ドラマコラム ドラマネタバレ情報 小説原作ネタバレ情報

【ネタバレ】ルパンの娘2あらすじと視聴率!最終回結末後に更に続編は描かれる?

2020年9月9日

【ネタバレ】ルパンの娘2あらすじと視聴率!最終回結末後に更に続編は描かれる?

フジテレビの木曜劇場「ルパンの娘2」の1話から最終回、最終話・結末までのあらすじやネタバレ、キャスト情報や感想、見逃し配信や動画などを紹介したいと思います。

前作の放送が決まった時、「え?どうしたの?本当にこんなの放送するの?」的な感じはありました。

しかし、放送が開始されたら開始されたで、話題になり、思いの外人気が出ました。

もうぶっ飛んだこの世界がこの世界のまま続編が放送されることになり、続編ではどのような物語になるのか、気になりますよね?

それではドラマ「ルパンの娘2」について紹介していきたいと思います。



もくじ

ドラマ「ルパンの娘2」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・前作の最終回結末についてはこちらから

・前作の全話予告動画はこちらから

ドラマ「ルパンの娘2」の概要

2020年10月クールの「木曜劇場」枠(毎週木曜・22時~22時54分)は、2019年7月クールに放送した深田恭子さん主演の『ルパンの娘』の続編を放送いたします(番組タイトルは、前作同様に『ルパンの娘』)。

原作は2015年8月に発表され、各書店の文庫売上1位を獲得するなど、ロングセラーとなっている横関大さんの同名小説(講談社文庫刊)。

なお、今作の主題歌は前作同様にサカナクションの『モス』です。

前作の『ルパンの娘』は、代々泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘・三雲華(みくも・はな/深田恭子)と、瀬戸康史さん演じる、代々警察一家の息子・桜庭和馬(さくらば・かずま)との決して許されない恋愛を描いたラブコメディー。

前作で、運命的な出会いから恋に落ちたものの、泥棒一家“Lの一族”が全国指名手配されたため、愛し合いながらも永遠の別れを決意した華と和馬。

しかし、最終回で「Lの一族は死んだことにする」という尊の機転によって、遂に華と和馬は結ばれました。

『ルパンの娘』続編では、彼らのその後を描いていきます。

さまざまな障害を乗り越えた末に、夢にまで見た新婚生活を手に入れた華と和馬。

しかし、華が死んだことになっている“Lの一族”であるため、二人はあくまで事実婚。前作で警察一家・桜庭家の長年の夢であった捜査一課の刑事となった和馬でしたが、今作では泥棒一家“Lの一族”の娘・華と交際していた責任を取らされ、所轄に左遷されています。

華との結婚は職場ではもちろん秘密で、和馬は独身と偽ることに。

華と和馬は、隣人の声が丸聞こえなほどにオンボロなアパートで二人きりの新婚生活を始めます。

ようやく二人きりの静かな生活を手に入れたのもつかの間、華たちの隣人が警察に追われ、隣に住む華にも警察が聞き込みに来るというピンチが。

華を逃がし、その危機を救った尊は、今後の二人の身を案じ結婚祝いとして豪華なマンション(もちろん、盗んだもの)を二人にプレゼントします。

しかし、そのマンションは尊たち“Lの一族”の新居にもつながっている二世帯住宅でした。

そんな折、華の兄、渉が大きな盗みのターゲットを発見、“Lの一族”は本格的に再始動します。

泥棒家業とは縁を切り、愛する和馬と平穏な日々を過ごしたいと願う華の運命は一体!?

