小説原作情報 映画コラム 映画情報

「サイレント・トーキョー」ネタバレ・感想!あらすじキャスト配役は?

「サイレント・トーキョー」ネタバレ・感想!あらすじキャスト配役は?

映画「サイレント・トーキョー」のネタバレ・感想やあらすじ、キャスト配役など、結末までを紹介していきます!

この映画は小説、文庫でもある物語で、ジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされた秦建日子さんの最新作を映画化した作品です。

秦建日子さんと言えば「CO 移植コーディネーター」や「ドラゴン桜」、「特命刑事 カクホの女」などの脚本、「アンフェア」の原作などを手掛けられたお方でございます。

そんな方の原作作品だからこそ気になりますよね!

という事で、映画「サイレント・トーキョー」について紹介していきたいと思います!



【この記事も読まれています!】

映画「サイレント・トーキョー」の概要

聖夜の東京を爆破テロが襲う――巻き込まれ、翻弄されゆく人々・・・。
世界的なXmasの名曲に彩られた2020年冬最大のサスペンス・エンターテイメント!遂に始動!

もしも東京に爆弾を仕掛けたという犯行声明が出たら、あなたはどうしますか。

そんなリアルな命題を問いかけるサスペンス・エンターテインメント大作 『サイレント・トーキョー』。

誰の心にも忘れられない運命の1日の物語。
舞台はクリスマスイブで賑わう東京。恵比寿、渋谷の街に次々と爆弾が仕掛けられ、なんの罪もない人々に危険が忍び寄る。

日本は平和だと安心している人々、水面下で危ぶむ人々、今の日本に何かを問いかけたい人々。

様々な思惑が行き交う群像劇を演じるのは、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊という実力と人気を兼ね備えた映画界のトップランナーたちと、彼らの背中を追う中村倫也、
広瀬アリス、井之脇海、勝地涼の若手実力派たち。

今、見たい俳優たちが集結したオールスター戦である。

多くの人達が行き交う世界都市・東京が爆弾で破壊されるという壮大な設定の物語は、社会に物申したい犯人とテロを阻止しようとする男たちの攻防ばかりではない。

夫にプレゼントを買いに街に出た主婦、好きな人とクリスマスディナーを一緒に食べたいと思う妙齢の女性などの視点も描かれ、幅広い層が「これは“私”の物語」だと共感できるものになっている。

この中に犯人はいるのか。
そしてその目的は。だがこれはシンプルな犯人探しゲームではない。

突如起こった非日常のなかで、事件を起こす、事件に巻き込まれる、事件に翻弄される、事件を止める・・・未曾有の出来事のなかで、各々の役割が巧妙にスピーディーに移り変わっていく展開は最後まで気が抜けない。

原作は、映画とドラマが何本も作られた人気作『アンフェア』シリーズなどのヒットメーカー秦建日子が、世界的なXmasの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされて書いた小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」(河出文庫刊)。

これを、同じく映画とドラマが何本も作られた『SP』シリーズで、いち早く日本にもテロの危機がありえるかもしれないというテーマに挑んだ波多野貴文が監督する。

この映画の主役は無数の群衆でもある。
それを表現するために、クリスマスの渋谷のスクランブル交差点のオープンセットを栃木県足利市に3億円ほどかけて完全再現し、そこにエキストラ総勢1万人を集めて撮影を行った。

