ドラマコラム ドラマ情報 朝ドラ

「エール」第6週で裕一が音楽を選んだ理由とは!第7週では運命の再会も

2020年5月9日

「エール」第6週で裕一が音楽を選んだ理由とは!第7週では運命の再開も

朝ドラ「エール」の第6週で養子として権藤家の後継ぎになる事を決めていた裕一は、何故最終的に音楽の道に進むことに決めたのでしょうか。

そして、音楽の道を選んだ裕一には第7週で運命の再会が待っています。

こちらの記事ではNHK連続テレビ小説「エール」の第6週と第7週のあらすじやネタバレが含まれます。

後に大音楽家となる裕一が決断した理由と第7週でのことを紹介します。



朝ドラ「エール」のネタバレ

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!

気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!

・なぜ裕一は権藤家の養子になることを決めたのか

・裕一が再び音楽の道を選んだ理由はこちらから

・第7週での運命の再会についてはこちらから

・エール全週のネタバレはこちらから

裕一は権藤家の養子になることを決めていた

先ず、裕一が何故権藤家の養子になることを決めていたのか・・・というところです。

そもそもの始まりは、第3週で裕一は音楽一筋だったのですが、喜多一が今後の売り上げ増のために持ち掛けられた仕入れの話に三郎が乗り、仕入れのために莫大な資金が必要だからと、三郎は連帯保証人となってしまう。

そこで代理店が逃げてしまい、借金を三郎が持つことに・・・。

どうしても首が回らなくなり、権藤家を頼ると、権藤家は跡取りが居ない問題を抱えていたため、裕一を養子に出すことになった・・・。

裕一の心を追った留学中止

それから裕一は何度か音楽の道に戻り、音(二階堂ふみ)とも文通を切っ掛けに出会ったりするのですが、裕一がどうしても行きたかった、音楽のためのイギリス留学の話が、世界恐慌のせいで白紙になってしまいました。

そのショックから、裕一は音楽の道を諦めたのです。

その後、音が裕一を説得するために福島まで来てくれたのに、

「自分は留学のために音を一度は捨てた身、会う資格はない・・・。」

「僕は権藤家の養子になる・・・」

と決意していました。

裕一が頑なに権藤家の人間になると決めた理由

裕一の心情、性格を察するに、裕一は

「これ以上傷つきたくない・・・」

というモードに突入したんだと思います。

まるで、“私は貝になる”という感じで、裕一はこれ以上傷つかないように殻に閉じ籠ったんです。

では、何故そこまでして音楽の道を閉ざし、権藤家の後継ぎになることを決めていたのに、再び音楽の道を選んだのでしょうか。

裕一が吹っ切れたのは権藤茂兵衛の思惑を知ってしまったから

裕一は、音が持ってきてくれたコロンブスレコードとの契約の話を聞いても頑なに音楽の道に進もうとはしませんでした。

そこに鉄男(中村蒼)も加わり説得されるも、前向きにはなれませんでした。

ただ、裕一は「考えさせて欲しい」とだけ言ってその場を去ってしまう。

そんな裕一に心境の変化が現れたのは、八重と茂兵衛の話を聞いてしまったからなんです。

「エール」第6週で裕一が音楽を選んだ理由とは!第7週では運命の再会も

茂兵衛から傘を借りていた裕一は、その傘を返そうと、下宿先から茂兵衛の家に走ります。

そして、傘を返そうとした時、八重と茂兵衛の話を聞いてしまったのです。

「逆に手間が省けてよがったじゃないか。ただで外国語学べだり、人脈増やしたりできながったのは残念だげど、取り消しになって、音楽に未練もなぐなったようだし、恐慌様様だね」