ドラマ「ルパンの娘2」のキャスト

深田恭子 役:三雲華(みくも・はな)

泥棒一家“Lの一族”の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く。

悪党しか狙わないことをモットーとしている“Lの一族”だが、盗みの計画の先には、当然のごとく泥棒逮捕を仕事とする華の恋人・桜庭和馬がいつも関わっており、彼は時に悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまう。

大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまう。

深田恭子のコメント

前作の終盤に、現場では“続編があったらいいですね”と話していましたので、それが現実となった驚きと喜び、そして何より皆さんと再会できるうれしさでいっぱいです。

自分で言うのも何ですが、こんなに大好きなドラマに再び出演させていただけて本当に幸せです。

お芝居はもちろんですけど、歌ったりするミュージカル調のシーンは、楽曲もステキだったので今回も楽しみです。

今回は事実婚ではありますが結婚していますので、前回とは違った純愛の形をお届けできたらいいなと思っています。

新たな要素もたくさん加わって、“Lの一族”が帰ってまいりますので、是非楽しみにしていて下さい。

瀬戸康史 役:桜庭和馬(さくらば・かずま)

華を自分の実家に連れていくが、華が警察の人間ではないという理由だけで、両親から結婚を反対されてしまう。

桜庭家の長年の悲願は、一族から捜査一課の刑事を輩出すること。

そこで、泥棒逮捕を専門とする警視庁捜査三課に勤務している和馬は、捜査一課への異動を条件に両親に華との結婚を認めさせる。

捜査一課への異動のため、手柄を立てたいと強く願う和馬は、警視庁内でも有名だが誰もその素性を知らない泥棒一家“Lの一族”を逮捕することを狙う。

瀬戸康史のコメント

続編の話を聞き、個性豊かな共演者の方々とまたご一緒できると思うとワクワクします。

そして、監督をはじめスタッフの皆さんとのチームワークも素晴らしかったですし、今までやったことのない本格的なアクションに生身で挑戦したり、踊ったり、歌ったり...。

いろいろな意味で大好きな作品でしたし、役者人生でとても印象的な作品でした。

その『ルパンの娘』が帰ってくる!!!

興奮しないわけがないです!“真面目に思いっきりふざける“をテーマに、さらにパワーアップした『ルパンの娘』を皆さんに届けたいと思います。

渡部篤郎 役:三雲尊(みくも・たける)

美術品専門の泥棒で品のあるダンディーな男。

美術品のみならず、三雲家が住んでいる高級タワーマンションの他の住人からキャビアや高級ワインなども調達してくる。

三雲家の指示系統の主軸的存在で、華が家業を継がないことをよく思っておらず、長男も引きこもりという現状に、“Lの一族”が自分たちの代で終わってしまうかもと危惧している。

小沢真珠 役:三雲悦子(みくも・えつこ)

華の母。美の追究に貪欲で、55歳という年齢を全く感じさせない妖艶な雰囲気を持つ“奇跡の美魔女”。

宝飾品専門の泥棒。いつも派手な格好をしている。

夫の尊とはバカップルのようにじゃれ合っているが、やるときはやる女泥棒。

栗原類 役:三雲渉(みくも・わたる)

華の兄。三雲家の長男で「Lの一族」の正統な後継者だが、部屋から一歩も出ず、家族とですらタブレット端末を介して人工音声で会話する筋金入りの引きこもりで、両親もお手上げ状態。

ただし泥棒の血は争えず、ネットを駆使して情報を盗む、超一流のハッカーという顔を持つ。

どんぐり 役:三雲マツ(みくも・まつ)

華の祖母。伝説の鍵師。

気配を消し、足音一つ立てずに、突然現れる様はまさに神出鬼没。

“Lの一族”の中で唯一関西弁を話す。

色々と謎が多い人物でもあり、華の良き理解者でもある。

麿赤兒 役:三雲巌(みくも・いわお)

華の祖父。伝説のスリ師。

幼い華に泥棒の技術と心得を叩き込んだ。

普段はほとんど家に寄り付かないため、マツから死んだことにされているが、たまに姿を現すことがある。

藤岡弘 役:桜庭和一(さくらば・わいち)

和馬の祖父。元警視庁捜査三課課長を務め、「鬼の桜庭」の異名を持つ元敏腕刑事。

不思議な空気感を身にまとっていて、瞑想(めいそう)を日課としている。

華について、「その女は諦めろ」と和馬に意味深な発言を残す。

信太昌之 役:桜庭典和(さくらば・のりかず)

威厳のある一家の大黒柱で、警視庁警備部 SAT隊長。

華と和馬の結婚に反対をしたが、“桜庭家から捜査一課の刑事を輩出するという悲願を、和馬が見事かなえることができたら、結婚を認める”という条件を和馬に突きつける。

マルシア 役:桜庭美佐子(さくらば・みさこ)

