漫画原作ドラマ 漫画情報

「恋わずらいのエリー」11巻ネタバレ!エリーのために近江がとった行動とは

「恋わずらいのエリー」11巻ネタバレ!エリーのために近江がとった行動とは

漫画「恋わずらいのエリー」の最新刊11巻収録の41話、42話、43話、44話のネタバレを紹介していきたいと思います。

「恋わずらいのエリー」は、藤ももさんの漫画で、最新刊の11巻とあわせてドラマCDも発売されており、ドラマCDでは恵莉子役を小澤亜李さん。

近江役を岡本信彦さんが演じるほか、三崎紗羅役で大西沙織さん、汐田澄役で興津和幸さん、青葉役で白井悠介さんが出演しています。

この累計140万部を突破している人気漫画「恋わずらいのエリー」の11巻はどうなるのか、紹介します!



漫画「恋わずらいのエリー」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・11巻のあらすじはこちらから

・11巻41話のネタバレはこちらから

・11巻42話のネタバレはこちらから

・11巻43話のネタバレはこちらから

・11巻44話のネタバレはこちらから

漫画「恋わずらいのエリー」11巻のあらすじ

クライマックス直前ーーー!!!!!!!

地味だけど妄想が趣味の女子高生・エリーと学年一のイケメン・オミくんはラブラブ絶好調!

でも、オミくんのDKコンテスト出場とSNSの炎上で、オミクンは「付き合っていない」とウソをついちゃって2人は険悪ムードに・・・。

一方、アヤカの影響でレオに告白を決めた紗羅ちゃんは、エリーと一緒にレオのバイト先に向かう。

そこでオミくんとエリーは鉢合わせちゃって・・・!?

すれ違ったオミくんとエリー、そして紗羅ちゃんとレオくん、2カップルから目が離せない!

さらに、DKコンテスト&体育祭の行方は!?

