ドラマコラム ドラマネタバレ情報

【ネタバレ】ボクの殺意が恋をしたの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

2021年6月28日

【ネタバレ】ボクの殺意が恋をしたの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

日本テレビの日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」のあらすじやネタバレ、無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法、視聴率や感想、キャストや原作情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います。

このドラマはラブコメなのですが、日テレ日曜ドラマが放送される前の「おしゃれイズム」に出演している藤木直人さんが出演するということもあり、「おしゃれイズム」から「ボクの殺意が恋をした」と、藤木直人さんファンにはたまらない時間になりそうです!

先ずこのドラマ「ボクの殺意が恋をした」は日本テレビで放送されているドラマなので、動画配信はもちろん「Hulu」になります。

ドラマは一般的には見逃し配信の「TVer」で放送後一週間は視聴することが可能ですが、一週間経ってしまうと、過去の動画は見れなくなってしまいます。

そんな時に、「Hulu」を利用すれば、いつでも好きなだけ動画を視聴することができますし、無料期間に退会すれば実質0円の無料で好きなドラマやバラエティ番組などを楽しむ事が出来るんです!

Huluの無料お試しはコチラから
 

それではドラマ「ボクの殺意が恋をした」について紹介していきたいと思います。

もくじ

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・キャストについてはこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」の概要

最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう!殺意と恋が入り混じる、スリリング・ラブコメディ!!!

自分の育ての親が、“伝説の殺し屋”とは知らない主人公・男虎 柊。しかし、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変!育ての親の仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する!

そして主人公は用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美 月に近づくが…

殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない…!

逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに…!?

恋に落ちてはいけない(落ちるはずもない)二人が、まさかの恋に…!?

そして暗殺ターゲットの女には他人には言えない【ある秘密】が!

果たしてターゲットの女の正体&狙いとは?

【殺し屋とターゲット】というロミオとジュリエット的な禁断の恋の行方は!?

最高に“間が悪い”殺し屋は、“暗殺ターゲット”の女を殺すことができるのか???

最高に“間が悪い”殺し屋“男虎 柊”役には地上波GP帯連ドラ初主演となる中川大志が決定!

イケメン恋愛ドラマだけでなく、シリアスな役柄からユーモアあふれるキャラクターまで数々の映画やドラマ、そしてコントにも。幅広く活躍する俳優・中川大志さんが、今回挑むのは、能力抜群でイケメン!ピュアで真っ直ぐ!だけど最高に“間が悪く”ターゲットを殺すどころか、恋しちゃう殺し屋を演じます。

2021年夏 日曜夜は最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう!?

殺意と恋が入り混じる、スリリング・ラブコメディです!

「ボクの殺意が恋をした」 7月日曜よるスタート!よろしくお願いいたします!!

Huluの無料お試しはコチラから
 

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」のキャスト

中川 大志 役:男虎 柊[25]

伝説の殺し屋の後を継ぐことになる、殺し屋初心者のルーキーで、肝心な時に必ず失敗してしまう“間が悪い男”。

5歳の時、実の両親を亡くし、伝説の殺し屋・男虎丈一郎に育てられる。

抜群の身体能力、甘いルックス、優しい性格……。モテ要素しかない男だが、残念ながら、完全なる非モテ男。その理由はただ一つ。とにかく間が悪い!

ピュアでまっすぐな男にも関わらず、大事な時に必ずやってしまう。

丈一郎が殺害されたことから、実は丈一郎が殺し屋であったことがわかる。

今まで自分を育ててくれた丈一郎の復讐の為、殺し屋家業を継ぎ、鳴宮美月を殺すために立ち上がるが…。

中川 大志のコメント

僕が演じる男虎柊(おのとら・しゅう)は、ピュアで真っすぐな、困っている人がいたら助けずにはいられない優しい男の子です。

幼い頃に両親を亡くした後、親代わりに育ててくれた丈一郎さんが殺し屋だったということが分かり、その敵を討つため自分も殺し屋になる決意をします。今までと縁のない世界に戸惑い、場違い感がありながらも懸命に殺しのミッションに取り組んでいく姿がどこか愛らしく見えたらいいなと。アクションはもちろん、脱ぐシーンがあるという噂も聞いているので、頑張って鍛えたいです(笑)。

衣装は、清掃会社で働いているため普段は作業着やツナギ、ミッションのときはビシッとスーツ姿でキメる感じになっています。

ある種、ヒーローが変身するようなイメージですね。既にポスターとタイトルバックの撮影をさせてもらったのですが、両方ともすごくカッコいい仕上がりになっているので、早く皆さんに見ていただきたいです。