冷静沈着で鋭さを兼ね備える鑑識課の非常勤職員。

華と和馬の交際に反対している。

なかなか和馬と別れない華に対していらだちを覚える。

その一方、三雲家の怪しい雰囲気に犯罪の匂いをかすかに感じている。

大貫勇輔 役:円城寺輝(えんじょうじ・あきら)

幼なじみの華に思いを寄せる泥棒。

突如、華の前に現れては華を困惑させる。

会話の最中にミュージカル調になる困ったクセがある。

華の恋心を自分に引きつけるよう頑張るが・・・。

橋本環奈 役:北条美雲(ほうじょう・みくも)

京都で代々続く「名探偵一家」の娘。

亡くなった父は「平成のホームズ」、一緒に暮らす祖父・宗真(そうしん)は「昭和のホームズ」と呼ばれた名探偵で、彼女自身も「令和のホームズ」を目指して日々鍛錬を積んでいます。

執事もいる裕福な北条家で「お嬢」と持てはやされて何不自由なく育ったのですが、とある事件に巻き込まれ、北条家は没落。美雲は莫大な借金を背負ってしまいます。

宗真が「自分に何かあれば“Lの一族”を追え」と語っていたことから、美雲は“Lの一族”が犯人に違いないと、“Lの一族”を探しだし復讐(ふくしゅう)を果たすことを心に誓います。

松尾諭 役:蒲谷隆太(かばや・りゅうた)

和馬が左遷されてきた所轄の上司。

我修院達也 役:山本猿彦

北条家に代々仕える老執事。

伊吹吾郎 役:北条宗真(ほうじょう・そうしん)

「昭和のホームズ」と呼ばれた美雲の祖父。

ドラマ「ルパンの娘2」のあらすじ・ネタバレ

さまざまな障害を乗り越えた末に、夢にまで見た新婚生活を手に入れた華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)。

しかし、華が死んだことになっている“Lの一族”であるため、二人はあくまで事実婚。

これまで、警察一家・桜庭家の長年の夢であった捜査一課の刑事となった和馬だったが、今作では泥棒一家“Lの一族”の娘・華と交際していた責任を取らされ、所轄に左遷されてしまう。

華との結婚は職場ではもちろん秘密で、和馬は独身と偽ることに。

華と和馬は、隣人の声が丸聞こえなほどにオンボロなアパートで二人きりの新婚生活を始める。

ようやく二人きりの静かな生活を手に入れたのもつかの間、華たちの隣人が警察に追われ、隣に住む華にも警察が聞き込みに来るというピンチが・・・。

華を逃がし、その危機を救った尊は、今後の二人の身を案じ結婚祝いとして豪華なマンション(もちろん、盗んだもの)を二人にプレゼントする。

しかし、そのマンションは尊たち“Lの一族”の新居にもつながっている二世帯住宅だった。

そんな折、華の兄、渉が大きな盗みのターゲットを発見、“Lの一族”は本格的に再始動する。

泥棒家業とは縁を切り、愛する和馬と平穏な日々を過ごしたいと願う華の運命は一体!?