『シン・ゴジラ』などの撮影も手掛けた山田康介キャメラマンが渋谷交差点をあらゆる角度から縦横無尽に撮影。

波多野監督の緻密な視点と相まって、煌めく光と深い闇が隣り合わせた世界の縮図が立ち上る。

日常に起こり得る脅威、だからこそ尊い日常の平和。そして隣人や家族との関わり。

2020年、新時代に突入した全日本人に贈る、最高のキャスト、最高のクリエーターによるビッグなクリスマスプレゼント。

映画「サイレント・トーキョー」のキャスト

佐藤浩市 役:朝比奈仁

本作の主人公であり“謎の男”。

最後の結末のキーマン。

佐藤浩市のコメント

戯曲を映像化する面白さと難しさがある作品です。
エンターテイメント作品としての高揚感をキープしつつ、喉元にはある異物感を感じて貰う。

そんな作品にするために波多野監督以下スタッフキャストで撮了まで走りたいと思います。

石田ゆり子 役:ヤマグチアイコ

一連の事件に巻き込まれる“謎の主婦”。

重要キャスト。

石田ゆり子のコメント

一年で一番幸せな空気に包まれるクリスマスの夜。
その日にもし、東京でテロが起きたら。

登場人物の様々な視点で描かれる予測不能な展開に、 私はこの作品に込められた人とのつながりと愛について深く考えさせられました。

初めてご一緒する波多野監督、佐藤浩市さんをはじめとする共演者の皆さんとともにこの作品に込められたメッセージを一人でも多くの方に届けることができたらと思います。

西島秀俊 役:世田志乃夫

警部補。
わけありの過去がある。

ベテラン警察官で、元刑事で今は交番勤務。
元妻は鈴木警視総監の娘で、わけありの過去をもってる。

西島秀俊のコメント

波多野組の参加は本作で2度目になりますが、前作とは全く違った世界観でとても楽しみです。

監督ならではの娯楽性の高さとスケール感に今から期待を膨らませています。
クリスマスで賑わう街並みが、一瞬にして緊張と不安に包まれてしまう。

その大掛かりなフィクションの世界に、観客の皆様と深く入り込んでいきたいと思っています。

石田ゆり子さんと西島秀俊さんといえば、夫婦役での共演でも知られ「常にかわいそうな奥さん役でしたが(笑)、今回は夫婦ではないので、また(関係性が)全然違って」(石田ゆり子さん)、「今回は奥さんじゃないんだと、不思議な気持ちでした」(西島秀俊さん)と笑いあっていた。

中村倫也 役:須永基樹

孤独なIT企業家。

広瀬アリス 役:高梨真奈美

井之脇海 役:来栖公太

勝地涼 役:泉大輝

世田とバディを組む刑事。

映画「サイレント・トーキョー」のあらすじ

クリスマスイブ。
一年に一度、世界中の誰もが幸せな気分に包まれる聖なる日。

恵比寿に爆弾を仕掛けたという電話がテレビ局にかかって来た。
半信半疑で中継に向かったテレビ局契約社員と買い物に来ていた主婦は、騒ぎのさなか爆破事件の犯人に仕立て上げられてしまう。

その様子を謎の男が静かに見つめていた・・・。
そして、新たに犯行予告が動画サイトにアップされる。

次なる標的は渋谷・ハチ公前付近。要求は「テレビ生放送での首相との対談」。
それが受け入れられない場合、18時に爆弾が爆発する。

事件を追う刑事たち、不可解な行動を取る若きIT起業家、その彼に興味を抱くふたりの女性、そして爆弾騒ぎに群がる野次馬・・・どこかで見ている犯人と、犯行を止めようと奔走する者、我関せずとお祭り気分な人たち。

それぞれの想いが、スクランブル交差点に煌めくイルミネーションの下で交錯する。

タイムリミットまであとわずか。犯人はいったい?その目的は?

そして街に閃光が走る。
そのとき人々が見るものは・・・。

運命の、クリスマスがやってくる・・・。

原作小説「サイレント・トーキョー」のネタバレ・感想

サイレント・トーキョー: And so this is Xmas (河出文庫)

男性Aさんの口コミ・感想
「想像力だよ。大切なのは、想像力だ」
この一言に尽きる。どんなに過去のことを学んでも、戦争の映像を見ても、それは安全な場所から見ているから、どうしても他人事な感覚は拭えない。だから、想像する。

白黒の世界をカラーだったらと想像する。
あの場に自分がいたらと想像してみる。決して、実感も想像もしきれないけれど、でも、想像しようとすることが本当に大切なのだと思うのだ。この本を読んでより強くそう思った。

人類は何度も戦争のむごさを、戦争では何も生まないことを経験してきたのに、それでも戦争というものがなくならない。

これを書いている今だって、世界のどこかでは、眠れぬ夜を過ごしている人がいるのだ。

それでも、暴力で想像力を喚起させたくない。
他の方法を模索したい。そんなことを考えさせられた。

目を話せない展開。
過去と現在が入り混じってるし、人も分かりにくくなってるから混乱する。

たくさんの人があっけなく死んでいく。
それぞれの人生を生きている人達。自分だっていつ何かに巻き込まれてそういう目にあうかもしれないという恐ろしさ。

女性Aさんの口コミ・感想
男性Bさんの口コミ・感想
終盤になっていろんな情報が一気に明らかになってちょっと混乱した。

真犯人を知っているのは一人だけか。
須永が行動してなかったら真犯人ではないのに責められることになってたかもしれないんだな。

テロの脅威がない日本だから、実際に渋谷のような予告があったら野次馬で溢れかえりそうな気がする。

「これは戦争です」
その犯行声明と共に、都内で起きる連続爆破テロ。
原作は2016年に発売になっているが、どうやら映画化されることで文庫化されたらしい。あらすじに惹かれて、迷わず手に取ったが、同時期に映画の製作会見も開かれており、まんまと乗せられてしまった感が…