殺しのターゲットであり、柊が恋に落ちる鳴宮美月を演じるのは新木優子さん。

台本を読んだイメージがまさに新木さんにピッタリで、撮影が楽しみになりました。新木さんとは6年ぶりの共演になりますが、当時はほぼ同じシーンがなかったので、今回が初共演みたいな感じなんです。狙う側と狙われる側、恋に落ちるだけでなく、柊と美月の間にある特殊な関係性も後々明らかになってくるので、そのあたりも見どころです。

ジャンルとしてはラブコメディになりますが、やり方ひとつで単なるラブコメディの枠を超えたドラマになるんじゃないかなと感じています。殺し屋としての能力はあるものの、何をやっても“間が悪い”柊のことを、面白がっていただけたら。

今回、コメディの部分に関しては「笑わせる」ではなく、「笑われる」をテーマに演じていきたいと思っています。僕自身、ゴールデンプライム帯のドラマ主演ははじめてなのでドキドキしてもいるのですが、自分が子どもの頃に見ていたドラマのように、存分に物語の世界に浸ってもらい、みなさんにとって翌週の放送が楽しみになる作品になってくれたらうれしいです。

Q.地上波GP帯ドラマ初主演ですが、出演が決まったときは?
「いつかゴールデンタイムで主演をやりたい」という想いは、この仕事に出会った小学生の頃から、1つの目標として持ち続けてきました。今このタイミングで、新しいステップにチャレンジ出来る事を感謝しています。

ここまで、自分の引き出しに何を入れられてきたかは分かりませんが、片っ端から開けて挑んでみたいと思います。

正直ビビりまくっている事は、上手いこと隠していきたいです。

Q.中川さんが演じられる 男虎 柊 役に、どんな感想をもたれましたか?また、どんな風に演じたいですか?
"殺意"と"恋"を共存させるという難しいチャレンジを成立させる為には、柊というキャラクターをどう育てていけば良いか、嬉しい悲鳴をあげながら、台本と向き合っています。

殺したいのに肝心なところでヘマしてしまう間の悪さ、しまいにはターゲットに心惹かれてしまうピュアさを大切に、視聴者の皆さんが、「こいつまたやっちゃったよ」とテレビの前で笑って呆れてくれるような、愛おしい男の子にしたいなと思っています。

Q.視聴者のみなさんへのメッセージお願いします。
僕は幼い頃から、沢山のドラマに胸を躍らせて、待ちきれない1週間を過ごして育ちました。

先の見えないこんな今だからこそ、明日が、1週間後の今日が、少しだけ楽しみになるような、そんな時間を作りたいです。

楽しい夏にします。待っていてください!

新木 優子 役:鳴宮 美月[26]

大人気漫画「ハリネズミ探偵・ハリー」の原作者で、私生活が謎に包まれているクールビューティーで気が強い女性。

事故死として処理された男虎丈一郎殺害の真犯人だと刑事・綿谷詩織に断定される。

極度の人嫌いが原因で、一切表に顔を出さない完全にベールに包まれた大人気漫画家だったが、漫画大賞受賞を機に、メディアの前にも顔を現すようになり、その美貌も相まって世間から大きな注目を浴びることになる。

実は【大きな秘密】を抱えており、その秘密が後々に大きな波紋を呼び、他の登場人物たちを揺れ動かしていくことになることを、まだ美月本人も知らない。

新木 優子のコメント

鳴宮美月(なるみや・みつき)は、ベストセラーを生み出しているマンガ家で、いつも冷静沈着な人という印象です。

設定資料に“クールビューティ”とあったので、そういう女性像を研究しました(笑)。いろんな秘密を持っている役柄でもあるので、ちゃんと頭の中で整理しながら演じようと思っています。

ポスターやタイトルバックで切り取られた美月はまさにクールビューティで、素敵なものに仕上がったと感じています。

ただ劇中で着用するのは決して華やかな衣装だけではなく、カジュアルなものも多いんです。家の中で着ている服なんて、本当にリラックスした感じです。おそらく等身大の26歳の女性としてファッションを楽しんでいるでしょうし、単なるクールビューティではない、いろんな一面を持った女性であることを感じていただけると思います。

中川大志さんとは以前共演したとき、現場にいる姿や振る舞いを見て、年下なのにしっかりした方という印象を受けました。あれから6年も経っているということで、さらに頼りにしたいなと思っています(笑)。

“間が悪い”みたいなイメージはなかったので、ギャップをどう演じられるのか楽しみですね。コメディらしくテンポ感を大切に、ラブの要素もありますので、メリハリを付けた掛け合いにしたいと考えています。

この作品は柊と美月だけでなく、レギュラーのキャラクターも魅力的なんです。それぞれ異なる個性を持っていて、この人たちが最終話までにどんな活躍を見せてくれるのか、一人の視聴者としても楽しみにしています。

日曜夜の放送ということで、一週間の締めくくりとして心の底から楽しんでいただいて。そして見終わった後、また明日から頑張ろうと思える、そんな作品にできたらと思っています。

Q.出演が決まったときのご感想をお聞かせください
今まで見たことのない要素が詰まったラブコメということで脚本を読んでとてもワクワクしました!

