ドラマコラム ドラマネタバレ情報

【ネタバレ】警視庁・捜査一課長6の1話~最終回の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【ネタバレ】警視庁・捜査一課長6の1話~最終回の動画見逃し配信や原作情報まとめ

テレビ朝日で放送される木曜ミステリードラマ「警視庁・捜査一課長season6(シーズン6・6期)」のあらすじやネタバレ、無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法、視聴率や感想、キャストや原作情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います。

今回の「警視庁・捜査一課長」は、木曜ミステリー枠の廃止と共に長いシリーズがついに完結する最後の「警視庁・捜査一課長」です!

このドラマ「警視庁・捜査一課長」の動画配信はテレビ朝日のドラマですし、TELASAとU-NEXTで配信されます!

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

見逃し配信はもちろんTVerでも配信されますが・・・それではドラマ「警視庁・捜査一課長」について紹介していきたいと思います。

もくじ

ドラマ「警視庁・捜査一課長」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャストについてはこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

ドラマ「警視庁・捜査一課長」の概要

2012年7月、『土曜ワイド劇場』の一作として誕生し、2016年4月クールの『木曜ミステリー』枠で連続ドラマとして飛躍した、『警視庁・捜査一課長』。飽くなきチャレンジ精神を携え、シーズンを重ねるごとに進化を続けてきた最強のミステリーが、この春『season6』を始動させます。

2022年は、『警視庁・捜査一課長』が産声を上げて10周年という大きな節目。メモリアルイヤーにふさわしく、10年間培ってきた“一課長魂”をあますところなく注ぎ込み、シリーズの集大成となる作品をお届けします!

『警視庁・捜査一課長』はタイトルどおり、警視庁の花形部署・捜査一課で400名以上の精鋭刑事を統率する一課長・大岩純一の熱き奮闘を描くミステリー。捜査一課長は、ヒラ刑事から這い上がってきたノンキャリアの“叩き上げ”が務める、警察組織内でも特殊なポストといわれ、都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮するなど極めて重い責務を担っています。

しかし、大岩はスーパーマンのようにスマートに事件を解決に導くわけではありません。「被害者の無念を晴らす」という誓いを胸に、部下たちの先頭に立って地道な捜査に邁進。壁に突き当たりながらも重責を果たしていく姿は人間味にあふれており、まさしく“等身大のヒーロー”です。

そんな理想の上司・大岩を体現するのは、役柄同様、名もなき端役から役者人生をスタートし、“連ドラの鉄人”とよばれるまでにキャリアを積み重ねてきた内藤剛志。叩き上げの名優が今年も熱く、やさしく、“チーム一課長”を束ねていきます。

最新シーズンでも、“大福”こと平井真琴(斉藤由貴)、“見つけのヤマさん”こと小山田大介管理官(金田明夫)、“ブランク”こと奥野親道(塙宣之)らレギュラーメンバーは健在! 大岩一課長がクライマックスで発する“魂の訓示”、刑事たちが総出で挑む“東京一斉大捜査”といった本シリーズの醍醐味も変わらず、固い絆と団結力を育んできた捜査員たちがまた新たな難事件に立ち向かっていきます。

そしてなんと本作では、新キャスト加入が決定! そのキャラクターは大岩に大きく関わる存在であり、どうやら大型新人がキャスティングされている模様…。いったいどのようなキャラクターなのか、はたまた演じるのは誰なのか、続報をお待ちください!

また、本作では“視聴者が知って得する東京最新情報”“東京の知られざる新名所”など、2022年の東京のリアルをストーリーに反映! 東京を舞台に描く『警視庁・捜査一課長』ならではの魅力をふんだんに発信していくとともに、笹川健志刑事部長(本田博太郎)の激励や、妻・小春(床嶋佳子)&愛猫・ビビとの日常から大岩が解決のヒントを見つけ出す、といったファンにはたまらないおなじみの展開も盛り込んでいきます。

本格始動を前に、今シーズンの新ビジュアルを公開! 実は、大岩一課長のバックに大きく浮かぶ“感謝”の文字は、内藤の直筆によるもの。内藤は「10周年を迎えられたのも、視聴者の方々の応援があったからこそ。みなさんに10年分の恩返しができれば…」と、2文字にこめた思いを明かしました。

また、大型新人の加入については、「新メンバーについて聞いたときは、“10周年にこう来るか!”と、そのキャスティングに驚きました」と、その衝撃を告白。「彼は確実に視聴者のみなさんの心を鷲づかみにするビジュアルと存在感を持っています。ぜひ作品に新しい風を吹かせていただきたいですね」と期待を語りました。

さらに、「10周年は未知の領域に挑戦するチャンス!」と言い切り、「今までにない発想をどんどん取り入れて、みなさんの度肝を抜きたいと考えています」と、作品のスケールアップも予告しています。

そんな最新シーズンのラストに待ち受けるのは――シリーズ最大のクライマックス! はたしてどんな運命が大岩たちに襲いかかるのか!? 10年の軌跡を見つめ、また新たな未来へと向かっていく『season6』にご期待ください!

