ドラマコラム ドラマ情報 漫画原作ドラマ 漫画情報

「アンサングシンデレラ」2巻ネタバレ・感想!ドラマ化で漫画原作も話題!

2020年2月5日

「アンサングシンデレラ」2巻ネタバレ・感想!ドラマ化で漫画原作も話題!

石原さとみさん主演でドラマ化が決定した「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」単行本2巻のネタバレ、感想や3巻のあらすじを紹介したいと思います!

ドラマでは「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」という名でフジテレビで放送されます。

1巻は非常に評価も良く、「面白い!」という意見が多いのですが、2巻はどうなのでしょうか?

ドラマ化もあり話題の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」単行本2巻について紹介していきたいと思います!

※「アンサングシンデレラ」の電子書籍やドラマ動画配信はFODで配信されます。

FODプレミアム

「アンサングシンデレラ」を漫画もドラマも楽しみたい場合は上記FODよりご覧ください。



【アンサングシンデレラ関連記事】

漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」2巻のあらすじ

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 2 (ゼノンコミックス)

薬剤師にしか守れない“命”がある・・・。
医師からの不要な薬剤の処方、薬局薬剤師の医療過誤、プライドの高い患者のケア・・・。

全国の薬剤師も太鼓判!!

今最もリアルな医療の現場を描く、薬剤師たちの奮闘記!!

※漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」1巻のネタバレはこちらの記事にあります。

漫画「アンサングシンデレラ」2巻のネタバレ

課題をすべて終えた葵は、翌日の休日を控え、飲みに行きたいと考えます。

誘える人がなかなか見つからない中、更衣室で豊中さんに出会い、思い切って飲みに誘う。

場所はかつて瀬尾さんとともに食事した赤ちょうちんの居酒屋。

葵は瀬尾さんのことについて聞きたい様子・・・。

そして豊中さんは過去の事件について話してくれるのでした。

瀬尾のもとに看護師の倉本が薬をもらいに来る。

矢島さんという妊婦の患者さんです。

頭痛がひどくて眠れないとのこと・・・。

妊婦に処方してはいけない薬であることをすぐに指摘する瀬尾。

現在、研修医の道場しか産科にはいないことを不安視します。

上級医師もいるが、林先生というさぼり常習の医師しかいないとのこと。

瀬尾のところへ研修医の道場が矢島さんの頭痛が収まらないと相談をします。

目がチカチカするような感じもあるとのことでした。

これらを聞き、矢島さんのもとに瀬尾が駆け付ける。

血圧を測り、高すぎると指摘。

HELLP症候群の疑いありと判断します。

上級医師である林先生を呼ぶよう指示する瀬尾。

林先生は、瀬尾に対し越権行為だと指摘する。

これに対し瀬尾は、

「患者を助けるためなら何でもする。看護師も研修医もそのために走り回っている。」

「だからあんたも自分にしかできないことをやってから医者を名乗れ!」

とすごみます。

矢島さんは無事出産を終え母子ともに健康でした。

瀬尾は、林先生の訴えにより会議で瀬尾の処分についての議論がされることになります。

処分を受けることになりそうな中、看護師の倉本さんが意見を述べることになる。

瀬尾がいなければもっと大変なことになっていたこと。

彼のように患者と向き合う医療従事者と共に働けることを誇りに思うと述べます。

そして瀬尾に対する処分はなくなります。

瀬尾の過去の話を聞いた葵はとても感動します。

瀬尾さんのようになりたいと思うも、それを本人に言うと

「お前はどうありたいんだ?」

と怒られそうな気がする・・・と考える葵。

瀬尾先輩、めちゃくちゃカッコイイんです!

漫画「アンサングシンデレラ」2巻の感想・口コミ

「アンサングシンデレラ」2巻ネタバレ・感想!ドラマ化で漫画原作も話題!