"殺意"と"恋"という交わることない2つの要素が交わり、 その中でキャラクターが生き生きとしてる世界観に早く挑戦したい!という気持ちでいっぱいです。

Q.新木優子さんが演じられる 鳴宮 美月 役に、どんな感想をもたれましたか?また、どんな風に演じたいですか?また、どんな風に演じたいですか?
クールビューティー、ドライ、人嫌いで、色で例えると 寒色。スキが見えないそんな性格だけど気になる人を 目の前にすると動揺してしまう、人間らしいキャラクターに すごく引き込まれました。

ピュアな主人公が、ターゲットなのに思わず心惹かれてしまう魅力が出せるよう台本と向き合い楽しみながら演じたいです。

Q.“間の悪い”殺し屋を演じる 中川大志さんとの共演、楽しみにしている点などありましたら、お願いいたします。
中川大志さんは間の悪い主人公とは正反対の空気を 読みながら場を和ませられるしっかりとしたイメージが あるので、そんな中川さんが演じる間が悪い愛すべき 主人公がどんなキャラクターになるのかとても楽しみです!

Q.視聴者のみなさんへのメッセージお願いします。
今まで見たことがないような脚本で、自分自身とても ワクワクしています。

オリジナルドラマならではの、動きがあって変化球が たくさんのストーリーの中で、“殺意”と“恋”という 交わるはずのない要素が交わり、ハラハラ、ドキドキ しながら楽しんでいただけるドラマになると思います。

家にいることが多くなったからこそお家時間を思いっきり 楽しめるドラマにできるよう、楽しみながら一生懸命撮影に挑みたいと思います。

藤木 直人 役:男虎 丈一郎[48]

清掃会社を経営しているが、実は「殺し屋」を裏家業としている。警察が法律で裁くことができない悪人を暗殺している“伝説の殺し屋”。

柊を育てていくうちに、自分の生き方を見つめ直すようになり、やがて柊には真っ当な道を歩んで欲しいと願うようになる。そして、次の任務で“殺し屋”の仕事は本当に最後にしようと考えていた。最後のターゲットは、“鳴宮美月”。

しかし、丈一郎は返り討ちにあってしまい、その仕事で殺害されてしまうことに…。

藤木 直人のコメント

Q.出演が決まったときのご感想をお聞かせください
ついに来たかっ!と思いました。6年前に始まった日曜10時半のドラマ枠。

『おしゃれイズム』の直後に始まる枠なのでいつか参加したいと思っていました。

ゆっくりした日曜の夜、『おしゃれイズム』共々楽しんでいただける作品にしたいと思いました。

Q.藤木直人さんが演じられる 男虎丈一郎 役に、どんな感想をもたれましたか?また、どんな風に演じたいですか?
殺し屋を演じるのは初めて。しかも伝説!『ゴルゴ13』を読んで役作りしたいと思います。

Q.“間の悪い”殺し屋を演じる 中川大志さんとの共演、楽しみにしている点などありましたら、お願いいたします。
以前朝ドラ『なつぞら』で広瀬すずさん演じるなつの育ての親を演じ、そのなつのお婿さんを演じたのが中川大志くんでした。

今回は大志くんの育ての親。1親等近づきました(笑)。どんな親子像になるか楽しみです。

Q.視聴者のみなさんへのメッセージお願いします。
殺し屋、が大勢出て来ますがコメディタッチの面白い作品 だと思います。世の中はまだ大変な状況ですが、観て下さっている間に少しでも現実を忘れドラマの世界に入り込める作品になるようみんなで力を合わせ作っていきたいと思います。

是非ご覧ください。

水野 美紀 役:綿谷 詩織[45]

普段は警視庁の生活安全課に所属している準キャリアの刑事。

穏やかで優しい女。だが、実は警察組織内に秘密裏に存在している、法では裁けない人間を闇に葬り去る“殺し屋組織 Secret Operation Service(通称:SOS)”を束ねている。

柊とは幼い時からの顔馴染みであり、何かと柊の面倒を見てきた。

今も昔も柊にとっては心を許せる精神的支えのような存在であり、良き理解者かつ相談相手でもある。

仕事に対しては強い責任感と使命感を持って臨んでいる。

また、心優しい柊を見て、今ならまだ引き返せると殺し屋から身を引くように何度も諭そうとする。

鈴木 伸之 役:八乙女 流星[27]

