ドラマや映画、漫画を楽しんでますか?ドラマは視聴率が言われるこんな時代だからこそVODで自分の好みで作品を楽しもう!ドラマや映画、漫画の情報・コラム配信メディア「UDIラボ東京」ドラマのあらすじやネタバレ情報、視聴率などをチェックしよう!

UDIラボ東京-ドラマネタバレ-

ドラマコラム ドラマ情報 漫画原作ドラマ 漫画情報

「鈍色の箱の中で」ドラマ化!キャストやネタバレ紹介!実写化で最終回・結末はどうなる?

投稿日:

「鈍色の箱の中で」ドラマ化!キャストやネタバレ紹介!実写化で最終回・結末はどうなる?

LINEマンガの人気作である「鈍色の箱の中で」が実写ドラマ化されます!

篠原知宏さんの同名漫画が原作で、LINEマンガが実写化されるのは初めて?かもしれませんね!

しかも今回のドラマ化にあたり、キャストも「3年A組―今から皆さんは、人質です―」に出演していたキャストも多数おり、話題となっております!

今回はテレビ朝日の360ドラマとして2月8土曜の深夜3時から放送が開始される「鈍色の箱の中で」のあらすじやキャスト情報、ネタバレ・感想など色々とご紹介していきたいと思います!



【この記事も読まれてます!】

ドラマ「鈍色の箱の中で」の概要

この作品「鈍色の箱の中で」が描くのは、“鈍色の箱”(分譲マンション)の中で共に成長してきた幼なじみ5人の高校生の初恋。

と言っても、単に甘く切ないだけの青春ラブストーリーではありません。

登場人物の誰もが誰かに片想いしているという切ない状態。

それなのに、幼なじみならではの微妙な距離感や嫉妬心、劣等感が邪魔して、自分の気持ちを打ち明けられずにいます。

そして、行き場をなくした恋心はしだいにドロドロとした呪いのようなものに形を変え、それぞれを捕らえて離さなくなるのです!

近くにいるのに遠い存在・・・。

高校生になった5人の関係はさらに複雑に交差していきます。

それぞれが鬱屈した想いを抱えながら、すれ違い、互いに傷つけ合う中で、物語はやがて思ってもみない展開へと突き進んでいきます!

物語を彩るのは、高校生たちの揺れ動く気持ちを映し出す“キス”の数々。

“気持ちを押し付ける独りよがりのキス”、“寂しさを埋めるだけのキス”、“略奪のための強引なキス”、“気持ちを試す駆け引きのキス”、“慰めのキス”・・・。

これらすべてのキスに共通しているのが、一方通行でしかない“片想いのキス”であるということ。

毎話クライマックスに登場する、切なく、そして狂おしいキスシーンは、観る人の心を激しく揺さぶります!

ドラマ「鈍色の箱の中で」のキャスト

久保田紗友 役:桜井美羽(さくらい・みわ)

406号室に住む高校2年生。

順風満帆に育ち、どんなことにも一生懸命に取り組む性格。

幼少時、同じマンションに引っ越してきた基秋が寂しそうにしているのが気になり、寄り添っているうちに幼なじみへの親近感は、いつしか恋心へと変わっていった。

基秋からは家族のようにしか思われていないと感じていて、かなわぬ恋にひそかに思い悩んでいる。

萩原利久 役:辻内基秋(つじうち・もとあき)

405号室に住む高校2年生。

美羽と兄妹のように接する幼なじみ。

幼少時に母親を亡くし、失意に陥っていたが、美羽と過ごすことで、寂しさが紛れていった。

同じマンションに昔住んでいたバイオリンを弾くお姉さん、河野綾芽のことが忘れられずにいる。

一方、美羽の恋心には全く気づいていない。

高校では美術部に所属していて風景画を描くのが得意。

神尾楓珠 役:真田利津(さなだ・りつ)

106号室に住む高校2年生。

幼なじみ4人とは距離を置いている。

幼少時、ある事情から女装をさせられていたが、明るく接してくれた美羽に恋心を抱くようになった。

美羽への想いが募る一方で、美羽が基秋のことを好きだと気づいているため、やり場のない自分の気持ちにイライラし、幼なじみの馴れ合いの関係をうっとうしく感じている。

岡本夏美 役:高鳥あおい(たかとり・あおい)

315号室に住む高校2年生。

美人で無条件に周囲から愛されている美羽に対して幼少時から劣等感や嫉妬心を抱いている。

そのコンプレックスを克服しようと努力を重ね、今ではクラスの人気者に。

幼なじみの悟と付き合っているが、なぜか利津のことを常に気にかけている。

望月歩 役:庄司悟(しょうじ・さとる)

