ドラマコラム ドラマネタバレ情報 小説原作ネタバレ情報

【ネタバレ】シェフは名探偵の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

2021年5月30日

【ネタバレ】シェフは名探偵の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

テレビ東京で放送されているドラマ「シェフは名探偵」のあらすじやネタバレ、無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法、視聴率や感想、キャスト情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います。

このドラマの主演は西島秀俊さんなのですが、西島秀俊さんがシェフを演じ、しかも名探偵ということもあり、これは製作が発表された時点で話題になっていました!

先ず、このドラマはテレビ東京で放送されるドラマなので、もちろんParaviパラビで配信されます。

テレビ東京やTBSドラマ勢揃い!Paravi(パラビ)の無料登録はコチラから
 
ParaviパラビはTBSのドラマやテレ東のドラマに強いので、TBSやテレ東のドラマが好きな方にはおすすめの動画配信サービスです!

それではドラマ「シェフは名探偵」について紹介していきたいと思います。

ドラマ「シェフは名探偵」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャストについてはこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

ドラマ「シェフは名探偵」の概要

その男、料理だけでなく謎解きも三ツ星――名探偵シェフ西島秀俊誕生!

ドラマプレミア23の第2弾として、累計発行部数29万越えの近藤史恵の人気小説シリーズ「タルト・タタンの夢」「ヴァン・ショーをあなたに」「マカロンはマカロン」を原作にした連続ドラマ「シェフは名探偵」の放送が決定しました。

主人公を演じるのは、映画の公開も控える超人気ドラマ「きのう何食べた?」のシロさんでお馴染みの西島秀俊。

小さなフレンチレストラン『ビストロ・パ・マル』のシェフ、三舟忍(みふねしのぶ)を演じます。

冷静沈着そして穏やか、一見何を考えているかわからない。でも、実はすぐにお節介を焼いてしまうシェフの三舟が、人並み外れた洞察力と推理力で、訪れた客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解くグルメミステリードラマです!

劇中に登場する数々の絶品料理と極上の謎解きミステリー。

今まであったようでなかった新たなグルメドラマにご期待ください!

テレビ東京やTBSドラマ勢揃い!Paravi(パラビ)の無料登録はコチラから
 

ドラマ「シェフは名探偵」のキャスト

西島秀俊 役:三舟忍

フレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ(料理長)

10年以上、フランスの田舎のオーベルジュやレストランを転々として修業してきた。冷静沈着で穏やかな性格で人を思いやる心を持つ。寡黙で職人気質。

星付きのレストランや地位、肩書きには一切関心がなく、自分の作る料理で人を癒したいと思っている。記憶力が良く、些細なことにも気づく。

食材の味や色、香りから客の顔まで記憶力がずば抜けている。訪れた客の悩みや抱えている問題を、解決していく名探偵でもある。

西島秀俊のコメント

台本(原作)を読んだ感想をお聞かせください。
原作はとても面白くて、お店を訪れた人々の行き違った気持ちを、料理を通して理解し解きほぐす。どのお話にも驚きがあって、心に響きます。
台本は、1話で原作の2つのエピソードを扱っていてスピーディーに展開していきます。話ごとに異なるテーマがしっかり描かれていて、読むのも演じるのも楽しいですね。

演じられるキャラクターはどのような印象でしたか?
『ビストロ・パ・マル』に来てくれたお客様の悩みや苦しみを解決し、美味しい料理を楽しんでもらいたいと思っている人です。少し変わった人ですが、共感力のある良い人だと思います。

コックの役を演じられる上で苦労されているところはございましたか?
フランス料理は普段馴染みがないので難しいです。
調理する設定の料理を実際に食べさせてもらい勉強させてもらいながら撮影しています。

木村ひさし監督と3度目のタッグとなりますが、これまでの作品と『ここは違う!』という所はございますか?(印象に残っていることは何かございますか?)
木村組はみんなで面白い作品にしようという情熱を感じる組です。
前作以上に大変な撮影ですがクルー全員、楽しく頑張っています。