表の顔は、世界をまたにかける人気モデル。

裏の顔は、【芸術的な殺し方】に強いこだわりがある天才肌の殺し屋。コードネームは「デス・プリンス」。

クール&スマートで格好良いが、かなりのナルシストであり、“死”に対して敬意を持っている。

たとえターゲットであっても死に様は美しくあるべきだとのポリシーを持っている。

ある組織から依頼を受けて、鳴宮美月の殺害に携わることになる。

田中 みな実 役:水瀬 千景[34]

大人気漫画家・鳴宮美月のアシスタントを長年しているチーフアシスタント。

絶賛婚活中であり、仕事中でもやたらとマッチングアプリを気にして男漁りをしている。とにかくイケメンに目がない。

しかし、アシスタントとしては極めて優秀。美月が表舞台に顔を出すようになるまでは、膨大な仕事量のアシスタント業務を一人でこなしていた。

一見すると、気さくでオープンに明るく人と接しているようにみえるが、時にふと何か思い悩む表情を見せることが…。実は【大きな秘密】を隠している。

中尾 明慶 役:風岡 樹生[32]

大人気漫画家・鳴宮美月の担当編集者。

とにかく〆切を守りたいため、鳴宮美月のわがままに付き合いながら、〆切通りに原稿を上げさせる、忠実な仕事人間。

覆面漫画家だった鳴宮美月のデビュー時からの担当である。

〆切に終われる仕事部屋では文句を言いつつも、揶揄われたりして、ムードメーカー的な役割を果たす。

友好的でお調子者ではあるが鈍感な一面もあり、事態を思わぬ方向へ持っていってしまう時がある。

永田 崇人 役:江村 隼也[27]

鳴宮美月のアシスタント。

如、表に出てきた鳴宮美月のアシスタント募集を受けて応募。見事採用される。

漫画家を目指す一方で、動画配信マニアでもある。

小西 はる 役:皆川 真希[24]

江村と同じく鳴宮美月のアシスタントに応募して採用された一人。

将来は鳴宮美月のような漫画家を目指している。趣味が写経という天然系女子。

美月の近くにいるイケメンの柊ではなく、なぜか風岡に好意を抱く。

Huluの無料お試しはコチラから
 

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」のあらすじ・ネタバレ

殺し屋なのに、間が悪くて殺せない…

殺し屋なのに、ターゲットを守ってしまう!

しかも、ターゲットに恋をしてしまって!?

“伝説の殺し屋”に育てられた主人公・男虎柊おのとらしゅうは、用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美月なるみやみつきに近づくが…

殺し屋としての 身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、 殺そうとしても、どうしても殺せない…!

逆に、危険が迫るターゲットを 守ってしまうことに…!?

恋に落ちてはいけない(落ちるはずもない)二人が、まさかの恋に…!

最高に“間が悪い”殺し屋は、“暗殺ターゲット”の女を殺すことができるのか???

