ドラマコラム ドラマ情報 漫画原作ドラマ 漫画情報

「美食探偵 明智五郎」7話・8話ネタバレ!生きていた“れいぞう子”とストーカー事件

「美食探偵 明智五郎」7話・8話ネタバレ!生きていた“れいぞう子”とストーカー事件

ドラマ「美食探偵明智五郎」の7話と8話のあらすじとネタバレを紹介していきたいと思います。

7話と8話では原作にある地下アイドル“爆音エンジェルズ”のストーカー事件の事です。

これまで美食探偵明智五郎は、1話完結な感じでしたが、今回は2話またぎの回です。

視聴者の中で一番の衝撃なのは、“れいぞう子”ことみどり(仲里依紗)が生きていた事だと思います。

れいぞう子が生きていたトリックはどうやったのかとか、そういうコメントも見かけたりもしましたが、れいぞう子が明確にダストシュートに落ちるところを見た人って実はいないんですよね。

そこに靴が転がっていただけ・・・。

つまり、最初から飛び込んでおらず、飛び込んだように見せて、実は別の場所に逃げていた・・・というだけだと思います。

それでは、7話と8話の地下アイドル“爆音エンジェルズ”のストーカー事件について紹介していきたいと思います。



ドラマ「美食探偵 明智五郎」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャストについてはこちらから

・7話・8話のあらすじはこちらから

・7話・8話の原作漫画ネタバレはこちらから

ドラマ「美食探偵 明智五郎」7話のあらすじ

地下アイドル“爆音エンジェルズ”のメンバーとして活動する友人・ココ(武田玲奈)からストーカー被害の相談を受けた苺(小芝風花)は、“助手”ではなく“料理人”として距離を置きつつも明智(中村倫也)のもとへ。

ストーカー化したファン・田畑たばた(森永悠希)が家まで押しかけると聞き、明智はボディガードとして“ドルオタ”が熱狂するライブに同行。

すっかり明智を気に入ったメンバーたちも加わり明智の事務所で共同生活が始まる中、明智はココが摂食障害に苦しんでいることに気づく・・・。

一方、ココのSNSにはマリア(小池栄子)から意味深なDMが届き・・・。

忍び寄るマリアの影が、再び明智を窮地に追い込もうとしていた!

ドラマ「美食探偵 明智五郎」8話のあらすじ

地下アイドルのココ(武田玲奈)がストーカーの田畑(森永悠希)に食べさせたのは、一度症状が改善した後、7日後に死に至る猛毒のキノコ“ドクツルタケ”だと気づいた明智(中村倫也)。

病院へ急ぐが、消えた田畑の代わりに現れたマリア(小池栄子)から、次は苺(小芝風花)を殺すと告げられる。

明智は苺を守るため、「事務所で一緒に暮らさないか」と提案!

みどり(仲里依紗)が加わったマリア・ファミリーが不穏な動きを見せる中、行方不明の田畑が死を迎える運命の7日目が訪れる。

マリアに会うと言って出かけたココの後を追う明智と桃子(富田望生)だったが、その頃、苺の身にはマリアの黒い影が忍び寄っていた・・・!

