アニメネタバレ情報 漫画ネタバレ情報

【ネタバレ】トライガンスタンピード2話の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【ネタバレ】トライガンスタンピードの動画見逃し配信や原作情報まとめ

テレビ東京で放送されているアニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」2話、最新話のあらすじやネタバレ、無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法、再放送のことや感想、キャスト情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います。

この「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」の動画配信は、TVer(ティーバー)などで全話見返すことはできません。動画配信といえばTVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)などが思い浮かびますが、無料動画配信はそれらのサービスが全てではありません。

「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」の動画配信は動画配信サービスU-NEXTでも配信されています。

※声優を目指すなら!声優の近道はこちら

あのプロ声優にも会える!?プロに教わる声優レッスンはこちら

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

見逃し配信はもちろんTVerでも配信されますが・・・それではアニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」について紹介していきたいと思います。

アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」2話のあらすじ・ネタバレ

「逃げる男」

たった一発の銃弾でジェネオラ・ロックの街の危機を防いだヴァッシュだったが、今度は600万$$の賞金を知った住民たちから追われることに。街中を逃げ回るヴァッシュたちに、脱獄した凶悪犯ネブラスカ親子まで加わり賞金首ヴァッシュの争奪戦が始まる。
『誰も傷つけたくない』と戦うことを避け、ひたすら逃げるヴァッシュ。そんなヴァッシュを追うのを諦めたネブラスカ親子が向かった先は、街の生命線、<プラント>だった。プラント強奪の狙いに気づいたヴァッシュは、再び街へと荒野を駆け出す。

アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」の出演者

ヴァッシュ・ザ・スタンピード:松岡禎丞
メリル・ストライフ:あんどうさくら
ロベルト・デニーロ:松田賢二
ニコラス・D・ウルフウッド:細谷佳正
ミリオンズ・ナイヴズ:池田純矢
レガート・ブルーサマーズ:内山昂輝
ザジ・ザ・ビースト:TARAKO
ウィリアム・コンラッド:中尾隆聖
ヴァッシュ・ザ・スタンピード(幼少期):黒沢ともよ
ミリオンズ・ナイヴズ(幼少期):花守ゆみり
レム・セイブレム:坂本真綾

※声優を目指すなら!声優の近道はこちら

あのプロ声優にも会える!?プロに教わる声優レッスンはこちら

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・登場キャラクターについてはこちらから

・あらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」の概要

「トライガン」は、内藤泰弘による日本の漫画作品。当初の掲載誌の『月刊少年キャプテン』(徳間書店)が休刊(事実上の廃刊)となったことにより、『キャプテン』に掲載されていた『トライガン』と、その後『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)にて連載再開した『トライガン・マキシマム』の2作品としている。2008年2月時点で累計部数は500万部を突破している。

地球から遠く離れ、ホーム(地球)より遥かに巨大な大きさを持つ5つの月と人類が住むさらに大きな砂漠の惑星。二重恒星・高重力の過酷な自然の中でどうにか人々が暮している砂漠の星を舞台に、600億$$(ダブドル)の賞金首、「人間台風(ヒューマノイド・タイフーン)」ことヴァッシュ・ザ・スタンピードが繰り広げるガン・アクション。

アメコミに強い影響を受けている一方、欧米でも愛好者が多い作品で、コミック巻末のオマケ漫画において、内藤当人の尊敬する海外の著名人であるジェフ・ダロウから「貴方の本を持っている」と言われたシーンが描かれている。筆者によれば、オマケ漫画も吹き出し外のセリフまで訳される徹底振りだという。

漫画版『トライガン』(1995年 - 1997年)
『月刊少年キャプテン』(徳間書店)で連載。まず1995年2月に読みきりとしてパイロット版が掲載された。すでに背景設定は確立していたが、主人公の描写などの細かい点には若干の差違が見られる。同年4月より同誌で連載を開始するが、1997年1月に『月刊少年キャプテン』が突如休刊したことで連載は途中で休止した。

内藤は『トライガン・マキシマム』で連載を再開した際は、中断した部分のエピソードに一旦けりをつけた上でストーリーをはじめ、中断していた部分については、アニメ版の特集も兼ねた1998年発行の『アニメージュ』9月号増刊「トライガン最終完成型」で残りが描かれて完結している。