ドラマ「ルパンの娘2」1話のあらすじ・ネタバレ

“Lの一族”こと泥棒を家業とする三雲一家は全員が死んだと世間をだまし、華(深田恭子)の恋人、桜庭和馬(瀬戸康史)の家に身を寄せていた。

だが、桜庭は警察一家。義賊であり、以前より派手ではないとは言え、華の父、尊(渡部篤郎)が繰り返す盗みに、和馬の父、典和(信太昌之)は体調を崩し寝込んでしまう。

さすがに尊も潮時と桜庭家から引き払うのを機に、華は和馬とアパートに移った。

それもつかの間、警察の手が及びそうになった華を助けた尊は豪華なマンションを二人に与える。

しかし、マンションは尊たち三雲家の新居につながっている二世帯住宅だった。

尊は三雲家と華たちが朝食を一緒にとるというルールを勝手に決めていた。

仕方なく華と和馬が三雲家の朝食に行くと、家族全員のはずなのに巌(麿赤兒)がいない。

マツ(どんぐり)によると巌は京都に行ったようだった。

そんな折、華の兄、渉(栗原類)が大きな盗みのターゲット“信長の秘宝”を発見、“Lの一族”は再始動しようとしていた。

その頃、巌が足を伸ばした京都では、名探偵一族の北条家で中学生の北条美雲(橋本環奈)が祖父であり当主の宗真(伊吹吾郎)から探偵指南を受けていた。

実際に起きた事件の犯人を推理する美雲に宗真は満足気。

しかし、この時の美雲は、まだ北条家と“Lの一族”の因縁を知ることはなかった。

一方、渉が見つけた秘宝が何者かに先に盗まれてしまい、悦子(小沢真珠)はご立腹。

尊はすでに秘宝を盗んだ相手は分かっていると慰める。

しかし“Lの一族”を出し抜き、先に秘宝を盗んだ“泥棒アベンジャーズ”なる一味は和馬たち警察も追っていた。

視聴率:7.5%

ドラマ「ルパンの娘2」2話のあらすじ・ネタバレ

三雲華(深田恭子)は、泥棒一家の娘である自分と家庭を築くことは刑事である夫の桜庭和馬(瀬戸康史)の人生を狂わせてしまうと別れることを決意し、授かった子供を一人で育てようとしていた。

和馬は華を探すが、会うことは出来ずにいる。

そして華は、尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たち家族に見守られ、妊娠10ヶ月を迎えようとしていた。

一方、高校生になった北条美雲(橋本環奈)は執事の山本猿彦(我修院達也)と東京に移り住む。

財産を失った美雲はオンボロアパートに暮らしながら“Lの一族”を追っていた。

そんなある日、渉(栗原類)が新たなお宝を発見。

それはジャンヌ・ダルクが纏ったと言われる幻のマントだ。

すぐさま食いつく尊たちに、渉は闇のオークションにかけられたマントを落札したのは日本人だと教える。

その頃、和馬は管内で発生した連続失踪事件の捜査につく。

5人の若い女性が立て続けに姿を消していたのだ。

しかし、華を失った和馬はこのまま警察官を続けて良いものかと悩んでいた。

渉がマントを落札した日本人を発見。

男は三雲家と同じ区内に住んでいた。

華が区民館で行われる両親学級に行くと、尊や悦子たちも来ていた。

自分のために来てくれたと思う華だが・・・。

そんな華が別の部屋へ移動すると懐かしい女性と再会。薄井佐知(遠野なぎこ)だ。

佐知は助産師として働いていると言う。

その頃、和馬たち警察は、失踪した女性たちが同じマッチングアプリを使っていたことをつかむ。

また、同級生が失踪したことを知った美雲は独自で捜査を開始。

そして、マントを落札した男のアジトを探る尊たち“Lの一族”は、そこに5人の女性が監禁されている事を知るのだった・・・。

視聴率:6.0%

ドラマ「ルパンの娘2」3話のあらすじ・ネタバレ

三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)との間に出来た子供を無事に出産。

初孫の誕生に和馬の両親、典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)、そして祖父の和一(藤岡弘、)も華との生活を認めることになる。

ただし、まだ和馬は“Lの一族”に関わった者として公安警察にマークされているため、表向きは独身として土日だけ華たち家族と生活することが条件となった。

そのため子供は“Lの一族”の姓で「三雲杏」と命名される。

時は流れ、典和たち桜庭家だけでなく、尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たち三雲家の愛を一身に浴びて育った杏は小学生(小畑乃々)になった。

