バラエティ動画情報

【動画】アメトーークの見逃し配信無料視聴方法!企画プレゼン大会

【動画】アメトーークの見逃し配信無料視聴方法!再放送はある?

テレビ朝日で放送されている大人気バラエティ番組「アメトーーク」企画プレゼン大会の見逃し配信を無料視聴する方法を紹介したいと思います。動画配信といえばTVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)などが思い浮かびますが、無料動画配信はそれらのサービスが全てではありません。

今回ご紹介する「アメトーーク」の動画は現在配信されていませんが、今後配信されるとすれば、それは動画配信サービス「U-NEXT」になるのではないかと思われます。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

それでは「アメトーーク」について紹介していきたいと思います。

「アメトーーク」企画プレゼン大会

▽持ち込み企画プレゼン大会▽オードリー春日&品川&アイン河井&オズワルド▽初登場…男性ブランコ&芸歴5カ月の超新星▽ご意見番・大吉先生▽採用されるのは誰の企画?

「アメトーーク」の出演者

【MC】蛍原徹
【ゲスト】品川祐&オードリー春日&アインシュタイン河井&オズワルド&男性ブランコ&CRAZY COCO/博多大吉

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

「アメトーーク」の詳細

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・番組情報についてはこちらから

・番組出演者はこちらから

・番組内容ついてはこちらから

「アメトーーク」の概要

「アメトーーク」は、テレビ朝日系で2003年4月8日から放送されているお笑いトークバラエティ番組である。

2016年10月16日から2018年9月2日までは、『日曜もアメトーーク!』も放送されていた。通称『アメトーーク』。

キャッチフレーズは「業界内視聴率ナンバー1(番組)!」。字幕放送実施番組。

雨上がり決死隊デビュー後、単独では初めての冠番組。

なお、複数の芸人がメインとして出演した冠番組としては過去に同じテレビ朝日で放送された『アメジャリチハラ』(1996年10月〜1997年3月、雨上がり決死隊・ジャリズム・千原兄弟3組合同の冠番組)という番組があった。

まず2002年10月3日に単発スペシャル番組『苦節14年 初冠特別番組 雨上がり決死隊!!』が放送。

この時既にゲストを迎えてのトークというスタイルが出来上がっていた。

その後、同様に単発で2度(同年12月7日、2003年3月24日)放送され、その時のゲストは陣内孝則ほか。

2003年4月8日から晴れて『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーク!』としてレギュラー番組化された。

2006年9月26日までは放送時間がネオネオバラエティ(ネオバラエティ第2部)にて、毎週火曜日未明(月曜日深夜)0:16 ‐ 0:46(後に0:15 - 0:45に1分前倒し)だった。

2006年9月に『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』のゴールデン枠進出により、同年10月12日から現在の放送時間のネオバラエティ(ネオバラエティ第1部)となった。

宮迫によると「放送時間が2倍になったから」という理由でタイトルに長音符が1本追加された(厳密には25分拡大、その後さらに5分拡大したため名実共に2倍になった)。

これは木曜昇格1回目の放送時にて言われたもので、宮迫曰く「ゴールデンで2時間スペシャルをやったらタイトルは伸ばしが4本(アメトーーーーク)になる」とのこと。

ネオバラエティに昇格して初のゴールデンタイムでの放送(2007年9月20日)は3時間番組で、その言葉通りタイトルが「アメトーーーーーーク」と長音符6本になった。

また、以降もゴールデンでのスペシャルでは、放送時間30分ごとに長音符1本付いたタイトル表記になっている。

ゴールデンタイムで特番が放送された日に、通常枠でも「延長戦」として通常放送を行う場合もある。

毎年12月30日の5時間SPは『輝く!日本レコード大賞』と時間帯が被るため『輝く!〇〇名』が付くようになった。

その後、木曜日以外にも特番を放送する(主に改編期の金曜日だが、後述の通り、土曜日と日曜日に特番が組まれたこともある)ケースが増えており、その場合は翌週にレギュラー枠で「延長戦」を行っている。

