言えるこのドラマは

スーパーボールの名シーンや名言、

主題歌も人気でロケ地巡りなど社会現象になっていました。

再放送や動画も見当たらない伝説のドラマ「ロングバケーション」とは何だったのか、紐解いていきたいと思います。



「ロングバケーション」のあらすじ

落ち目のモデル、葉山南は結婚式当日に婚約者が失踪してしまい、

そのルームメイトだった冴えないピアニスト、

瀬名秀俊とやむを得ず同居することになる。

婚約破棄で落ち込む南に

瀬名は人生がうまくいかない時は「神様がくれた休暇」だと考えようと提案し励ますが、

一方で瀬名も自分の才能に自信を持てず、

後輩の涼子との恋もなかなか進展しない。

瀬名と南はトラブルだらけの同居生活の中で、

次第にお互いがかけがえのない存在になっていく。

「ロングバケーション」の出演者

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

木村拓哉 瀬名 秀俊〈24〉

本作の主人公。
日本芸術大学卒業後、大学院入試に失敗し現在は音楽教室講師で生計を立てているピアニストであり愛煙家でもある。

葉山南の元婚約者・朝倉のルームメイトで後に葉山南と同居する。

シャイな性格もあり、誰かのためにピアノを弾いたことがない。

一番好きなピアニストは、グレン・グールド(貴子が日本を離れる際、自身が所持していたグールドのCDをプレゼントしている)。

役名は、『パラサイト・イヴ』で知られる小説家・瀬名秀明に由来。

山口智子 葉山 南〈31〉

ヒロイン。
婚約者・朝倉に逃げられ、朝倉のルームメイトである瀬名のマンションに転がり込む。

G.N.D Promotionに所属するモデルだったがクビにされ、カメラマン杉崎哲也のアシスタントとなる。

岐阜県出身で、元ミス長良川下り。

自己紹介をする時は、「三波春夫のみなみです!」が決まり文句。

サバサバしており非常に明るい性格だが、時々余計な一言を言ってしまうことがある。

愛煙家であったが禁煙中である。

竹野内豊 葉山 真二〈24〉

南の弟であり愛煙家でもある。
氷室とは交際中。

かなりのプレイボーイだが、根は純粋で繊細だがここぞという場面で腸の具合が悪くなる。

知り合った女性と駆け落ちすることが多い。

南とは音信不通だったが5年ぶりに再会し、雇われオーナー兼バーテンダーとして、クラブ「テアトロン」で働くようになる。

ワイルドな風貌に明るい性格だが軟派でチャラい。

見た目に反して特技はピアノで、瀬名の前でショパンの『英雄ポロネーズ』を抜粋で弾いてみせ、その腕前に驚かせた。

過去にクラシック・ピアノを習っていたが、見切りをつけて現在は趣味として、「テアトロン」で時々弾いている。

稲森いずみ 小石川 桃子

南の後輩で、G.N.D Promotion所属のモデル。
南からは、「桃ちゃん」と呼ばれている。

南を慕い、プライベートでもよく一緒に行動しており、南がモデルを辞めた後も変わらず会っている。

マイペースで空気が読めない言動もあるが、嫌味がなくほがらかな性格。

自称、頭の中にピンクの象(名前は花子)を飼っている不思議キャラ。

下世話な話が大好きだが、観察力が鋭く、桃子の言葉が核心をつくことも多い。

異性関係には奔放で、好みのタイプとは「とりあえず寝たい」。

また、不倫中である。愛車はフォルクスワーゲン・ゴルフ(3代目)。

松たか子 奥沢 涼子

日本芸術大学2年で、瀬名の後輩。
繊細で清楚なお嬢様タイプ。

大学やピアノコンクールでは、若手の注目株として期待されている。

当初チャラくて、やや強引な性格の真二に良い印象は持っていなかったが、

クラブ「テアトロン」で二人で電子ピアノのアドリブセッションをしたことで意気投合し、徐々に異性として意識し始める。



りょう 氷室 ルミ子

インテリアデザイナー。
競輪場で真二と知り合い、付き合っている。

真二と共にクラブ「テアトロン」で働くようになる。

真二が大好きでいつも一緒にいたいと思っている。マイペース。

広末涼子 斉藤 貴子

瀬名の音楽教室の教え子。
ピアノの教育に熱心な母親の下、コンクールで勝つために佐々木教授のつてで瀬名に習いに来た。