華は“Lの一族”を親の代で終わらせようとしていたため、尊たちが杏に三雲家の稼業が泥棒と教えはしないかと冷や冷やし続けている。

“Lの一族”の助けもあり警察内で手柄を上げ続けていた和馬は警部に昇進。

そんな時、課に新人刑事としてキャリア警察官が配属されてくる。

しかし、その新人刑事は何かを企んでいるようで・・・。

名探偵の娘・北条美雲(橋本環奈)は社会人となっても極貧生活を強いられていたが、“Lの一族”の正体を突き止めるための“最短ルート”を考え出し、実行に移していく。

“Lの一族”は新たなターゲットを希少価値の高い化石宝石“アンモライト”に定める。

華はいい加減に泥棒を止めるよう言うのだが、尊たちは杏に本物の化石を見せてやりたいと聞く耳を持たない。

それどころか、そろそろ華も育児休暇を終わらせて泥棒を手伝ってはどうかと言い出す始末。

一方、和馬は寸借詐欺師、御子柴保(コウメ太夫)逮捕に向けた証拠固めの捜査に着手する。

和馬は新人刑事とともに、御子柴の部屋が窺えるマンションに張り込みを開始。

和馬が望遠鏡で見張っていると、なんと御子柴の部屋に泥棒スーツの尊たちが忍び込んで来るではないか・・・。

ドラマ「ルパンの娘2」4話のあらすじ・ネタバレ

三雲華(深田恭子)は、杏(小畑乃々)に三雲家の稼業が泥棒だと知られないか戦々恐々。

華は足を洗うつもりで杏も善良な娘に育っているが、尊(渡部篤郎)たちの泥棒熱は止まらない。

一方、北条美雲(橋本環奈)は“Lの一族”と桜庭和馬(瀬戸康史)の関係を疑い桜庭家へ。

典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)も巻き込んでの大わらわとなる。

Lの一族とのつながりをなかなか掴むことができない美雲だったが、和馬に恋していることに気づいてしまう。

尊たちは悪徳歯科医が所持する美術品に目をつけた。

しかし、美術品は何者かに先に奪われてしまう。

和馬たち警察もその事件を追っていた。

同じ手口の窃盗が立て続けに発生していると聞いた美雲は連続窃盗を疑うが、蒲谷隆太(松尾諭)に決めつけるのは早いとたしなめられる。

華はママ友たちから、同じ学校に子供を通わせている親が窃盗被害に遭ったことを知る。

被害者が悪徳歯科医と噂される家だと聞いた華は、尊たちの犯行を疑う。

杏から華の元気がないと聞いた渉(栗原類)は、華の悩みの一因が自分にあるとし、Lの一族を継ぐことを決意。

再びマッチングアプリで婚活を始めた。

喫茶店で華がママ友たちとお茶をしていると、尊たちがやって来た。

セレブを演じていい加減な作り話で盛り上がり、ママ友たちのパーティーにまでお呼ばれされてはしゃぐ尊たちに辟易する華。

新たな泥棒の計画の一環でママ友に接触したのだろうと尊たちを責めるが、尊たちのターゲットはママ友ではなかった。

その頃、婚活をして家を出ていった渉が事件に巻き込まれてしまい・・・。

ドラマ「ルパンの娘2」5話のあらすじ・ネタバレ

三雲華(深田恭子)が泥棒衣装で逃亡する姿が何者かに撮影された。

尊(渡部篤郎)はてんとう虫3号調査隊を放ち、撮影位置を特定。

そこに残されたバイクのタイヤ痕を辿り、犯人のアジトを突き止めた。

アジト内部に潜入したてんとう虫3号が送信する映像には、かつて戦った女泥棒、双葉美羽(田中みな実)の姿が映し出される。

美羽はある目的のために、手下の大岩(本間朋晃)、依田(真壁刀義)の手引きで脱獄していた。

尊は美羽たちに“Lの一族”が生存している証拠を隠滅させるため、アジトへの潜入を計画。

だが、華と尊は顔を知られているため警戒厳重なアジトへの接近も難しい。

そこで尊は渉(栗原類)に造らせた秘密道具を家族たちに装着させる。

北条美雲(橋本環奈)は和馬(瀬戸康史)に交際を宣言するが、二度と誰かを愛せないと断られてしまう。

山本猿彦(我修院達也)に和馬への恋心を指摘されるが、美雲は和馬への接近はあくまで“Lの一族”を暴くためだと主張。

美雲の和馬への関心はさらに昂まった。

渉の秘密道具は効力を発揮する。

それは人と人の意識を入れ替える装置。

尊は自分が悦子(小沢真珠)、華がマツ(どんぐり)の体に乗り移り、美羽のアジトへの潜入を図ろうとしたのだ。

試しに華とマツを入れ替えるが、華には大不評。

すぐに元に戻そうとするのだがマシーンに不具合が発生。

体がマツになってしまった華・・・こんな状況で美羽たちと戦えるのだろうか?