201号室に住む高校2年生。

誰とでもすぐ仲良くなれるフランクな性格のムードメーカー。

人のことを気遣うあまり、自分のことは後回しにしてしまう部分もある。

高1のころからあおいと付き合っている。

高校ではバスケットボール部に所属している。

ドラマ「鈍色の箱の中で」1話のあらすじ

100世帯もの家族が暮らす分譲マンション。

このマンションに住む桜井美羽(久保田紗友)、辻内基秋(萩原利久)、真田利津(神尾楓珠)、高鳥あおい(岡本夏美)、庄司悟(望月歩)の5人は、幼少期からいつも一緒に遊んでいた幼なじみだ。

5人は今も同じ高校に通っていて接点は多いものの、その関係性は時を経て変化していき、今ではそれぞれが微妙な距離を感じながら暮らしている。

基秋に一途な思いを抱きながらも、あと一歩が踏み出せずにいる美羽。

そんな美羽の想いに気づかず、あくまで幼なじみとして接する基秋。

表面上は良き友人を演じながらも、美羽への劣等感や嫉妬心からいら立ちを募らせているあおい。

その気持ちを受け止め、あおいと付き合っている悟。

そして、そんな4人の関係を「馴れ合い」だと批判し、一人距離を置いている利津・・・。

5人の思いが交錯する中、美羽が、学校一のモテ男として女子人気を集めているバスケ部の先輩から大胆な告白を受ける!

あおいは、美羽の基秋への気持ちを知りながらも、嫉妬心からあえて美羽の背中を押すが、基秋への気持ちを捨てきれない美羽は、戸惑いを隠せない。

いっぽう、基秋は、美羽の思いに気づかず、新しい恋を応援するような言葉を口にしてしまい・・・。

そんな中、基秋が幼少時に憧れを抱いていたバイオリンの上手なお姉さん、河野綾芽がマンションに引っ越してくる。

綾芽は10年ほど前、結婚を機にマンションを出ていったのだが、何か事情があるようで!?

原作「鈍色の箱の中で」のネタバレ・感想

「鈍色の箱の中で」ドラマ化!キャストやネタバレ紹介!実写化で最終回・結末はどうなる?

男性Aさんの口コミ・感想
幼い頃から集合住宅地で暮らす中学生になった少年少女たちのしがらみや恋心や屈折した感情やらが凝縮されていてとても良かったです。

第1巻では主要な登場人物と関係性が一通り出揃った所までですが、続きが気になります。

相関図を作るとみんな片思いしてる感じになるのかな。

巻末にはあのお姉さんの結婚してマンションを出て行く日の物語が描かれています。

この作者の作品には、縁があって、「ねらいうち!」(全5巻)「ボーイ♂スカート」(全2巻)と読んできて、今web連載中のこの作品もチェックしているので…ってことでコミックも買いました。

先に一言書いておくと、上述の2作品と、今作品とでは、描かれるメインキャラが高校生という点は同じでも、作品の基本的な路線、ジャンル、毛色が違うので、まぁ…作者的には今までの連載作品とは違う新しいジャンルに挑んでいる作品、ということに、なるのかな。

第1巻の中身は、

カラー扉絵/目次(各1p)
第0話「405号室 辻内新①」(14p)→息子と隣家の一人娘がキス…目撃&困惑
おまけイラスト(1p)
第1話「406号室 筧美羽①」(17p)→基秋の心の中には美羽は1mmも存在しない件
第2話「406号室 筧美羽②」(16p)→何十回何百回キスしても心の中に入れない件
第3話「405号室 辻内基秋①」(17p)→12年前、基秋(5)の迷子騒動と初恋の件
第4話「405号室 辻内基秋②」(16p)→初恋の人の妊婦姿…その後…な件
第5話「315号室 高鳥あおい①」(15p)→恋人同士のあおいと悟…と利津の件
第6話「315号室 高鳥あおい②」(14p)→あおいと利津と悟…突然終焉宣言の件
第7話「315号室 高鳥あおい③」(15p)→パンツ騒動とハンモックの寝顔の件
おまけイラスト(1p)
第8話「107号室 真田・利津・アロワ①」(16p)→欲しいものはいつも手に入らない件
第9話「107号室 真田・利津・アロワ②」(15p)→病んだ利津の破壊衝動の件
extra「集会室 バイオリンのお姉さん」(12p)→結婚して家を出る日と思い出の件
コミックス購入特典LINEスタンプ獲得方法(1p)
奥付(1p)

…ってことで、過去作のような、少年誌や青年誌に掲載される学園ラブコメ系とは違って、同じ恋愛系作品でも、もっとトーンが重めの恋愛群像劇的な内容。

でも、過去作で培ってきた色々な要素も、個々の場面場面で散りばめられていたりするので、この作者の、過去作品からの読者であれば、そういう面も楽しみの1つになるのかも。

