ドラマコラム ドラマネタバレ情報 朝ドラネタバレ

朝ドラ「エール」40話ネタバレ!早慶戦と裕一の作曲家としての成長

2020年5月21日

朝ドラ「エール」40話ネタバレ!早慶戦と裕一の作曲家としての成長

朝ドラ「エール」第8週の40話のネタバレを紹介していきたいと思います!

第8週の39話では、裕一(窪田正孝)は思うように曲が書けずに迷走していた。

そして音(二階堂ふみ)は実家で吟(松井玲奈)のお見合い相手の鏑木から

「私は軍人ですし音楽の世界は存じませんが・・・軍人が命を懸けて戦えるのは、誰かのためだからです。」

「祖国、両親、友人、戦友のために戦うのです。裕一さんは、どうですか?」

結婚前に豊橋に来た時、裕一は音のために曲を書いていた。

だが今は到底そうとは思えない。

やはり「誰かのため」というのが重要なんだと思い、音は東京へ戻ると、田中(三浦貴大)に

「今の裕一さんには、心に響く言葉が必要なの!」

「早稲田の勝利、古山家の未来、古山裕一の音楽人生もすべて、あなたの双肩にかかってます!頑張って!」

と説き伏せられて、田中は古山家にやって来て、裕一に自分が応援をやるようになった切っ掛けを話した。

田中にとって掛け替えのない仲間を怪我させてしまった後悔、そして

「俺はそんとき、気づいたとです。野球ば頑張っとう人のラジオば聞いて、頑張れる人がおる。」

「頑張ることは、つながるんやって、そしたら俺にできることは何か。」

「選手が活躍するよう応援するしかなかって思って・・・」

と話、不器用な裕一だからこそ、今回の作曲をどうしてもお願いしたい・・・と懇願する田中。

そして、裕一も小学生の頃の徒競走、ハーモニカのメロディーと皆の応援に励まされた事を思い出し、田中と作曲の約束をするのだった。

それでは40話について紹介していきたいと思います!