一方、美羽は和馬たち警察も追っていた。

和馬は差出人不明の封筒を受け取り、一人で出て行くのだが、美雲は不審な行動をする和馬の追跡をはじめる・・・。

ドラマ「ルパンの娘2」6話のあらすじ・ネタバレ

三雲華(深田恭子)と桜庭和馬(瀬戸康史)の娘、杏(小畑乃々)が登校していると、目の前に北条美雲(橋本環奈)が現れる。

美雲が見せた和馬の写真に「パパだ!」と反応してしまった杏が和馬と“Lの一族”の娘との間にできた子供である事を疑った美雲は、さらなる追究を試みようとする。

しかし、渉(栗原類)が放った、てんとう虫3号“用心棒”によって何とか窮地を脱する。

緊急事態を告げる警報が“Lの一族”のマンションに響き渡ったが、渉は華や尊(渡部篤郎)たち家族には誤報だったと誤魔化した。

しかし、尊は渉の様子がおかしい事に気づく。

そんな時、杏の学校で親の仕事を子供が見学する“子供参観日”が行われる事になった。

杏は和馬の仕事を見に行けると大喜び。

だが、和馬に子供がいる事はもちろん結婚していることも警察では伏せているため職場に連れて行くわけにはいかない。

華と和馬が悲しむ杏をなだめていると尊や悦子(小沢真珠)たちが来た。

事情を知った尊は杏に自分たちの仕事を見学すれば良いと言い出す。

華は「そんなこと絶対許さない」と反対するが、尊には計画があった。

一方、美雲は和馬が解決した事件の犯人たちに捕まった時の記憶を失う“一過性健忘症”を発症している事を突き止める。

さらに、発症した犯人たちの現場からは必ず何かが盗まれていた。

そして美雲は、北条家と“Lの一族”の因縁を和馬に打ち明けるのだった。

名探偵の娘vs泥棒一家の全面戦争の火蓋がついに落とされる!!

ドラマ「ルパンの娘2」7話のあらすじ・ネタバレ

ついに三雲華(深田恭子)と北条美雲(橋本環奈)が対決!

