ドラマコラム ドラマ情報 漫画原作ドラマ 漫画情報

アンサング・シンデレラ1話ネタバレ!みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く

アンサング・シンデレラ1話ネタバレ!みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く

フジテレビのドラマ「アンサング・シンデレラ」1話のネタバレやあらすじを紹介していきたいと思います!

石原さとみさんが主演を務める薬剤師のお仕事系医療ドラマなのですが、新型コロナウイルスの影響で、病院をロケ地としてなかなか使えないというニュースを目にしますね。

新型コロナウイルスのような感染力が強いウイルスが流行っているというのに、ドラマの撮影なんて許可してられない・・・というのが病院としても、世間体にしても当然の事ですよね。

そんな中撮影が続けられているドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の1話はいったいどのような内容になるのでしょうか。

紹介していきたいと思います。



【この記事も読まれてます!】

ドラマ「アンサング・シンデレラ」1話のあらすじ・ネタバレ

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。

救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。

そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。

心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。

それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。

薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。

しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。

くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。

医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。

その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。

優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。

医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。

みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。

羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。

そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。

すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。

これが林とみどりの因縁に・・・。

ドラマ「アンサング・シンデレラ」1話の見どころ・ネタバレ

1話の見どころもそうなのですが、今回は医療ドラマであっても、医者ではなく、薬剤師に着目されている点が見どころですよね。

これは月9ドラマで放送された「ラジエーションハウス」にも通ずるものを感じます。

ラジエーションハウスも検査技師の話で、医者ではない・・・という感じですからね。

しかしながら主人公の五十嵐唯織は、医師免許を持っているのですが(笑)

1話で、これが描かれるのが

心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。

それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。

薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。

しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。

くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

という部分ですね。

そして、小児病棟の糖尿病患者が出てきます。

原作漫画の情報と照らし合わせると

渡辺奈央
13歳女性。中学1年生。
3年前にI型糖尿病を発症。小児科に入院中。

森本優花
14歳女性。
I型糖尿病を発症。小児科に入院中。

この2人ですね。

更に、恐らく1話のメインの話の展開になってきそうな、みどりが疑問を抱く、林医師の処方箋ですね。

林医師
萬津総合病院産婦人科に所属していた医師。

道場の上級医として指導していた。

この林医師はかなりの曲者で、サボリの常習犯であり、そして林医師は瀬野に「医師でもないのに患者に触るな!」と嫌味を言う、典型的な嫌なキャラ設定です。

やりたい放題の林医師ですが、そんな林医師が辞めてしまうと、産婦人科は回らなくなる・・・という事で誰も強く言えない状態なんです。

この曲者の林の処方箋にみどりは疑問を抱き、林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。

そしてこの事が切っ掛けで林とみどりの因縁になる・・・。

薬剤師のくせに何様だ!?

という感じのやつですねきっと。

みどりと林の関係はどうなっていくのか!?

漫画「アンサングシンデレラ」1巻の概要

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1巻【電子書籍】[ 荒井ママレ ]

ドラマ「アンサング・シンデレラ」の1話は、原作漫画の1巻の内容が放送されると思われます。

原作漫画「アンサングシンデレラ」は、月刊コミックゼノンに好評連載されている、病院薬剤師を主人公にしたマンガです。

ストーリーを編集者が提案し、医療原案として薬剤師の富野浩充氏がエピソードを盛り込み、荒井ママレさんがマンガに仕上げるという共同作業で作り込まれた作品です。

タイトルのアンサングは「unsung(歌われない)」の意味で、「縁の下で活躍する病院薬剤師を描きたい」という思いが込められています。

原案担当の富野氏は、現役の病院薬剤師です。

静岡県で生まれ、東京理科大を卒業後はドラッグストアを経て、焼津市立総合病院の薬剤科で勤務して今に至ります。

仕事の合間には医療系雑誌でコラム記事も担当しているなど、マルチな才能を発揮しています。

本書誕生に当たっては、富野氏の記事を読んだ担当編集者が連絡したことがきっかけでした。

主人公は葵みどり、26歳で、総合病院に勤務する若き薬剤師です。

大量の仕事に忙殺されつつも、薬を指示どおりに出すだけではない薬剤師ならではの役割を模索していました。

物語は主人公みどりを軸にしながら、先輩薬剤師の瀬野、病棟看護師の豊中、医師らとの人間関係を交えて展開します。

エピソードは薬を交えた専門的なものが織り込まれていました。

胃腸薬のプロトンポンプ阻害剤の処方量ミス。

喘息薬テオフィリン過剰による中毒症状。

アナフィラキシーショックの治療で、降圧剤βブロッカーの事前服用によるアドレナリン作用の阻害など。

医療系のコミックは、かつてはブラックジャックを始めとする外科医の独壇場でした。

しかし近年は裾野が広がり、病理医を描いたフラジャイル、産科の現場を看護助手の目線で描いた透明なゆりかごなど、マイナーな分野で人間ドラマを巧みに仕上げた作品が上梓されるようになりました。

本書も病院薬剤師の現場を物語に落とし込み、実力のあるマンガ家が担当して、読み応えのある作品となっていました。

「アンサング・シンデレラ」の動画配信・電子書籍は?

アンサング・シンデレラ1話ネタバレ!みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く

ドラマ「アンサング・シンデレラ」の動画配信はFODで行われます。

もちろん、見逃し配信はTVerでもされます。

そして、原作漫画の電子書籍もFODにあるようなので、「アンサング・シンデレラ」はFODで全て賄えてしまいます!

FODの無料登録はコチラから
 

また、電子書籍はU-NEXTでも取り扱いがあるようですので、既にU-NEXTにご登録されている場合は、U-NEXTでもご覧になれます!

電子書籍を読むならU-NEXT!600円分無料!公式ページはこちらから
 

それではドラマも漫画も、「アンサング・シンデレラ」を楽しんでいきましょう!

 
【関連記事】

スカーレット146話ネタバレ・あらすじ!生きている皿に勇気をもらう

私たちはどうかしているネタバレ!横浜流星でドラマ化?最終回まで公開

黒幕もタイムリープ!?【テセウスの船】最終回予告動画から考察

【驚愕】テセウスの船Paraviでもう一つの結末!?最終回台本2冊のワケ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , , , , , ,

Copyright© UDIラボ東京-ドラマネタバレ- , 2020 All Rights Reserved.