ドラマコラム ドラマネタバレ情報 朝ドラネタバレ

朝ドラ「エール」54話ネタバレ!三郎の病状と吐血とハーモニカ

2020年6月10日

朝ドラ「エール」54話ネタバレ!三郎の病状と吐血とハーモニカ

朝ドラ「エール」第11週の54話のネタバレを紹介していきたいと思います!

第11週の53話では、宴会のあと、音(二階堂ふみ)は、後片付けをするまさ(菊池桃子)を手伝おうと台所に向かい、色々と話し始めました。

そして音は宴会の合間に、台所で胃が痛そうにしている三郎を見かけていた。

「ちょ、ちょっとお医者にかがってるだげよ。実は、胃潰瘍でね。心配しないで」

そう言われても心配で、音は、まさから聞いた話を裕一にも伝え、あと二、三日福島に滞在することを決める。

翌朝、裕一は、食事の支度をするまさに、金の入った封筒を渡そうとすると、浩二(佐々木宝)から拒否される。

「僕と音の滞在費だよ。余ったら、父さんだぢにうまい酒でも飲ませてやって」

「何がうまい酒だよ・・・」

「浩二、父さん、何があったのが?」

「関係ねえだろ」

「待って!頼む、教えでくれ」

二人で表に出ると、浩二が裕一に小声で言った。

「・・・父さん、もう長ぐねぇんだ。胃がんだって、もう手の施しようが・・・」

「う、う、嘘でしょ・・・だって、あんなに元気・・・」

「父さんの前でそんな顔絶対すんなよ。・・・俺だって、父さんの体気遣いながら必死に隠してきたんだ。」

「ばれだら・・・ただじゃおかねえがらな!」

それでは54話について紹介していきたいと思います!



朝ドラ「エール」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・第11週全話のネタバレはこちらから

・54話のネタバレはこちらから

・今回の主な登場人物についてはこちらから

・55話のネタバレはこちらから

・エール全週のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」54話のネタバレ

この日は、医師が三郎(唐沢寿明)の往診にやって来た。

きつく止められているにもかかわらず酒を飲んだ三郎は、胃の痛みに苦しみ、寝室で横になっていた。

「絶対安静、お酒は厳禁!いいですね!」

三郎に厳しく言い渡した後、医師は居間に移動して小声でまさ(菊池桃子)に伝えた。

「とにかぐ今は、なるべぐ体力を温存して、無理はさせないようにしてください。食事も消化のいいものを」

そばで聞いていた裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)は、手術や入院治療はできないのかと尋ねたが、医師は手の施しようがないと答えた。