単行本は徳間書店で全3巻(最終話は「トライガン最終完成型」にさらに描き下ろしが加わった)。後に少年画報社より、2冊に再構成され復刊されている。本編内容は同じだが、表紙および巻末のオマケ漫画が差し替えられている。

2010年に完全版が刊行、こちらも全2巻。

漫画版『トライガン・マキシマム』(1997年 - 2007年)
内藤は1997年10月より少年画報社の『ヤングキングアワーズ』にて「トライガン・マキシマム」(以下「マキシマム」と表記)として連載を再開した。先述のように『トライガン』(以下「無印」と表記)の中断部分から再開せず、一旦ストーリーを区切って新たに始められている。トライガンと連載時期が同じとなる『HELLSING』とは連載当時は『ヤングキングアワーズ』の2大看板作品となっていた(また原作者同士、親交もあった)。

10年近い長期連載となり、2007年5月号で完結した。単行本は全14巻。

2009年度星雲賞コミック部門を受賞。

2010年に完全版が刊行、こちらは全7巻。

漫画版『トライガン 番外編』(2010年)
「ドドンゴ兄弟ハニーカムドビレッジの決闘」『ヤングキングアワーズ』2010年5月号・6月号にて掲載された。

劇場アニメ作品『TRIGUN Badlands Rumble』のBlu-ray Disc版、およびDVD初回版に特典として全1巻で付属。デザインは完全版と同一のもとのなっている。

また、後述の他作家によるトライガンを集めたアンソロジーコミック「TRIGUN-Multiple Bullets」にも収録。単行本化にあたってラストのメッセージが「劇場でお会いしましょう」から「おしまい」に変更されている。

『雷神-RISING-』(2010年)
GUNG-HO-GUNSの1人、雷泥・ザ・ブレードを主人公にした公式スピンオフ作品。作画は竹山祐右。『ヤングキングアワーズ』2010年4月号に掲載された。

Boichi版『TRIGUN』(2010年)
内藤泰弘の大ファンであるBoichiによる公式スピンオフ作品。『ヤングキング』(少年画報社)2010年10号に掲載された。後に、サンケンロック第12巻(2011年5月発売)に収録。

アニメ版『TRIGUN』
1998年4月1日から9月30日までテレビ東京にて毎週水曜日に深夜アニメとして放送された。全26話。深夜アニメの先駆として成功した。

当時、日本ビクターのプロデューサーだった北山茂が自身が関わっていたOVA『青空少女隊』の上映イベントの際、月刊少年キャプテン編集部の人間から『トライガン』を紹介されたのが発端。後日、北山は作者の内藤泰弘と会いアニメ化企画について打ち合わせを行い、内藤がアニメ映画『獣兵衛忍風帖』が好きであったことから制作会社にマッドハウスを希望し、北山は全3巻から第6巻のOVA化の企画書を作りマッドハウスの丸山正雄へ話を持っていくこととなった。丸山は『トライガン』にすぐに興味を持ちアニメ化にも乗り気になるが、OVAではなくテレビアニメとして作ることを望んだことから企画内容をテレビアニメへと変更し、北山は企画を通すための作業へと入った。テレビアニメの企画が無事に通ったことで本格的にスタッフの選定へと移り、監督には丸山と相談の末、過去に日本ビクター作品の演出も手がけていた西村聡に決まる。脚本家には北山が同時期に作っていたOVA『ジオブリーダーズ』で脚本を担当していた黒田洋介から「俺に脚本をやらせてもらえませんか」と直談判を受け、黒田にシリーズ構成と脚本を任せることとなった。キャラクターデザインはオーディションの結果、最終的に内藤が推した吉松孝博が選ばれ、メカニカルデザインには黒田からの推薦により神宮司訓之の参加が決まった。

基本的には漫画版の『無印』および『マキシマム』の両作を基にしているが原作とキャラクター造形、設定がかなり違っており、他にも「当初、保険屋コンビがヴァッシュの顔を知らなかった」(そのため前半も第3話まではアニメオリジナルで、第4話は先述した原作のパイロット版を用い、原作の第1話がアニメ版第5話に来る)など、設定についてはかなり異なっている。また、この時点ではまだ『マキシマム』の連載開始から日が経っていなかったため、後半に関しては内藤が当時考えていたストーリー案を基に、黒田がオリジナル脚本を書き上げている。

