ドラマコラム ドラマ情報 朝ドラ

朝ドラ「エール」56話ネタバレ!スピンオフ週!父、帰る

2020年6月14日

朝ドラ「エール」56話ネタバレ!父、帰る

朝ドラ「エール」スピンオフ週である第12週の56話のネタバレを紹介していきたいと思います!

第11週の55話では、三郎(唐沢寿明)は吐血し、倒れてしまった。

浩二が肩をつかんで叫んでも、三郎は目を覚まさなかった。

裕一たちはその後、家族で交代しながら三郎に付き添い続けた。

三日目、裕一は眠り続ける三郎に自然と語りかけていた。

「父親になってやっとわがったよ・・・父さんに、どんだげ心配かげできたが。まだ全然恩返しでぎでないんだ。だから・・・」

あふれそうになる涙を拭っていると、唐突に三郎が返事をした。

「だがら、何だ?」

「うわぁっ・・・。おおい!父さんが目ぇ覚ました!」

すぐに家族が集まってきた。

だが三郎が、浩二と二人にしてほしいと言いだしたため、裕一は、まさと音(二階堂ふみ)を促して寝室を出た。

「浩二・・・お前にはさんざん迷惑かげで、悪がったな。俺ど母さんが、でがい面して表歩げんのは、お前が働いでくれでっからだ。」

「店継いでくれだどぎは、腹の底がらうれしがった・・・」

「ほんとは、兄さんのほうがよがっただろ。俺・・・二人が音楽の話すんの、ずっと嫌だった。全然話題に入れねぇしさ」

「音楽があったがら、あいづど話がでぎだんだ。浩二どは何がなくても、言いでえごど言い合ってきたべ」

三郎は、強いまなざしを浩二に向けた。

「いいが、浩二。俺が死んだら・・・喪主はお前だ。喜多一を継いだやづが、この家のあるじだ。家長だ。家も土地も、全部お前が引き継げ!」

「裕一も、喜んでお前に譲るってよ。ちゃんと承諾取ったがら」

三郎は、裕一と神社で話したときにその約束を取り付けていた。

「母さんのごど、頼んだぞ。聞いでんのが」

「・・・聞いでるよ。何だよ・・・そんな口約束ばっかし。だがらいっつもだまされんだよ」

「お前はだまされねぇ」

「ふん。さっさどこの家売っちまあがもしれねえし。もっと長生きしねぇど、何すっかわがんねぇぞ。」

「俺のごど見張ってろよ。もっともっと、生ぎでくれよ!」

口では強がりを言いながら、浩二はうなだれていた。

そんな浩二の頭を、三郎はそっとなでた。

「お前、いいやづだな」

顔を上げないまま、浩二は泣き続けた。

その晩、裕一は、縁側でハーモニカを吹き続けた。

寝室で眠る三郎のためだ。

神社で二人きりで話したとき、三郎はしみじみと言っていた。

「お前らのおがげで・・・いい人生だった。・・・ありがどな」

そうして三郎は、家族に看取られ静かに息を引き取り、葬儀のあと裕一たちは福島を後にした。

それでは56話について紹介していきたいと思います!