視聴者の方へメッセージをお願いいたします。
家族や友人たちや仕事仲間と外食に行く。その時間って本当に貴重で贅沢で幸せなことだったということに改めて気づかされた1年でした。
この作品が放送される頃、なに不自由なく外食に出かけられるようになっているのかまだ分かりませんが、「ビストロ・パ・マル」が存在したらフッと行きたくなるお店になるようにスタッフ・キャストで頑張っています。

ミステリーとしてもヒューマンドラマとしても楽しめる作品です。
月曜の23時台、心も体もほっと休まるドラマですので、ご期待ください。

濱田岳 役:高築智行

『ビストロ・パ・マル』のギャルソン(給仕)でドラマの語り部

店一番の新人で人当たりはいいが、性格の軽さは三舟に見抜かれている。実はある才能を秘めていて…。

濱田岳のコメント

フランス料理を使って謎解きをしていくのは一読者としても楽しかったです。西島さんが三舟シェフをどう演じられるのだろう、何度もご一緒させていただいている木村ひさし監督の演出でどう味付けされていくのだろう、とすごくワクワクしながら台本を読ませていただきました。セットも本当に綺麗だったので、現場に来て改めてテンションが上がりました(笑)。

僕が演じる高築は、人よりも記憶力が良くてギャルソンも卒なくこなせるし、回が進むごとにお客様にも感情移入してしまうなどピュアで、裏表無く人に接するところが三舟シェフに見初められたのかなと思います。コミカルなシーンは笑いをこらえるのが大変だったのでそれぞれキャラクターの素を見れるのかなと思います。

殺人が起こったりするなど、ハードな謎解きではないので、お仕事終わりの疲れたみなさまにもゆっくり楽しんでいただけるようなドラマになっていると思います。夜遅い時間に美味しそうな料理がたくさん出てきます。お腹が空いてしまうようなドラマになっていると思いますので、心して楽しんでいただけたら嬉しいです!

神尾佑 役:志村洋二

三舟を慕う料理人

高級ホテルのメインダイニングで働いていたが、『ビストロ・パ・マル』開店と同時に自ら懇願しスーシェフ(副料理長)に。強面で気が短いが実は涙もろい。

神尾佑のコメント

ワンシチュエーションのドラマというのは演劇的でわりと好きです。セットも本物のビストロのようで、厨房も使えますし、本当にビストロに勤めている感じでした。それがドラマの世界観を作っていると思います。

志村という役は言葉はぶっきらぼうで曲がったことが大嫌い、そのくせ意外とナイーブでそして恐妻家(笑)。
なにより三舟シェフを敬愛している熱いオトコです。

台本を読んだ時は微妙な立ち位置だなぁと思いましたが、西島さんがふんわりとした佇まいでいてくださるので周りは伸び伸びと演技ができるんですね。西島さんの大きな器と4人の絶妙なバランスですくすくと育てていただきました。そのおかげでまるで家族のような空気感がでてるとおもいます。

このドラマは家族の話です。いろんな形の家族の話です。ちょっとコミカルで心があたたかくなるドラマです。お一人で観るもよし、大切な人と観るもよし、夜遅くに楽しんでいただきたいです。

石井杏奈 役:金子ゆき

ワイン好きが高じて『ビストロ・パ・マル』のソムリエになった元OL。

商店街の俳句同好会に入るほどの俳句好き。

石井杏奈のコメント

台本を読んで、物語の中に笑いと感動が沢山詰まっていて、要所要所にあるコミカルさが最高でした。
私が演じた金子ゆきは芯があり、愛をしっかり持っている印象を持ちました。表も裏もない素直な子で性別も歳も違うシェフや高築さんとのラフな会話に愛や絆を感じてほのぼのしましたし、撮影現場でも金子ゆきとして過ごす毎日がとても新鮮で楽しかったです。

共演させていただいた西島さんは気遣いと優しさで溢れていて、毎朝コーヒーを淹れてくださったり、同じ目線で話をしてくださったり、本当に素敵な方でした。現場を引き締め、和ませ、かっこいい座長の背中を様々な場面で拝見し、勉強させていただきました。

ゆきという役は自分にとって新境地となる役柄で、ツッコミやボケやモノマネ...未熟ながら、全力で取り組みました。
何度も、笑い過ぎて涙が出ました。そして、西島さん濱田さん神尾さんととても優しく楽しい大好きな御三方と大切な時間を過ごし、毎日が刺激的で濃い時間でした。是非、楽しみにしていてください!私もとても楽しみです。

