ドラマコラム ドラマネタバレ情報 漫画ネタバレ情報 漫画原作ドラマネタバレ

「ギルティ」原作漫画38話ネタバレ!瑠衣の母・明奈は生きている

「ギルティ」原作漫画38話ネタバレ!瑠衣の母・明奈は生きている

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の原作漫画の「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」の38話のネタバレを紹介していきたいと思います。

37話では、若菜が恵那を連れて家にやってきた。

母親は2階で寝ていたため、リビングで若菜たちと食事をする爽。

爽が朝「会議」といっていたのは嘘だと見抜いていた若菜は、どうしてこなかったのかと質問する。

爽は、秋山は美和子とは別居中だし、美和子には自分が嫌われていることを話す。

すると若菜は秋山の様子を見て、離婚するのではないかと言い出した。

その後、若菜を送りに爽は母親を置いて外へ。

母親は家に一人になったと気づくと、爽の部屋に入り引き出しを開けた。

爽の部屋で爽のガラケーを手にした母親は、メールを見始める。

そこには秋山とのやりとりが残されていた。

自分の父親が蒸発したことは秋山にしか言えなかったことや、秋山のことを母親が嫌っていたことも素直にメールしていた爽。

そんな爽を、「心配するな」と優しく受け止めてくれていた秋山とのやりとりまで、母親は見てしまう。

すると、未送信となっているメールが1つあることに気がつく。

そのメールに書かれていた内容を見てハッとする母親。

メールには、秋山と別れたことと、こうしないと“お母さん死んじゃうから”と書かれていた。

秋山のことが本当に大好きだった爽。

しかし

「別れなければ死ぬから」

と自分が言ってしまったことで、爽を大切な人から引き離してしまったことに、今になって母親は気づくのだった。

一方で、職場にまだ残っていた守屋はずっと瑠衣の写真を眺めていた。

すると編集長が通り掛かり、瑠衣の写真を見て知り合いに瓜二つだと言い出す。

編集長は「明奈」の名前を出し、

「この顔を知っている、明奈の娘なのではないか」

と言うのだった。

それでは「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」の38話はどうなるのか、紹介していきたいと思います!



「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・38話のネタバレはこちらから

・37話のネタバレはこちらから

・瑠衣についてのまとめはこちらから

・ドラマ最新話までのネタバレはこちらから

「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」38話のあらすじ

35歳の爽(さやか)は、結婚して10年経つ夫の一真(かずま)とふたり暮らし。

一真が爽の友人である瑠衣(るい)と不倫、さらに過去に別の女性との間に子供がいることが判明し、二人は離婚する。

穏やかな日々を過ごす爽をよそに、瑠衣の過去を調べる守屋(もりや)はある場所を訪れる。

そこから導き出した仮説とは・・・?

また、守屋の想いとは・・・?

ラスト、衝撃の展開があなたを待ち受ける!!