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

「警視庁・捜査一課長」の主なキャスト

内藤剛志 役:大岩純一(おおいわ・じゅんいち)

警視庁捜査一課長。400名以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。“ヒラから成り上がった叩き上げの刑事”として捜査員たちからの信頼も厚いが、その業務は多忙を極める。ひとり娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。

斉藤由貴 役:平井真琴(ひらい・まこと)

警視庁捜査一課・現場資料班主任。洞察力と直感力に優れた女性刑事。小山田管理官との凸凹コンビで、大岩一課長をサポートしている。犯人逮捕に向けて、ゲン担ぎで大福をよく食べる(※大福は黒い餡=犯人を白い餅で包んでいることから警察にとっては縁起物の和菓子)ことから、大岩には“大福”というあだ名でよばれている。ユニークな言動で周囲から浮いてしまうことも多いが、大岩からは絶大な信頼を寄せられている。

本田博太郎 役:笹川健志(ささがわ・たけし)

警視庁刑事部長、大岩の上司。捜査に行き詰った大岩を激励する。
捜査方針をめぐって重大なリスクが生じる場面でも、その責任を部下には決して背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。

鈴木裕樹 役:天笠一馬(あまがさ・かずま)

警視庁捜査一課刑事。遊軍刑事として、現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。かつて大岩が乗りこむ公用車の運転担当だったこともあり、一課長からの信頼も厚い。

飯島寛騎 役:古代学(こだい・まなぶ)

警視庁・鑑識課。臨場する大岩らに対し、若者視点ならではの事件ポイントを提示することで事件解決への端緒を与える。検視官としての能力が高く、大岩も一目置いている。

陽月華 役:板木望子(いたき・もちこ)

警視庁捜査一課管理官。捜査本部を統括する立場であり、捜査会議では進行役を担う。厳しく辛い捜査ほど奮起するタイプで、追い込まれたときに最も本領を発揮する。

塙宣之 役:奥野親道(おくの・ちかみち)

大岩一課長の公用車の運転担当刑事。元々優秀な刑事だったが、妻の病死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場に戻ってきた異色の刑事。主夫経験で得た生活の知恵や女子力を武器に、事件捜査に奔走する。大岩からは“ブランク”というあだ名で呼ばれている。大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。

床嶋佳子 役:大岩小春(おおいわ・こはる)

大岩の妻。愛娘の死を乗り越え、多忙を極める夫・大岩をいつも笑顔で支えてきた。小春との何気ない日常会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

金田明夫 役:小山田大介(おやまだ・だいすけ)

警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕となって捜査を進めていく。
多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”ともよばれている。恐妻家で、妻には弱い。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」1話~最終回のあらすじ・ネタバレ

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」1話のあらすじ・ネタバレ

「初回拡大スペシャル」

「“タイムトラベラー”の遺体が見つかった」――。そんな奇妙な知らせを受けた警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)とともにすぐさま臨場する。

タイムトラベラーとは、個人投資家の時岡賢(小手伸也)のこと。彼は20年前、誰も目をつけていなかったIT企業の株で巨額の富を築いたことから、業界でそうよばれていたのだ。時岡は倉庫街に停車したトラックの荷台の上に倒れていたが、近くの建物の外階段の踊り場に血痕が残されていたことから、時岡は犯人に刺されたあと踊り場から転落し、たまたま荷台の上に落ちたものと思われた。大岩は、時岡が古いデジタル時計を身につけているのを見て、表情を変える…。

別居中の妻・江留奈(街田しおん)によると、事件の夜は夫に呼び出され、彼の愛人・小杉貴子(白石糸)とともにレストランで食事をしたが、時岡は「俺はもうすぐ殺される」と話していたという。また、貴子から、時岡の車の周囲を黒いパーカーの若い女性がうろついていたと聞いた時岡は「…だと思った」という謎の言葉を残し、店を出ていったと打ち明ける。さらに、江留奈はレストランが究極のイノベーティブフュージョンをうたっている店だったにもかかわらず、メイン料理がなぜか具ナシのカレーライスだったとも話す。

