ドラマコラム ドラマ情報 朝ドラ

スカーレット146話ネタバレ・あらすじ!生きている皿に勇気をもらう

2020年3月23日

スカーレット146話ネタバレ・あらすじ!生きている皿に勇気をもらう

連続テレビ小説「スカーレット」の146話のネタバレ・感想、あらすじなどを紹介していきたいと思います!

前回の145話では、武志(伊藤健太郎)がやり場のない感情を初めて爆発させる。

武志が念願の作品を完成させる。その出来と充実した武志の表情に喜美子(戸田恵梨香)も喜ぶ。

しかし、達成感を味わう武志に異変が起きていた。

武志は通院して、大崎(稲垣吾郎)に薬の副作用で味覚がおかしいと告げる。

家では八郎(松下洸平)が武志の作品完成を祝おうと食事を準備中。

だが、武志は八郎に突っかかり、やり場のない感情を初めて爆発させる。

実は闘病していた高校生が亡くなる前に書いた手紙を受け取っていた・・・という内容でした。

それでは第25週の146話はどうなるのでしょうか!
紹介していきたいと思います。



【この記事も読まれてます】

「スカーレット」146話のあらすじ・ネタバレ

武志(伊藤健太郎)が“生きている”皿に勇気をもらう。

完成した武志の大皿が小さな音を立てていることに喜美子(戸田恵梨香)が気づく。

本焼きした陶器に細かなひびが彩るときの現象だが、武志は“生きている”皿に勇気をもらう。

しかし、日に日に武志の食欲が落ちていく。

ある日、市役所の若手が訪ねてきて、信楽の作品を集めた陶芸展に、喜美子の陶芸教室から出品してほしいと頼まれる。

喜美子は快諾し、作品を仕上げた直後の武志にも知らせる。

武志は考えた末・・・。

「スカーレット」146話までのネタバレ・感想

スカーレット146話ネタバレ・あらすじ!生きている皿に勇気をもらう

感情を爆発させる武志。
きっと今まで、何度も不安や恐怖が襲って来ていたはずなのに、ずっと耐えて頑張って来たよね、と泣けました。

健太郎さん、自然な演技で、痛いほど感情が伝わって来ます。

スカーレットの中に頻繁に描かれる家族団欒の食卓、そこにも忍び寄る影が恐ろしいです。

智也君の手紙、何を伝えたかったのか、何か書いてあるより、心に重かったです。

男性Aさんの口コミ・感想
今日みたいに時には弱音を吐いたり泣き叫んでもいいと思う。

味覚がおかしいと体に異変を感じた事と智也君からの手紙を読んだ事で初めて死への恐怖心や生への執着心を感じ不安になったと思う。

今こそ「患者の心は揺れ動く。だから揺るぎない強さを持って」の大崎先生の言葉を思い出して武志を支えて欲しい。

少しずつ病状が進行してる事に武志自身が焦りを感じてる。

早くドナーが見つかり喜ぶ武志の顔が見たいと思った。

智也くんの手紙、いろいろ書きたいことあったんだろう。

武志に勉強教えてもらうの楽しみだとか、好きな子とバイクで琵琶湖一周したいとか、武志と話していたことそのまま。

あとは武志の作品、出来たら真っ先に見せてや!とか。

想像しただけで涙が出てくる。
そして今日は味覚障害。

武志の体は日に日に病に蝕まれている。
常に前向きだった武志。

病気の辛さ、お父ちゃんやお母ちゃんに溢してもいいと思う。
二人にだってわからないことがあるから、やっぱり言ってほしいと思っているよ。

女性Aさんの口コミ・感想
男性Bさんの口コミ・感想
武志のやり場の無い気持ちを受け止めてあげられるんはやっぱり両親だと思う。

お父ちゃんとの別れの時も眠るように静かに逝ったお母ちゃんの場面も辛かったけど今日の回は私も息子が居るので喜美ちゃんが抱きしめてああげてるシーンが胸を打ちとっても悲しかったです。

頑張れ武志君!