特番の放送の翌週(または数週後)には諸事情でゴールデンタイムでは放送出来なかった部分を「ゴールデン未公開スペシャル」として1回、もしくは2週に分けて放送する。

このバリエーションとして、スペシャル放送での企画の一つを一時間全て使い、ゴールデン未放送場面も含め放送する「完全版」がある。

また、特番の直前の回ならびに番組DVDの発売前後には、コーナーの切り替わり時とCM開けのタイミングで、これらのスポットPRが流れる。

毎年7月にテレビ朝日が独占中継をしている『全英オープンゴルフ』中継時と、年末年始には放送休止となる(その他不定期にスポーツ中継による休止もある)。

8月は高校野球関連番組『熱闘甲子園』で30分、改編期に21時枠のドラマ枠拡大(主に初回)で15分それぞれ繰り下がる。

高橋茂雄(サバンナ)が企画した「中学の時イケてないグループに属していた芸人」で、2009年1月の月間ギャラクシー賞を受賞した。

また、この番組で取り上げられ話題を呼んだ「雛壇芸人」「家電芸人」が2009年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた。

深夜番組にも関わらず、視聴率は平均で10%ほど(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)あり、時には15%前後(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を取ることもある。

2012年6月21日の「広島カープ芸人」では、広島ホームテレビにて歴代最高となる21.1%(ビデオリサーチ調べ、広島地区・世帯・リアルタイム。

なお、同日のテレビ朝日は13.0%〈ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム〉)を記録した。

マイナビニュースが2012年4月に同会員を対象に行なったアンケートでは「毎回欠かさずに見ているテレビ番組」で1位となっている。

また、業界視聴率が高いということもあって、この番組をきっかけに知名度を上げブレイクした芸人や再ブレイクした芸人も多い。

サバンナ、有吉弘行、ケンドーコバヤシ、野性爆弾、ピース、レイザーラモンRG、椿鬼奴、博多大吉などがその例である。

同じ加地プロデューサーが手がける『ロンドンハーツ』とは姉妹番組にあたり、番組の終盤ではロンドンハーツの番組予告が流れる。

2012年5月1日には当番組とのコラボ番組が放送された。

放送内容は、『アメトーーク!』に『ロンドンハーツ』の司会のロンドンブーツ1号2号や同番組に出演頻度が多いゲストが出演して、逆に『ロンドンハーツ』に『アメトーーク!』の司会の雨上がり決死隊や同番組に出演頻度が多いゲストが出演するという、お互いの番組に出演し合う内容だった。

2016年4月から『ロンドンハーツ』は火曜日21時から金曜日21時に枠移動となり『金曜★ロンドンハーツ』として放送されることになり、それを受け2016年4月8日には、19:00 - 23:09に『金曜★ロンドンハーツ&アメトーーーーク!姉妹番組4時間SP!!』として本番組の特番後に『金曜★ロンドンハーツ』としての初回が放送された。

当週は『報道ステーション』がメインキャスター交代とスタジオセット改修工事に伴う全曜日休止のため、初めて年末以外で『報道ステーション』を休止する形で22時にまたがる。

2016年7月1日にも、19:00 - 21:48に『アメトーーク&金曜★ロンドンハーツ姉妹番組3時間SP!!』として、両番組合体形式での3時間スペシャルが放送された。

2018年10月4日放送分より23:20 - 翌0:20枠に変更された(5分繰り下げ)。

同時に正式開始時刻も23:20:00に変更されたが、2019年10月3日放送分より再度23:15 - 翌0:15枠に戻った。

2019年4月18日の放送終わりに2月14日に放送した「高校中退芸人」の内容に事実と異なる内容や差別的表現があったとして謝罪した。

また、同番組公式サイトにも同様の謝罪文を掲載した。

2019年6月に、宮迫による反社会的勢力とのいわゆる闇営業問題が発覚。

この影響で、問題発覚後の6月13日の放送では、ナショナルスポンサー4社のうち、2社がACジャパン(30秒×2)のCMに差し替え、翌週の6月20日の放送では、ナショナルスポンサーの提供クレジットが自粛となり、残っていたスポンサーのうち、1社がACジャパンのCMに差し替え、さらに、翌6月27日の放送では、ナショナルスポンサー全社がACジャパンに差し替えとなったほか、吉本興業が2019年6月24日に宮迫を含む11人の芸人の謹慎処分を発表したことに伴い宮迫の出演部分がカットされた。

テレビ朝日は「当面の間、宮迫の出演を見合せる」としている。

なお、宮迫は同年7月19日に吉本から契約解消(その後処分撤回)されている。

これらの影響で、2019年は「高校野球大好き芸人」の放送が見送られた。

問題発覚後、宮迫不在で初の収録・放送となった2019年8月1日放送「スポーツ推薦芸人」では宮迫の代役として有吉弘行・陣内智則が出演し、蛍原と共に出演メンバーとトークを展開した。