…個人的に心にぐっと来た場面は、
p42…第2話「406号室 筧美羽②」の8ページ目の1コマ目、の美羽の表情が、悲しみとか苦しみとか色んな想いで気持ち悪い、っていうのが凄く伝わってきて…あそこの美羽の感情は、読んでて物凄くシンクロしたというか…ウルウルって自分も同じ様な感じになってしまって…あの1コマ目は、鬼気迫る何かが篭っていて、凄くよかった。

当然、そこで、それだけシンクロしたから、その直後の、木の前で偶然基秋と遭遇して…の展開も、分かるし…でも切ない、という。

第0~2話まで読んできて、この作品、いいかも、読み続けても面白そうかも…と思えるインパクトがあったのが、この第2話の後半部分だったと思う。

それと、p144~p145…
第8話「107号室 真田・利津・アロワ①」の後半部分、幼少時、美羽と基秋の例のシーンを目撃した時の、利津の表情が描かれたコマ部分…そして、

「欲しいものは、いつも手に入らない」…っていう部分で、ちょっとウルウルって泣きそうになって…あぁ、コレは、面白いな、と…。

そして、第9話で利津が病んだ欲求に走り出しそうな気配…で、この5人のメインキャラ達の、夫々の恋心や人間模様の行方は、どこへ向かって行くのか…ここまでは、そこそこ面白かったけれど、次巻では、この物語をどこまで話を広げて膨らませられるのか…っていう部分で、この物語が、次巻で何某かの結末を迎えるのか、更に第3巻とかに続いていくのか、が決まってくるんだろうな…と。

とりあえず、web公開の連載をチェックしつつ、次巻も購入する方向性で、今は、今後の展開を楽しみに、待とうと思います。

男性Bさんの口コミ・感想
女性Aさんの口コミ・感想
高校生になって、交際を周囲に打ち明け始める2人。
しかし基秋の心の中に初恋の女性の影がちらつく。

忘れられないという基秋の気持ち、それでも自分を見て欲しいという美羽の気持ち。

一線を越える二人、登場人物それぞれの記憶と想いが混濁した第2巻でした。

端的に言って最高です。
あと巻末のラフ画で描くサイドストーリーが毎回笑えます。

幼馴染の間で起きる恋愛関係。
上手いこと関係が進んでいかないストレス。

そのストレスに耐えられる人が楽しめる作品です。
ハッピーエンドを求めて読み進めると痛い目にあいます。

手に届かないもの程欲しくなる。

女性Bさんの口コミ・感想
女性Cさんの口コミ・感想
私はドロドロは苦手で、複雑な人間関係物の作品は避けていましたがこの作品は続きが気になり3巻まで読んでしまいました。

誰が誰とハッピーエンドを迎えるのか、はたまた誰とも迎えないのかわかりませんが最後まで見たいと思いました。

男の子が女の子にモテてたり、男の子がそういう羨ましくなるような立場にある作品って結構好きなんでその点はいいかなと思う。

けど、キャラの発言が特にそうなんだけど、所々それっぽく書いてる感がして「いやそうはならんだろ」ってツッコミを入れたくなっちゃうようなところもある。

だから感情移入ができない。
文学って難しいと思う。

フィクションをあたかもノンフィクションであるかのように仕立て上げないといけないから。

男性Cさんの口コミ・感想

ドラマ「鈍色の箱の中で」の見逃し配信・動画配信は?

「鈍色の箱の中で」ドラマ化!キャストやネタバレ紹介!実写化で最終回・結末はどうなる?

ドラマ「鈍色の箱の中で」の見逃し配信は、例によって例のごとくTVerで配信されます。

全話の動画配信はビデオパスで配信されます!

テレビ朝日のドラマは何処で配信されるのか解らないのですが、印象的にビデオパスが多いような気もします。

それでは2020年2月8日深夜3時から放送される「鈍色の箱の中で」を楽しみにしましょう!!

キャストも良いですし楽しみですね!
 
 
ドラマ「鈍色の箱の中で」や人気ドラマも見放題!?ビデオパスはコチラから

 
【関連記事】

映画「ジョーカー」あらすじネタバレ!動画配信と実際に見た感想を紹介!

「来世ではちゃんとします」2話ネタバレ・感想!動画配信をチェックして内田理央を楽しもう!

野中春樹の過去は?「知らなくていいコト」2話ネタバレ・視聴率!乃十阿徹は冤罪?

高山みなみ大暴れ!「SEDAI WARS(セダイウォーズ)」2話ネタバレ!横山めぐみの覚醒

-ドラマコラム, ドラマ情報, 漫画原作ドラマ, 漫画情報
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© UDIラボ東京-ドラマネタバレ- , 2020 All Rights Reserved.