男性Aさんの口コミ・感想
調剤薬局併設ドラッグストアで働く現役薬剤師です。
待望の薬剤師が主役の漫画であり、一巻が面白かったので続けて購入しました。

しかし、二巻の内容はドラッグストアの薬剤師を馬鹿にしているようにしか受け止められませんでした。

少し誇張して描いているとは思いますが、病院薬局ドラッグストアに限らず、用法容量や剤型を無視して調剤することはあり得ません。

やっているとすると明らかな調剤過誤です。
どこで働いていようと、同じ薬剤師としてプライドを持ってやっているのにとても悲しくなりました。

1巻が面白かったので2巻も買った。
自分も持病があって通院しているから薬剤師という職業にスポットを当てた本作は興味深く読んでいたけど、自分が普段お世話になっているのは薬局薬剤師の方なんだな。

で、この2巻では明らかに病院薬剤師より薬局薬剤師の方が格下に描かれている。
病院薬剤師が薬局薬剤師に話しかけるときがいちいち”説教”なのが何よりの証左だし、薬局薬剤師が「病院の外で理想を振りかざすな」と病院薬剤師への劣等感の裏返しな高圧的な態度をとるのも同様だろう(”自分の仕事に内心疑問を抱いている”のが当然の事のように描かれる)。

この辺の、”無自覚に見下してる”感じもまたリアルなのだと言われればそうなのかもしれないけど、自分が普段世話になってる薬局薬剤師はちゃんとしてるし、読んでいても余り良い気分はしない。

この漫画は、薬局薬剤師を主人公に据えてもその世界を肯定的に描けるのか、と疑問に思えてくる。

一旦そう考えると”主人公たち以外が間違っている”シチュエーションの多さ(=無意識的に相手にマウントを取っている形)も気になってくる。

マイナーな職業にスポットを当て、”感じの悪さ”のほうが印象付けられるというのはどうなんだろう。
それも含めてこの職業をちゃんと見ろ、というものだとしても、漫画として読んでいて楽しくはなかった。

男性Bさんの口コミ・感想
男性Cさんの口コミ・感想
自身も病院薬剤師ですが、業務内容を大雑把に把握するにはこの上ないツールとなる漫画だと思う。

本書で出てきたDrの「伝達係じゃないんだから、君の意見は?」という言葉は重い。
薬剤師の中には「Drの処方にはどうこう言えない」「あのDrは言っても聞かない」「患者がこれでいいって言ってるから」等、言い訳は次から次に出てくくるのに「こうしたい、こうすべきと」と意見を言えない(持ってない)方が多いと感じる。

医師の処方がないと成立しない仕事だから無意識にそのような受身の姿勢になっちゃっているのかもしれない。

意見が通る通らないは別として、Dr等とコミュニケーションをとり、薬剤師の立場で望ましいと思うことはやらないと、どーでもいい薬理等のうんちく披露する人にしか思われない。それを再認識できた。

病院薬剤師と薬局薬剤師で上だ下だなんて実にどーでもいいネタです。

薬剤師の資格に価値があること=自分は偉いと勘違いしてる薬剤師がいることも事実。

ドラマ化されて欲しいとか、病院だ薬局だなんてそんなこと気にせず、本作の主人公のように真摯に仕事に打ち込んでいれば自ずと評価されると思います。

非薬剤師の方が本書を読んで、どう思ったのかもっと意見を聞いてみたいなぁと思いました。

薬剤師をリアルに取りあげた漫画の第2巻。
当方は病院薬剤師やってる身ですが、この漫画の内容のリアルさに感心しました。

1巻も既読ですが、とにかく病院内の各職種間の役割と連携がほぼ実際の病院で行われている業務と雰囲気を描写出来ています。

そこに薬剤師がどのように関わっていくのか、といったストーリーはどの話も無理なく実現可能の範囲内で収まっているのも好感を持てます。

よく漫画にあるご都合主義やあり得ない展開は漫画なら当たり前ですが、ことアンサングシンデレラに関してはほぼ皆無でリアルに徹しているきらいがあります。

ただ、そのリアルに徹しているが故に地味さや物足りなさを感じる方がいるかもしれませんね。(笑)

内容は病院薬剤師と薬局薬剤師の薬薬連携から始まり、薬剤師なら誰もが経験する『棚卸』、接偶、薬価と薬剤師以外の方なら知らないこと尽くしで知識欲が刺激されること間違いなし。オススメですよ。

