アニメネタバレ情報 小説原作ネタバレ情報

【ネタバレ】後宮の烏7話の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【ネタバレ】後宮の烏1話の動画見逃し配信や原作情報まとめ

TOKYO MXで放送されているアニメ「後宮の烏(こうきゅうのからす)」7話、最新話のあらすじやネタバレ、無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法、再放送のことや感想、キャスト情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います。

この「後宮の烏」の動画配信は、TVer(ティーバー)などで全話見返すことはできません。動画配信といえばTVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)などが思い浮かびますが、無料動画配信はそれらのサービスが全てではありません。

「後宮の烏」の動画配信は動画配信サービスU-NEXTで配信されています。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

見逃し配信はもちろんTVerでも配信されますが・・・それではアニメ「後宮の烏」について紹介していきたいと思います。

アニメ「後宮の烏」7話のあらすじ・ネタバレ

「玻璃(はり)に祈る」

前王朝の血を引く冰月(ひょうげつ)と明珠公主は、結婚の約束を果たせないまま戦の中で亡くなった。死後、幽鬼となった冰月は、同じく幽鬼になりさまよう明珠公主を柳の下で見つけたが、呼びかけても反応がない。その公主を救うため、冰月は楽土へ渡らず留まり続けていたのである。手を尽くしたが公主は呼びかけに応えてくれないままだった。どうすれば公主を救えるのか。寿雪はひとつの仮説を立てていた。

アニメ「後宮の烏」の出演者

【柳 寿雪】水野朔
【夏 高峻】水中雅章
【衛青】八代拓
【九九】高野麻里佳
【温螢】島崎信長
【淡海】岡本信彦
【衣斯哈】平田真菜雲
【雲 花娘】上田麗奈

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

アニメ「後宮の烏」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・登場キャラクターについてはこちらから

・これまでのあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

「後宮の烏」の概要

「後宮の烏」は、白川紺子による日本のライト文芸。イラストは香魚子が担当している。集英社オレンジ文庫(集英社)より2018年4月から2022年4月まで刊行された。

中華風の世界観を舞台に、後宮の奥深くに住む「烏妃」と呼ばれる特別な妃と、噂を頼って彼女の元を訪れた皇帝を中心に描くファンタジー小説となっている。2022年8月時点でシリーズ累計発行部数は120万部を突破しており、集英社オレンジ文庫におけるファンタジー人気の先鞭をつけた作品に位置づけられる。

2021年12月、テレビアニメ化が発表された。2022年10月放送開始。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

アニメ「後宮の烏」の主な登場キャラクター

柳寿雪(りゅうじゅせつ)
声:水野朔

夏高峻(かこうしゅん)
声:水中雅章

衛青(えいせい)
声:八代拓

九九(ジウジウ)
声:高野麻里佳

温螢(おんけい)
声:島﨑信長

淡海(たんかい)
声:岡本信彦

衣斯哈(イシハ)
声:平田真菜

雲花娘(うんかじょう)
声:上田麗奈

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

アニメ「後宮の烏」のあらすじ・ネタバレ

孤独な烏妃うひの知られざる正体とは——
シリーズ累計発行部数120万部を突破。
原作・白川紺子が描く中華幻想譚、ここに開幕。
後宮の奥深くに住んでいる、妃でありながら夜伽をしない特別な妃・烏妃うひ。
その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、少女だったと言う者もいた。
烏妃の名は寿雪じゅせつ。
彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物さがしまで、何でも引き受けてくれるという。
時の皇帝・高峻こうしゅんは、ある依頼のため寿雪の元を訪れる。
二人の巡り合わせは、歴史をも覆す「秘密」を暴くことになる……。

アニメ「後宮の烏」1話のあらすじ・ネタバレ

「翡翠(ひすい)の耳飾り 前篇」

烏妃(うひ)は、妃でありながら夜伽をしない特別な妃である。呪殺、祈祷、失せ物さがし、頼まれればなんでも請け負うが、会えば災いがあるとも言われている。後宮に住んでいるが詳しいことは誰も知らない謎めいた存在だ。夏王朝(かおうちょう)の皇帝・夏高峻(かこうしゅん)は、烏妃の住まう夜明宮へと足を踏み入れる。そこにいたのは漆黒の衣装をまとった美しい少女・柳寿雪(りゅうじゅせつ)であった。