愛想がなくプライドが高い性格で、瀬名に対して「もっといい講師が見つかるまでのつなぎ」と言ったことがある。

ピアノについては、コンクールに通りやすい楽譜通りの演奏しかやらず、瀬名から「ピアノはもっと楽しんでやるものだよ」と言われた。

その後瀬名と関わっていく中で心を開いていくが、ほどなくしてジュリアードに留学が決まり日本を離れた。

シャ乱Qの『My Babe 君が眠るまで』が好き。

豊原功補 杉崎 哲也

プロカメラマン。
自分の事務所を構え、自分がアシスタント時代にファンだった南を雇う。

誠実でさわやかな青年であり喫煙者でもある。
現在は独身だが実はバツイチで、6歳になる男の子が一人いる(元妻と暮らしている)。

「ロングバケーション」は当時どんなドラマだったのか

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

「月曜日はOLが街から消える」と週刊誌などで言われ、

「ロングバケーション」の影響でピアノを習い始める男性が増えるなど

「ロンバケ現象」なる社会現象を巻き起こした。

主演の木村拓哉さんはSMAPの人気上昇とともに人気がうなぎ上りだった頃であり、

山口智子さんも既に

「ダブル・キッチン」「29歳のクリスマス」などのヒット作に出演し

人気女優の仲間入りを果たしていたこともあり、

人気者同士の共演は話題を呼び、

初回視聴率でいきなり30.6%という高視聴率を記録。

その後も安定して高い視聴率をキープし、

最終回で36.7%と最高視聴率を記録し有終の美を飾った。

竹野内豊さんや松たか子さん、

稲森いずみさん、広末涼子さんといった

のちに連続ドラマ主演級となった俳優・女優が多数共演し、豪華な顔ぶれとなっている。

最終回に海外から生中継で放送される異業

本編の最終回、

ラストシーンはボストンからリアルタイムで生中継されたが、

実際はロンドンのHolland Park Avenueで撮影されたものです。

これはドラマ史上、非常に希なことですね。

そのため放送時は映像の乱れが多々あった。

脚本は全話北川悦吏子さんが担当。

『あすなろ白書』『愛していると言ってくれ』に続く本作のヒットで人気脚本家の地位を確立した。

1996年10月7日の21時から23時21分には、

総集編に新撮部分を加えた『ロングバケーションスペシャル』が放送され、

これもやはり27.8%の高視聴率を獲得しています。

なお、1996年4月15日から1996年6月24日までの全11回で放送されたのですが、

初回と最終回は30分拡大枠で放送されたため、

再放送などで1時間枠の中で放送される場合には

第1回と最終回をそれぞれ前編と後編に分けた再構成版(計13回)として放送されています。

それぞれ後編は前編と重複部分があるため後編冒頭に重複部分があることについて「おことわり」が入っています。



「ロングバケーション」の名言をピックアップ!

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

「涼子ちゃんはね あんたと違うの
心の中がね 繊細なの
降ったばっかりの雪でできてんだよ。

あんたみたいにさ、人に踏まれて、人の足跡だらけになってないの。」

瀬名と涼子が訪れた中華料理屋に先客として南と桃子がいた。

南ががさつに2人にラブホのチケットを渡した時の瀬名のセリフです。

心が人に踏まれまくって、人の足跡だらけになってるって・・・

これもなかなか刺激的な強い言い回しですよね!

「音楽って、音を楽しむって書くでしょ。
数学とか、科学とは違ってさ

ショパンだろうが、シャ乱Qだろうが
貴子ちゃんが好きだなと思ったものを楽しんでやればいいんじゃないかな。」

これは当時売れ始めていたシャ乱Qの事が出ているのも時代を感じますね!

クラシックは高尚なもので

J-POPなんてチンケなもの・・・

みたいに感じている人も少なからずいたりします。

とくに音楽をやっている人は、

そういった偏見の目を持ちがちです。

しかし、そんなモノは何も関係ないんです。

好きになったモノを好きでいいんです!