毒入りの飲食物を口にするどのドラマや映画よりも、卵焼き、緊張しながら見ました。
「あぁ、よかった、喜美子が先食うた。はよ感想言え。そしたら武志も…あぁ八郎、制止してしもた」とか思いつつ。

「明るくいこう」といっても、ずっとそれで通すのは無理です。
大崎先生が言っていたように、気持ちは揺れる。泣きたい時は泣いた方がいい。

「簡単に父親を超えていったって言うなや。がっかりや」か…。

うちの父親は簡単に認めることが絶対にない人だったし、それが悔しかったけど、ただ柔らかくて認めるだけだと、それはそれでやっぱり父性としてはちょっと物足りないものなのかもなぁ。

しかし辛い手紙でしたね…。
空白があるといっても、ジョージの絵本とはわけが違う…。

女性Bさんの口コミ・感想
男性Cさんの口コミ・感想
今日はなんとも言えない。
言葉がみつからず、喜美子に思いを寄せながらみてしまいました。

我が子の病気をどう受け止めるか、ただ黙って武志を受け止めながら何も考えられないんだろうなと想像してしまいました。

はちさんの表情もいろんな思いがめぐっているように見えました。

味覚障害・・・あの卵焼きで思い出して、録画してあるあさイチプレミアムトーク確認した。
伊藤健太郎さんが「卵焼き美味しかったです。撮影が終わってつまみ食いする卵焼きが途轍もなく」と言ってた意味が今分かった。

あの手紙・武志の叫びと涙に喜美子の言葉無き抱擁・・・心に迫る。
でも喜美子も歓喜した武志の大皿ハチさんが水だけじゃない。

太陽も感じる大皿から、きっと三人で琵琶湖観に行くじゃないかな。
「俺は生きたい」沁みるわぁ~。

女性Cさんの口コミ・感想

「スカーレット」最終週第25週のあらすじ「炎は消えない」

武志(伊藤健太郎)の、器の中で生きている水を表現した作品が完成し、喜ぶ喜美子(戸田恵梨香)。

しかし同じ病気で亡くなった高校生からの手紙を受け取って、心情を初めて吐露する武志に、そのつらさを改めて思いやる。

そんな二人に作品についての意外な気づきが光をもたらし、生きていることを実感する。

信作(林遣都)の発案で信楽で「みんなの陶芸展」を開くことに。

喜美子は陶芸教室の生徒とともに、自らも出品しようと決める。

武志もさらに作品を作りはじめる。
直子(桜庭ななみ)は武志と真奈(松田るか)をドライブに誘い出し、二人の様子に、お互いを思いあう愛情を見てとる。

一方喜美子は八郎(松下洸平)とともに、武志と過ごす日々のいとおしさをかみしめる。

そして、いよいよ「みんなの陶芸展」。
照子(大島優子)の家族をはじめ、草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)が訪れる。

ジョージ富士川(西川貴教)もやってきて、喜美子が陶芸家として活躍していることを喜んでくれる。

ジョージが呼びかけ、大きな紙に「今日が私の一日なら」をそれぞれに書くことになる。

変わらぬ日々は特別な一日であるという武志の思いに、喜美子は、みんなで琵琶湖へ行くことを思いつく。

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信は?

スカーレット146話ネタバレ・あらすじ!生きている皿に勇気をもらう

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。

民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。

しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。

有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。

しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

しかし、この朝ドラだけは、極々一部だけNHKオンデマンドでも無料登録で無料で見る事ができます!

なのでどうしても朝ドラを全話見たい場合は、NHKオンデマンドでは不可能です!

また、NHKオンデマンドで配信されているドラマはU-NEXTでも観れるので、正直U-NEXTの方が断然オススメです!

U-NEXTも月額制ではありますが、見放題なので安心して観れます♪

U-NEXTの無料視聴や無料登録はコチラから
 

それでは、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の放送を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

テセウスの船Paravi「犯人の日記大公開」ネタバレ!おじいさんの古い斧

シロクロHuluオリジナルストーリーネタバレ!後編で直輝がミスパンダに

ラジエーションハウス続編は?ネタバレを1話から最終回まで紹介

スカーレット145話ネタバレ・あらすじ!武志が感情を爆発させる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 朝ドラ
-, , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.