朝ドラ「エール」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・第12週全話のネタバレはこちらから

・56話のネタバレはこちらから

・今回の主な登場人物についてはこちらから

・57話のネタバレはこちらから

・エール全週のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」56話のネタバレ

ある日のこと、音(二階堂ふみ)は華を昼寝させようと、寝室で子守唄を歌っていた。

「ねんねんころりよ おころりよ~ 坊やはよい子だ~ ねんねしな~」

裕一(窪田正孝)は出かけており、家の中には音と華の二人きり・・・のはずが、背後から声がした。

「女の子かあ、かわいいな~」

振り返った音は仰天した。

亡き父・安隆(光石研)が寝室をのぞいているのだ。

白装束姿で、額には三角の布。

絵に描いたような“幽霊”といういでたちだ。

錯覚に違いないと思い、呼吸を整えてもう一度見直していたが、間違いなく安隆がおり、こちらに向かって手を振っている。

「きゃああああああああああああ」

ようやく恐怖を覚えて悲鳴を上げると、華が泣きだした。

慌ててあやしているうちに、安隆は部屋に入ってきて、音のそばに座った。

「久しぶり。おめでとう」

「は?」

「ん?だから、子ども、俺にとっちゃあ初孫だのん」

「えっと、あの、とりあえず居間に行っとって、寝かしつけるから」

音に言われるまま、安隆は寝室から出ていった。

華を寝かせてから音が居間をのぞくと、安隆が座っていた。

頬をつねってみると痛い。

どうやら夢ではなさそうだ。

試しに手を振ると、安隆が振り返してきた。

「現実だわ・・・」

そう考えるしかなく、音は安隆のそばに座った。

「驚いたらあ?俺の姿、親族にしか見えとらんだわ。一泊二日、この世に戻れることになったで、会いに来た。迷惑だったか?」

安隆は、音の反応に納得がいかないようだ。

「もっと感動的な再開っちゅうか、なんか、おとーさーんみたいなの期待もあったから」

「無理だよ。急にそんな恰好で現れても」

「立派な家だのん。家賃、結構するだろう?」

「思い切って買ったの」

「ええ!旦那さん、甲斐性あるな」

感心する安隆を、音は裕一の書斎に案内した。

卓上ピアノや蓄音機の並ぶ室内を見せ、裕一は作曲家なのだと話していると、安隆は、好物だった団子を買ってきてほしいと言いだした。

安隆には、おやつ代の二十銭も与えられていた。

金を受け取ろうと音は手を伸ばし、安隆の手に触れた。

その瞬間、幼い日の父との思い出が脳裏を駆け巡った。

「お父さん!」

懐かしさと、父を失った悲しみとが一気にこみ上げてきて、音は安隆に抱き着いた。

泣きじゃくる音を、安隆は優しく抱き締めた。

音は団子を買って帰ると、安隆が昔よくやっていたように、あんことみたらしを一本の串に交互に刺しなおして出した。

「うお、これこれ。この世の食い物はうまいなぁ」

「あっちでは何食べとるの?」

「あの世のことは、閻魔様に言っちゃいかんって言われとるんだわ」

「あの世って怖いの?閻魔様って怖いの?」

「怖くないよ。閻魔様って言ったって、ただのじじいだし」

「アハ、そうなんだ・・・よかった。釜ゆで地獄~とか舌抜き取られる~とか心配したの」

「俺、そんな悪いことしとらんよ」

「お父さん、優しかったもんね、でも、その優しさで・・・」

線路に落ちた子供を助けて、安隆は電車にひかれ亡くなった。

「・・・実は・・・助けた子を見てきた。駅員さんになっとった」

「そっか・・・よかったね」

「・・・すまん。体が勝手に動いた」

「あんときは恨みもしたけど、今は誇らしいよ」

そんな話をしているところに、裕一が帰ってきた。

音は慌てるが、安隆は、裕一には自分が見えないからと平然としている。

確かに裕一には、安隆が見えていなかった。

「お、お団子、珍しい~。誰か来てだの?」

団子が二皿あるのを見て、裕一は尋ねた。

「お団子買ってきたら、お父さん思い出しちゃって。命日も近いし、なんかお父さんにもって」

「あ~だから、これが。食べていい?」

音は目くばせで安隆に確認を取ってから、裕一に向かってうなずいた。

「うまい!豊橋って、どっちの方向だっけ?」

「あっちかな」

音が指した方向には、ちょうど安隆が座っており、裕一は、そちらに向かって手を合わせた。

「お義父さん、いっつも見守ってくれでありがとうございます。おかげさまで子宝に恵まれ、音さんと幸せな日々を暮らしております。お義父さん、音さんを産んでくれでありがとうございます」