ドラマ「美食探偵 明智五郎」7話8話の原作ネタバレ

「美食探偵 明智五郎」7話・8話ネタバレ!生きていた“れいぞう子”とストーカー事件

「美食探偵 明智五郎」原作4巻のネタバレ

マリアはニースにいた。

そこで知り合った男とベッドを共にする。

しかし、その男が既婚者だと知ると

「お仕置きしなくちゃ」

と朝食にあるモノを混ぜたサラダを食べさせる。

そのサラダの中には、毒のある「水仙」の葉が混ぜてあった。

そのことに気づかなかった男は、あっさりとマリアに殺されてしまう。

その頃、桐谷の事件から食欲がなかった五郎たちは、段々と元気を取り戻しつつあった。

そこで、五郎はあるニュースを目にする。

ニースのホテルで日本の宿泊客が遺体で発見された。

警察によると被害者からは有毒のアルカロイドが検出された・・・とのこと。

「悪い女に水仙のサラダでも食わせられたのかな」

そうつぶやく五郎。

マリアは、次々と殺人を重ねていく・・・。

場面は代わり、あるライブハウスで「爆音エンジェル」というアイドルがライブをしている。

その中の一人、「ココ」は、あるアイドルオタクにストーカーまがいのつきまといを受けていた。

そしてついに、自宅を突き止められてしまったココは、高校のときの同級生である苺に、五郎を紹介してもらうことにする。

「警察を呼んだらどうか・・・」

という五郎に対し、ココは

「親に内緒でやっているから困る」

と警察に行くことを嫌がる。

ココがストーカー行為を受けるようになったきっかけは、ココがカラオケのバイト中に「そのお客さん」と軽い会話をしてしまってから・・・というものだった。

その男にとって「アイドル」だったココは、その日から

「身近にいる自分に優しくしてくれる素敵な女の子」

に変わってしまった。

ある日、その男がココの出待ちをしているところを、爆音エンジェルズのメンバー「ひな」が注意をする。

するとその男は、ひなを階段に突き落として逃げていくのだった。

そのことも含めて再度相談を受ける五郎。

五郎は

「これは立派な殺人未遂だから、今すぐ警察に相談すうるように」

言とうのだが、やはり親にバレたくないそう。

エンジェルズのメンバーは、捜査にかかる費用は必ず払うから、助けてほしいと五郎に頼み込む。

とりあえず、五郎の事務所に身を置くことになった爆音エンジェルズのメンバー。

ココはそこで、事務所の壁に貼ってある「マグダラのマリア」からの絵葉書に興味を持つ。

その後、ここはSNSで「マグダラのマリア」と検索してみると、

「マリアマグダラ、殺したいほど憎い相手がいるあなたはマリアの部屋へいらっしゃい」

という投稿を見つける。

早速アクセスしてみると、画面に現れたマリアは

「さあ教えて私の天使。誰を殺したいの?」

と言う。

そして苺は、ココから「先日作ったナポリタンオムレツ」の作り方を教えてくれと頼まれていた。

“料理は得意じゃなかったはずなのにおかしい・・・”