ドラマ化されてもっと薬剤師の必要性が周知されることを切に願います。
そして、患者様から薬剤師に向けられる期待が多くなればなるほど自然と薬剤師全体の能力向上に繋がると信じています。

まだまだ不勉強な薬剤師を皆さま方、患者様は有効活用してあげてください。
我々も全力で医療を確実なものにするために最大限努力していく所存です。

長文乱文、失礼しました。

女性Aさんの口コミ・感想
女性Bさんの口コミ・感想
仕事モノ、医療モノの漫画が好きでよく読みます。
「薬剤師」という医療モノでは珍しい職業が取り上げられており、よくある医者や看護師視点とはまた違った面白さがあります。

私は一般企業の営業職ですが、今回は小野塚という「仕事に疲れ心ささくれた中堅ポジの若者」に一番感情移入しました笑。
仕事の内容は違えど彼の気持ちはよくわかるし、だからこそ最後に小さな一歩を踏み出した姿に感動しました。

そしてここでの「薬局の薬剤師を悪く書くな」というレビューの多さに驚きました笑。
小野塚という一人のキャラの物語であり、これを読んで「薬局薬剤師は〜」と彼を薬局代表のように思う人はまずいないと思いますが。

むしろ今まで「楽そうなのにいい給料もらってる」というイメージだったので、こんなに厳しい世界なのかと認識が全く変わりました。

他の作品でもそうですが、医療モノはとくに現職の人たちの文句が多い印象です笑
あくまで物語であっていい人もいれば悪い人もいるし、変わっていく人もいる。

小野塚はぜひまた登場させてほしい。今後も楽しみな作品です。

大量の持参薬。医療費の問題。
1巻では正直薬剤師として職能を果たすことが、マンガのようにそんなうまく行くことばかりないし(゚Д゚)と2巻を手に取るかすごく悩んでましたけど、2巻はリアリティ溢れる内容です。ほんとリアル。

病院薬剤師は病院薬剤師で言い分が、薬局薬剤師は薬局薬剤師で言い分が、とこれから地域包括ケア云々言ってる中で、薬々連携しないとなのになかなか進んでない地域が多いのが実情であろうかと思います。

そんな言い訳してたらダメだってわかっちゃあいるけど、その意識改善努力もしつつ、このマンガで少しでも薬剤師の仕事を知っていただいて、薬について気づいた点なんでも言ってくれる患者さん増えたらいいなぁと、思ったりもします。

自分自身も日々頑張ろう……

女性Cさんの口コミ・感想

漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」3巻のあらすじ

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 3 (ゼノンコミックス)

泣けるほどの仕事、したことありますか?
みどりが小児病棟で担当した、拒食症の少女・樹里。

拒食症の原因が、樹里の祖父が患った末期がんにまつわる家族の問題だと知ったみどりは、解決しようとがん治療の場に足を踏み入れるのだが・・・。

インフルエンザ編も収録した、薬剤師たちの奮闘の記録、第3巻!

「アンサング・シンデレラ」の動画配信・電子書籍は?

「アンサングシンデレラ」2巻ネタバレ・感想!ドラマ化で漫画原作も話題!

ドラマ「アンサング・シンデレラ」の動画配信はFODで行われます。

もちろん、見逃し配信はTVerでもされます。

そして、原作漫画の電子書籍もFODにあるようなので、「アンサング・シンデレラ」はFODで全て賄えてしまいます!

FODの無料登録はコチラから
 

また、電子書籍はU-NEXTでも取り扱いがあるようですので、既にU-NEXTにご登録されている場合は、U-NEXTでもご覧になれます!

電子書籍を読むならU-NEXT!600円分無料!公式ページはこちらから
 

それではドラマも漫画も、「アンサング・シンデレラ」を楽しんでいきましょう!

 
【関連記事】

薬剤師の転職なら!好条件の勤務地がすぐに見つかると話題

「アンサング・シンデレラ」ドラマ化ネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

「絶対零度」加賀美と北見の過去と香坂の事件!5話ネタバレ・視聴率

「この男は人生最大の過ちです」ドラマネタバレ!最終回まであらすじやキャスト紹介

「ケイジとケンジ」4話ネタバレ!東出不倫後の撮影で編集や脚本も東出いじり?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.