なお、マッドハウスでのテレビアニメ化に狂喜乱舞したことを語る作者は、アニメオリジナルキャラクターやその関係者を後に自身の漫画に登場させたりもしている。

2003年10月からテレビ東京系で深夜に放送されたアニメ版『ガングレイヴ』は原作を内藤泰弘が担当した他アニメ版トライガンのスタッフが再集結した作品で、トライガンに登場するトマも登場する。

2010年1月4日よりTOKYO MXにて再放送された。

劇場版アニメ『TRIGUN Badlands Rumble』
『TRIGUN Badlands Rumble』(トライガン バッドランド ランブル)のタイトルで、2010年4月24日より公開。TVシリーズから12年を経て制作された劇場用長編アニメ映画となる。

アニメ版を基準にして、原作のデザインやオリジナルの要素を混ぜた設定で描かれているパラレルワールドを舞台としている。ストーリー原案は原作者の内藤泰弘。映画化の記念に著名なクリエイター達から応援メッセージが送られた。

2010年5月8日までアラリオが運営するオンラインFPSクロスファイアにてゲーム内でアイテムや広告が表示される企画が行われた。『Master of Epic』ではタイアップキャンペーンとして新クエストも実施された。

2010年4月24日初日公開のぴあ初日満足度ランキングでは第3位となっている

『TRIGUN STAMPEDE』
2022年6月17日にオリジナル新作アニメとして制作が発表、同年7月に行われたAnime Expo2022内のイベントにて情報が公開された。2023年1月7日にテレビ東京系列などで放送予定。それに先駆けて2022年12月3日に序盤の先行上映を実施するとともに、オープニング・エンディングテーマの情報が公開された。

前述の通り新規のプロジェクトとして企画され、前二作の映像作品から制作スタッフ、プロダクション、キャストが一新されている。タイトルの通り原点に立ち返ってヴァッシュの内面を軸に物語を掘り下げるコンセプトで、それを前提に制作するに当たり世界観やキャラクターの設定を新たに再構築する形をとっている。原作者の内藤泰弘は「トライガンがやってくる。帰ってくる、ではない。やってくる。」というコメントを寄せている。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」の主な登場キャラクター

ヴァッシュ・ザ・スタンピード
声:松岡禎丞(幼少期 - 黒沢ともよ)
本作の主人公。「人間台風(ヒューマノイド・タイフーン)」と恐れられる元・600億$$の賞金首にして、人類初の局地災害指定を受けた(以降は「災害に賞金は掛けられない」という理屈から賞金自体が失効)伝説のガンマン。真紅のコートに箒のように逆立てた金髪という派手な出で立ちの青年。その生い立ちに隠された秘密によって、数千万人規模の大都市ジュライを消滅させた「ロスト・ジュライ」、五つ目の月に大穴を穿った「フィフス・ムーン」両事件を引き起こしている。
正体はプラントの突然変異種にあたる「自立種」で、「大墜落」以前の宇宙移民船時代に生まれた。A・ARM(エインジェルアーム)、尖翼といったプラントとしての能力や他プラントとの交信・制御を可能としている。大口径のリボルバー拳銃と義肢である左腕に仕込んだ隠し銃を持ち、その「ラブ&ピース」を謳う酔狂な性格とは裏腹に、プラントとしての力と150年間積み重ねてきた研鑽からなるガンマンとしての実力は他者の追随を許さず、抜撃ちの速度はナイブズの眼前で繰り出しても知覚不能な程。決して人の命を奪わず、相手が悪人であっても命を救おうと奔走し、お人好しな性格と強い信念からなる頑固さが災いして、結果として騒ぎを大きくしてしまう天性のトラブルメーカー。
150年以上もの年月を変わらぬ姿で生き続け、双子の兄ナイブズの手から、そして人間同士の諍いから、「大墜落」を生き延びた人類とその子孫を守るためにさすらっている。不老ではあるが決して不死ではなく、不殺の枷を自らに架しての無茶な生き方の代償として、決して浅くない傷が体の至る所に刻まれている。ロスト・ジュライを引き起こした自分が不殺の信念を抱くことが孕む矛盾と無謀を自覚しながらも、自らに課した使命を全うすべく戦い続けている。
通り名の「スタンピード (stampede)」には「すたこら逃げる」と「(カウボーイから見た)飼い牛の暴走」の2つの意味がある。