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」1話のあらすじ・ネタバレ

男虎柊(中川大志)は、幼い頃に両親を亡くし、両親の友人・男虎丈一郎(藤木直人)に育てられた。

今は、丈一郎が営む清掃会社で働いている。

丈一郎と知り合いの刑事・綿谷詩織(水野美紀)は、そんな柊を見守ってきた。

一方、とある出版社では、大人気漫画「ハリネズミ探偵・ハリー」の作者・鳴宮美月(新木優子)が会議室で取材を受けていた。

美月は大きな漫画大賞を受賞した人気漫画家。

写真撮影のために美月が窓際に立つと、人影が窓の外に映りこんで邪魔をしてしまう。

それは、一心不乱に窓を拭く柊。

彼は、丈一郎とともに出版社のビルの掃除に来ていた。

なんとも間の悪い柊に、丈一郎は頭を抱える。

帰り道、丈一郎は、リタイアして清掃会社を柊に譲ると告げる。

突然のことに驚く柊。

ただ、丈一郎は、肝心な時にいつも失敗してしまう柊を心配していた。

その晩、柊は詩織から、丈一郎が撃たれたという連絡を受ける。

丈一郎が埠頭で何者かに撃たれ亡くなったと言うのだ…。

突然の出来事に、柊は悲しみ、混乱する。

しかし、ニュースでは、丈一郎の死は海に転落した事故と報道される。

ますます混乱し激怒する柊に、詩織は自分が事故死として処理するように指示したと告げる。

詩織は柊に、驚くべき秘密を打ち明ける。

警察にはSecret Operation Service・通称SOSという極秘の殺し屋組織があり、丈一郎はSOSに所属する殺し屋だったというのだ。

SOSは、テロリストや法で裁けない悪人たちを殺し屋に始末させていた。

詩織はSOSの責任者で、丈一郎はこれまでいくつもの難しいミッションを誰にも知られずに遂行してきた伝説の殺し屋だったのだ。

詩織は、丈一郎のような殺し屋に恨みを持つ裏組織の人間に殺されたに違いないと言う。

信じられないことばかり聞かされた柊は、衝撃を受ける。

さらに、詩織は断言する。

丈一郎を殺したのは、鳴宮美月だと。事件現場付近の監視カメラには、美月が丈一郎を撃ち、海に落とすまでの一部始終が映っていた。

美月には、テロ組織に多額の資金を提供している疑いがあった。

丈一郎は指令を受けて美月を狙ったが、逆に殺されてしまったと言うのだ。

柊は、殺し屋になって丈一郎の任務を引き継ぎ、復讐することを決意する――!

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」2話のあらすじ・ネタバレ

柊(中川大志)は、美月(新木優子)を殺すつもりが、彼女を救ってしまった。

美月は、自分の命が誰かに狙われていると気付いていた。

「あなたが私を守って」

柊は、油断させて殺すため美月の頼みを引き受ける。

しかし、周囲の人間にバレないように、表向きには美月の秘書兼雑用係になる。

その結果、柊は、こき使われるハメに…。

隙を突いて美月を殺そうと企む柊だったが、思うようにいかない。

詩織(水野美紀)は柊に、殺しをあきらめた方がいいと告げる。

そんな中、流星(鈴木伸之)が『ハリネズミ探偵 ハリー』の実写化映画に出演したいと美月に直談判する。

流星がデス・プリンスと同一人物と知り、驚く柊。

彼は、流星が美月を殺すのではないかと警戒する。

対面し、にらみ合う柊と流星。

「お前が殺す前に、俺が殺す」

「面白い。どちらが先に彼女を殺せるかな?」

2人は、美月をめぐって対決することに。

柊は、美月を殺そうと罠を張るものの、なかなかうまくいかない。

掃除するふりをして美月の部屋を探っていた柊は、ゴミ箱から書きかけの原稿を見つける。

美月は『ハリネズミ探偵 ハリー』ではない新作を描こうとしていた。

柊は、周囲に隠している美月の思いを知るのだった。

美月は、新作の構想を柊に語る。

それは、幼なじみ同士のラブストーリーだった。

柊は美月に、初恋相手の葵と一緒に花火大会に行くと約束したのに行けなかった幼い日の思い出を話す。

すると美月は、花火大会のシチュエーションを描くので花火大会に行きたいと言い出す。

美月と2人きりで花火大会。

柊は、彼女を殺す最大のチャンスだと気合を入れる。

一方、流星は盗聴器を通じて、美月が柊と花火大会に行くことを嗅ぎつける。

花火大会に向かう殺し屋スーツを着た柊と浴衣姿の美月。

まるでデートのような2人を流星が手ぐすねを引いて待っていた――。

美月をめぐる柊と流星の“デス・レース”の行方は!?

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」3話のあらすじ・ネタバレ

殺しのターゲットの美月(新木優子)と初恋の人・葵の面影が重なり、思わずときめいてしまった柊(中川大志)。

彼は、丈一郎(藤木直人)の仇である美月を殺さなければならないと気を引き締める。

そんな中、映画化される『ハリネズミ探偵・ハリー』に、流星(鈴木伸之)の出演が決定し、美月の仕事場に流星が訪れる。

柊は、流星が美月を殺しに来たのではないかと警戒する。

流星は、忙しい美月たちを慰労したいとグランピングに誘う。

「のんきにグランピングなんかしてる場合じゃないだろ!」

「あなたは黙って私を守ってればいいの」

柊は、流星が何か企んでいると察して美月を止めるが、彼女は聞き入れない。

開き直った柊は、グランピングに行って流星より先に美月を殺すと決意する。

そして、グランピング当日。

美月は風岡(中尾明慶)、千景(田中みな実)、江村(永田崇人)、真希(小西はる)、柊を連れて行く。

みんなが慰安旅行だと盛り上がる中、柊は虎視眈々と美月を殺すチャンスを狙う。

人気のない場所に美月を連れ出し、ロープで首を絞める。

それが、柊の計画だった。

流星は、豪華な料理で美月たちをもてなす。

美月と流星に目を光らせていた柊は、千景に迫られて困惑。

柊が千景に気を取られているうちに、流星が美月を散歩に連れ出していた。

柊は風岡に無理やり買い出しに駆り出され、2人を追いかけることができない。

隙を見て買い出しから逃れ、流星と美月の行方を必死に追う柊。

彼が流星を見つけた時、すでに美月の姿はなかった…。

「鳴宮美月はどこだ!?」

流星に迫る柊。

そして柊と流星は、激しい格闘になり…!

