ドラマコラム ドラマネタバレ情報 小説原作ネタバレ情報

「竜の道」1話視聴率9.1%!2話で竜一が源平に近づくが!?※ネタバレあり

2020年7月29日

「竜の道」1話視聴率9.1%!2話で竜一が源平に近づくが!?※ネタバレあり

新型コロナウイルスの影響で放送が延期されていた「竜の道」1話がついに放送され、視聴率は9.1%でした!

1話は2時間たっぷり放送され、TVerの見逃し配信では前編と後編で楽しむことができます。

ネタバレになりますが、この1話は、最初から衝撃的なシーンが映し出されました。

1話目の最初、竜一(玉木宏)が竜二(高橋一生)を殺すようなシーンからスタートしました。

これが恐らく結末へと迫るクライマックスのあたりでの一コマだとは思いますが、気になりますよね!

この1話、思わず繰り返し見てしまうくらい面白かったです。



初回放送の2時間で物語は大きく進む

先ずは第1話のあらすじをご覧くださいませ。

1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。しかし、全国への事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、霧島への復讐(ふくしゅう)を誓い合う。

それから7年後の2004年。22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった……。
竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、霧島源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐(ふくしゅう)計画を進めていく二人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが……。

これがですね、最初はカンテレだし、あまり期待していなかったのですが、面白かったんです。

1話の前編ですでに霧島を追い詰められるか!?

という展開まで進むんですけど、大御所の西郷輝彦さん演じる曽根村始の邪魔が入り、台無しになります。

いったい何が起こったのかというと、キリシマ急便で過重労働で死者が出たことを皮切りに、国土交通省で勤める竜二(高橋一生)がキリシマ急便の調査に乗り出します。

これまでも数回キリシマ急便は業務改善命令的なのが出ていたのにも関わらず、また問題が発生したため、廃業に追い込めると意気込む竜二でしたが、結果的に一定期間の営業停止処分だけで済みました。

この結果は甘い!と上司に掛け合う竜二でしたが、事態は好転せず・・・。

しかし、この上司に竜一が霧島と政治家の密会の証拠を突き付けた。

「この証拠を出せば、担当していたあんたの首が飛ぶな」

と脅すのですが、そんな竜一は曽根村に捕まり

「政治家に恩を売っておけば、何かとやりやすい」

と竜一が持っていた霧島との証拠写真を奪い取りました。

そして曽根村は竜一に、更に何かしたいなら

「圧倒的な力、圧倒的な金」

が必要だと言う。

それから竜一は自身が身を置く裏社会の、公に出来ない金を数億円貯め込んでいる目上の人間を襲い、現金を奪ってブラジルに飛ぶ・・・。

それから数年後、竜一は曽根村からこれまでと違う戸籍を用意してもらい、ITに詳しいスペシャリストの遠山凛子(奈緒)と組み、IT事業を立ち上げる。

事業内容としては、クレーム掲示板を運営していて、その内容を元に、クレームがあった企業に営業をかけ、クレームから分析して更にお客さんのニーズに答えれるように傾向と対策をコンサルする・・・というものです。

そこで目を付けたのがネット通販会社「トッキー・ビーンズ」です。

営業をかけるも、既にトッキー・ビーンズにはクレームなどのリスクを対策する部署がすでにあるから・・・と断られてしまう。

そこでハッカーでもある凛子がトッキー・ビーンズの商品に虫が混入していた・・・という投稿をし、一気に拡散させつつ、トッキー・ビーンズの顧客リストを盗み出す。

トッキー・ビーンズの社長は、この事態をどうにか解決しないといけない・・・と、全てを役員の砂川(今野浩喜)に押し付ける。

困り果てた砂川は竜一のところに相談に行き・・・というような展開でした。

それにしてもこの1話で、竜一は早くも自分の素性を曽根村に知られてしまうなどの出来事もありました。

波乱の展開を見せる「竜の道」はこれからどうなるのか!

主てからキリシマを潰そうと企てる竜二と、裏からキリシマを潰そうと企てる竜一。

続きを楽しみにしましょう!

ドラマ「竜の道」1話のみんなの感想

ドラマ「竜の道」2話のあらすじ・ネタバレ

キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平に近づこうとする竜一(玉木宏)。

しかし、ある人物に竜二(高橋一生)との会話を聞かれ、源平(遠藤憲一)への復讐計画を知られてしまう。

このままでは、すべての計画が台無しに・・・。

もはや一刻の猶予もないと悟った2人は、父・源平の強引なやり方に反発する跡取り息子の晃(細田善彦)を利用し、次の手を打つことにする。

そんななか、竜二に会うためにホテルを訪れた竜一は、そこで偶然、上京が決まった妹の美佐(松本穂香)と再会。

美佐は竜二から知人だと紹介された竜一が、まさか死んだはずのもう一人の兄だとは知るよしもない。

そんな妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一は・・・。

その後、キリシマ急便のパーティーに参加した竜一は、竜二のアシストで晃に近づくことに成功。

源平の元にも何食わぬ顔で挨拶に行くが、そこへ、兄弟の秘密を知る人物が現れて・・・。

希空
何故竜一が「トッキー・ビーンズ」に近づいたかというと、取引先がキリシマ急便だったからなんですね。

そして、そんな竜一が源平に近づくと、兄弟の秘密を知る人物が現れるそうなのですが、これは曽根村なのか、誰なのか・・・第2話を楽しみにしましょう!

ドラマ「竜の道」のネタバレ

気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・原作のネタバレ感想はこちらから

ドラマ「竜の道」の動画配信は?

「竜の道」1話視聴率9.1%!2話で竜一が源平に近づくが!?※ネタバレあり

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」の動画配信はFODでされます。

そして、見逃し配信は例によって例のごとくTVerで配信されます。

この双子の兄弟の復讐物語、原作は作者の他界により、完結していない作品です。

しかし、ドラマ版ではオリジナルストーリーを含めて完結させるそうです。

物語的に、史村翔原作、池上遼一作画の漫画「サンクチュアリ」を思い出しますね。

サンクチュアリ(1) (ビッグコミックス)

それでは玉木宏さんと高橋一生さんが出演する「竜の道」を楽しんでいきましょう!

 
【関連記事】

「私の家政夫ナギサさん」4話視聴率12.4%!田所(瀬戸康史)には隠し事が?※ネタバレあり

「未解決の女2」あらすじネタバレと視聴率!season2の最終回結末はまさかの展開?

「未解決の女」続編決定!season1のネタバレを最終回結末、原作緋色のシグナルまで紹介!

「MIU404」5話で離脱者続出?6話で菅田将暉と鈴鹿央士は?ネタバレあり

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 小説原作ネタバレ情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.