恵比寿ガーデンプレイスで買い物の休憩で座ったベンチに爆弾が仕掛けられていたことから始める連続爆破テロ。

解説にもあるが、「ジェットコースター小説」と言うのにふさわしいぐらい、テンポよくと言う言葉がふさわしいとは思えないが、とにかくテンポよく、次から次へと爆破テロが起こり、名前を付けられた登場人物があっと言う間に死ぬ。

怪しい登場人物もたくさんいて、先が分からない展開につい一気読み。
小説でも、こんなに簡単にテロが起きるのは心が痛いし、何百人と言う命が架空とは言え、一度に失われるのは本当に悲しい。

ラストで、犯人により、このテロの本当の目的が明かされるが、その動機ならば、この小説の枚数は少なすぎる。

もっと犯人側の心の葛藤とかも描いて、この倍ぐらいのページ数でも良かったと思う。
テロは決して他国の話ではないし、日本でいつ起きてもおかしくない時代。その危機意識の低い日本人へ訴えるのであれば、ちょっと中途半端かも…。

ま、映像化されれば、インパクトは確かにあるのだろうけど。

女性Bさんの口コミ・感想
女性Cさんの口コミ・感想
実写映画化で注目!
恵比寿、渋谷で起きる連続爆弾テロ。第3のテロを予告し首相とのテレビ生対談を要求する犯人の目的とはー。
秦建日子『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』河出文庫。

近日公開予定の映画の原作。確かに『相棒』の劇場版みたいな映画向きのストーリーであった。

犯人の意図が今一つハッキリしない……これだけの爆破テロを描くなら、犯人の意図につながる政治の世界の方をもう少し描いた方が良かったのではないだろうか。

クリスマス前の東京恵比寿で爆破テロが発生する。
犯人から日本の首相とのテレビでの生放送対談を要求する犯行声明が届く。

政府が犯人の要求を無視すると、渋谷のハチ公前で爆破テロが発生し、数百人が犠牲になる……

男性Cさんの口コミ・感想

映画「サイレント・トーキョー」監督:波多野貴文のコメント

平和を生きる日本。テロは海の向こう側の話。あなたの正義は何ですか?

世界的なクリスマスの名曲にインスパイアされたこの原作が放つメッセージ性の強いサスペンスを映像化するにあたり、今を生きる人の様々な視点を通して、事件のインパクトを日常というリアリティを保ちながら表現しつつ壮大なエンターテインメントとして描きます。

日本に注目が集まる2020年。クリスマス。
鐘の音と共にこの事件の本質を見届けて頂けたらと思います。

監督作品は「SP 警視庁警備部警護課第四係」「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」「ドラマスペシャル 警部補・碓氷弘一シリーズ」など。

映画「サイレント・トーキョー」の公開日

映画「閉じ込めた吐息」ネタバレ!井上真央主演のキャスト・あらすじ情報

映画「サイレント・トーキョー」は2020年12月に公開されます。

この映画はクリスマスの渋谷のスクランブル交差点のオープンセットを栃木県足利市に3億円ほどかけて完全再現し、そこにエキストラ総勢1万人を集めて撮影を行ったほどの作品ですし、映画ありきでの原作小説な感じでもあるので、映像化が必然だった作品なんだと思います。

映像化されるために作られたこの作品、「サイレント・トーキョー」。

今から劇場公開を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

「大コメ騒動」ネタバレ!映画のあらすじやキャスト情報を紹介!

【SEDAI WARS(セダイウォーズ)】最終回7話ネタバレ!決着の果て

【10の秘密】チェインストーリー6.5話ネタバレ!名取裕子の不審

「100文字アイデアをドラマにした!」5話ネタバレ!恒松祐里編

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-小説原作情報, 映画コラム, 映画情報
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.