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」4話のあらすじ・ネタバレ

柊(中川大志)は美月(新木優子)が葵だと確信し、彼女を殺すことに迷いを感じていた。

美月が「ハリネズミ探偵・ハリー」の実写映画撮影に向けた打合せに参加することになり、柊も同行する。

打合せには、流星(鈴木伸之)が立ち会っていた。

柊は、流星がまた何か企んでいるのではないかと気が気ではない。

そんな中、詩織(水野美紀)が美月の仕事場を訪れる。

詩織は、柊の父の知り合いだと名乗る。

詩織に京子(榊原郁恵)のことや家族について尋ねられ、警戒する美月。

美月と詩織の間に、緊張感が高まる。

柊は、なぜ突然訪ねてきたのかと詩織を問い詰める。

柊は詩織に、美月が実は初恋の人なのだと伝える。

心揺れる柊に、詩織は、丈一郎(藤木直人)の死を無駄にしないでほしいと告げる。

映画「ハリネズミ探偵ハリー」クランクインの日。

撮影現場で原作者の美月、出演者の流星と七瀬くるみ(谷まりあ)の対談取材が行われる予定が組まれていた。

美月は、柊と千景(田中みな実)たちを連れて撮影現場へ向かう。

撮影現場は、古い洋館だった。

「俺が……絶対に守ってみせる」と決意する柊。

流星は到着した柊たちを見て、不敵に微笑む。「ようこそ、死の館へ――」

現場には、数匹のハリネズミがいた。

ハリーは、ぬいぐるみとCG合成を使って実写化する。

撮影中に本物のハリネズミを見られるようにしておけば、出演者の演技にもイメージが湧きやすいだろうという流星のアイデアだった。

ハリネズミを見て「かわいい!」と声を上げる美月。

そんな彼女を見て、ときめいてしまう柊。

撮影が進み、洋館には空き時間ができた流星と見学していた柊たちだけになる。

すると、流星は、ケージを開けてハリネズミを逃がす――。

ハリネズミを使った流星の殺人計画とは!?

