ドラマコラム ドラマ情報 朝ドラ

スカーレット第23週ネタバレ・あらすじ!武志は・・・

2020年2月29日

スカーレット第23週ネタバレ・あらすじ!武志は・・・

連続テレビ小説「スカーレット」の23週のネタバレ・感想やあらすじなどを紹介していきたいと思います!

朝ドラ「スカーレット」に稲垣吾郎さんも登場し、物語は一気に進んでいきます。

第22週では、先ず喜美子(戸田恵梨香)は信作(林遣都)から頼まれて観光客向けの陶芸教室を開くことになりました。

そして武志(伊藤健太郎)は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦し、うまくいけば雪を降らせたような仕上がりになるはずだ。

そんな折、喜美子は、照子(大島優子)が敏春(本田大輔)のことで病院にいくのに付き合い、医師の大崎(稲垣吾郎)を見かける。

陶芸教室のあと、喜美子は初心者に陶芸に親しんでもらうことにやりがいを感じ、子どもを含めた地元の人たちに楽しんでもらおうと考える。

喜美子は改めて、陶芸教室を自分で企画し、八郎(松下洸平)にうきうきと計画を話す。

一方、武志は亜鉛結晶を使った作品は無事完成。
陶芸の次世代展に応募した武志は、体調に不安を感じる・・・。

人づてに聞いた喜美子は心配するが、武志は受けつけない。
ある日、武志から大きな病院での検査の必要があると聞かされる。

武志の前では不安を押し殺す喜美子。
二人で訪れると、担当はあの大崎医師だった。

検査を受け、武志が命にかかわる病気にかかっているとわかる。

大崎は親身な言葉をかけるが、喜美子は容易に受け止められず、武志に病名告知をするか悩む。

いつもどおりに振る舞おうとする喜美子だがついに照子の前で・・・という展開でした。

それでは、第23週はどのようになるのか・・・紹介していきたいと思います。



【この記事も読まれてます】

「スカーレット」23週のあらすじ「揺るぎない強さ」

喜美子(戸田恵梨香)は、武志(伊藤健太郎)に病名を告知するかどうかで悩んでいた。

しかし八郎(松下洸平)を交えて、穏やかな日々が過ぎていく。

始めた陶芸教室も陽子(財前直見)らが生徒になり、順調に進んでいる。

自分の症状に疑問を持っている武志に気づいた喜美子は、母である自分が病名を告知しようと決意する。

アパートを訪ねると、思いがけず石井真奈(松田るか)という若い女性が武志と一緒だった。

ほほえましく思う喜美子だが、真奈が去ったあと、ようやく武志に病名を打ち明ける。

病名を予測していたという武志に、喜美子は絶対に死なせないと断言する。

武志は薬の量を増やし、いったん入院して治療することに。

一方で八郎を含めた他の人に、病名を知られたくないと訴える。

喜美子は大崎(稲垣吾郎)に相談し、揺れ動く患者の心に寄り添おうとする姿に、自分も力を得る。

八郎とともにドナーになれるかどうか検査を受ける喜美子。

直子(桜庭ななみ)や百合子(福田麻由子)も協力を申し出る。

入院中の武志は、ジョージ富士川(西川貴教)の絵本を読んで思いを巡らせ、みんなに病気のことを打ち明けて、前向きに闘おうと決める。

喜美子と八郎は、絵本に書き込まれた武志の願いに気づく。

「スカーレット」133話のあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)の家に、八郎(松下洸平)、武志(伊藤健太郎)、百合子(福田麻由子)らが集まる。

昭和59年正月、喜美子の家に八郎、武志をはじめ、百合子ら家族が集い、賑やかに過ごす。

武志の病気は喜美子だけの秘密で、本人には知らせてない。

喜美子は明るく振る舞うものの、時折不安が押し寄せる。

話題は武志が研究所を修了した後の仕事に。
陶芸家となる勉強を続けたいという武志。

喜美子と八郎はそれぞれ助言する。
武志はフカ先生(イッセー尾形)から届いたハガキに描かれた絵に見入って・・・。

「スカーレット」134話のあらすじ

身体に異変を感じた武志(伊藤健太郎)が大崎(稲垣吾郎)に会いに行く。

喜美子(戸田恵梨香)が1年の計画を検討し、今年は穴窯での作品作りをやめると宣言。

一方、武志は自分の体調が気になり、医学書を買って調べる。

不安を押し殺していたが、たこ焼きパーティーの準備中にまたも身体に異変を感じ、友人の真奈(松田るか)を追い返すことに。

武志は大崎に相談しようとするが・・・。

「スカーレット」135話のあらすじ

武志(伊藤健太郎)が自身の余命を喜美子(戸田恵梨香)に尋ねる。

武志の部屋で、喜美子は医学書を発見。
白血病のページに付せんがあり、武志が自らの病気に気づいていることを知る。

喜美子は平静を装い、武志と話を続ける。
人生を陶芸にかけようとしている武志に、喜美子は切ない思いに。

同時に、母として真摯に向き合う覚悟を固める。
武志に余命を尋ねられ、喜美子の中で病と闘う気持ちがこみ上げる。

入院が1週間後に決まり、何も知らない八郎(松下洸平)が・・・。

「スカーレット」136話のあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)が武志(伊藤健太郎)の病気について、大崎(稲垣吾郎)に電話で相談する。