アニメ版での相違点
顔写真無しで手配されているため作中のほとんどの人間(メリルやミリィでさえも)ヴァッシュを本物の「ヴァッシュ・ザ・スタンピード」と認識しないことと、「フィフス・ムーン」事件まで賞金首であること。更に年齢が130歳前後と原作に比べて20年前後若いこと、「A・ARM」は本人ではなく銃に仕込まれたマイクロプラントと融合することで発動するようになっている。性格面では女好きな面が強調されている他、原作よりナイーブな人物に描かれている。

メリル・ストライフ
声:あんどうさくら
ベルナルデリ保険協会の災害調査員として、ヴァッシュが引き起こす「災害」を査定するために派遣された外交員。職務のためにヴァッシュに同行する内に、彼を取り巻く運命に巻き込まれていくこととなる。
黒髪を短く揃えた小柄な女性で、丁寧で上品な口調が特徴的。したたかで正義感が強い。破天荒なヴァッシュに対してどこまでも常識的な一般人として、彼の引き起こすトラブルに常々頭を悩ませている。「デリンジャー・メリル」の通り名で呼ばれており、荒事の際はマントの下に大量に仕込んだデリンジャーを巧みに操って対処する。彼女にとってのデリンジャーは「男女の力の差をなくす」ためのものだが、発砲には消極的であり、初めて他者を撃った時には精神的ショックから嘔吐し失語症になっている。
ヴァッシュの真実に触れていく内に一時期は恐れを抱いていたが、最後まで彼のことを信頼し続けた理解者でもある。気丈な性格だが物語が佳境にさしかかるにつれ涙を浮かべるシーンが増え、ヴァッシュには「泣き虫になっちゃった」と評された。
「マキシマム」開始時23歳。エピソードによっては髪を肩まで伸ばしている。

アニメ版での相違点
基本的にほぼ原作と相違ない。終盤において、ヴァッシュが自らを庇い、人間の在り方を解くメリルにレムの姿を重ねるシーンが存在する。

ニコラス・D・ウルフウッド / ニコラス・ザ・パニッシャー
声:細谷佳正
ヴァッシュ達が砂漠で出会った巡回牧師。関西弁を喋り、その背に巨大な十字架を背負っている。聖職者を名乗るものの銃の扱いに長けている。「フィフス・ムーン事件」後に行方不明となっていたヴァッシュをいち早く見つけ出し、ナイブズの元への案内をかって出た。
普段は飄々とした陽気な男だが、命のやり取りに対して非常にシビアな価値観を秘めており、「全ての命を尊ぶ」ヴァッシュに対して疑問を投げかける。敵の命を奪うことに躊躇がなく、たとえ相手が戦意を失っていても容赦なく引き鉄を引く。
元々は孤児院で育った孤児。「ミカエルの眼」に見出されて暗殺者としての改造・訓練を受けた後、師・チャペルを射ち、その名を騙ってナイブズに接触し、殺害しようとしたが、逆にその存在に威圧され生への執着を覚えたことから、なし崩し的にGUNG-HO-GUNSに名を連ねることとなる。卓越した戦闘センスと「ミカエルの眼」による改造手術によって得た人外の身体能力によって、十字架型重兵器「パニッシャー」を手足のように扱い、リヴィオ・ラズロとも亘り合える、GUNG-HO-GUNSでもトップクラスの実力の持ち主。また切り札として代謝を促進させる薬品を直接摂取することにより、体に過剰な負担をかけながらも一時的に身体能力を向上させることができる。肉体改造と薬物摂取により代謝機能が向上しているため、同年代の常人より肉体の成長も老化も早い。
ヴァッシュに接触したのはナイブズの指示によるものだが、後に翻意しヴァッシュの隣で戦うことを選ぶ。「家族」である孤児院の仲間たち、そしてリヴィオを救うために、ヴァッシュと共に孤児院でチャペルたちと死闘を演じ、肉体再生を促す薬物を過剰摂取したことによるオーバードーズと戦傷によって死を免れぬ身体となる。その後、姿も何もかも変わってしまった自分を暖かく迎えてくれた「家族」に感謝し、ヴァッシュと末期の酒を酌み交わし、涙しながらその生涯を終えた。
ミドルネームのDには作者による冗談めいた訳がつけられている。
モデルはウルフルズのトータス松本。