番組では蛍原と週替わりのMCとの組み合わせで収録を行っている。

宮迫が事実上の降板となった後、同年9月26日放送の「ツッコミ芸人が選ぶ このツッコミがスゴイ!」では、平均視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と同年最高の視聴率を記録。

同年10月10日放送の『~クセがすごい女性グループ~BiSHドハマり芸人』も8.5%と高視聴率を記録した。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

「アメトーーク」の出演者

「雨上がり決死隊」について

「雨上がり決死隊」は、かつて吉本興業に所属していた日本のお笑いコンビ。略称は「雨上がり」。

2019年7月19日、吉本が宮迫との契約を解消したことで吉本に所属しているのは蛍原のみであったが、2021年8月17日のアメトーーク特別編雨上がり決死隊解散報告会(ABEMA)を以て正式に解散した。

蛍原 徹(ほとはら とおる、1968年1月8日
主にツッコミ担当、立ち位置は向かって右。しかし天然ボケのため、時にはボケに回る場合がある。
大阪府門真市出身。現在はテレビ番組の司会者、ピン芸人、ゴルフYouTubeチャンネル・ホトゴルフにてYouTuberとしても活躍中。

宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日
主にボケ担当、立ち位置は向かって左。時にはツッコミへ回り、トークでは元相方・蛍原とWツッコミのようになっていた。
大阪府茨木市出身。不祥事により2019年6月24日から謹慎、7月19日から吉本から契約解消され、2020年1月29日からYouTuberとして活動再開。

2人ともNSC大阪校7期出身、芸風は主にコントだった。その理由は同期にベイブルースという漫才の凄く上手いコンビがいて、漫才では勝てないと悟ったため。かつては漫才も時折行っていた。宮迫は授業料未納で除籍処分になりかけ、その話を後輩のナインティナインにすると2人も払わなくなり除籍処分にされた。

コンビ名の由来は、2人とも好きだったRCサクセションの曲『雨あがりの夜空に』から。正確には、NSC同期生で開催したライブのタイトル「雨上がり決死隊」をそのままコンビ名にしたもの。

NHKの番組出演時には、「死」という文字を使用するのは放送上好ましくないというNHK側の意向により「雨上がり決志隊」と暫定的にコンビ名を変えることで対処した。なお、知人にお祝いの品を贈る際にもこの名前を使用している。また『踊る!さんま御殿!!』出演時には「雨上がり決し隊」の表記だったこともある。その後はNHKでも「雨上がり決死隊」で出演可能になり、NHKでも本来のコンビ名で出演していた。

1989年4月(NSC卒業後)にコンビを結成したが、組む以前はそれぞれ別のコンビとして活動しており蛍原は『ホワイト&ホワイト』、宮迫は『ぴいぷる』として活動していた。蛍原は他にもピン芸人「のっぺり星人」として舞台に立ったことがある。

NSC時代に、高校時代の同級生など元々友人関係から来たコンビを多く見てきた。そのため蛍原と宮迫はコンビを結成した当時、自分達も2人での思い出(=ネタ)を作らなければいけないと1年間芸人としての活動は少なくして一緒に過ごそうと決め、アルバイトも同じカラオケボックスで始めた。

NSC時代の同期生に、矢部浩之(ナインティナイン)の実兄・矢部美幸(現:ラフェイス代表取締役)がいる。当時の彼はコンビ『ちゃんねるず』として活動していた。

1990年代前半は、若い女性達を中心に人気を博した吉本興業のお笑いユニット・吉本印天然素材のリーダー格として活躍。天然素材で共に活動していたナイナイはNSC9期生で、2年後輩になる。

1992年1月、第13回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞を受賞したが、最優秀新人賞はナイナイが受賞し東京進出を果たした。以後、東京進出までに時間を要することとなった。

お笑い新人グランプリ結果発表の際、発表の前に審査員が最優秀新人賞・ナイナイへの賞状を持って宮迫の前を通り、目撃してしまった宮迫は凄い顔をしたという。

天然素材時代、同番組でMCを担当する。当時の雨上がりは天然素材の牽引役でありナイナイと人気を二分していた。ナイナイ・FUJIWARA・チュパチャップス・バッファロー吾郎らに対し、宮迫は「お前ら面白くないねん!! 俺らが1番面白いんや」と暴れるキャラでもあった。天然素材はアイドル芸人として売ろうとする会社の方針と対立したが、かえってお笑いを愛する芸人の集まりだった天然素材内部の結束力は高まり、宮迫は「天素が滑るな」と元メンバーを叱咤することもあった。