佐藤寛太 役:小倉大輔

『ビストロ・パ・マル』オーナー

『パ・マル』をはじめ何軒もの飲食店を手広く展開する若き青年実業家だが、ファッションに無頓着で実業家に見えない。

佐藤寛太のコメント

原作も全て読ませていただいた上で台本を読んだので想像が膨らみましたし、ランチでフレンチに行く機会が少し増えたり、フランス料理がすこし身近なものになりました。僕が演じる小倉は人生を楽しく生きてるキャラクターだということを大事に演じさせていただきました。

豪華キャストの皆さんとの共演が本当に楽しみでしたし、中でも西島さんは現場での姿勢や、話してる姿、更にはキッチンに立ってる後ろ姿まで素敵でした。タイトルに『名探偵』とありますが、誰かが血を流すようなサスペンスが起こるわけではなく、日常の中で巻き起こるプチ事件を西島秀俊さん演じる三舟シェフが次々と解き明かす平和な日常の推理劇です。

それぞれの事情を抱えお店に足を運ぶ人々の人情劇をお楽しみください!

橋本マナミ 役:上原美里

ある日、客として『ビストロ・パ・マル』に来店するが、なぜか三舟と親しげに会話する謎の美女。

一体何者なのか…?

橋本マナミのコメント

どの話もコミカルで面白いのに最後はグッと感じるものがあり、内容もレストランのお話ですが、ドラマとしてもフルコースを食べたくらいの満足感が得られました。上原美里は怪しげな女性として登場します。

今後、西島さん演じる三舟とどう関わっていくかお楽しみください。西島さんとは2度目の共演なのですが、今回は私も結婚&出産したあとだったので、子供の話をするのが楽しかったです。「シェフは名探偵」は心温まるストーリーです。そしてどのお料理も美味しそう。皆様にもドラマのフルコースを楽しんでいただけたら嬉しいです。

テレビ東京やTBSドラマ勢揃い!Paravi(パラビ)の無料登録はコチラから
 

ドラマ「シェフは名探偵」のあらすじ・ネタバレ

極上の料理と自家製のヴァン・ショー(ホットワイン)が売りの小さなフレンチレストラン『ビストロ・パ・マル』。

ここの料理長である三舟忍(西島秀俊)は冷静沈着で穏やか、一見すると何を考えているか分からない。

でも実は「……ちょっといいですか?」と、すぐにお節介を焼いてしまう優しさを持つ。

そんなシェフの三舟が人並外れた洞察力と推理力で、お客様たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を鮮やかに解き明かす。

ドラマ「シェフは名探偵」1話のあらすじ・ネタバレ

高築智行(濱田岳)はひょんなことから、三舟忍(西島秀俊)がシェフを務めるレストラン『ビストロ・パ・マル』のギャルソンになるが、働き始めて早々、迷惑な客が次々と来店し困惑する。

例えば、好き嫌いが激しく何かと注文をつけてくる粕屋孝一、恋人らしき川出恵子と口論した挙句デザートにダメ出しする鶴岡正…そんな彼らの背後にある真実を、三舟はお節介と洞察力で解き明かしていく。

ドラマ「シェフは名探偵」2話のあらすじ・ネタバレ

常連客・御木本遥から予約の連絡が。

メインは“ガチョウのコンフィのカスレ”希望だという。

同席する人気エッセイスト・寺門小雪のリクエストらしいが、なぜガチョウなのか…?