その矢先、事件現場の野次馬の中に黒いパーカーを着た若い女性を目撃した大岩は、小山田大介管理官(金田明夫)に一枚の写真を見せてひとりの女性の調査を依頼する。彼女の名は、新野はるな(新谷ゆづみ)。大岩が見せたのは彼女が高校を卒業したときの記念写真だったが、時岡と同じデジタル時計を身につけていた。大岩の亡き娘”春菜”と同じ名前であり、被害者ともつながりがあるらしい彼女は何者なのか!? 小山田は捜査を開始して…!?

一方、時岡が余命宣告されていたにもかかわらず、積極的な治療を断り、大盛り料理を食べ歩いていたことを知った現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は事件当日の昼、彼が訪れたメガ盛りカレーの店を突き止める。そして、その日、時岡とともにメガ盛りカツカレーを完食した自称ITベンチャー社長・鳴尾勇志(平井亜門)のもとを訪ねるが…!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」2話のあらすじ・ネタバレ

トラックドライバー・鵜飼頼道(伊東孝明)の刺殺体が発見されたという知らせが入り、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)とともに現場に急行する。鵜飼は数日前の夜、“タイムトラベラー”の異名を誇る投資家・時岡賢(小手伸也)の遺体が荷台に遺棄されていたことに気づかぬまま、殺害現場のゲートブリッジから発見現場となった倉庫街まで運んだ人物だった。

奇妙なことに、鵜飼が身に着けていたのは20年前、時岡にインサイダー情報を教えた会社員・蝶野成行が失踪当日に着用していたジャケットだった。しかも、胸ポケットからは20年前の新聞記事の切り抜きが見つかり、まるでタイムスリップしてきたかのような遺体に大岩たちはがく然とする。鵜飼は、時岡賢を殺した実行犯の手によって、口封じのために刺されたのではないか!? そうにらんだ大岩は、捜査員たちを結集し特別捜査本部を立てる。

そんな中、現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、時岡が死の直前、コールセンターアルバイト・新野はるな(新谷ゆづみ)に送った招待状がニセモノだったことに気づく…。さらにその矢先、鵜飼が潜伏していた先から時岡のスマートフォンが見つかり、最後に通話した相手が、はるなの元アルバイト仲間で自称ITベンチャー社長の鳴尾勇志(平井亜門)だとわかる。大岩たちは行方をくらましている鳴尾を緊急捜索するが…!? 

“未来を見てきた男=タイムトラベラー”殺害事件からはじまった2つの事件…。過去、現在、そして未来までもが複雑に入り乱れる事件の真実を、大岩たちは突き止めることができるのか…!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」3話のあらすじ・ネタバレ

東京・銀座の一角にある車2台ほどの小さなコインパーキングで、揚げたてのコロッケを握った女性の遺体が見つかった。知らせを受けた警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、すぐさま臨場する。

コロッケを調べたところ、その温度から揚げたてであることは間違いなかったが、徒歩30分圏内にあるコンビニエンスストアやデパートの総菜コーナーで売っているものとは、色も大きさも微妙に異なっており、どこで購入したのかは謎だった。現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は野次馬の中にコックコートを着た人物を見かけて声をかけるが、その女性・北尾映見(谷まりあ)は何も目撃していないと話して去っていく。

まもなく遺体の身元は、戸越銀座にあるスーパーの総菜コーナー勤務の揚田温子(西尾まり)と判明。温子はコロッケの調理を長らく担当しており、味はもちろんのこと、幸運をもたらすコロッケだとSNSで評判を集め、地域の人々から“コロッケの女神”と呼ばれていたとわかる。ところが、遺体が握っていたものと温子がスーパーで揚げていたコロッケは、まったくの別物だった。

その矢先、遺体発見現場となったコインパーキングの土地の所有者が、温子本人だという事実が発覚! 不動産業者によると、温子は最近になって土地の売却を決めたが、契約寸前まで漕ぎつけた買い手とトラブルとなり、破談になったという。その買い手とは、なんと真琴が現場で見かけた映見で、彼女は“ソースの魔術師”ともてはやされ、メディアにも引っ張りだこの人気高級フレンチレストランのシェフだった。