と思いつつ、丁寧にナポリタンオムレツの作り方を教えてあげる。

そんな中、エンジェルズのライブはまた行われた。

不安そうなメンバーをよそに、ココだけは

「私達のボディーガードに来てもらうから」

と怪しげな表情を見せている。

五郎はライブを見ていたが、どうにも耐えられず、一旦外に出る。

するとそこで、ストーカーをしている男であろう人物と遭遇する。

五郎が赤い服を着ていることで

「ココちゃん推し(赤はココのメンバーカラーだから)」

と勘違いされ、LINEを交換しましょうと誘われるが、スマホが使えない五郎は断る。

するとそのストーカー、何を思ったか五郎の写真を撮り、去っていくのだった。

その頃、マリアは日本に帰って来ていた。

空港に降り立つと「シェフ」と「林檎」が出迎える。

二人とも過去にマリアに救われた仲間。

今でもマリアの手伝いをしている。

そしてマリアは言う。

「さらに若いい仲間がもうひとり増える。」

「かわいい天使の怪物退治なんてワクワクしちゃう」

と、新しい殺人に胸をときめかせていた。

五郎の事務所で、またナポリタンオムレツを食べる爆音エンジェルズのメンバーと五郎と苺。

やはりココは苺にナポリタンの作り方を教わっている。

すると、ココのスマホの通知が鳴る。

画面には

「玄関の外に置いておくわね」

と記されている・・。

外に出てみると

「かわいいマイ・エンジェル、楽園は自分の手で守って」

と書かれた絵葉書と、シェフが作った青森のリンゴのオリーブオイル漬けの瓶が置いてあった。

そして絵葉書には、「マグダラのマリア」と書いてあった。

マリアは、ココにビン詰めを届けるために五郎の事務所の前まで来ていたが、こんなに近くにいるのに五郎に直接会うことができないことをもどかしく思っていた。

そんなマリアを「シェフ」と「林檎」はあるビルの屋上に案内する。

なんとそこには、粉砕式のダストシュートに入って死んだと思っていた「れいぞう子」が待っていた。

そこで食事をする4人。

ビルから見下ろすと、五郎たちが食事をしている風景がよく見えるのだった。

食事の後、ココは

「風邪っぽい」

と言って、朝から五郎の部屋にこもって鍵をかけてしまった。

そして次の日、五郎のもとに刑事の上遠野から電話がかかってきた。

五郎を「事件の参考人として召喚する」と言っている。

ココをストーカーしていた男が、病院に運ばれたとのことだった・・・。

「美食探偵 明智五郎」原作5巻のネタバレ

代々木公園で20代の男性が倒れていた。

それはココをストーカーしていた男だった。

男性は意識不明の重体。

そして、その男のスマホの中に五郎の写真があったことから、参考人として五郎は警察に呼ばれる。

五郎は、ココがやったのかと疑うが、どうやらココは五郎の部屋で朝まで寝ていたようだ。

ストーカー男性は意識不明ではあるが、一命はとりとめた。

今の所原因はよくわからない状態・・・。

そして五郎の事務所で苺は、昨日作っておいたはずのオムレツナポリタンがなくなっていることに気が付く。

そして東京の病院。

この病院はストーカーである田端が入院している病院。

そこに、マリアの仲間である「林檎」「シェフ」「れいぞうこ」が集まっていた。

やはり、ココに渡した瓶詰めには、毒が入っていたようだ。

ただ、普通の毒とは少し違うようだ・・・。

マリアは、田端の病室に、看護師の格好をして立っていた。

そして、マリアは勝手に田端を退院させてしまう。

上遠野たちと五郎が病院につくと、田端がすでに退院したと知らされる。

五郎があたりを見回すと、ナース服姿の“どこかで見たような”人物が・・・。

後を追うと、待ち伏せしていたマリアと出会う五郎。

「今度こそ捕まるぞ」

という五郎を前に、マリアは

「彼(田端のこと)が何をしていたのか知っているでしょう?」

「罰を受けて当然の人間だ」

悪びれない様子。

そして、気になることを言う。

「あと7日、彼の晩餐はあと7回」

マリアは五郎に口づけをして、去っていった。

そんな五郎のもとに、苺から電話が入る。

どうやら、ココの様子がおかしいとのこと。

天使の羽がどうだとか、わけのわからないことを言っているという。

怪しんだ五郎は、

「何かキッチンにいつもと違う、見慣れないものがないか」

苺に探させる。

苺は、見慣れない瓶と、排水口に見覚えのない「きのこ」を見つける。

ある山奥の山荘に田端は連れて行かれていた。

1週間後にココがやってくる・・・とシェフに聞かされる。

意識を回復した田端は、ココにオムレツナポリタンをもらったことを喜んでいた。

シェフは田端に、

「ココはここでアイドルをやめて、二人で静かに暮らしたい」

と言っていると伝えていた。

そこに「れいぞう子」と「林檎」がたくさんの食材を持って帰ってくる。

田端に、ココとはどんな関係なのか聞かれると、自分たちはココの兄弟だと言う。

事務所に戻った五郎は、ココがいるはずの寝室のドアを開ける。
するとココが窓辺に腰掛けていた。

「やはり君がやったんだな」

と五郎がいうと、ココは語り始める。

ココは、毒入りのスパゲティを田端に食べさせたが、すでに退院してしまったことで、自分は失敗したんだと思っていた。

しかし、五郎は

「メインディッシュはこれからだ」

と説明を始める。

ココが田端に食べさせた毒は「ドクツルタケ」という毒キノコで、最初の症状は1日ほどで収まるが、1週間後に再び悪化し、死に至るという毒キノコだと説明する。

マリアの一言で気がついたが、もう手遅れだという。

その白い見た目と、恐ろしい毒性から、「殺しの天使」と呼ばれていると五郎は説明する。

「ココは、毒を盛ってしまった。」

「そして、おそらくマリアは誰にも知られないように死体を処分するだろう。」

「そうすれば警察に捕まることはない・・・。」

「だけど、ココに、人を殺したということを忘れてはならない。」

「それでもアイドルを続けていくつもりなのか」

と問う。

しかし、ココは

「3人で武道館に立つって決めたから!」

と、アイドルをやめる気配はない。

「恋愛は禁止だけど、殺人は禁止じゃないから、アイドルは続ける!」

「アイドルは秘密がつきものでしょ!」

と開き直る3人なのだった・・・。

一方、山荘では7日目の晩餐を終えた田端が、血を吐いて死んでいた・・・。

そして苺のデリに、品のいい婦人がお弁当を買いにやってきた。

すっかりココのお弁当のファンになってしまったという婦人は、ケータリングを頼めないか・・・と苺に相談する。

苺は二つ返事でOKをする。

しかし、その夫人、実は変装したマリアだったのだ。

ついに苺の手にもマリアの魔の手が!