また原杏子と大島圭一が来店したある夜。

食事中に大島がプロポーズした。

無事成功するがその後思わぬトラブルが――。

そんな小雪と大島の苦悩に何かを感じた三舟忍(西島秀俊)は、またもお節介を焼く。

ドラマ「シェフは名探偵」3話のあらすじ・ネタバレ

『パ・マル』でブイヤベースを注文した新城鈴加(映美くらら)は、その日をきっかけにたびたび来店するように。

頼むのはいつでもブイヤベースだ。

だがそれは三舟忍(西島秀俊)を巻き込んだ事件の始まりだった――。

そんな中、三舟は志村洋二(神尾佑)に、店の3周年記念を盛り上げるため、シャンソン歌手である妻・麻美(シルビア・グラブ)にライブをして欲しいと依頼する。

しかし志村は恥ずかしいと拒否。口論となってしまう。

ドラマ「シェフは名探偵」4話のあらすじ・ネタバレ

偶然にも三舟忍(西島秀俊)の知り合い2人が来店。

1人はフランスから帰国後に働いた店の見習いだった南野。

近くにオーナーシェフとして店を出したといい三舟は祝福するが、南野の本心は…。

もう1人はリヨン時代に同じ店で修行していた羽田野鈴子。

今は経営にまわっていて、食事相手も羽田野の店のパティシエ岸部彩香だ。

ソムリエの金子は料理人とは思えぬ岸部の雰囲気に違和感を覚える。

ドラマ「シェフは名探偵」5話のあらすじ・ネタバレ

金子ゆき(石井杏奈)が恋人の転勤を理由に辞めてしまう。

三舟忍(西島秀俊)が引き留めなかったことを知った高築智行(濱田岳)は怒りを露わにする。

そんな金子を欠いた『パ・マル』に元常連の館野が来店。再婚するという。

また2日連続来店した脇田は妻の由美子が家出して落ち込んでいた。

新たに家庭を築く者、音信不通の妻に悩む者――三舟は2組の家族に極上の料理で救いの手を差し伸べる。

ドラマ「シェフは名探偵」6話のあらすじ・ネタバレ

常連客の西田が婚約者と現れる。

お相手の串本法子は小劇団の人気俳優だ。

幸せな時を過ごすが、そんな2人に不穏な影が忍び寄る――。

店には三舟忍(西島秀俊)がフランスで知り合った川本淳吾の姿も。

そして思い出話と共に、三舟が作るヴァン・ショーの誕生秘話が明かされる。

そんな中、三舟は高築智行(濱田岳)の不審な行動に気づく。

真夜中の店に忍び込む様子が防犯カメラに映っていて…。

ドラマ「シェフは名探偵」7話のあらすじ・ネタバレ

山下嗣麻子(宮下かな子)が持ち込みワインの相談で来店。

まだ若いのに驚くほど高級な逸品だ。

どうやら嗣麻子はお嬢様で、翌日集まった仲間は彼女の鼻に付く行動にうんざりしている様子。

中でも遥香(鞘師里保)は特に嫌っているようで…。

またメニューにない牛肉のタルタルステーキを食べるだけでなくメニューに載せてほしいという変わった予約が入る。

しかも「タルタルステーキは置いてあるか」と尋ねる客・緒方(熊谷真実)が現れ…。

ドラマ「シェフは名探偵」8話のあらすじ・ネタバレ

三舟忍(西島秀俊)と父・英雄の再会の日。

なぜか英雄の代理だという安倍実花(奥貫薫)が現れて――。

小倉大輔(佐藤寛太)がパン屋を開店することになり三舟はメニュー考案を手伝う。

だが店長の斎木(近藤笑菜)と副店長の中江(さとうほなみ)が方向性で対立。

不穏な空気が流れる中、『パ・マル』に来店した大野和真(山本耕史)は、中江が試作したブリオッシュに目を留める。

実はブリオッシュにまつわる切ない思い出が…。

ドラマ「シェフは名探偵」最終回のあらすじ・ネタバレ

三舟忍(西島秀俊)の父・英雄は生きていたが再会は叶わなかった。

落胆する三舟に新たな悲劇が。

英雄が手作りした思い出のスツールを、高築智行(濱田岳)が捨ててしまったのだ。

事情を知らなかったとはいえ自責の念に駆られた高築は、スツール探しに奔走するが…。

そんな折、安倍実花(奥貫薫)から予約の連絡が。

フランス料理が食べられない安倍が一体なぜ?

『パ・マル』をとりまく人々の“お節介”が、最後の奇跡を巻き起こす!

テレビ東京やTBSドラマ勢揃い!Paravi(パラビ)の無料登録はコチラから
 

ドラマ「シェフは名探偵」の最終回結末は?