朝ドラ「エール」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・第8週全話のネタバレはこちらから

・39話のネタバレはこちらから

・40話のネタバレはこちらから

・今回の主な登場人物についてはこちらから

・41話のネタバレはこちらから

・エール全週のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」40話のネタバレ

田中(三浦貴大)の思いを受けた裕一(窪田正孝)は、あっという間に第六応援歌「紺碧の空」を書き上げた。

譜面を田中に渡して出社すると、木枯(野田洋次郎)から録音室で話をしようと言われる。

すっかり売れっ子の木枯は、サロンにいると次々に声をかけられ、落ち着いて話もできないのだ。

「いろいろ聞いて、心配してたんだ。大丈夫?」

「うん、もう一度頑張ってみようがど思ってる」

「そう、よかった」

「・・・君は曲書く時、誰がを思い浮かべで書いでる?」

「当然だろう」

「そうが・・・。ぼ、僕は・・・ずっと自分を見てだんだ。ただひたすら自分を。」

「空っぽって感じでだあのとき、実際は、僕の頭は僕でいっぱいだったんだ。自分の力を示すごどに固執してだんだ。」

「そんな独り善がりの音楽が伝わるわげないよ。・・・どはいえ、これがら、何をどうしていいが分かんないんだげど」

「誰かを思い浮かべるんだろう?目を閉じてみたら」

言われるままに目を閉じると、裕一の脳裏にある人物の顔が浮かんだ。

「あ!ああ!ああああああ!」

天啓を受けたような顔で裕一は言う。

「これまでのやり方じゃだめだ。今思いついだごどやってみるよ」

早慶戦三連戦の初日、早稲田大学応援部の面々は事務局長を部屋に監禁するという暴挙に出た。

小山田に応援歌の作曲を依頼している事務局長が、裕一の曲を応援に使うことを妨害する可能性があるためだ。

「ラジオばかけときますけん、試合が終わるまで辛抱しとってください」

縛られ猿ぐつわをされた事務局長はあらがうことができない。

田中は、団員たちを見渡し呼びかけた。

「この三年間の屈辱ば晴らすときが来たと!「紺碧の空」で「若き血」ば倒す!」

「おう!」

しかしこの日の初戦は、慶應が強打者・土井の活躍により、二対一で勝利。

二戦目は、早稲田が三原選手のホームスチールが功を奏して勝利。

一勝一敗で迎えた第三戦に日本中の注目が集まった。

試合前、裕一は応援団に歌唱指導をし、その後はスタンドで音と共に応援をした。

結果は早稲田の勝利。

その瞬間、裕一たちは観客と一体になって喜びを爆発させた。

田中の悲劇がかなった瞬間、福岡の工場の休憩室では田中の友人・清水が仕事仲間たちとラジオ中継を聞いていた。

つえをつき、持ち場へと戻る途中、清水がつぶやいた。

「あいつ、正月帰ってくるっちゃろうか」

再び休憩室に戻ったとき、清水は自分のロッカーの奥から野球のボールを取り出した。

試合後、音と裕一は自宅裏のラーメン屋台に行った。

「鳥肌まで立っちゃった。すごかったね」

「話では聞いてたげど、実際に体験すっと全ぐ違った」

勝利の喜びを語り合ったあと、裕一がポツリと言った。

「・・・あのさ、ごめん。音の言うごどに耳を貸さないで。ありがとう」

「いいの。裕一さんがまた音楽に向き合ってくれて、あたしうれしかった」

「俺さぁ、音のごどがもっと・・・」

「え?何?言ってよ、ねぇ」

「音のごどがもっと・・・す・・・き・・・」

「せんせーい!」

田中の大声と共に、応援団一同が駆けつけた。

「お、おめ、おめでと、団長」

「先生のおかげです!静まり返っとった学校が大騒ぎになっとうそうです。早稲田ば救ったのは先生です!」

「それでは、最後に、全く曲が採用されん先生にエールば送りたかと思います!」

さっと団員が隊列を組み、田中が声を張り上げた。

「今度こそーーー、作った曲がーーー採用されることをーーー祈願してーーーフレー、フレー、古山!それ」

「フレ!フレ!古山!フレ!フレ!古山!」

「続きまして、音さんがーーー、プリマドンナになることをーーー祈願しましてーーーフレー、フレー、音さん!それ」

「フレ!フレ!音さん!フレ!フレ!音さん!」

「では、お二人へのエールを込めましてーーー歌います!「紺碧の空」!」

紺碧の空仰ぐ日輪 光輝あまねき伝統のもと

すぐりし精鋭闘志は燃えて 理想の王座を占むる者われ等

早稲田 早稲田 覇者 覇者 早稲田

第六応援歌「紺碧の空」は、程なくして早稲田の第一応援歌へと昇格した。

続きの41話のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」41話ネタバレ!「福島行進曲」
 

朝ドラ「エール」今回の主な登場人物

窪田正孝 役:古山裕一(こやま ゆういち)

※子ども時代:石田星空

モデル:古関裕而(こせき・ゆうじ)

福島で代々続く老舗呉服屋の長男。
気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うとその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。

跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めるが、音楽への思いを断ち切れないでいた。

そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内 音とひょんなことから知り合い、文通を始める。

恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことを決める。

二階堂ふみ 役:関内 音(せきうち おと)

※子ども時代:清水香帆

モデル:古関金子(こせき・きんこ)

豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内家の三姉妹、次女の音は、将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。

ある日、福島に住む青年の古山裕一が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、手紙を送り文通を始める。

二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。
夫の才能を誰よりも信じて叱咤(しった)激励し、時代の流れのなかでさまざまな困難に遭遇しながら、自らも歌手になる夢を追い続ける。

三浦貴大 役:田中隆(たなか たかし)

早稲田大学応援部五代目団長。

団長として早稲田大学野球部を勝たせることに命をかけている。

朝ドラ「エール」41話のネタバレ

早稲田の応援歌「紺碧の空」の作曲を完成して、少し自信を取り戻した裕一(窪田正孝)は、福島で記者をしている鉄男(中村蒼)を呼び出す。

久志(山崎育三郎)もやってきて、久しぶりに顔を合わせる三人。

裕一は自分が曲をつくって久志が歌うので、鉄男にいつか詞を書いてくれと頼む。

一方、音(二階堂ふみ)は、音楽学校で記念公演の審査員をつとめる予定の双浦環(柴咲コウ)を見かけて思わず声をかける。

続きの41話のネタバレはこちらから

朝ドラ「エール」41話ネタバレ!「福島行進曲」
 

朝ドラ「エール」の動画配信は?

朝ドラ「エール」40話ネタバレ!早慶戦と裕一の作曲家としての成長

朝ドラ「エール」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。

民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。

しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。

有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。

しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

しかし、この朝ドラだけは、極々一部だけNHKオンデマンドでも無料登録で無料で見る事ができます!

本当に一部だけなので、どうしても朝ドラを無料で見たい場合は、NHKオンデマンドでは不可能です!

また、NHKオンデマンドで配信されているドラマはU-NEXTでも観れるので、正直U-NEXTの方が断然オススメです!

U-NEXTも月額制ではありますが、見放題なので安心して観れます♪

U-NEXTの無料視聴や無料登録はコチラから
 

それでは、朝ドラ「エール」の放送を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

「ハケンの品格」特別編第六夜あらすじネタバレ!9話スーパーハケンの過去を放送

朝ドラ「エール」39話ネタバレ!忘れていたエールを裕一は噛みしめる

「鍵のかかった部屋」榎本径(大野智)の過去・正体は?重要ネタバレ

「家栽の人」ネタバレ!ドラマの原作は?船越英一郎が火災調査官から家栽の人に




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 朝ドラネタバレ
-, , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.