名古屋では、CBCテレビの夕方のワイド番組『ミックスパイください』にレギュラーで出演。その姉妹番組である深夜番組『ミックスパイ+』にも出演し、番組の総合司会を任せられていたが、高視聴率を誇っていたミックスパイ本編とは逆にミックスパイ+は常に視聴率0%台を叩き出していた。その事実を知った宮迫は「こんな誰も見てないテレビに出ても仕方ない!」「やる気ないわ!」「帰る!」など生放送中に暴言を連発し、その日の番組は終了。程なく番組自体も放送終了した。しかしこの番組以降もCBCテレビの番組へことある毎に出演しており、『ノブナガ』のレギュラー→準レギュラー(準レギュラー時はフットボールアワーと2週ごとに交代で出演)として出演していた。

1999年、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に出演。ダウンタウン・山崎邦正(現・月亭方正)・ココリコを相手にキレる企画で再び注目を浴びる。その後『めちゃ×2イケてるッ!』に出演したことなどから再び人気になった。

2000年、フジテレビの深夜番組『エブナイ』で木曜のレギュラーとして出演。番組での様々なキャラクターによるコントが視聴者にウケて、木曜の放送は『ワンナイ THURSDAY 〜ウケねらいな俺達〜』と改題された後に『ワンナイR&R』として独立。その後、プライムタイムへと進出した。これにより、ガレッジセール、山口智充(途中から、平畠啓史とのDonDokoDonとしての出演)らと共にブレイクを果たした。

2003年、初の全国ネットの冠番組『アメトーーク!』を持つ。

2018年、結成30年を迎えた。
2019年、吉本が宮迫との契約を解消。その後コンビ時代に出演していた番組は蛍原が引き続き出演している。

2021年8月17日、コンビを解散することを発表し、同日、YouTube吉本興業チャンネルの生配信において、アメトーーク特別編としてコンビ解散や今後のアメトーークについて語った。

「蛍原徹」について

「蛍原徹」は、吉本興業に所属する日本のお笑いタレント、YouTuber、司会者。本名同じ。

愛称はホトちゃん。コンビ『雨上がり決死隊』の元メンバーでツッコミ担当。

1968年1月8日、大阪府門真市出身。

1988年、NSC大阪校の7期生として入学。当初は同期の森田嘉宏(現・コラアゲンはいごうまん)と共にコンビ『ホワイト&ホワイト』を結成するも、すぐに解散。しばらく『のっぺり星人』という芸名でピン芸人として活動する。この頃の芸風はケーシー高峰を意識したものだった。

1989年、NSCの同期だった宮迫博之とコンビ『雨上がり決死隊』を結成。

1991年、吉本印天然素材の一員となりナインティナインらとテレビなどに出演。

2000年、野田秀樹の舞台劇『カノン』出演時に役作りでおかっぱ頭にし、そのままトレードマークとして定着する。

2002年、大井競馬場内の飲食店「ホトチャンキッチン」をプロデュースした。

2004年、一般人女性と結婚。2012年1月に長女が誕生。

2017年10月3日、次女が誕生。

2019年7月19日、相方・宮迫が闇営業問題により、吉本からの契約を解消。それに従い、活動名を本名から『雨上がり決死隊 蛍原徹』に変更。コンビ時代から出演している番組にも引き続き出演している。

2021年8月17日、コンビ解散に伴い、活動名を『雨上がり決死隊 蛍原徹』から本名の名義へ戻した。解散後はピン芸人、司会者として活動。

元相方の宮迫同様に喫煙者だったが、2001年には禁煙に成功する。

ドラマ『北の国から』の熱烈なファンであり、2014年には舞台である北海道富良野市の観光大使に任命された。「北の国から」にハマって25年間、100回近く富良野を訪れており妻とは交際している頃から一緒に訪れている。その妻にプロポーズをしたのも富良野からの帰りの車の中であり、本人は「富良野があったおかげで今の僕があると言っても過言ではない」と語っている。

趣味はゴルフ。最初は全く関心がなかったものの東野幸治の誘いで始めると、5年間毎朝練習場へ通うほど熱中するように。育児生活に入るまでは、仕事の合間を縫ってはゴルフに明け暮れていた。