「お父さんはすでに歩み寄っていた。あとはあなたがお父さんに歩み寄れば良い」

天才シェフ三舟忍(西島秀俊)率いる個性豊かなビストロメンバーが揃い、グルメながら一癖ある客が吸い寄せられるようにやって来る「ビストロ・パ・マル」に流れる何とも心地良い時間の正体は何なのだろう? と考えていた。

「ビストロ・パ・マル」には人知れず抱えて来た傷や痛みをそっと静かに受け入れ、癒してくれる、客にとっても彼らビストロメンバーにとってもそんな「再生」の時間が漂っていたように思う。様々な人の大切にしたい思い出や“誰かが誰かを想う気持ち”がそこら中に浮遊していた。

失踪中の父親を探す三舟はようやく父親の生存確認ができたのにもかかわらず当初再会を断られていたし、ギャルソンの高築(濱田岳)はそもそも会社をクビになり再訪したビストロで三舟に声を掛けられここで再起することになったのだった。

そういえば、スーシェフ(副料理長)の志村(神尾佑)には離婚危機があったし、ソムリエの金子(石井杏奈)は同性愛者であり彼女との別れに傷つく様子が描かれた。そう、全員何かに破れ、何かに傷ついていた。

皆、日頃辛いことやわだかまりを抱えながらも仕事には行かねばならないし、生活を全てストップさせてしまうわけにはいかない。傷ついていない振りをしながら、何食わぬ顔をしながら、あるいは時にその感情に蓋をしながらも日々の生活をどうにか営んでいるのだ。

そんな鬱憤を晴らすために、あるいは日々のストレスから逃れるために、束の間の解放を求めて人は1人で、あるいは友と、仕事仲間と食事に出かける。

最終話のテーマは「和解」。三舟親子の再会が遂に実現した。父・英雄(吉澤健)から料理を教わる三舟の姿に得も言われぬ静かな感激が漂っていた。

「厨房に立つ覚悟や強さ」を父親から学んだと感謝を伝えられた三舟も、息子が作った料理に「パ・マル。素晴らしい。私なんかとっくに超えてるよ」と伝えられた父親も互いに不要な肩の荷を降ろせたことだろう。

「お前の中の料理人としての志が高いから」だとする父親に、三舟がすかさず答える「それは親父が俺の父親だからだよ」で、彼ら2人は完全に和解した。

初めて三舟が作った料理にも笑顔を見せず「パ・マル(悪くない)」とこぼした父親だったが、後に本場フランスでは「パ・マル」とは「とても良い」という賛辞だったことがわかる。

父親は自分の姿を見てシェフを志した三舟の将来に責任を感じてより厳しく指導したと明かしていたが、“それが間違っていなかった”と当時から一人込み上げるものがあったのだろう。そして息子はシェフとして十分やっていけるとその頃から確信していたのではないだろうか。

ほぼ全てのストーリーがビストロ店内で展開するワンシチュエーションものの本作をここまで奥行きを持った物語として見せてくれたビストロメンバーに改めて感謝したい。

付かず離れずの適度な距離感をベースにしながらも、どんどん絆を深めていく様子をゆったりと流れる時間内で自然に、時に緩急をつけて体現してくれた。

台詞によって場面展開させる力のある西島演じる三舟、三舟への全幅の信頼と阿吽の呼吸を見せどんどん愛らしさが滲み出てくる神尾扮する志村、ナレーションも務め演技の細やかさが本作でも光った高築役の濱田、そして本作内で伸び伸びと金子として生きた石井の4人の間に横たわる一体感、心地良さが終始ホッとする時間を提供してくれた。

素敵なビストロに毎週立ち寄れなくなったことは寂しい限りだが、客の喜怒哀楽や感情の機微にそっと寄り添ってくれた4人の姿が、日々の中に隠された小さな感動や感激を思い起こさせてくれたように思う。“悪くない”には実は“とても良い”という意味が込められているように。
 
 
テレビ東京やTBSドラマ勢揃い!Paravi(パラビ)の無料登録はコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!

 
【関連記事】

【ネタバレ】#コールドゲームの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

【ネタバレ】緊急取調室4の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ!

【ネタバレ】ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情(ジモダン)の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ!

【ネタバレ】珈琲いかがでしょうの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 小説原作ネタバレ情報
-, , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2021 All Rights Reserved.