華は美雲を倒して忘却スプレーで自分と会った記憶を消すことに成功した。

しかし “Lの一族” が追い詰められている事に変わりはないと心配で仕方がない。

それなのに尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たちはどこふく風。

美雲に自分たちのアジトを突き止められるわけがないと自信満々だ。

翌朝、職場にやって来た美雲に和馬が昨日の出来事について探りを入れると、美雲は覚えていないという。

もちろんウソだ。

彼女は忘却スプレーが体内に吸い込むのを防ぎ、記憶を維持していたのだ。

そんな時、反社会組織の幹部が襲われた強盗殺人事件が発生。

現場からは密輸した金塊が盗まれ、 “Lの一族” のものとみられる犯行声明カードが残されていた。

和馬と美雲は直ちに捜査を開始する。

その頃、本町小学校では学芸会の演目が『Lの一族』に決まり、杏(小畑乃々)は伝説の鍵師マツ(どんぐり)役を演じる事になっていた。

悪い事をする泥棒なんて演じたくないと泣き出す杏に、尊たちは “Lの一族” はダークヒーローで正義の味方なのだと教え出す。

尊たちの話に目を輝かせる杏だったが、テレビから“Lの一族”が強盗殺人事件を犯したというニュースが流れてきて・・・。

強盗殺人事件を追う和馬と美雲は、事件に意外な“男”が絡んでいる事を知った。

和馬たちが探し出した“男”は、殺害したのはナターシャ(太田莉菜)という殺し屋だと告げる。

職務終了後、美雲は和馬の跡をつけていた。

GPS発信器を和馬に取り付けることで、華たちが住むマンションを暴き出すつもりなのだ。

そのとき、尊がボディーガードとして頼んでいた円城寺輝(大貫勇輔)が、美雲の前に現れて・・・。

前作のドラマ「ルパンの娘」の最終回のネタバレ

三雲華(深田恭子)は“Lの一族”の力を借りて、橋元エミリ(岸井ゆきの)との結婚式最中の桜庭和馬(瀬戸康史)を奪い返した。

隠れ家のタワーマンションで、尊(渡部篤郎)が和馬にことの経緯を話していると、エミリの祖父、英輔(浜田晃)が部下たちとともに踏み込んで来る。

英輔は和馬に結婚式場へ戻るよう命令。

逆らおうとする和馬だが、英輔の部下たちに強引に連れて行かれてしまい、華たち“Lの一族”は拘束されてしまった。

結婚式場に和馬が戻されると、そこは報道陣で溢れていた。

駆け寄って来た典和(信太昌之)に、和馬は英輔の手下たちのおかげで逃げ出すことが出来たと告げる。

そして、後ほど詳細を説明すると報道陣をチャペルの中へ誘導した和馬は、典和から頼んでいた資料を受け取り控え室にいるエミリの元へ向かう。

エミリには、美佐子(マルシア)と巻栄一(加藤諒)が付き添っていた。

その頃、拘束された華たちは、英輔にマツ(どんぐり)との過去の因縁から巌(麿赤兒)を殺したことは許せないと責めていた。

しかし、身動き出来ない華たちには、英輔の部下たちの銃口が向けられている。

すると、悦子は命乞いを始め、尊に英輔の過去について知っていることを全て話すよう懇願する。

尊はなぜ英輔が巌を殺害するに至ったか、その経緯を話し出す。

60年前に警視庁にキャリア入庁した英輔は、上官たちの不正をもみ消すことでスピード出世。

だが、不正に加担している悪人として“Lの一族”に狙われる。

マツは屋敷に忍び込み、お宝と一緒に英輔が不正した刑事たちと、不正の内容を書き留めたノートも盗んでしまう。

盗まれたものがものだけに警察組織を使って捜査するわけにもいかず、英輔は独自に捜査してマツにたどり着き襲ったのだ。

英輔は“Lの一族”の復讐を怖れたが、マツたちはなりを潜めていた。

その間に、英輔は警視総監に登り詰める。

しかし、現在になって再び“Lの一族”が表舞台に登場した。

事件には60年前にマツの恋人だった和一(藤岡弘、)の孫、和馬が関わっている。

和馬と“Lの一族”の繋がりを疑った英輔は、孫の巻を使って和馬をマークさせ、巌を殺害する計画を立てた。

尊がそこまで話すと、英輔が遮る。

話を持ち込んだのは巻の方だと言うのだ。そして、巌殺害に至ったと。

その頃、結婚式場では和馬が巻に巌を襲ったと迫っていた。

巻の左腕には火傷を治療する包帯が巻かれている。

河川敷の事件を調べていた和馬は、犯人が火の粉を振り払っていたとの証言を得る。

さらに、燃えた衣服の破片を見つけて科捜研で調べてもらった。

すると、巻が着ていたジャケットが特定されたのだ。

また、衣服に残された皮膚片のDNAも巻のものと一致したと和馬が話すと、巻は素直に巌殺害を認める。

警察エリート一家の巻は、自分だけ落ちこぼれていることがコンプレックスとなっていて、英輔に認めてもらうために“Lの一族”を追いかけ、巌を殺害に至ったと打ち明ける。