早速、婦人の葉山の別荘に行く苺。

そしてなぜか助手席に五郎が座っている。

五郎は苺の仕事中、そのへんで美味しいものを食べると言っている。

婦人のもとに着くと、早速準備を始めようとする苺だったが、なにやら様子がおかしい・・・。

場所も別荘のはずが、クルーザーの上でやると言われて、しかも他に人が見当たらない。

そして婦人が言う。

「さあパーティーを始めましょう。」

「やっとっゆっくりあなたとお話ができるわ」

ゆったりと海の幸を楽しむ五郎のもとに、苺から電話がかかってくる。

どうやら様子がおかしい。

マダムが

「とっておきのワインを飲みながら話をしよう」

と言っていると聞いた五郎。

そのワインの銘柄を苺に訪ねる。

「ラヴィアン・ローズ」

その名前を聞いて、五郎は急いで苺のもとに向かう。

クルーザーの上で、苺は婦人に質問をされている。

五郎とどうしていつも一緒にいるのかと、しつこく関係を聞かれた苺は、怪しく感じてあたりを見回す。

すると、なんと以前事故のあったフレンチレストランのシェフが、クルーザーを運転していることに気づく。

そして、マリアは変装をとく。

「あなた、あのときの・・・マリア」

どうして名前を知っているのか、聞きたがるマリアに対して

「あなた、明智さんのストーカーね!」

と苺は言い放つ。

「恋人ならそんな変装で近づいたりしない!」

その言葉がカンに障ったマリアは、苺を海に突き飛ばしてしまう。

五郎は、海鮮を食べていた食堂の親父さんに船を出してもらい、苺のもとに向かう。

そしてなんとか間一髪、苺を助け出すことができた五郎。

五郎は、

「苺がワインの名前を言ってくれたからわかった」

と言う。

「ラヴィアンローズ」というワインは、潰したてのような苺の味と香りがするロゼ。

苺の名前に引っ掛けたようなワインで、しかも名前が

「バラ色の人生」

という、こんな演出をするのはマリアしかいない・・・と気づき、急いでやってきた。

「もう野放しにはできない」

そう言って、五郎はいきなり海に飛び込む。

そして、逃げていくマリアのボートを追っていく。

潮の流れがはやく、あっという間に溺れ始めてしまう五郎。

しかし、次の瞬間、マリアも海に飛び込む。

マリアが五郎のもとにたどり着くと、五郎はマリアの方を向く。
五郎は溺れたふりをしていただけだった。

「どうして僕を助けた?」

「さあどしてかしら、私にもわからないわ」

「僕は君に惹かれてる」

「あたしは愛してるわ」

五郎は、マリアに対して、

「僕と一緒になろう」

と言う。

「だからこれ以上罪を重ねるのはやめてくれ・・・」

と。

しかしマリアは、罪を犯しているのは彼らの方だと言う。

そして、

「この腐った世の中から罪人をすべて殺したら、もう一度私にプロポーズして」

と言って、去っていった。

そして、五郎は感じていた・・・。

マリアと出会う前の自分と、出会った後の自分では、人生が違っている・・・ということを。

もう、マリアを自分のものにしなければ、物足りなくなってしまっているということに・・・。

※続きの6巻+最新話の22話のネタバレはこちらから

「美食探偵明智五郎」6巻・最新話22話ネタバレ!苺と五郎が絶体絶命に!?

「美食探偵 明智五郎」の動画配信・電子書籍は?

「美食探偵 明智五郎」ドラマネタバレ!最終回までのあらすじや視聴率キャスト紹介

ドラマ「美食探偵 明智五郎」の動画配信は、日本テレビで放送されるだけあってHuluで配信されます。

見逃し配信はTVerで観れますが、全話配信となると、Huluのみになります。

Huluの無料お試しはコチラから
 

そして原作の漫画を電子書籍で試したい場合は、FODにありますので、FODでご覧になる事をおすすめします!

FOD無料登録はこちらから
 

それではドラマも漫画も、「美食探偵 明智五郎」を楽しみましょう!

 
【関連記事】

朝ドラ「エール」56話ネタバレ!スピンオフ週!父、帰る

「妖怪シェアハウス」ネタバレ!最終回結末で目黒澪も完全な妖怪に!?

「私たちはどうかしている」59話ネタバレ!最新話で椿が光月庵で働きだす

朝ドラ「エール」54話ネタバレ!三郎の病状と吐血とハーモニカ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.