「・・・絹子(茂兵衛の寝たきりの妻)も喜んでいるようで・・・」

「どうでもいいわ。次を早ぐ仕込みなさい。あの子がこの家を発展させっとは到底思えないから、代替わりは早くおし」

権藤家がなぜ自分の留学に賛成してくれたのか。

それが取り消しになったことをどう捉え、自分をどう見なしているのか。

つらすぎる現実を知ってしまった裕一は、傘を残し、その場から走り去った。

雨の中、ずぶ濡れになって下宿に戻ると、裕一はしまい込んでいたハーモニカを取り出した。

そして、小学生の頃に初めて作った曲を吹き始めた。

思えば、裕一は音楽に支えられ、音楽で人とつながりながら生きてきた。

幼い頃の運動会。

藤堂(森山直太朗)が指揮をするハーモニカの演奏に励まされ、徒競走を走り切った。

鉄男の詩に、裕一が曲をつける。

その約束が二人の心をつないだ。

コンクールのために必死で書き上げた「竹取物語」が、裕一と音を出会わせてくれた。

いや、それよりずっと前に裕一は、教会で歌う音と出会っていた。

ハーモニカを吹き終えたとき、裕一の心は決まった。

喜多一に向かった裕一は、店に入るなり宣言した。

「僕は、家を出ます」

上京し、作曲家としての道を歩む。

そう決めた裕一は、実家に残してあった音楽の本や譜面をかばんに詰めた。

浩二(佐々木宝)に止められても、まさ(菊池桃子)に説き伏せられても、もう気持ちは揺るがなかった。

裕一と三郎が交わした微笑ましくも泣ける旅立ち

荷物を手に駅に向かう途中、裕一は三郎(唐沢寿明)に出くわした。

三郎は、豊橋へ帰る音を見送りに行った帰りだった。

「・・・俺、東京に行ぐ」

「そうが・・・これ、音さんの住所だ。もしものどぎはって頼まれでだ。・・・頑張れよ」

裕一は住所のメモを受け取り、三郎に頭を下げた。

「ありがとう・・・いろいろごめん」

「気にすんな。俺が悪いんだ。俺は、ほんと何やってもだめだけど、お前だけは自慢だ。」

「必ず成功する。早ぐレコード聴かせでくれな」

「俺、家族捨てだんだ・・・」

「お前が捨てだって、俺はお前を捨てねえ、安心しろ。」

「後のごどは俺に任せとげ」

三郎の「任せとけ」が信用できないのは身にしみているため、裕一は思わず笑ってしまう。

それを見て、三郎も笑いだした。

「アハハ。ともかぐ・・・俺みでえになんな。行げ!」

「父さん」

思いを言葉にする代わりに、裕一は父を抱き締めた。

三郎も強く抱き返してくれた。

父のぬくもりから離れ、裕一は一人、駅へと向かった・・・。

この裕一と三郎のやり取りで何が微笑ましいって

三郎の「任せとけ」が信用できないのは身にしみているため、裕一は思わず笑ってしまう。

ここですよね。

これは本当に三郎を演じるのが唐沢寿明さんだと充て書きしたかのように感じる、本当に唐沢寿明さんの人柄っぽさを感じます。

裕一と音の結婚の時も「任せとけ!」と言って豊橋から福島に戻った三郎は、結局任せられない状態になってしました(笑)

最初の養子の話の時も「任せとけ!」と言って結局養子に行くことになったりと、何かとダメダメなフラグでした。

しかし、今回ばかりは、三郎の「任せとけ!」はその通りになります。

そして、裕一は旅立ち、三郎たち家族と会う機会はめっきり減るのですが、後に裕一が福島に戻る機会があり、そこで三郎に大きな出来ごとが起こります。

その三郎の出来事に関しては、下記記事を参考にしてください。

エール第11週ネタバレ・あらすじ!父・三郎との別れと「故郷の歌」

第7週で訪れる裕一の運命の再会

第7週で裕一が運命の再会を果たすのですが、それは第6週でもチラっと登場した人物です。

この謎の男、山崎育三郎さんはいったい誰なのか・・・。

これが第7週で解ります。

裕一にとっては懐かしい、驚きの再会になります。

それでは下記は第7週のネタバレです。

朝ドラ「エール」第7週のあらすじ・ネタバレ「新生活」

古山裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)は東京で新婚生活を始める。
音の学校の近くの喫茶店「バンブー」裏の借家が夫婦の新居となった。