アニメ版での相違点
アニメ版には「ミカエルの眼」が存在しないため身体強化施術はされておらず、肉体的には通常の人間である。GUNG-HO-GUNSのチャペル・ザ・エバーグリーンの弟子にして補欠要員であり、彼直々に育て上げられた殺し屋という設定。ミリィと結ばれるも、エバーグリーンと決闘。接戦の末に下すものの、レガートの奸計によって致命傷を負い、仲間たちと共に平和な楽園に生きること夢見ながらも、末期には生にしがみつくような言葉を残し、ひとり息を引き取った。

ミリオンズ・ナイブズ
声:池田純矢(幼少期 - 花守ゆみり)
ヴァッシュの双子の兄にあたる、プラントの「自立種」。同胞を搾取する人間たちを強く憎み、この星から排除しようとしている。プラントの力(設定参照)により次元孔を平面化・刃状にすることで、(比喩ではなく)全てを斬り裂く能力を主に扱う。それを備えた腕を用いての攻撃は、地表から一瞬で大気圏外の人工衛星を破壊することや、都市を一瞬で寸断して瓦礫の山に変えることさえ可能。「持っていく」力で対象を時空ごと追放する姿も回想シーンで描かれている。身体能力もケタ外れで、レガートを指先で軽く「縦に押し潰し」ており、数キロ上空の箱船から身一つで飛び都市へ着地、「雪崩をストローに流しこむ」と喩えられる困難な作業さえ行う反射速度と集中力を持つ。終盤にはプラント達と融合して更に桁外れの力を持つようになる。
同胞への強い仲間意識を持ち、とりわけヴァッシュには「たったひとりの兄弟」として執着し、自分と行動を共にするよう幾度も説得を試みていた。宇宙移民船時代の幼少期は、人間を自分達を生み出してくれた者として信頼しており、人類とプラントの共存を信じていた。しかし自身より先に生まれていたテスラに人間が行なった仕打ちを知って失望。人間を害悪と見なして憎悪と侮蔑の感情を増幅させた末、「大墜落(ビッグフォール)」を引き起こす。移民船団の不時着後、未だに人間との共存を信じ続けるヴァッシュと決別し、彼の左腕を切り落とした。また、「ロストジュライ」と「フィフス・ムーン事件」双方とも、ナイヴズがヴァッシュの暴走を促したことによって起きた事件であり、これらの事件の真犯人とも言える存在。
全人類とプラント、地球からの船団を交えた最終決戦の果て、ヴァッシュを始めとする人類の意思に呼応したプラントとの融合を切断され、敗北した。その後、瀕死のヴァッシュを連れて流れ着いた先で、人間の医師の親子に「人類に必要な男」だとしてヴァッシュを救うよう懇願し、プラントの力を使って荒野に1本の林檎の木を残して姿を消した。その後の消息は不明。

アニメ版での相違点
アニメでは黒髪化に関する設定が存在せず、行動原理も人間に対する憎しみではなく、プラントである自らを「優良種」と称する傲慢さによるもの。ヴァッシュの攻撃によって受傷した際には、軽傷にもかかわらず激しく動揺し泣き喚くという醜態を見せた。またA・ARMの設定の違いから能力はヴァッシュと相似しており、直接戦闘ではヴァッシュの銃の兄弟機にあたる黒いリボルバー拳銃を使用する。回想シーンを除けばヴァッシュと直接対面するのは最終決戦時のみで、自然の中に突き立てたパラソルの下で彼を出迎えた。
ヴァッシュと一進一退の激しい銃撃戦を繰り広げるなか、運を手繰り寄せてヴァッシュに手傷を負わせ彼の銃を奪い、両腕でA・ARMを発動させて追い詰めるものの、ヴァッシュの足元に埋まっていたパニッシャーの攻撃により隙を見せて敗北した。ラストシーンでは原作とは逆にヴァッシュに手当てをされ人里まで運ばれた姿が描写されている。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」のあらすじ・ネタバレ

不朽の名作『TRIGUN』が25年の時を超えて新生する。
『TRIGUN STAMPEDE』 2023年にオリジナル新作アニメ化が決定!
他とは一線を画すハイクオリティなCGアニメを手掛けてきた「オレンジ」が制作。
新たなスタッフ&キャストで贈る超巨弾SF大作アニメが始動する!