その時、英輔の手下たちがやって来て、和馬と巻、そしてエミリも囚われてしまった。

一方、タワーマンションでは英輔に、どうして立嶋雅夫という偽装IDを使っていた巌にたどり着いたのかと尊が尋ねていた。

売られた戸籍からたどり着くのは簡単だと答える英輔。

また、エミリを和馬に近づけたのも巻だけでは不安だったからだと話す。

そして、“Lの一族”を殺しても自分に足がつかぬよう、和馬にもみ消させるつもりだと続けた。

和馬はそんなことをしないと華が反論。

すると、英輔はその時は和馬も殺すまでとうそぶく。

話もここまでと英輔が、華たちに再び銃口を向けた時、巌が助けに来た。

巌が死んでいなかったことに驚く英輔。

英輔の拳銃は巌が見事にスリ取っていた。

その時、尊の合図で華たちは糸も簡単に縛られていたロープを解く。

そして、巌はこれは全て“Lの一族”が、英輔を社会的に抹殺するために仕掛けた罠だと突きつける。

ここまでの英輔と“Lの一族”のやり取りは、全て結婚式場に生中継されていた。

そこには、“Lの一族”が出現したとの情報で報道陣がたくさん集まっている。

尊は無線で和馬に連絡する。

しかし、和馬が応答しない。

すると渉(栗原類)が、てんとう虫3号から送信された和馬が英輔の手下たちに取り囲まれている映像を見せた。

華たちは英輔やその手下たちの囲みを破って、和馬救出へと向かう。

途中、和一もマツと巌の一大事と華たちに加勢に来た。

華は、英輔たちの撃退を尊たちに任せて、結婚式場へ急ぐ。円城寺輝(大貫勇輔)も華を助けた。

一方、式場では和馬に巻が銃口を向けている。

万が一の時は、巻に和馬を殺害させるよう英輔が手下に命じていたのだ。だが、巻には出来なかった。

拳銃を手下たちに向けた巻は、和馬に逃げるよう促す。

しかし、巻は手下に撃たれてしまい、その銃口は再び和馬へ。そこに、華が飛び込んでくる。

華と和馬は手下たちを制圧。エミリに巻を病院に連れて行くよう頼んで、逃げ出す。

その途中、華と和馬は変わらぬ愛を再び誓った。

2人は尊たちの待つタワーマンションに行くのだが、周囲は警官に囲まれている。

警官たちが華たちの家に踏み込もうとした時、爆音が発生。

渉が開発した、巨大なてんとう虫4号に乗り、華たちは脱出する。

しかし、上空に飛び立った、てんとう虫4号は爆発してしまい・・・。

後日・・・。桜庭家では、美佐子(マルシア)と典和(信太昌之)が、てんとう虫4号の爆発ニュースを見ている。

そこに、尊と悦子が盗品を持って入って来た。

マツと渉、巌、もちろん和一もいる。

料理を運んで来たのは華。その左薬指に指輪。

出勤前の和馬も来た。“Lの一族”は全員が死んだことにしたかったのだ。

一族は爆発前に脱出していた。晴れて、華と和馬は結ばれることになる。

そして、当面、三雲家の面々=“Lの一族”は事情を知る桜庭家に身を寄せることになった。

出勤する和馬を見送る華。

それは、幸せな新婚夫婦の日常のようで・・・。

前作のドラマ「ルパンの娘」の全話予告動画

ドラマ「ルパンの娘2」の動画配信・見逃し配信は?

【ネタバレ】ルパンの娘2あらすじと視聴率!最終回結末後に更に続編は描かれる?

ドラマ「ルパンの娘2」は、FODで配信されています。

また、見逃し配信でTVerでも配信されます!

しかしTVerは1週間で最新話が観れなくなってしまうので、何回も観たいとなれば、FODで観るしかありません。

FODの無料登録はコチラから
 

FODでは他にもフジテレビ系のドラマがたくさん配信されています。

フジテレビの月9ドラマなどはほぼほぼこのFODでしか配信されていませんし、是非FODで楽しんでください!

ドラマや映画の他に漫画や雑誌も豊富に取り扱いがあります!

FODの無料登録はコチラから
 

それではドラマ「ルパンの娘2」を楽しみましょう!

 
【関連記事】

【ネタバレ】先生を消す方程式。あらすじと最終回結末は?義澤経男(田中圭)は消される!?

【ネタバレ】クレイジーレインドラマあらすじと最終回結末、動画配信は?

【ネタバレ】「不倫をコウカイしてます」あらすじと最終回結末で真犯人は?

【ネタバレ】バベル九朔ドラマあらすじ・キャスト!原作最終回結末とドラマ版は異なる?



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報, 小説原作ネタバレ情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2021 All Rights Reserved.