武志が応募した次世代展の結果発表の日、喜美子は、八郎(松下洸平)や直子(桜庭ななみ)らを集めて食事会を計画する。

お祝いと同時に、まもなく入院する武志の病気も打ち明けるつもりだと告げると、武志は伝えたくないと拒否。

喜美子は医師の大崎に電話して助言を受ける。
一方、窯業研究所では検査入院を報告した武志を掛井(尾上寛之)が励ます。

夜になって家族が集まるも、武志の姿はなく・・・。

「スカーレット」137話のあらすじ

武志(伊藤健太郎)の病状を知った八郎(松下洸平)が愕然とする。

喜美子は武志の病気を直子(桜庭ななみ)らに明かし、ドナー検査のお願いをする。

後から知った八郎は、武志の病状に衝撃を受ける。
一方、自棄になった武志は友人らとの飲み会で酔っ払い、残った真奈(松田るか)と二人きりに。

後日、武志の入院生活が始まると、喜美子も付き添い、ドナー検査を受ける。

武志には内緒で八郎も病院を訪れ、大崎医師と面会し・・・。

「スカーレット」138話のあらすじ

入院中の武志(伊藤健太郎)のもとに知り合いたちが次々と押しかける。

八郎が会社を辞めて武志のそばで暮らすことを申し出るが、喜美子(戸田恵梨香)に止められる。

喜美子は、八郎と居合わせた信作(林遣都)に武志のある思いを伝える。

一方、武志は大崎(稲垣吾郎)と相談して、通院治療に切り替えることに。

病院には照子(大島優子)の家族をはじめ、知り合いが次々と押しかけて武志を励ます。

だが、武志の容体が急変して・・・。

「スカーレット」24週はどうなる?

「スカーレット」24週では、実話をもとにして考えると、川原武志のモデル、神山賢一は、滋賀県でドナーを捜したのですが、ドナーは見つかりませんでした。

そこで、神山賢一はHIAが一部一致していた叔母・静子から骨髄移植を受けることになり、名古屋の病院に入院します。

実話では、神山賢一が白血病を発症した時点で、既に子続いバンク運動は始まっており、名古屋で民間の「東海骨髄バンク」が設立されていました。

そして、当時、日本の白血病治療の最先端は名古屋だったので、神山賢一は骨髄移植を受けるために、名古屋の病院に入院したのです。

朝ドラ「スカーレット」で離婚した夫の十代田八郎が名古屋で働いているというのも、そういう実話を反映したからだと思われます。

そして、モデルの神山賢一は、叔母・静子から骨髄移植を受けて回復していくのですが、再び白血病を発症してしまいます・・・。

朝ドラの「スカーレット」でも、川原武志が骨髄移植を受けて、改善に向かったとしても、再び発症してしまう・・・という展開になっていくのではないかと予想されます。

また、川原喜美子のモデルである神山清子は、骨髄バンク運動に関わったのですが、ドラマでそこを描く時間は無さそうなので、骨髄バンクは描かれないかもしれません。

描かれたとしても、ダイジェストくらいな感じかもしれませんね。

「スカーレット」24週のあらすじ「小さな希望を集めて」

武志(伊藤健太郎)のために検査を受けた喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)だが、いずれも骨髄移植のドナーにはなれなかった。

喜美子は大崎(稲垣吾郎)から、患者の会があると聞き、同じ病気の高校生を持つ母親を会に誘って励まそうとするが、思わぬ結果となる。

真奈(松田るか)ら若者たちも検査を受け、ちや子(水野美紀)も協力を申し出てくれたが、誰も適合しなかった。

しかし喜美子は懸命に気を取り直し、感謝の気持ちを持つ。

武志はあえて真奈と距離を取っていたが、訪ねてきた真奈のふとした忘れ物がきっかけで、陶芸のアイデアを得る。

器の中に水が生きている様子を表現するという武志を、八郎も励ます。

そして思いがけず、さだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)がやってくる。

30年ぶりの再会。
小児科医の圭介は、医学の進歩にふれ、喜美子を励ます。

照子(大島優子)や信作(林遣都)らも手をつくすが、武志は体のためにアルバイトを辞め、陶芸に専念することに。

直子(桜庭ななみ)のみやげで、若者たちを招いてすっぽん鍋を食べる。

武志と真奈の仲をもどかしがる直子。
ある日、喜美子は穴窯から、できあがった作品を出していた。

母の自然釉の作品を見つめていた武志は・・・。

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信は?

スカーレット第23週ネタバレ・あらすじ!武志は・・・

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。

民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。

しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。

有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。

しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

なのでご注意くださいませ。

しかし、この朝ドラだけは、極々一部だけNHKオンデマンドでも無料登録で無料で見る事ができます!

なのでどうしても朝ドラを全話見たい場合は、NHKオンデマンドでは不可能です!

また、NHKオンデマンドで配信されているドラマはU-NEXTでも観れるので、正直U-NEXTの方が断然オススメです!

U-NEXTも月額制ではありますが、見放題なので安心して観れます♪

U-NEXTの無料視聴や無料登録はコチラから
 

それでは、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の放送を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

スカーレット127話ネタバレ!第22週のあらすじ・稲垣吾郎登場!

「竜の道」ネタバレ!ドラマ最終回までのあらすじ・キャスト情報

ランチ合コン探偵9話ネタバレ!ゆいかは過去から逃げないと誓う

恋はつづくよどこまでも8話ネタバレ・あらすじ!天堂が訴えられる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 朝ドラ
-, , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.