胸きゅんもムラムラもいっぱいな第11巻

漫画「恋わずらいのエリー」11巻41話のネタバレ

背中越しに座ったエリーと近江。

エリーは何か話さなければ・・・と思うが、思い返してみるとくだらない話ばかりしていた。

どんな話でも笑って聞いてくれていた近江のことを思う。

一方の近江も何か話さなければと焦るが、やはりくだらない話しか思い出せない。

別れると言ったことを、今すぐ謝れば・・・と思うけどなかなか口を開くことができない。

紗羅はバイト先に行くと、もう帰ったと聞かされてしまう。

入れ違いになってしまったと思った紗羅は、すぐに追いかける。

実はレオは更衣室にいて、まだ残っていたのだ。

紗羅が来たと聞いて電話をしてみても、電話に出ない。

近くにパトカーが通り、紗羅が事件に巻き込まれたのではないかと焦るレオ。

しかし、紗羅は無事で、公園でレオに電話を返すところだった。

紗羅に何もなかったことに安心したレオは、無事で良かったと紗羅を抱きしめる。

あまりに強く抱きしめたことで、痛がる紗羅でしたが、

「今は怖がられても嫌われても離さない」

とレオは言う。

「嫌ってない・・・」

と呟いた紗羅はレオに飛びついてキスをする。

あまりの出来事に腰が抜けたレオは倒れてしまい、そのまま噴水につかってしまう。

ごめん、と慌てて紗羅を抱き上げるレオ。

「好き・・・レオ、好き。私を選んでくれますか?」

と紗羅は抱きついたまま告白する。

レオの頭の中に浮かぶのは幼い頃からずっと一緒だった紗羅の顔ばかり。

「ずっと紗羅しか見ていない」

とレオは答える。

紗羅は今にも泣きそうな顔をしている。

キスをもう一度してというレオに

「私だってしてほしい」

と紗羅は言う。

「ずっと待ってた」

そう言ってレオは紗羅にキスする。

エリーの元に“上手くいった”とメッセージが届く。

驚いたエリーは近江に紗羅とレオが上手くいったと報告する。

気づかぬうちに近くになってしまったエリーは、下がると「ごめんなさい」と近江に謝る。

「ハイタッチしたいくらい浮かれてしまって」

と言うと近江は

「ハイタッチする?」

と手を出してくれる。

そっと近江の手に手を重ねるエリー。

近江はそのまま指を絡める。

「昼のことだけど・・・」

と近江が言いかけたところで携帯が鳴り、驚く二人。

エリーは紗羅のことを自分のことのように喜んでいた。

お互い好きで守りあっていたのを見てきたから、心から嬉しいと言うエリー。

帰ることにした二人だったが、エリーが少し冷えてしまった。

「嫌でなければ着て」

とジャージを差し出す近江。

駅で近江を見送ったエリーは、いろんなことを考えていた。

いろいろあって、がむしゃらにぶつかって、それでも好きと言ってくれた近江。

“もう一度頑張ってもいいだろうか・・・”