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」5話のあらすじ・ネタバレ

柊(中川大志)は葵(新木優子)から、鳴宮美月になりすましていた経緯を打ち明けられた。

葵は本物の美月がどんな人物なのかまったく知らず、千景(田中みな実)を通じてやり取りをしていた。

柊は、千景をホテルの一室へ連れて行く。そこには葵が待っていた。

柊は、今すぐ美月を呼び出すようにと千景に迫る。

しかし千景も、美月には会ったことがなく、向こうから一方的に連絡が来るだけなのだと答える。

一方、流星(鈴木伸之)は、美月へのせつない思いを募らせていた。

そんな中、彼に思いがけない指令が下される。

柊は、葵をマンションから連れ出して清掃会社の事務所に匿うことに。

詩織(水野美紀)は、葵を守ろうとする柊を問い詰める。葵が美月でなかったとしても、葵が丈一郎(藤木直人)を殺したという疑惑は消えていないのだ。

柊は詩織に、本物の鳴宮美月を見つけて丈一郎を殺した犯人を聞き出すつもりだと言う。

そして彼は、もしも美月が殺したと分かったら、その場で殺すと宣言する。

柊は、不安そうな葵を元気づけるために水族館へ連れて行く。

そこは柊と丈一郎との思い出の場所でもあった。

楽しいひとときを過ごす柊と葵。柊は「葵ちゃんは、俺が守るから」と約束する。

美月が仕事を止めて姿を消してしまったことで、風岡(中尾明慶)は大混乱。

美月が登壇する予定の「ハリネズミ探偵ハリー」の映画制作発表も近付いていた。

風岡は葵に、仕事を再開してほしいと懇願。葵は、美月として仕事を再開し、映画の制作発表に出ると告げる。

柊は、危険な場所へ戻ろうとする葵を止める。

しかし彼女は、ある計画を持って制作発表に臨む決意をしていた――。

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」6話のあらすじ・ネタバレ

柊(中川大志)は葵(新木優子)に、丈一郎(藤木直人)を殺したのか、聞こうとする。葵は何も言わず、柊を追い返す。

柊が帰宅すると、見知らぬ女性・莉奈(松本穂香)が家の前にいた。

彼女は、柊に封筒を渡す。その中には幼い柊と莉奈が遊んでいる写真と、“男虎柊と藤堂莉奈を結婚させることをここに誓う”と書かれた紙が入っていた。

莉奈は柊の許嫁だと言うのだ。どういうことなのか理解できず、混乱する柊。

莉奈の話を聞くうちに柊の記憶がよみがえってくる。

莉奈は、藤堂財閥の令嬢だった。かつて丈一郎は清掃業者として藤堂家に出入りしていた。

その時、丈一郎について行った柊は、莉奈と出会い仲良くなった。

丈一郎と莉奈の父は、柊と莉奈を結婚させるという約束をしていたのだ。

その後、莉奈の父は一族の争いに負けて財産を失い、去年亡くなった。

莉奈の父は、自分が死んだら柊を頼るようにと娘に言い残していた。

莉奈は父の遺産も底をつき、柊を頼ってきたのだった。

一方、葵は、しばらく休業すると宣言。葵はマンションを出て、千景(田中みな実)が用意したホテルに身を隠す。

千景は葵に、柊と会わないようにと釘を刺す。

柊は詩織(水野美紀)から、本当の鳴宮美月を見つけるまでは葵を生かしておくと知らされる。

詩織は柊に、丈一郎を殺した葵をどうするのか、考えるようにと告げる。

葵が丈一郎を殺したという信じたくない事実に直面した柊は、苦しい決断を迫られる――!

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」7話のあらすじ・ネタバレ

柊(中川大志)に撃たれそうになった葵(新木優子)は、流星(鈴木伸之)に助けられた。

彼女は、流星を千景(田中みな実)のもとへ連れて行く。

一方の柊は、詩織(水野美紀)から、本物の鳴宮美月の正体を聞かされる。

葵は、兄の武尊(小池徹平)をSOSに殺害され、復讐のために丈一郎(藤木直人)を狙っていたというのだ。

葵は、彼女自身の意志でこの計画に加わり、丈一郎を殺していた。

詩織の話を聞いて、ますます混乱する柊。

詩織は柊には葵を殺せないと見限り、新しい殺し屋を派遣すると告げる。

柊は、今度こそ葵を殺さなければならないと思い詰める。

葵は、京子(榊原郁恵)の手術が明日に迫り、不安な思いを抱えていた。

流星は千景に頼まれて、葵に寄り添う。

千景は美月の仕事部屋で、復讐計画のカギとなる、ある物を探していた。

すると、風岡(中尾明慶)が部屋に入ってくる。

彼は、千景が美月の秘密を知っていると感づいていた。

そして、何を隠しているのかと千景に迫る。

一方、莉奈(松本穂香)は、丈一郎が莉奈を柊の許嫁にした理由を柊に語る。

そんな中、柊と莉奈の前に、流星が現れる。

流星は、自分が葵を守ると宣言。葵を殺す意志は変わらないのかと問われた柊は、葵を許せないと言い切る。

その会話を、流星が仕込んだマイクを通じて聞いていた葵。

柊の自分に対しての残酷なまでの殺意を聞いた葵は――!?

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」8話のあらすじ・ネタバレ

柊(中川大志)をかばって撃たれた葵(新木優子)は、病院へ運ばれて緊急手術を受ける。

手術は成功するものの、葵の意識は戻らず危険な状態が続く。

柊は、葵を守れなかったことを流星(鈴木伸之)に責められる。

柊が帰宅すると、千景(田中みな実)と丈一郎(藤木直人)が待っていた。

死んだはずの丈一郎が現れ、柊は混乱する。

丈一郎と千景は、柊に事情を話す。

丈一郎を撃ったのは詩織(水野美紀)だと聞かされ、柊は衝撃を受ける。

千景は、武尊(小池徹平)の死の真相を語る。

3年前、週刊誌記者の武尊は詩織によって殺された。

千景は、詩織への復讐を決意。丈一郎は千景から、詩織の裏の顔を聞かされた。

丈一郎は、千景に協力することに。詩織に撃たれた丈一郎が生きていた理由とは!?

詩織は、武尊が遺したデータを探していた。それは、詩織が悪事に手を染めた証拠だった。

千景は、武尊が葵に渡した万年筆に隠されていると考えていた。

早く万年筆を見つけなければならない。そんな3人の会話を盗聴していた何者かが、詩織に連絡する――。

その後、鳴宮美月が銃撃されたというニュースが流れる。

美月の仕事部屋に警察が立ち入り、万年筆を押収。それは万年筆を手に入れるために詩織が仕組んだことだった。

気付かぬうちに自分が葵を傷付けていたと悔やむ柊。そんな柊を、丈一郎が叱咤する。

次に詩織が狙うのは、葵に違いない。柊は丈一郎とともに葵を守る作戦を開始。

その頃、詩織は、柊たちを始末しようと罠を張っていた――!