プロ野球では北海道日本ハムファイターズのファン。

2010年5月よりTBS『革命×テレビ』の企画でTwitterを始めるも、半年ほどでやめている。その理由は「ゴルフ行きたいなー」とツイートしたら全く面識のないネット民から「お前みたいなもんまだまだ早いわ!」と言われたため。3年後には同じくTBS『リンカーン』の「一週間でフォロワーはいくら増えるのか?」という企画で2代目アカウントを作成し、Twitterを再開するも1週間で企画終了と共に再び引退。革命×テレビでは元相方の宮迫が、リンカーンでは松本人志(ダウンタウン)と三村マサカズ(さまぁ〜ず)が2021年現在でもTwitterを更新し続けている。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

「アメトーーク」の放送内容

番組開始当初はお笑い芸人だけではなく、バラエティタレント・アイドル・俳優・モデル・スポーツ選手・アナウンサーなど様々なジャンルのゲストをスタジオに招いてきた。

しかし、2004年後半ごろから2000年代のお笑いブームに便乗する形で人気若手芸人数組を一度にゲストに招くようになり、主にお笑いファンの視聴者をターゲットにした番組となった。

それに伴い、俳優陣がオブザーバー側のゲストで出演するのはテレビ朝日の新ドラマや最新映画などの宣伝時程度となった。

一方で観覧客は女性が圧倒的に多い。

トークテーマは回によっては様々だが、2010年頃から「○○あるある」は毎週トークテーマに挙がることが多い。

現在では「ガンダム芸人」など、ある共通の趣味や特徴を持った芸人を集めてトークする企画、いわゆる「くくりトーク」が特に人気を博している。

内容のマニアックさが23時台という時間帯に絶妙にマッチした番組となっており、高視聴率にも関わらず『『ぷっ』すま』と並びゴールデン進出に反対する視聴者が多いことでも知られる。

なお、加地倫三プロデューサーは2009年のインタビューで、実際は「一度もゴールデン進出の正式な要請は受けていない」と発言している。

2016年には日曜版『日曜もアメトーーク!』でゴールデンに進出する形となった。

「くくりトーク」を展開するゲスト陣(以降、便宜上「パネリスト」と表記)とは別に、ジャンルに関する知識がない「知らないゲスト(もしくは詳しくないゲストや知りたいゲストなど)」・ジャンルに関する知識があってもまだ未熟である「アンチの立場を取るゲスト(または否定派)」(以降、両立場とも便宜上「オブザーバー」と表記)のゲストが出演する場合がある。

なお、場合によってはオブサーバー側のゲストが1人も出演しない例もある。

オブザーバーが出演する際に男女共通して週替わりのサポートMCまたは蛍原(宮迫降板前は宮迫)の隣に座る。

その際は当人が収録前にマイクの風防(カバー)の色を決め、それによってMCやパネリストとの絡みのレベルを決めると言うルールがある。

深夜の30分時代にはゲストによっては放送を2回にまたぐこともあり、さらに先週のゲスト未放送分 → 今週のゲスト登場 → そのまま次週に続くというパターンも多かった。

55分に拡大してからはほぼ全ての内容を一回で全て完結させているので、このパターンは見られなくなったが、2008年2月7日・14日放送は「出川ナイト」として初の2週連続放送を行った。

さらに、2012年5月17日・24日放送の「華丸・大吉芸人」では、収録開始の時点で2週ぶち抜きで放送されることが決まっていた。

2016年10月から2018年9月まで、従来(木曜放送)の『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』・『日曜もアメトーーク!』と週2回体制となっていたが、両者の放送内容は大きく変わらなかった。

従来版が、ある程度マニアックな「くくり」であることが多かった。

くくりトーク

番組開始当初は通常のトークも行われていたが、2004年6月14日に放送された眼鏡をかけた芸人を集めた「メガネ芸人」のときに出演者・スタッフともに手ごたえを感じたため、「共通点をもった芸人を集めたトーク」というシステムの原型になった。

以降は「所属事務所が同じ芸人」を集めたトークなどが多く行われている。

その後、芸人自身がやりたい企画をプレゼンして実現を目指す「プレゼン大会」がスタート。

「ある共通の趣味や特徴をもった芸人を集めてトークする」という旨の企画が多くプレゼンされた。

このプレゼン大会から「ガンダム芸人」「華の昭和47年組」など数々の企画が実現、「あるくくりをもったゲストを集めてトークする」というスタイルができ上がった(芸人以外がプレゼンする場合もある)。