もしや土地の売買でもめた末に、映見が温子を殺害したのか!? 大岩たちが捜査を進めたところ、2人には土地のトラブルだけではない、深い因縁があったことがわかり…!?  “庶民派コロッケの女神”と“高級フレンチのソースの魔術師”――正反対の料理を突き詰める2人の間にいったい何があったのか…!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」4話のあらすじ・ネタバレ

バラエティー番組でも活躍する俳人・墨田凌雲(松澤一之)の遺体が川から発見された。警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)らが臨場したところ、橋の上からきちんと揃えた草履と俳句をしたためた短冊が見つかり、飛び込み自殺かと思われた。だが、溺死に見られる生活反応が見当たらず、殺人の可能性が浮上。しかも、短冊に記されていたのが「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」という松尾芭蕉の有名な句だったため、一同は困惑する。奇しくも凌雲の俳句教室に通っていたことがあるという運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)は、高名な俳人である凌雲が辞世の句を盗むなどありえないと驚く。

まもなく凌雲の書斎で血痕が見つかり、彼は自宅で殺害され、川に遺棄されたことが判明する。書斎からは「きがさなり」と乱れた文字で書かれた短冊も見つかった。“季重なり”とはひとつの俳句の中に季語が2つあることを指すが、いったい凌雲はなぜそんな言葉を書きなぐったのだろうか…。

捜査を進めた結果、事件当日、3人の女性が凌雲の自宅を訪れる予定だったとわかる。その3人とは、凌雲の新旧の愛人と、俳句教室の生徒であり、家政婦として凌雲宅に出入りする川上美月(鷲見玲奈)だった。

実は、美月は3カ月前から奥野の自宅の家事代行も担っており、明るく美しい美月にすっかり魅了された奥野は彼女にプロポーズ。事件前日、その返事を聞くために会ったばかりだった。しかも、事件当日、奥野は凌雲の自宅をうかがう美月の姿を目撃していた…。

自らが思いを寄せる美月が犯人なのか!? 苦悩する奥野を見かねた大岩は捜査から外れるよう命じるが、奥野はいてもたってもいられず…!? はたして、辞世の句、そして短冊に秘められた真実とは…!? 表情筋がかたまりがちで感情を表に出さない奥野が“棒”になった過去が、ついに明かされる――!

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」5話のあらすじ・ネタバレ

大手IT企業『ビッグホール』のチーフプログラマー・太平洋和(小島よしお)が自宅兼仕事場で殺害される事件が起き、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は臨場する。

太平は20年前、“奇跡のプログラム”といわれるソフトを発表し、一躍、世界的に有名になった人物だった。太平の開発によって、当時、小さなITベンチャーだった『ビッグホール』は株価が急上昇し、大手へと成長した経緯があった。

捜査をはじめた小山田大介管理官(金田明夫)は、現場に残された3つの湯呑みとひとつの茶托に注目。事件当日、少なくとも2人の来客があったのではないかと考える。また、現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は湯呑みに残っていたお茶があまりに薄く、“二番煎じ”のようだったのが気にかかる。 

遺体の第一発見者でもある柳下美瑠(秋月三佳)によると、太平は事件当日の昼、突然、退職を宣言したという。実は、彼は20年前に業界の頂点を極めて以降、ヒットプログラムを生み出せず、最近では“一発屋”や“オワコン”などと陰口をたたかれていたのだ。業を煮やした社長・藤綱玄道(岩永ひひお)は“天才プログラマー”との呼び声高い新入社員・幸田早芽(莉子)を、チーフに抜擢することを決定。太平は、その降格人事に反発したようだった。そんな中、新リーダーに指名された早芽と太平が何度も衝突していた事実が浮上して…!? 

一方、副業でオンラインサロンを開いていた太平には、彼の崇拝者ともいうべきファンが多数存在したことも発覚! 犯人は若きライバルなのか、熱烈なファンなのか、それとも…!? 伝説のプログラマー殺人事件、はたしてその真相とは…!? そして今回、小山田にも“ある異変”が…!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」6話のあらすじ・ネタバレ

“スーツが全然似合っていない遺体”が見つかった! 警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が臨場したところ、被害者は若い女性で、なぜかサイズの大きなメンズのスーツを着用していた。何者かに階段から突き落とされて殺害されたようだったが、現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、被害者が外見と内面にギャップを持ち、自らを表現できずに悩んでいたのではないか…と直感する。