「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」38話のネタバレ

瑠衣がまだ幼い頃、母親の明奈は優しくしてくれた時もあった。

明奈からはいつもいい匂いがして、瑠衣をいつも殴っていたが、その手でたまに優しく頭をなでてくれたりもした。

しかし明奈の機嫌がいい時は、男性関係がうまくいっているときだけ。

1日男性と過ごして満足した後だけなのだ・・・と瑠衣は幼いながらも、明奈の首筋に残る痕に気付いていた。

しかし、それでも頭をやさしくなでてもらえることで愛情を感じてしまっていた瑠衣。

爽は仕事中、守屋に「荻野」と呼ばれて驚いていた。

守屋は明奈のことでわかったことがあると、爽を誘ったが、爽は気乗りしない様子だ。

以前は瑠衣と母親のことを知りたがっていた爽なのに、守屋は不思議そうだった。

すると爽は、ずっと目を覚まさない瑠衣に

「何かできるわけでもないから、これ以上かかわるのはやめる」

と言い出す。

そんな話を聞いて、元カレと何かあったなと秋山のことを口にする守屋。

キスでもしたのかと言われてしまい、爽はドキッとしてしまう。

爽が固まる様子を見て、マジなのと驚く守屋だが、爽は

「もう秋山の本心が聞けたから十分」

と言うのだった。

するとそんな爽の表情を見ていた守屋が、秋山との未来を想像しても良いのではないかと言ってくれる。

しかし爽は、秋山の心が離れた美和子の気持ちもわかるし、突然父親がいなくなってしまった蛍太の辛さもわかるから、秋山との未来が想像できないと言う。

秋山も自分といることで苦しみ続けるのは耐えられない、そういいながらも、それも“ええかっこしい”なのだろうかと吐露する。

守屋は目に涙をにじませている爽を見ると、秋山のことが大事なのはわかった・・・と後は自分に任せてと、その場を後にするのだった。

守屋は夜に一真と待ち合わせをしていた。

本当は爽もつれて3人で話す予定だったけれど、爽は“心ここにあらずだから”と爽のことを元荻野と呼ぶ守屋。

守屋は明奈が昔勤めていた職場がわかったと一真に話すのだった。

明奈が働いていたのは高級クラブだった。

守屋の会社の編集長が良く接待で使っていたという。

実はそのクラブのママに瑠衣の写真を見せていた守屋。

ママは明奈に瓜二つだと驚いていた。

明奈は以前クラブにいたホステスで、本当に綺麗な女性だったけれど、男がいないと生きていけないタイプだったとママは話してくれていた。

気分次第で出勤や欠勤を繰り返し、扱いには苦労していたようだった。

しかし明奈は人気ホステスだったため、辞めさせられなかったと言う。

守屋は、その話は何年前かと尋ねると、ママは答えてはくれなかった。

明奈と瑠衣親子について調べているから、知っていることがあったら教えてと聞いても、ママは

「明奈は亡くなった」

と言う。

驚く守屋に、瑠衣との事件で明奈は入院していたけれど、病院を抜け出した後に・・・と口ごもる。

死因もプライベートなことだからと、全く話してくれないママ。

ママと話したことを一真に話すと、一真も明奈が亡くなっていたことに驚く。

守屋は手帳を見ながら、明奈に起きたことをツラツラと読み上げていく。

どうしてそんなに調べるのかと一真が守屋に尋ねると、

「逆に自分の嫁を苦しめた人間がどう生まれ育ったのか気にならないのか」

と守屋は一真に質問した。

黙ってしまう一真。

そんな一真に、

「今爽と瑠衣どっちのことを考えたんだ」

と突っ込む。

一真は、元嫁(爽)だと答えるのだった。

爽には何度謝っても謝り足りないと言う。

それを聞いた守屋は、自分も惚れてなければこんな面倒なことをしないと口走った。

驚く一真に、

「なんちゃって」

と言ってとぼけるのだった。

その頃、爽は母親と自宅で食事をしていた。

爽のことを、

「結婚してもいい年齢なのにいつまでも面倒見てもらってごめんね」

と謝る母親に、爽は一真と10年結婚していたことを話す。

母親は自分が入院していた時に、一真が来てくれたのを覚えていたので、爽が結婚していたと聞いて驚くのだった。

しかし爽は、

「結婚したことも離婚したことも自分で決めたことだから後悔してない」

と伝えた。

守屋と一真はまだ飲んでいた。

守屋は自分が想像していることを一真に話しだす。

瑠衣が明奈を超えようとしている、というのが守屋の想像だった。

当時中学生だった瑠衣は、明奈を階段から突き落とす前に、明奈の顔を切りつけていた。

「顔を切りつけたのは身を守るために無我夢中だったのでは・・・」

と一真は言うが、守屋の見解は違う。

瑠衣があえて突き落とす前に明奈の顔を狙ったのではないか・・・と言う。

そして守屋は、

「明奈はまだ生きている」

と明かす。

週刊誌の記者である守屋。

クラブのママが嘘をついていたことはわかっていた。

金を握らされ明奈のことを隠すママ。

明奈が生きているのを知っていて、明奈を探している瑠衣。

守屋の話を聞いて、一真は

「それを知っても何もできない・・・」

と言おうとするのだった。

しかし、“したいこと”はあるのではないか・・・と守屋が話し出す。

無関心になれたらいいのに、相手の心がどこにあろうがその人に何かせずにはいられない。

守屋は一真も自分と一緒だと言う。

爽が心あらずと話しても、守屋が爽に惚れてると言っても、一真は興味を持たなかったと指摘した守屋。

一真の心と感心はどこにあるのかと突っ込まれ、一真は瑠衣に言われたことを思い出す。

好きの反対は嫌いではなくて無関心。

相手に関心がある以上は、「好き」と「嫌い」は同じ場所にあると瑠衣は言っていた。

だから

「相手を嫌いになったときに終わりにできるのではなくて、相手に関心がなくなったときに終わりにできる」

と話していたのを思いだした一真。

一真は瑠衣のところにいた。

目を覚まさない瑠衣を眺める一真。

涙を流しながら、瑠衣に

「お前なんか大嫌いだ」

とつぶやき病院を後にするのだった。

その頃、意識の戻らない瑠衣に誰かが話しかけていた。

瑠衣は頭の中で明奈に話しかけられていた。

「私のことが好きでしょ。」

「私になりたいなら、さっさと起きなさい。」

頭の中で明奈に頭をつかまれてそう言われていた瑠衣。

ついに瑠衣は目を覚ますのだった。

目を覚ました瑠衣は、何かにおびえたような顔であたりを見回す。

そして何かを話したそうに震えていた。

その頃、秋山のもとへ泉川先生から電話が入る。

秋山は驚きながら電話に出ると、絶句してしまうのだった・・・。

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の動画配信・電子書籍

「ギルティ」原作漫画38話ネタバレ!瑠衣の母・明奈は生きている

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の動画配信は、読売テレビの制作という事もあり、Huluでされます。

そして、見逃し配信はTVerでも配信されます。

Huluの無料お試しはコチラから
 

また、放送されるのが木曜よる11時59分からの木曜ドラマF枠なので、GYAO!でのチェインストーリーもあるんじゃないかな?という気がします。

そして、原作である漫画の「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の電子書籍はまんが王国で配信されています。

まんが王国公式ページはこちらから
 

それでは話題の漫画が原作のドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」を楽しんでいきましょう!

 
【関連記事】

「ギルティ」原作漫画37話ネタバレ!爽と秋山と母親

「BG2身辺警護人」3話ネタバレ!クライアントから離れて医師を守る島崎に違和感?

「逃げ恥」続編は確定?内容はみくり(新垣結衣)の妊娠と出産?

「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」ネタバレ!原作・ドラマの最終回結末は?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 漫画ネタバレ情報, 漫画原作ドラマネタバレ
-, , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.