当初は、ゲスト芸人が登場した後に蛍原が「皆さんは、何のくくりですか?」と聞き、一名が「僕たちは(私たちは)」と言った後に全員で「○○芸人です!!」と名乗ってから始めていたが廃止され、オープニングで蛍原が紹介するようになった。

ただし、「胸デカイ芸人」(2018年6月21日)、「BiSHドハマリ芸人」(2019年10月10日)など、時折復活することがある。

この「くくりトーク」というシステムは、実際にはテレビ東京の『やりにげコージー』や読売テレビの 『ダウンタウンDX』や日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』のスペシャルなどですでに行われていたが、2007年6月号の「日経エンタテインメント!」では「くくりトーク」を紹介する記事が掲載され、その注目を集めるきっかけとなった番組としてフジテレビ『HEY!HEY!HEY!』の「ゆかりトーク」と共に『アメトーーク』の「くくりトーク」を紹介している。

『アメトーーク』の、上記の番組と異なるシステムとして「打ち合わせ」がある。

たとえば多数のゲストを集めてトーク番組を行うとき、通常はゲストがそれぞれ打ち合わせを行う。

しかし『アメトーーク』では事前にゲスト全員を一堂に集めて、全員で打ち合わせを行っている。

これにより、その趣味をもった人にしか思いつかないような面白い話やトークテーマが多く生まれるという。

またゲスト同士で強い連帯感が生まれ、たとえば出演者の1人がトークなどで失敗してもほかの出演者がそれをカバーするなどといった光景も放送で見られる。

種類も豊富で、「ボーイスカウト芸人」等の他、

「大谷翔平芸人」シリーズ

「サッカー日本代表応援芸人」

「生きる伝説ケイスケホンダ芸人」

「高校野球大好き芸人」

「ラグビー芸人」

「昭和プロレス芸人」

「ゴルフ芸人」などのスポーツをテーマにしたくくり、

「BOØWY芸人」

「長渕剛大好き芸人」

「Perfumeスゴいぞ芸人」

「ロックフェス大好き芸人」

「アイドル大好き芸人(モーニング娘。、AKB48、ももいろクローバーZ、乃木坂46、欅坂46などが紹介された)」

「結成30周年記念B'z芸人」

「Mr.Children芸人」などの音楽や歌手をテーマにしたくくり、

「黒沢ナイト」

「椿鬼奴クラブ」

「RG同好会」

「肥後という男」

「どうした!?品川」

「危険な男ジモン」

「後輩の山崎に憧れてる芸人」

「小杉いじりたい芸人」

「華丸大吉芸人」

「小沢という変人」などの特定のタレントをテーマにしたくくり、

「coco壱番屋芸人」

「餃子の王将芸人」

「天下一品芸人」などの外食や

「餅芸人」

「大根ありがとう芸人」

「ネギ芸人」

「明太子芸人」などの食べ物(年頭に放送されることが多い)をテーマにしたくくり、

「ドラえもん大好き芸人」

「SLAM DUNK芸人」

「新世紀エヴァンゲリオン芸人」

「ろくでなしBLUES芸人」などのアニメや漫画をテーマにしたくくり、

「スーパーマリオ芸人」

「ストリートファイターII芸人」

「桃太郎電鉄芸人」などのゲームをテーマにしたくくりなど、お笑い以外にもスポットを当てたテーマも取り上げる為、多種多様のテーマが存在する。

取り上げられたジャンルは放送終了後に、当該ジャンルのwebサイトへのアクセスやセールスが伸び、とりわけ外食チェーン店の場合は店舗に客が殺到するなど、店に対する反響も大きい。

「アメトーーク」ジーンズ大好き芸人

▽草彅剛、初出演…ジーンズ愛が止まらない▽激レア私物も多数登場▽ケンコバ&くっきー…細かすぎるこだわり&はき方▽蛍原に似合う1本を用意…緊急事態でまさかの展開

「アメトーーク」の出演者

【ゲスト】草彅剛&ケンドーコバヤシ&野性爆弾くっきー!&ニブンノゴ!大川&みなみかわ&四千頭身・都築/狩野英孝
 
 
登録無料!U-NEXT公式ページへ

 
【関連記事】

【動画】所さん事件ですよの見逃し配信を無料視聴!再放送はある?

【動画】あしたが変わるトリセツショーの見逃し配信無料視聴方法!ダイエット・痩せホルモン

【ネタバレ】武則天65話の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【ネタバレ】メイドインアビス2期12話最終回の動画見逃し配信や原作情報まとめ



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-バラエティ動画情報
-