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」9話のあらすじ・ネタバレ

柊(中川大志)が鳴宮美月殺害未遂の疑いで指名手配された。

そのことを知った葵(新木優子)は動揺。丈一郎(藤木直人)は、詩織(水野美紀)の策略だと考える。

千景(田中みな実)に連れられて来た風岡(中尾明慶)が、柊たちと合流。

丈一郎から事情を聞いた風岡は、武尊(小池徹平)と出版社で同期だったと語る。

詩織はSOSを使って、指名手配されて身動きが取れなくなった柊たちを皆殺しにするに違いない。

丈一郎は、鳴宮美月の引退会見を開くと告げる。丈一郎の計画は、集まったマスコミに柊の無実を証明し、さらに、丈一郎がSOSの殺し屋だったことを明かして詩織の不正を公表するというものだった。

丈一郎は、詩織を止めるために自分が捕まる覚悟を決めていた。千景と風岡が、記者会見の準備を任される。

丈一郎たちの話は、莉奈(松本穂香)に盗聴されていた。そこに流星(鈴木伸之)が現れる。流星は莉奈に、手を組もうと持ち掛ける。

記者会見を開いてすべてを暴露したら、丈一郎が逮捕されてしまう。

葵は、再び丈一郎を失ってしまうかもしれない柊を気遣う。柊は、詩織にこれ以上罪を重ねさせたくないという丈一郎の思いが分かると言う。

しかし、葵には兄を殺した詩織を絶対に許せず、詩織をかばおうとする柊が理解できない。

柊と葵の気持ちは、次第にすれ違っていく…。

そんな中、莉奈が柊を訪ねてくる。丈一郎は柊と莉奈に、莉奈の父・藤堂繁信の家に出入りしていた本当の理由を明かす。

一方、流星は、詩織と交渉し、今度こそターゲットは必ず殺すと宣言。

彼は、莉奈を通じて丈一郎たちの動きを監視していた。

そして、鳴宮美月の引退会見が開かれることになるが…!?

一方、意識を取り戻した柊は、葵とともに拘束されていた。詩織は、柊が葵を道連れにして無理心中したという筋書きで2人を葬り去るつもりだった。

もう逃れる術がない柊と葵。詩織は柊に銃を向け、引き金を引いた――!

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」最終回のあらすじ・ネタバレ

鳴宮美月引退会見が行われる中、柊(中川大志)と葵(新木優子)は、詩織(水野美紀)に追い詰められて絶体絶命の危機に。

2人を人質に取られた丈一郎(藤木直人)は、会見を止めるしかなかった。

詩織は、丈一郎が来るのを待っていた。みんなまとめて始末すると冷酷に告げる詩織。

さらに彼女は、SOSのためには人も殺すと言い放つ。柊は、優しかった詩織が殺人を犯したことが信じられない。

あくまで正義のためにやったと言う詩織に、柊は「詩織さんにとっての正義って何だよ!?」と問いかける。

詩織は、SOSを立ち上げるきっかけとなった自らの過去を明かす。

武尊(小池徹平)が殺された経緯を知った葵は、詩織に怒りをぶつける。

「人を殺すことにも正義はある」と、詩織は邪悪な論理を主張。

一方、柊は、復讐のために鳴宮美月を殺そうとした自分を思い出して何も言えなくなってしまう。

詩織が再び銃の引き金を引こうとしたその時、丈一郎が現れるが……!?

Huluの無料お試しはコチラから
 

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」の最終回結末は?

このドラマ「ボクの殺意が恋をした」はどのような結末を迎えるのか、ただのラブコメなのか!?

最終回結末では何かがあるような気がします。

日テレの日曜ドラマですし、何か最後にサスペンスのような仕掛けがあるんじゃないかと思います!

それではドラマ「ボクの殺意が恋をした」を楽しみましょう!

Huluの無料お試しはコチラから
 

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」の動画配信について

【ネタバレ】ボクの殺意が恋をしたの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」は日本テレビで放送されるドラマですし、もちろんHuluで配信されます。

もちろん「ボクの殺意が恋をした」はTVerで見逃し配信もされます。

しかしながら、TVerでは一週間で動画が消えてしまいますし、Hulu限定で配信される第2シーズンはHuluでしか見ることは出来ないので、ご注意ください。
 
 
Huluの無料お試しはコチラから
 

それではドラマ「ボクの殺意が恋をした」を楽しみましょう!
 
 
Huluの無料お試しはコチラから

※無料期間で退会すれば実質無料で楽しめる!

 
【関連記事】

【ネタバレ】彼女はキレイだったの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

【ネタバレ】プロミス・シンデレラの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

【ネタバレ】#コールドゲームの1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ

【ネタバレ】緊急取調室4の1話~最終回結末までのあらすじやキャスト・原作情報まとめ!



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマネタバレ情報
-, , , , , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2021 All Rights Reserved.