そうエリーは思う。

家に帰り、紗羅にこれまでの出来事を話すエリー。

落ち込んでいるかと紗羅は心配するが、エリーは

「ジャージをかぶっていたら落ち着いてきた」

と話す。

やっぱり近江が好きと思うエリーは、もう一度近江に告白すると決めた。

近江を触りまくりたいと妄想をするエリー。

エリーは前を向くことにした。

漫画「恋わずらいのエリー」11巻42話のネタバレ

レオは下駄箱の前でアヤカを待っていた。

紗羅と付き合うことになったことを、アヤカには一番に言いたかったレオ。

アヤカは

「報告ありがと、仲間だもんね」

と言う。

が、堪えきれなくなったアヤカは、レオの背中に靴をぶつける。

「私じゃダメなの?めちゃくちゃあんたに惚れてる」

と告白するアヤカ。

レオは

「ありがとう、でも紗羅じゃなきゃダメなんだ」

と断る。

アヤカは

「貫けよ、純愛」

とレオを励ます。

レオが去った後、物陰からガタッと音がする。

「すみません、聞いてました」

と謝ったのは近江だった。

泣くアヤカに

「かっこよかったです」

と励ます近江。

そして別れ話をしてしまったことをアヤカに話す。

アヤカは「バカね」とあきれる。

自分のことばかり考えていたのが情け無いと落ち込む近江。

「けど、もう一度告白します」

と決意する。

そして、

「コンテストに優勝してエリーをテーマパークに連れて行きます」

と言う近江。

近江の馬鹿正直さにアヤカは力が抜けて笑うのだった。

決意したエリーは近江のクラスの前で待っていた。

すると後ろから声をかけられて驚くエリー。

「あの、話が・・・」

と二人同時に話しだしてハモってしまう。

話をなんとか続けようとするが、エリーは体育祭の実行委員で呼び出されてしまう。

近江は

「終わるまで待ってるから話がしたい」

と伝えた。

「待ってて」

と答えるエリー。

放課後に告白するんだとぼーっとしていたエリーだったが、体育祭が延期になり、放課後に機材の撤収作業をしなければならなくなり、

「放課後はダメー」

と叫ぶ。

そして放課後、話す時間がなくなってしまったことを告げるエリー。

近江は「わかった」と帰っていく。

すれ違ってばかりだと落ち込むエリーだったが、いくらすれ違っても諦めてはダメだ・・・と自分を奮い立たせる。

いっぱい仕事をして早く帰ろうと焦るエリーは、踏み台から落ちてしまいそうになる。

そんなエリーを咄嗟に支えてくれたのは近江だった。

近江は「みんなで手伝いに来た」と言う。

山田やレオ、紗羅たちが手伝いに駆けつけてくれた。

二人で作業を始めるエリーだったが、近江にバケツの水をかけてしまう。

近江は

「ちょっとは俺を頼れよ!」

と雑巾をエリーに投げつける。

それにムッとしたエリーは雑巾を投げ返す。

「私だって頼ってほしいと思ってた、近江の本音をもっと聞きたかった」

と言うエリー。

投げた雑巾が顔に当たり、エリーは慌てる。

そんなエリーの手を握ると、近江は

「好きだよ、意地張ってごめん、もう一度、俺の彼女になって」

と告白する。

するとエリーは近江の頭を撫で回した。

「私は近江くんを撫で回したい、大好きだから一番近くでふれていたい」

と涙ぐむ。

二人で笑いあうとキスをする。

止まらなくなる二人だったが、委員長に

「やめてくれ、学校だ、そして人前だ」

と諭され、唖然とする二人だった。

エリーは近江が自分のためにコンテストに出場したことを知り、驚く。

近江は彼女アリでも参加できるなら、テーマパークをかけて頑張る!と決意表明をする。

お互いに応援すると、盛り上がる二人だったが、委員長が水を差す。

延期になった体育祭とコンテストの日がかぶってしまったのだ。

エリーは近江と応援に行けず、近江はエリーの頑張る姿を見れなくなってしまった。

「マジ?」と顔を見合わせる二人だった。

漫画「恋わずらいのエリー」11巻43話のネタバレ

大きな喧嘩をして、また一つ絆が深まったエリーと近江。

しかし、エリーは近江の応援に行けなくなってしまった。

近江は

「優勝したい、そして二人の夢を叶えたい」

と言う。

エリーは、本気であの妄想を叶えようとしてくれているんだ・・・と感激する。

帰り道、要に会うエリー。

要はツイッターの騒ぎが、公式が謝罪ツイートをしたことで、流れが変わったのを教えてくれる。

彼女がいたのを隠さなかったと、逆に良い方向に流れが向かっていたのだ。

要は

「優勝をするところを見れなくて残念だね」

と言う。

優勝という言葉に引っかかるエリー。

シャワーを浴びようとするエリー達だったが、シャンプーが切れていることを知らされる。

紗羅は

「男子の方から借りてくる」

と出かけた。

そこでレオと近江に会う紗羅。

レオは知り合いから借りると言う。

二人で手を繋いで廊下を歩く二人。

エリーはシャンプーの替えが片隅にあったのを見つける。

紗羅に教えなければ・・・と男子のシャワー室に入ったエリー。

そこで近江の全裸を目撃してしまう。

声にならない悲鳴を上げたのは近江の方だった。

繊細な近江の心が死んだ・・・と心配するエリー。

エリーは服を脱いで、

「私のも見て」

と言う。

それを慌てて止める近江。

「見るだけじゃ止まらないから」

とエリーに迫る。

エリーは

「止めないで」

と近江に抱きつく。

近江に触れられてクラクラするエリー。