目の前に相手がいるとも知らない裕一の姿を見て、音は思わず笑いだした。

「アハハハ、アハハハハ」

安隆も笑いをこらえており、裕一だけが訳が分からずきょとんとしていた。

夜、裕一と華が寝室で眠ると、音と安隆は居間で二人きりになった。

「俺、そろそろ行くわ。光子や梅にも会いたいしな」

「お姉ちゃんは?」

安隆によると、古山家に来る前に吟のところにも行ったのだが、吟は白装束姿の父を怖がって逃げ回り、受け入れてくれなかったのだという。

「少し旦那さんに合わせて無理しとるように感じた。お前も子育てで大変だろうが、気にかけてやってくれ」

玄関まで音が見送りに出ると、安隆は音を抱き寄せた。

「俺、音の歌が大好きだ。また絶対歌いんよ。約束だ」

音と安隆は指切りをした。

二人の手が離れると、安隆の姿がさっと消えた。

「また、くじが当たりますように・・・」

音は手を合わせてそう願った。

※続きの57話のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」57話ネタバレ!スピンオフ週!安隆と岩城と光子
 

朝ドラ「エール」今回の主な登場人物

窪田正孝 役:古山裕一(こやま ゆういち)

※子ども時代:石田星空

モデル:古関裕而(こせき・ゆうじ)

福島で代々続く老舗呉服屋の長男。
気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うとその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。

跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めるが、音楽への思いを断ち切れないでいた。

そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内 音とひょんなことから知り合い、文通を始める。

恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことを決める。

二階堂ふみ 役:関内 音(せきうち おと)

※子ども時代:清水香帆

モデル:古関金子(こせき・きんこ)

豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内家の三姉妹、次女の音は、将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。

ある日、福島に住む青年の古山裕一が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、手紙を送り文通を始める。

二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。
夫の才能を誰よりも信じて叱咤(しった)激励し、時代の流れのなかでさまざまな困難に遭遇しながら、自らも歌手になる夢を追い続ける。

光石研 役:関内安隆(せきうち やすたか)

音の父。
軍に納品する馬具の製造販売を行う会社を経営。

自身も音楽好きで、娘たちには楽器を色々と弾かせていた。

朝ドラ「エール」57話のネタバレ

一泊二日で地上に帰る権利がもらえるあの世の宝くじに当たって、10年ぶりにこの世に戻ってきた音の父・安隆(光石研)。

東京の音の家の訪問に続いて、地上で過ごす二日目は豊橋の関内家にやってくる。

馬具職人の岩城(吉原光夫)の仕事ぶりを見て、あらためて感心する安隆。

久々に再会した光子(薬師丸ひろ子)から、小説家を目指す壁にぶちあたっている梅(森七菜)の話を聞いた安隆は、梅の前にも現れる。

※続きの57話のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」57話ネタバレ!スピンオフ週!安隆と岩城と光子
 

朝ドラ「エール」の動画配信は?

朝ドラ「エール」56話ネタバレ!父、帰る

朝ドラ「エール」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。

民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。

しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。

有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。

しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

しかし、この朝ドラだけは、極々一部だけNHKオンデマンドでも無料登録で無料で見る事ができます!

本当に一部だけなので、どうしても朝ドラを無料で見たい場合は、NHKオンデマンドでは不可能です!

また、NHKオンデマンドで配信されているドラマはU-NEXTでも観れるので、正直U-NEXTの方が断然オススメです!

U-NEXTも月額制ではありますが、見放題なので安心して観れます♪

U-NEXTの無料視聴や無料登録はコチラから
 

それでは、朝ドラ「エール」の放送を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

「失恋ショコラティエ」ネタバレ!ドラマ再放送情報と最終回結末

「BG2~身辺警護人~」2話ネタバレ!川栄李奈を木村拓哉が警護!

朝ドラ「エール」55話ネタバレ!浩二の涙と三郎との別れ

「ハケンの品格2」6月17日放送開始!1話あらすじ・ネタバレ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 朝ドラ
-, , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.