砂嵐吹き荒れる大地。
そこは地球よりはるか遠く、5つの月が輝く、灼熱の星・ノーマンズランド。
人類の生き残りは、あらゆる物質をゼロから生み出す生体動力炉“プラント”を頼りに
異形の生物蠢く不毛の地で、血肉を削り暮らしていた。

その過酷な世界に一人、
懸賞金600万$$を懸けられた、“関われば必ず災厄に見舞われる”
人間台風ヒューマノイドタイフーンと呼ばれるトラブルメーカーがいた。
名を、“ヴァッシュ・ザ・スタンピード”という――。

新人記者のメリル・ストライフは、
飲んだくれのベテラン記者・ロベルト・デニーロと共に人間台風という一大スクープを求め、
1人の深紅のコートに包まれたガンマンにたどり着くが、
出会ったのは「決して人を殺さない」、誰よりもお人よしの風来坊だった!?

無頼の葬儀屋ニコラス・D・ウルフウッドを道連れに、
悪に染まったヴァッシュの双子の兄ミリオンズ・ナイヴズを追う旅が始まる。

立ちはだかる無数の刺客たちと、ナイヴズの恐るべき計画とは。
全ての謎が明らかになる時、世界を賭けた戦いが始まる!

アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」1話のあらすじ・ネタバレ

「NOMAN’S LAND」

灼熱の惑星、ノーマンズランド。
人類は水や食料、資源を作り出せる唯一の生体動力炉<プラント>を頼りに、砂嵐吹き荒れる不毛の地で、血肉を削り暮らしていた。
そんな過酷な世界に、懸賞金600万$$を懸けられた“関われば必ず災厄に見舞われる”人間台風ことヒューマノイドタイフーンと呼ばれるトラブルメーカーがいた。その名を、“ヴァッシュ・ザ・スタンピード”という――。
ベルナルデリ通信社のベテラン記者、ロベルト・デニーロと新人記者のメリル・ストライフは、“連続プラント強奪事件”の真相を追い調査を進める中、自分をヴァッシュと名乗る男と出会うが…!?
トラブル続きの予測不能⁉な惑星を跨ぐ冒険が幕を開ける!!

アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」2話のあらすじ・ネタバレ

「逃げる男」

たった一発の銃弾でジェネオラ・ロックの街の危機を防いだヴァッシュだったが、今度は600万$$の賞金を知った住民たちから追われることに。街中を逃げ回るヴァッシュたちに、脱獄した凶悪犯ネブラスカ親子まで加わり賞金首ヴァッシュの争奪戦が始まる。
『誰も傷つけたくない』と戦うことを避け、ひたすら逃げるヴァッシュ。そんなヴァッシュを追うのを諦めたネブラスカ親子が向かった先は、街の生命線、<プラント>だった。プラント強奪の狙いに気づいたヴァッシュは、再び街へと荒野を駆け出す。

登録無料!U-NEXT公式ページへ
 

アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」の最終回結末は?

この「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」は原作がある物語なので、どのように物語が進んでいくかもだいたいわかると思います。

それでもアニメで「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」を楽しめるのは嬉しいですよね!アニメ「TRIGUN STAMPEDE(トライガン・スタンピード)」を最後まで楽しみましょう!
 
 
※声優を目指すなら!声優の近道はこちら

あのプロ声優にも会える!?プロに教わる声優レッスンはこちら

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 
【関連記事】

【ネタバレ】お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2話の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【ネタバレ】大病院占拠1話~最終回の動画見逃し配信や原作情報まとめ

【動画】ジョブチューンの見逃し配信を無料視聴!再放送は?プロ野球ぶっちゃけ祭り

【ネタバレ】ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん2話の動画見逃し配信や原作情報まとめ



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-アニメネタバレ情報, 漫画ネタバレ情報
-