エリーは

「ロマンチックでなくてもいい、近江くんとならどこででも」

と口にする。

すると近江は上着をかけ

「ごめん、後で話そう」

とエリーを戻す。

帰り道、近江が連れていったのは近所の神社だった。

近江は「全部話すね」と思ったことを話した。

「エリーがさっき言ってくれたこと嬉しかった。」

「優勝して夢を叶えたいと思うのと同じくらい、自分のために頑張りたいと思っている」

と言う。

「今まで冷めた人間だと思っていたけれど、エリーを好きになり、冷めた人間じゃないとわかった。」

「だから、そう思わせてくれたエリーに最高のプレゼントをできるような男になりたい。」

「そしてエリーと堂々としたい」

と言う。

エリーは

「自分のために頑張る近江はカッコいいよ」

と言う。

エリーは改めて必勝祈願だと熱心に神様に祈るが、ここは縁結びの神社だった。

そして、コンテストと体育祭の前日。

近江は前日入りして、東京のホテルに泊まることになっていた。

エリーは

「ホテルにバスローブがあったら、一枚写真がほしい」

と近江にメッセージを送る。

お互いに頑張ろうね、そう思うエリーだった。

漫画「恋わずらいのエリー」11巻44話のネタバレ

小学校の学芸会で毎年、王子様をやらされるのが嫌だった。

他人からのイメージに押しつけられるのに耐えられなくて、いつも逃げてばかりだった。

そんな近江がDKコンテスト決勝の舞台に立っていた。

近江の登場に会場は大盛り上がり。

たくさんの人に認められて、優勝して、自分に自信をつけたい・・・。

「いつも一生懸命でまっすぐなエリーに釣り合うようになりたい」

と思う近江。

第一次審査は胸キュン台詞だった。

格好よく決める近江。

携帯のエリーとの写真を見て、頑張れると確信する近江だったが、ツイッターを開くとそこには体育祭でトラブルがあったことが報告されていた。

学校では、食中毒が起こっていたのだ。

昨日の決起集会のご飯が原因だった。

次々と倒れて行く実行委員。

しかしその中で、エリーは食べておらず、急遽、委員長代理に指名されてしまうことに。

近江は心配してエリーに電話をかけるが、エリーは電話に出ない。

山田に電話するも、肝心なところで充電が切れて詳細は聞けなかった。

エリーはその頃、騎馬戦をバリバリと仕切っていた。

少ない人数で体育祭を回す面々は、疲労困憊だったが、レオたちも手伝ってくれた。

近江の着信に気づいたエリーだっが、忙しくてかけ直す暇もない。

一斉に「どうしよう」と相談され、混乱するエリー。

一方、演技審査に向かう近江は、連絡のつかないエリーが心配でたまらない。

気がかりながら演技をする近江。

「でも大丈夫、オレがついているから」

という台詞を言って、近江は違和感を覚える。

演技をやめた近江は「すみません」と話を切り出すのだった。

用事を言いつけられ、懸命にこなすエリーだったが、一部の人には

「段取りが悪い」

「ぐだってる」

と言われてしまう。

体育倉庫で網を取ろうとしたエリーだったが、足元が崩れて頭をぶつけてしまう。

涙が止まらなくなるエリー・・・。

「近江くん・・・」

とうずくまったエリーに、近江から電話がかかってくる。

「事情は聞いた、大丈夫!?」

という近江に

「大丈夫じゃない・・・助けて近江くん、会いたいよ」

と泣くエリー。

「わかった」

いるはずのない近江が、エリーを後ろから抱きしめる。

エリーは動画で、近江がコンテストを棄権したことを知る。

「弱くてダメなままのオレでも、いま行かないと絶対に後悔する」

と会場を後にした近江。

エリーは嬉しいと涙ぐむ。

「夢を叶えられなくても、今そばにいてくれることが一番嬉しい」

と言うエリー。

近江もその言葉が、一番嬉しく感じる。

外からはエリーの頑張りを認める声も聞こえてきた。

なんとか体育祭は無事に終わった。

エリーは「一生忘れません」と挨拶をする。

帰ると、近江がエリーを待っていてくれていた。

エリーを抱きしめたい近江は、

「優勝もしていないし、プレゼントできないけど、エリーのことほしがってもいい?」

と尋ねる。

エリーは「喜んで」と答えるのだった。

※続きの45話のネタバレはこちらから

「恋わずらいのエリー」最新話45話ネタバレ!二人は遂に一つに!?

漫画「恋わずらいのエリー」は最終話間近!

「恋わずらいのエリー」11巻ネタバレ!エリーのために近江がとった行動とは

漫画「恋わずらいのエリー」はクライマックス直前です!

最終的に二人は・・・結ばれるには結ばれるが・・・!?

どうなっていくのか楽しみましょう!

ちなみに、漫画「恋わずらいのエリー」の電子書籍はU-NEXTにあるので、そちらでもお楽しみくださいませ!

電子書籍を読むならU-NEXT!600円分無料!公式ページはこちらから
 

それでは漫画「恋わずらいのエリー」を楽しみましょう!

 
【関連記事】

「いとしのニーナ」あらすじネタバレ!FODドラマの最終回結末は原作と違う?

鬼滅の刃23巻ネタバレ!最終巻!?無惨との決着とその後

朝ドラ「エール」35話ネタバレ!小山田耕三(志村けん)との出会い

「まだまだ恋はつづくよどこまでも」動画を1話~最終回まで無料で視聴する方法

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.