コロンブスレコードとは、最低でも月に2曲は作曲する約束で年に3500円という大金で専属契約を交わしました。

しかし、廿日市がことごとくボツにするため、半年後には21曲連続不採用となってしまった。

それは裕一だけでなく、同期の作曲家・木枯正人(野田洋次郎)も似た状況だった。

春になり、音の東京帝国音楽学校が始ります。

学校には女生徒が「プリンス」と呼んで憧れる3年生の男子学生(山崎育三郎)おり、彼は学園のスター的存在でした。

ある夜、裕一は木枯の誘いで華やかな女給がいる社交場のカフェに行く。

木枯としては曲作りのための人間観察でしたが、帰宅した裕一が音にカフェのことを隠していると、音にバレて喧嘩になります。

翌日、喫茶店「バンブー」で音が浮かない顔をしていたので、プリンスが声を掛けました。

するとそこへ裕一が入ってきます。

プリンスはハッとして「古山か!僕だよ。佐藤久志」と声を掛けます。

プリンスの正体は、裕一の小学校時代のクラスメイト・佐藤久志でした。

それからさらに半年過ぎても曲は採用されない裕一は、コロンブスレコードのサロンで憧れの小山田耕三(志村けん)に出会います。

実は裕一がコロンブスレコードの専属になれたのは、小山田の推薦があったからなのです。

小山田先生の顔に泥は塗れないと、仕事に没頭する裕一。

※続きの第8週はこちらから

エール第8週ネタバレ・あらすじ!紺碧の空の作曲に取り掛かるが・・・

また、第7週で登場する佐藤久志(山崎育三郎)と木枯正人(野田洋次郎)の詳細は下記からご確認ください。

・木枯正人(野田洋次郎)についてはこちらから

・佐藤久志(山崎育三郎)についてはこちらから

「エール」第6週で裕一の決意まとめ

裕一は色々な偶然が重なり、再び音楽の道を歩むことになりました。

今回の決意は、そう簡単には揺るぎません。

これから裕一にはまだまだ試練が訪れますけど、その試練に立ち向かっていきます。

大人へと、音楽家へと成長していく裕一を見守りましょう!

朝ドラ「エール」の動画配信は?

「エール」第6週で裕一が音楽を選んだ理由とは!第7週では運命の再会も

朝ドラ「エール」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。

民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。

しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。

有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。

しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

しかし、この朝ドラだけは、極々一部だけNHKオンデマンドでも無料登録で無料で見る事ができます!

本当に一部だけなので、どうしても朝ドラを無料で見たい場合は、NHKオンデマンドでは不可能です!

また、NHKオンデマンドで配信されているドラマはU-NEXTでも観れるので、正直U-NEXTの方が断然オススメです!

U-NEXTも月額制ではありますが、見放題なので安心して観れます♪

U-NEXTの無料視聴や無料登録はコチラから
 

それでは、朝ドラ「エール」の放送を楽しみにしましょう!

 
【関連記事】

容疑者Xの献身ネタバレ!映画のあらすじ・キャストと結末の石神に涙

「ギルティ」原作最新話36話ネタバレ!瑠衣の衝撃の過去が明かされる

エール30話ネタバレ!裕一の決意と新生活への準備

「テセウスの船」ネタバレスペシャルの見所は?見る価値はあるのか徹底検証してみた結果

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
udilabtokyo

希空

ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています! 色々なドラマ情報やコラムを執筆中!最新情報はTwitterで発信しておりますので、下記よりお気軽にフォローしてくださいませ!

-ドラマコラム, ドラマ情報, 朝ドラ
-, , , , ,

Copyright© ドラマ漫画ネタバレ「UDIラボ東京」 , 2020 All Rights Reserved.