まもなく、被害者のスーツのポケットから、1枚の名刺とカードキーが見つかった。名刺にはフリーライター・七井路美(加藤小夏)と記されており、検索した結果、路美は正体を明かさずに飲食店を訪れては記事を書く覆面グルメライターらしいとわかる。1枚だけ所持していたということは、被害者は路美から名刺をもらったのだろうか。真琴は現場近くで路美らしき女性を見つけて直撃するが、サングラス姿の彼女は人違いだと言い張って…。

やがて、被害者の身元は先月退職した大阪府警の元刑事・諸星秋子(篠原真衣)と判明。先輩刑事・宇田川奈衣(宮本真希)によると、秋子は退職する直前まで大阪で発生した個人投資家強盗未遂事件の捜査を担当していたとわかる。

一方、カードキーは現場近くにあるリサーチ会社のものと判明。防犯カメラ映像をチェックすると、事件の夜、秋子らしきスーツ姿の人物がカードキーを使って侵入し、その会社の社長・本庄忍(ハマカワフミエ)のデスクをあさっていたことが発覚する。いったい何を探していたのか!? カードキーは契約ライター・片石耕哉(曽田陵介)に配布されたものであることも判明するが、片石は行方をくらましていて…。

そんな中、秋子の部屋を捜索した真琴は、秋子と日向石雄(石崎ひゅーい)の2ショット写真を発見する。日向は昨年、ある殺人事件で大岩たちが2度も事情を聴いた謎のミュージシャンだったが…!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」7話のあらすじ・ネタバレ

“裸の王様”の遺体が見つかった――。そんな奇妙な一報を受けた警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、現場の公園に臨場する。

殺されていたのは、広告会社社長・川瀬珠代(秋本奈緒美)。第一発見者でもある秘書・波岡英明(春海四方)によると、珠代は社内で“裸の王様”と陰口をたたかれていたという。

4年前、病に倒れた夫から社長の座を引き継いだ珠代は着任早々、会社を改革すると言い出し、以来、やりたい放題。逆らう者はクビか左遷に追い込まれるため、役員の山堀甲介(酒井敏也)、谷水潤(小林健)をはじめ社内の誰もが忖度するようになったが、一方でほとんどの社員が珠代のことをよく思っていなかったらしい。

遺体のそばには「王様は裸だ」と記された栞が落ちており、それを見た大岩は、胸騒ぎを覚える。その栞のウラにドライフラワーの押し花があしらわれていたのだが、妻の小春(床嶋佳子)が同様の栞を手作りしていたからだ…。

また、現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は髪や着衣に数種類の土がついているのに気がつき、どこか別の場所で殺害され運ばれてきたのではないかと考える。

さらに、真琴は現場の公園で、“カンフー”のような片足立ちのポーズをしている女性を見かけて興味を抱く。彼女は被害者の会社に勤める元デザイナー・土田一花(松井愛莉)で、社内でただひとり、「社長は裸の王様だ」と珠代を批判し、閑職に左遷された人物だった。しかも事件当日、現場近くの防犯カメラに一花らしき人物が映っていたことも判明して…!? 

やがて、小春と一花に思いもよらぬ接点があることが発覚! もしや小春は事件に関与しているのか――大岩は“不都合な真実”から目をそらすことなく、ホシをあげることができるのか!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」8話のあらすじ・ネタバレ

ド派手なクラブファッションに身を包み、LEDライトが点滅するサングラスをかけた男性の刺殺体が発見され、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は現場に駆けつける。

まもなく、身元は不動産会社社長・内川蔵之介(阪田マサノブ)と判明。警ら中に遺体を見つけた交番勤務の巡査・尾山田すずめ(藤野涼子)は途中、現場から逃げるように走り去る地味な女性とすれ違ったと話す。

引っ込み思案な性格だというすずめは、被害者は自分が苦手とする“陽キャ(=陽気なキャラクター)”に違いないと指摘するが、現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)はそうではないと直感。内川は陽キャの人物に会いに行くため、無理して“パリピ”のような派手な服装をしていたのではないかと考える。

大岩から捜査本部に加わるよう命じられたすずめは、戸惑いながらも小山田大介管理官(金田明夫)とコンビを組んで捜査を開始。立ち退きをめぐって、被害者とトラブルを起こしていたイタリアンレストランを訪れる。そこは、奇しくもすずめの高校時代の同級生・陽木渚(長見玲亜)の一家が営む店で、渚はもちろん、その両親も兄・明(小野塚勇人)もバリバリの陽キャぞろい。近所でも「太陽みたいに明るい」と評判のファミリーだった。