自分の気持ちを頭で考えて悩まないで、

ストレートに好きなモノは好きでいいという事ですね。

だって、音楽は音を楽しむモノだから。

「いいですか?瀬名君
君は 自分自身にもっと素直になれば、それでいいんです。

もちろん、みんなの前である必要はありません。
誰かの前。
誰かの前だけで いいんです。」

これも良い言葉ですよね!

人間素直になる事は大切です。

しかし、誰の前でもそうである必要はないんです。

誰かの前だけ、素直になれればそれでいいんです。

素直になれる人が近くにいると、本当に良いですよね。

「何をやってもうまくいかないときは、
神様がくれた長い休暇だと思って、

無理に走らない、焦らない、頑張らない、自然に身を委ねる」

この言葉こそ、ロングバケーションを語る上で大切な言葉ですね。

何をやってもうまくいかない時、

それは神様がくれた長い休暇なんだと思って、

無理をしない。

だって、溺れる時って、

色々もがいた方がどんどん沈んでいく。

溺れそうな時ほど、

じっとしているのが良いのかもしれませんね。

そんな神様がくれた長い休暇を誰かと楽しめたら・・・幸せですね!

「ロングバケーション」の名シーンと言えば!

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

ロングバケーションの名シーンと言えば、

最終回などの瀬名と南のキスシーンも有名ですが、

やはり一番の名シーンと言えば、

“窓からスーパーボールを下に落として、キャッチする”

そう、伝説のアレです!

瀬名はソファーにあったスーパーボールを手に取り

「いいもん見せてあげる。いい?これ、落とすの。投げたら、ちゃんと、ここまで戻ってくる」

と3階からスーパーボールを落とす。

実際に跳ね返ってくると、南は「うっそー!なんでー!」と大はしゃぎし、喜ぶ。

そう、これです!



ロンバケのスーパーボールのシーンは他のドラマで再現されていた

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

なんと、あのスーパーボールのシーンは、他のドラマで完全再現されていました!

それは、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」でのワンシーンです。

これは、ロンバケと同じく北川悦吏子が脚本を手掛けた事で、

実現したパロディーのようです。

北川悦吏子さんが「完全コピー」を要望したそうです。

ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみ・ブッチャー役の矢本悠馬さんと

菜生役の奈緒さんが“2役目”として、

ロンバケの“伝説のスーパーボールの場面”再現に挑んだ。

奈緒さんは

「カットがかからないでほしいと思ったぐらい、とても楽しかったです」

と思い出深く撮影を振り返っていたそうです。

奈緒さんというと、

もう尾野ちゃんの印象が強過ぎて、

尾野ちゃんの笑顔が浮かんできますね(笑)

「ロングバケーション」の再放送や動画配信はあるの?

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

あの伝説のドラマ「ロングバケーション」は、

今のところ再放送も、動画配信の予定はなさそうです。

もし、今度再放送がされるとしたら・・・

2020年の年始に木村拓哉さん主演のフジテレビ開局60周年特別企画「教場」が放送されるので、

その時です。

年始、三が日の昼間に、

HEROか、ロンバケが再放送されるんじゃないかな?と思います。

テレビで再放送がなかったとしても、

TVerで無料配信される可能性があります。

「ロングバケーション」の名言や名シーンに見る90年代ドラマとは!再放送や動画はあるの?

現状だと、そんな感じだと思います。

もし、再放送や動画配信の情報が入りましたら、

こちらの記事で紹介していきたいと思います!!

疲れた時は、神様がくれた休暇だと思って、

ゆっくりしちゃいましょう!!

 
【関連記事】

2020年1月に「BG~身辺警護人~」の続編は本当にやるの!?主題歌は木村拓哉という噂の真相

木村拓哉主演「グランメゾン東京」はどんな物語?キムタクドラマを調べてみた!※ネタバレあり

木村拓哉の医療ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」の魅力とは!浅野忠信の怪演も光る物語の結末

-ドラマコラム
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© UDIラボ東京 , 2019 All Rights Reserved.