「立って歩いでんのが不思議なぐらいなんです。気だげでもってるようなもんですから、覚悟しておいでください」

裕一が寝室に戻ると、三郎は笑顔を見せた。

「どした。シケだ面して」

「もともとこういう顔だよ。暇だろど思ってさ。何か食べたいもんとがない?」

「・・・ハーモニカ。久々に聴ぎでぇな。お前が商業学校時代に作った曲、ながながよがった」

「ごめん、持ってきてないんだ」

「大作曲家はハーモニカなくても作曲でぎっからなあ」

「そんなんじゃねぇって」

話し疲れたのか、三郎は目を閉じて眠りに就いた。

裕一は、その寝顔をそばで見守り続けた。

まさは、居間で音と二人きりになると、苦しい胸の内を明かした。

「昼間はいっつも、お父さんど二人きりだがら我慢してきたげど・・・怖いの。いづ、お父さんがど思うど、すごぐ怖い・・・」

言葉にしたとたんに、まさは涙をこらえられなくなった。

「私が川俣のごどで苦労かけたがらがな・・・どしてもっと早ぐ気づいてあげられながったのがな・・・おんなじごどばっかし、頭の中でぐるぐるしてんの」

音はまさの隣に行き、そっと背中をさすった。

「・・・誰のせいでもありません」

裕一は、父のためにできることはないのかと懸命に考えた。

「東京の大っきな病院に連れてくとがさ。こんな田舎の医者じゃなくて、腕のいい先生に診てもらえば手術だってできっかもしれないだろ?」

音にそう話してみたが、返事はない。

「大体、浩二も母さんも水くさいよ。もっと早く僕に相談してくれればよがったのに」

「・・・お義母さん、泣いとったの。お義父さんの前では、一所懸命普通にふるまっとるけど、ずっとつらかったんだと思う」

自分には母を責める資格などない。

そう思い知らされ、裕一は言葉をなくした。

その日の夕方、裕一は改めてまさに金を手渡した。

「でも・・・あなただぢもこれがら大変でしょう。華ちゃんだっているし・・・」

気を遣うまさに、音がにこやかに答える。

「私たちの滞在費ですから、お気にせずに」

「・・・申し訳ないわね・・・じゃ、ありがたく頂ぎます」

ちょうどそこに浩二(佐々木宝)が帰ってきた。

「・・・まだ、母さんにすり寄ってんのがよ。こんなもの、要らないって言っただろ」

でも、でもさ、やっぱいろいろ大変だろし。父さんのことも、僕が何とがするよ。金の心配は要らねえがら」

「・・・兄さんの手助けは要らない」

「水くさいこど言うなって!そりゃ、僕に頼りたくないのは分がるよ。で、でも今は、家族一丸となって助け合わなきゃ。このまま放っといだら、父さん・・・」

言い終えないうちに、浩二が裕一につかみかかった。

「兄さんは何もわがっちゃいないんだよ!僕らだって、何もしてこながったわげじゃねぇ。」

「金工面して・・・福島でいぢばんの先生に検査してもらって・・・それでもだめだったんだ!」

「・・・いっつも自分の気持ぢだげで動ぎやがって。兄さんなんか、とっくに家族じゃねえんだよ!」

力任せに浩二に突き飛ばされ、裕一は倒れ込んだ。

そこへ、寝室で休んでいた三郎が現れた。

「騒がしなぁ、おい。目ぇ覚めっちまったよ」

「いいがら横になってろよ」

そう言う浩二を無視して、三郎は裕一に声をかける。

「飲みに行ぐぞ」

三郎に腕を取られて裕一が困惑していると、浩二が叫んだ。

「医者に止められでんだろっ」

「大事な話があんだよ!」

強引に裕一の腕を引いて、三郎は出ていった。

三郎と裕一が向かった先は、居酒屋ではなく神社だった。

境内に並んで座ると、三郎は改まった調子で話し出した。

「裕一・・・俺はもうだめだ。みんな必死にごまがしてっけど、それぐれえわがる」

「な、何の話?」

裕一は無理に笑顔を作って話をそらそうとしたが、むだだった。

「その顔・・・お前、ちっとも変ってねぇな」

そして、三郎は裕一を見据えた。

「お前に、承諾してもらいでぇごどがあんだ」

翌日、三郎は床に伏し、裕一は、音に頼んでハーモニカを買ってきてもらった。

「これでよかった?」

「ああ、大丈夫。ありがと。これで、父さんに聴かせであげられる」

二人で寝室に向かうと、三郎は吐血し、もだえ苦しんでいた。

「父さん!」

※続きの55話のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」55話ネタバレ!浩二の涙と三郎との別れ
 

朝ドラ「エール」今回の主な登場人物

窪田正孝 役:古山裕一(こやま ゆういち)

※子ども時代:石田星空

モデル:古関裕而(こせき・ゆうじ)

福島で代々続く老舗呉服屋の長男。
気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うとその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。

跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めるが、音楽への思いを断ち切れないでいた。

そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内 音とひょんなことから知り合い、文通を始める。

恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことを決める。

二階堂ふみ 役:関内 音(せきうち おと)

※子ども時代:清水香帆

モデル:古関金子(こせき・きんこ)

豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内家の三姉妹、次女の音は、将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。

ある日、福島に住む青年の古山裕一が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、手紙を送り文通を始める。

二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。
夫の才能を誰よりも信じて叱咤(しった)激励し、時代の流れのなかでさまざまな困難に遭遇しながら、自らも歌手になる夢を追い続ける。

佐久本宝 役:古山浩二(こやま こうじ)

裕一の弟。
上京する兄の裕一に反発しながらも、「喜多一」を立て直すために奮闘する。

唐沢寿明 役:古山三郎(こやま さぶろう)

裕一の父。
老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」の4代目店主。

三男で、店を継ぐことはないだろうと思っていたが、長男次男が相次いで亡くなり、店を継ぐことに。

子どもたちには自分の好きな道を歩んでほしいと願っている。

菊池桃子 役:古山まさ(こやま まさ)

裕一の母。
織物業が盛んな川俣町で生まれる。

実兄からの養子要請と夫の息子を応援したい気持ちとの間で板挟みに遭ってしまう。

朝ドラ「エール」55話のネタバレ

浩二(佐久本宝)は、養蚕農家の畠山(マキタスポーツ)を再び訪ねる。

畠山は浩二の資料がよく調べられていたと話し、素直な返事をしてくれる。

一方、三郎(唐沢寿明)は、浩二(佐久本宝)に大事な話があると、二 人で話をする。

そして、裕一(窪田正孝)は、三郎のためにハーモニカを聞かせようとするのだが・・・。

その後、裕一と音(二階堂ふみ)は、久しぶりに権藤茂兵衛(風間杜夫)を訪ねるのだった。

※続きの55話のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」55話ネタバレ!浩二の涙と三郎との別れ
 

朝ドラ「エール」の動画配信は?

朝ドラ「エール」54話ネタバレ!三郎の病状と吐血とハーモニカ

朝ドラ「エール」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。

民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。

しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。

有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。

しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

しかし、この朝ドラだけは、極々一部だけNHKオンデマンドでも無料登録で無料で見る事ができます!

本当に一部だけなので、どうしても朝ドラを無料で見たい場合は、NHKオンデマンドでは不可能です!

また、NHKオンデマンドで配信されているドラマはU-NEXTでも観れるので、正直U-NEXTの方が断然オススメです!

U-NEXTも月額制ではありますが、見放題なので安心して観れます♪

U-NEXTの無料視聴や無料登録はコチラから
 

それでは、朝ドラ「エール」の放送を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

「ハケンの品格2」6月17日放送開始!1話あらすじ・ネタバレ

「BG2~身辺警護人~」と「警視庁・捜査一課長2020」がコラボ!同日放送開始

朝ドラ「エール」52話ネタバレ!故郷での家族との再会

「愛していると言ってくれ」のその後は?水野紘子と榊晃次の秘話とは




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 朝ドラネタバレ
-, , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.