だが、店で久々に渚と再会したすずめは、彼女こそ、事件当夜にすれ違った地味な女であることに気がついて…!?  やがて、すずめはかつてのクラスメートを相手に人生初の取り調べに挑むことになるのだが…!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」9話のあらすじ・ネタバレ

“猫耳カチューシャ”を手にした男性の遺体が見つかった。遺体の身元は、商事会社の営業部長・鵜飼博(松田賢二)と判明。臨場した警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)はスーツにたくさんの猫の毛がついていることに気づくが、現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、被害者はそれほど猫が好きではなさそうだと直感する。

現場の状況から、被害者はどこか別の場所で刺殺され、現場まで運ばれてきたものと思われたが、第一発見者の只野空見(貴島明日香)は前夜、近くを通りかかったとき、猫の鳴き声のような叫び声を耳にしたと証言する。

まもなく殺された鵜飼は部下に無茶なノルマを課し、成績の悪い部下にはキツイ言葉を浴びせるなどパワハラまがいの上司だったことが判明。若手社員が続々と離れていく中、ひとり従順に指示に従っていた社員・朝倉亜沙美(芋生悠)がいたこともわかる。ところが最近、亜沙美は鵜飼に裏切られ、トラブルの責任を押し付けられた事実が浮上。同僚たちの証言から、事件当日、亜沙美が鵜飼にこっぴどく怒鳴られていたこと、そして遺体が手にしていた猫耳カチューシャは亜沙美のものらしいことが明らかになる。

だが、亜沙美本人はカチューシャは自分のものではないと関与を否定。そんな中、亜沙美に接触した真琴は、彼女が他人からの命令に逆らえず受け入れてしまう性格でありながら、その反面、猫のように気ままに生きたいと願っていることを感じ取り…!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」最終回のあらすじ・ネタバレ

「一課長、“殺し”です――」。小山田大介管理官(金田明夫)からいつになくシンプルな報告を受けた警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、胸騒ぎを覚えながらも臨場する。

殺されていたのは、大手IT企業“ビッグホール”のグループ企業であるデザイン会社に勤務するCGクリエイター・遠藤真理(朝木ちひろ)。真理は数日前から無断欠勤を続け、連絡がつかない状況だったという。現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、欠勤を続けていたはずの彼女が、芸術家風のスタイリッシュなファッションを身にまとっていることに違和感を抱く。

バッグの中にはノートPCのほか1通の企画書が残されており、調べたところ、真理は東京の湾岸エリアを仮想空間内に再現するメタバース(3次元仮想空間)プロジェクトのデザインを一手に請け負っていたことが判明。さらに彼女は事件直前、“秋野胡桃”“爆破予告”というワードを検索していたことがわかる。

サイバー事件対策室の谷保健作(土屋伸之)によると、実は数日前からネット上で「ビッグホール本社を爆破する」という犯行予告が相次いで発見されており、なんとそれらすべてが真理のパソコンを経由して発信されたことを突き止めたという。被害者は爆破予告に関わっていたのか…。

そんなとき、衝撃の知らせが入る。真理が殺されたのと同じ場所で、また新たに身元不明の男性の遺体が見つかったのだ。しかも、匿名で寄せられた情報から、殺された男は胡桃らしき女性と会っていたことがわかり…!? 

シリーズ史上最難ともいえる不可思議な連続殺人の真相を突き止めるため、大岩たちは前代未聞の捜査に挑むことに…!?  はたして“チーム一課長”は、“最後のホシ”をあげることができるのか――!?

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

ドラマ「警視庁・捜査一課長6」の最終回結末は?

このドラマ「警視庁・捜査一課長6」も遂にクライマックスを迎えます。今回のシーズン6で本当にお別れとなってしまう「警視庁・捜査一課長」シリーズを最後まで楽しみましょう!
 
 
登録無料!U-NEXT公式ページへ

 
【関連記事】

【動画】ポップUPの見逃し配信無料視聴方法!再放送はある?

【ネタバレ】悪女(わる)1話~最終回の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【ネタバレ】仮面ライダーリバイス1話~最終回の動画見逃し配信はなし?無料視聴方法

【ネタバレ】メンタル強め美女白川さん1話~最終回の動画見逃し配信や原作情報まとめ



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報
-, , , , , ,