アニメ「後宮の烏」2話のあらすじ・ネタバレ

「翡翠(ひすい)の耳飾り 後篇」

高峻に頼まれた寿雪は、翡翠の耳飾りに取り憑いた幽鬼のことを調べていた。耳飾りの持ち主は班鶯女(はんおうじょ)。十年ほど前、三の妃を毒殺した疑いをかけられ、首を吊って亡くなっていた。その死の真相を突き止めるため、侍女に迎えた九九(じうじう)とともに、班鶯女の側仕えをしていた蘇紅翹(そこうぎょう)がいる洗穢寮(せんえりょう)へと向かう。

しかし話を訊くことはできなかった。紅翹は舌を切り落とされていたのである。

アニメ「後宮の烏」3話のあらすじ・ネタバレ

「花笛(はなぶえ)」

鴛鴦宮に住まう後宮最上位の妃、花娘(かじょう)が夜明宮にやってきた。花娘は、花笛がなぜ鳴らなかったのか知りたいという。花笛とは冬の終わり、その年に亡くなった者を弔うため、軒先に吊るしておくものである。

春の訪れを告げる風とともに死者が還ってきて、笛を鳴らすと言われている。花娘は恋人だった欧玄有(おうげんゆう)を亡くした時、笛が鳴らなかったことを気にかけていた。寿雪は求めに応じて欧玄有の魂を呼び出し、話を訊こうとする。

アニメ「後宮の烏」4話のあらすじ・ネタバレ

「雲雀公主(ひばりひめ)」

夜明宮に雲雀の幽鬼がやってきた。未練があり、楽土へと渡れないらしい。不憫に思った九九は寿雪に雲雀を救ってほしいとお願いした。寿雪は雲雀を飼っていた雲雀公主(ひばりひめ)のことを調べる。宮女に話を訊いて回っていると、とある世間話を耳にする。それは、下げ渡される反物などがない宮は侍女にとってはずれであるということだ。寿雪は九九に何もあげたことがなかった。

アニメ「後宮の烏」5話のあらすじ・ネタバレ

「懐刀(ふところがたな)」

高峻の寝所に夜な夜なふたりの幽鬼が現れる。それが原因で憔悴していく高峻の身を、衛青(えいせい)は案じていた。烏妃に相談してはどうかと勧めるが、他言無用だと口止めされるばかりである。その理由は幽鬼にあった。高峻の母と、親しかった宦官・丁藍(ていらん)だったのである。高峻はふたりの死に対して、自責の念にかられていた。その気持ちを理解しつつも、放っておけない衛青は、寿雪の元を訪ねようとするが――

アニメ「後宮の烏」6話のあらすじ・ネタバレ

「夏の王、冬の王」

皇帝の住まう凝光殿(ぎょうこうでん)の庫(くら)には、幽鬼が身につけていた縞瑪瑙(しまめのう)の玉珮(ぎょくはい)が納められていた。その持ち主は明珠公主(めいじゅこうしゅ)。欒王朝最後の皇帝の娘であった。庫にはその絵姿も残っていた。そこで寿雪は明珠公主と、ある人物の絵を目にする。

一方、歴史書を紐解き、烏妃の秘密を探し求めていた高峻は、薛魚泳(せつぎょえい)から本当の史実が書かれたもう一つの歴史書が存在すること、そしてそれを持っているのは烏妃であると明かされる。

アニメ「後宮の烏」7話のあらすじ・ネタバレ

「玻璃(はり)に祈る」

前王朝の血を引く冰月(ひょうげつ)と明珠公主は、結婚の約束を果たせないまま戦の中で亡くなった。死後、幽鬼となった冰月は、同じく幽鬼になりさまよう明珠公主を柳の下で見つけたが、呼びかけても反応がない。その公主を救うため、冰月は楽土へ渡らず留まり続けていたのである。手を尽くしたが公主は呼びかけに応えてくれないままだった。どうすれば公主を救えるのか。寿雪はひとつの仮説を立てていた。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

アニメ「後宮の烏」の最終回結末は?

この「後宮の烏」は原作がある物語なので、どのように物語が進んでいくかもだいたいわかると思います。

それでもアニメで「後宮の烏」を楽しめるのは嬉しいですよね!アニメ「後宮の烏」を最後まで楽しみましょう!
 
 
登録無料!U-NEXT公式ページへ

 
【関連記事】

【ネタバレ】悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました7話の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【動画】満天青空レストランの見逃し配信無料視聴方法!相模湾で釣る

【ネタバレ】アークナイツ3話の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【ネタバレ】万聖街1話の動画見逃し配信や原作情報まとめ



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-アニメネタバレ情報, 小説原作ネタバレ情報
-